閣僚が逮捕された部屋


 10月革命の際、ケレンスキー内閣の閣僚が労働者・農民の部隊に逮捕された冬宮の一室。時計は逮捕の時刻を指している。 (1984年8月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る





ラズリフ湖畔


 ペテルブルク市北西側の郊外にラズリフ湖という遠浅の湖(入り江)がある。1917年「七月事件」後レーニンはこの地に身を潜めていた。写真は『国家と革命』を書いたとされる“緑の書斎”。


 当時の隠れ家だったという藁小屋も復元されていた。

 全体をガラスのケースで覆われたこの建物は何? (いずれも1988年8月撮影) 







レーニンの母と姉妹の墓


 ペテルブルク市内のヴォルコヴォ墓地にある。ソ連崩壊後は、モスクワのレーニン廟にあるレーニン本人の遺体も廟に置いて一般に公開するのではなくヴォルコヴォ墓地の家族の側で静かに眠ってもらうのがよいという意見もある。



前のページへ
次のページへ
目次へ戻る





ピスカリョフ墓地



 ペテルブルク市の北部にある広大な記念墓地。第二次世界大戦でレニングラード市は900日にわたってドイツ軍の包囲下に置かれ、ことに1941年の冬、食糧不足から市民に大量の犠牲者が出た。亡くなった市民をそれぞれの遺族が仮埋葬していたのがやがて墓地になったと言われる。ここに葬られている市民の数だけで大戦中に死亡した全米兵の数よりも多いとされる。




 モニュメントの背後の壁には「誰一人忘れまい、何一つ忘れまい」のフレーズで有名な女流詩人オリガ・ベルゴーリツの鎮魂の詩が刻まれている。


 多数の市民・兵士(墓標の★は兵士の墓であることを示す。)がまとめて葬られているため、墓標にはただ年が記されているだけである。   (1985年12月撮影,ただし、最下段右のみ1986年12月撮影)

前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




ターニャの日記


 

1941年秋からのレニングラード包囲で家族すべてを失い、やがて疎開先で自身も亡くなった少女ターニャ・サビチェワの残したメモ。ピスカリョフ墓地の資料室に展示されている。 (1986年12月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る





砲撃の注意書き(ネフスキー通り)


 レニングラードがドイツ軍の包囲下にあった時、郊外にいるドイツ軍陣地からの絶え間ない砲撃にさらされていた。これはネフスキー通りにあった「通りのこちら側は危ない」という注意書きを復元したもの。    (1985年8月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る





イサク寺院に残る弾痕


 イサク寺院の柱や階段に、レニングラード封鎖当時、ドイツ軍から受けた攻撃の痕が今でも残っている。   (2011年12月撮影

前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




道路脇のトーチカ跡


 当時の最前線は現在のプルコヴォ空港のすぐ南側ぐらいのあたりにあった。写真はモスクワ街道沿い、ホテル「プルコフスカヤ」の近くに残されたトーチカ跡。    (1985年8月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る





勝利の広場


 そのほぼ最前線だったプルコボ地区にレニングラード攻防戦の記念碑と資料館がある。ホテル「プルコフスカヤ」の前のロータリーの中央だが、交通量が多く地下道を渡って行くしかないので、意外に知られていない。 (1984年8月撮影)

  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る