☆☆ティンビラ


ティンビラ
モザンビークのあやとりです。
チョピ(Chopi)族のあやとりで、ティンビラ(Timbila)という木琴とその手提げの紐を表しています。 チョピの人々は、人がその共鳴箱(ひょうたんで作られています)に息を吹き入れるとその人は死ぬと考えていました。 [17]
チョピ族のティンビラはユネスコの無形文化遺産として2005年に宣言されており、モザンビークには大きな楽団があります。
  1. マレーの構え。
    1. 左人差指に糸をかける。
    2. 左人差指を向こうから下に回して人差指向こうの糸を絡め取る。
    3. 右人差指を左人差指腹の糸の根元に下から入れ、糸を左右に引く。
  2. 左親指で左人差指手前の糸の間から左人差指向こうの2本の糸を取る。
  3. 右親指で右人差指手前の糸の間から右人差指向こう下の糸を取る。
  4. 右親指で上から右人差指向こう上の糸を取る。
  5. 小指で、人差指手前上の糸を押さえ、人差指手前下の糸を取る。
  6. 中指を小指の輪に小指の近くで入れ、斜めにかかる糸を取る。
  7. 親指の糸を外す。
  8. 手前に垂れている糸を、お手伝いに持ち上げてもらう。
TimbilaValenga Women — [17]
木琴世界あやとり紀行[50]