ヤロスラブリ


 ロシアではモスクワなどターミナル駅がいくつもあるような大都市では、駅の名前はその列車の行き先でよばれる。(小さい都市では「駅」と言えば一つしかないから名前を言う必要がない。)レニングラード行きの列車が出るのがレニングラード駅、キエフ行きの出るのがキエフ駅、..という具合。だから、モスクワ駅はモスクワ市にはなく、サンクト・ぺテルブルクにその名のついた大きな駅がある。そういうわけでシベリア鉄道でモスクワへ向かう列車の終着駅はモスクワ駅ではない。ヤロスラブリ駅だ。おそらくモスクワからこの方面への最初の鉄道がヤロスラブリまで引かれたのであろう。  (1990年8月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る



ヤロスラブリ



 ヤロスラブリはボルガ河畔の町で、モスクワへ向かう列車は駅の直前でボルガの鉄橋を渡る。。このあたりのボルガはもうかなりの上流だが、それでも川幅が1kmに近い。写真はボルガにかかるシベリア鉄道の鉄橋の下を小さな遊覧船でくぐり抜けているところ。 (1990年8月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る




ウラジーミル



 現在では、急行ロシア号はヤロスラブリやセルギエフ・パッサートを通らず、ニジニ・ノブゴロドを経てウラジーミルを通るルートでモスクワ・ヤロスラブリ駅に向かう。写真は市の小高い丘の上から見たウラジーミル旅客駅。むこうを流れるのはクリャジマ川。 (1990年8月撮影)

前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




セルギエフ・パッサート



 ウラジオストクから始まった列車の旅も、ここセルギエフ・パッサートのあたりを通過するとき、右手にトロイツェ・セルギエフ大修道院の金色の葱坊主が見えれば、まもなく終わる。 (1995年8月撮影)


 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




鉄道駅 (セルギエフ・パッサート)



 シベリア鉄道の急行列車も通過する国鉄の駅。時間帯にもよるがそれなりの本数の郊外電車がモスクワまで走っている。 (1995年1月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る



モスクワ




 かくして、1週間・9200kmの旅も終わり。写真は終着のヤロスラブリ駅。この駅のあるモスクワのコムソモール広場には、他にレニングラード駅、カザン駅と鉄道駅が集中している。
 ところで、そのヤロスラブリ駅に掲げられた下の時刻表をご覧になって気づかれました?日本なら必ず時刻順にならべるところをここでは列車番号順!どちらが合理的でお客に対してサービスがいいのかは難しいところだが。  (上:2000年1月,下:1997年8月撮影)


前のページへ
目次へ戻る