シベリアの家(2階家)


シベリアの家(2階家)
シベリア東部のあやとりです。
A. E. Hodder 氏がチュコト半島で採集しました(1909)。[16]
このあやとりに関する解説は、世界のあやとリ—建造物 を参照してください。
  1. 始めの構え。
  2. 右掌の糸を右中指にかける。
  3. 左掌の糸を左中指にかける。
  4. 人差指で人差指腹の糸を取り合う。
  5. 薬指で薬指腹の糸を取り合う。
  6. 人差指中指薬指小指を親指の輪に上から入れ、親指手前の糸を取り親指の糸を外す。(返し取り)
  7. 親指で甲の手前の糸を押さえ、甲の向こうの糸を取る。
  8. 甲の糸を掌側に指を越えて落とす。
The Tangarot PeopleEskimo String Figures — [8]
The Siberian HouseArtists in String[16]
シベリアの家(2階家)あやとり 続[39]
シベリアの家(Ⅱ)世界のあやとり傑作選[40]
The Tangarot PeopleEskimo String Figures[119]