ペンジケント


 サマルカンドから東へ向かうとすぐに国境を越えてタジキスタンのペンジケント市に入ることができる。ここは古代ソグド人の遺跡で有名。 (1991年12月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る





遺跡 (ペンジケント)




 その遺跡。河岸の小高い位置にある。 (2007年1月撮影)



前のページへ
次のページへ
目次へ戻る





新市街 (ペンジケント)




 遺跡から見下ろすと、ゼラフシャン川の流れが作った谷間に沿ってペンジケントの新市街が広がっていた。 (2007年1月撮影)



前のページへ
次のページへ
目次へ戻る





山並み (ペンジケント)




 町の南側にはゼラフシャン山脈が連なっている。 (2007年1月撮影)



前のページへ
次のページへ
目次へ戻る





街角 (ペンジケント)




 市内にある博物館の正面にはこんな銅像が。詩人ルダーキの像?下の写真は、そのあたりの街の様子。なんでもない地方都市の風情だ。 (2007年1月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る