鶏の産卵・ウィンク


鶏の産卵・ウィンク
アフリカ、ハワイのあやとりです。
このあやとりは Lyle A. Dickey 氏によりハワイの「ウィンク」として紹介されました [13] 。しかし、ハワイには後年になって持ち込まれたもので、ハワイ伝承ではないようです。アフリカでは広く知られており、James Hornell 氏がシエラレオネで「鶏の産卵」としてこのあやとりを採集しています(1930)。[114] [21]
このあやとりに関する解説は、「ニワトリの産卵」 を参照してください。
  1. 左人差指に糸をかける。
  2. 左人差指向こうの糸を左人差指に巻きつけ、向こうの糸を左人差指と左親指の間から手前に垂らす。
  3. 左人差指の上の輪に左親指を通す。
  4. 左親指の手前に垂れている糸を左人差指と左親指の間の糸を越えて掌側に垂らす。
  5. 左親指の向こうに垂れている糸を左人差指と左親指の間の糸を越えて手前に垂らす。
  6. 左親指から垂れている2本の糸を引いたり放したりして遊ぶ。
Winking EyeString Figures from Hawaii[13]
Mujingo (The Hen's Vent)Some String Figures from North-East Angola — [21]
The Chicken BumCat's Cradles and Other String Figures[30]
The Winking EyeString Games[31]
Chicken BottomString Figures from Guyana[110]
Where a Hen Lays Its Eggs FromString Figures from Southwestern Ethiopia[114]