物売り (ユジノ・サハリンスク)



 駅のすぐ南側にある市場内外の風景。市場にちゃんと売り場の確保できる人、路上で商いをする人達、貨物用のコンテナを改造した店で営業する人、等々様々。(1998年3月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る




コルサコフ港


 ユジノ・サハリンスク南方の港町コルサコフ。これといった特徴のない殺風景な町というのが私の偽らざる印象。 (1998年3月撮影)

   前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




コルサコフ駅


 ユジノ・サハリンスクからコルサコフまでは鉄道で行きたかったのだが、駅の時刻表をながめるとどうも運転されていない様子。やむなくバスで行って、現地の駅を訪ねたらご覧の通り線路には錆が出ていて駅は無人だった。先年の地震の後遺症なのか。 (1998年3月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る






コルサコフ像


 コルサコフの中心部と思われるあたりの小公園の片隅で見つけた像。19世紀後半の東シベリア総督だそうだが、ほんとうにこの町に来たことがあるのだろうか。 (1998年3月撮影)

 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る