ピャチゴルスク


コーカサス遠望

サナトリウム

 コーカサス山脈の北側のロシア領内スタブロポリ地方の都市ピャチゴルスク。町の名は「5つの山に囲まれた町」という意味だそうで、たしかに町の近くに小高い山がある。天候がよければエルブルスなどコーカサスの山々も町から遠望することができる。鉱泉が湧くので、サナトリウムなども設けられている。 (1989年8月撮影)



  次のページへ  目次へ戻る




レールモントフの家


記念碑 レールモントフの家

現代の英雄 原稿

 ピャチゴルスクには、「現代の英雄」などで知られる19世紀の詩人・作家M・Y・レールモントフの記念碑と博物館がある。 (1989年8月撮影)


前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



バクサン渓谷の青空市場


青空市場

青空市場
 平原からコーカサスの山中にはいる渓谷の入り口で、外国人観光客などを相手に毛皮を売る青空市が開かれていた。 (1984年8月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る




ナリチク


ナリチク

 カルバジノ・バルカル自治共和国の首都ナリチク。全市がすっぽりと緑に覆われてしまっているような印象の町だった。 (1989年8月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る