モスクワ  


 赤の広場に面したクレムリンの壁。背後に見える元老院の建物の丸屋根にかつてはためいていた赤いソ連国旗は、もちろん今はなく、三色旗が掲げられている。 (左:1979年12月,中:1987年8月,右:2017年1月撮影)



 モスクワ・クレムリンの壁にはいくつもの塔が立ち並ぶが、その中で唯一時計の付いたスパスカヤ塔。 (左:1982年12月,右:2017年1月撮影)





>


ノブゴロド



 ノブゴロドは10〜16世紀に繁栄した北西ロシアの商工業中心地。モスクワやキエフと並ぶほどの由緒ある古都で、ロシア史上で独特の共和政体をとった時期があることでも知られる。 (1997年12月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る






ニジニ・ノブゴロド


 ボルガ河畔の町ニジニ・ノブゴロドのクレムリンは河岸段丘の上にある。上の写真は下から撮った城壁。右の写真はクレムリン内部から見た城門の一つ。写真でははっきりしないが、塔の上にあるのが市の紋章。 (左:1997年8月,右:1995年8月撮影)






カザン


 同じくボルガ河畔の町カザンのクレムリン。カザンはタタール人によってつくられた町で、中世にはカザン汗国の首都であったが、そのイワン雷帝によって征服された。最上段の写真はクレムリンの敷地の中にある教会の屋根。中段は城壁。左の写真はクレムリン内部から見た城門の一つ。 (中:1997年8月,左右:1995年8月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る