初代カローラ 1100 

昭和41年(1966)11月に発売された初代カローラ 1100は「プラス100ccの余裕」のキャッチフレーズで人気を呼びトヨタの代表車種となりました。現在も生産が続くロングセラーカーです。

昭和41年11月 カローラ 1100 KE-10型 発売...........

昭和42年5月 カローラ 1100 4ドアとライトバン 発売..

昭和45年5月 二代目カローラ  KE-20型 発売...........

当時の価格は ..カローラ 1100 デラックス が ..498,000円
........      ...//......................./.スペシャル が.. .475,000円 
........./....../....................................///......////////. スタンダード が .432,000円 となっています

昭和41年度のカローラの生産台数は12,000台余りですがその後急速にに生産台数を増していきます

以下に昭和41年(1966)型カローラ 1100をカタログより紹介させていただきます

本格的なファミリーカーとは何か?カローラがその答えです・・・

トヨタ・カローラ1100。画期的な1100cc強力エンジンを搭載した5人乗りハイ・コンパクトカーです。この車は 「自動車をみんなのものに」 というトヨタ創業の願いから生まれました。クラウン、コロナ、パブリカを生んだトヨタの技術がここに結晶しています。

カローラの名にふさわしい独創的なスタイル

花の美しさプラス力強さのイメージ・・・カローラとは、花の中の最も美しい部分、花びらの集合体、そして「花の冠」という意味です。この車にぴったりだとお思いになりませんか。パッと花がひらいたように人目をひきつける、やわらかで流動感にあふれた線と面。しかもそこに秘められたダイナミックな力強さ。これこそ現在のカーデザインの先端をいくものです。独創的、親しみやすい、見あきない、と数々のおほめをいただきました。このスタイルは純粋に日本人のデザイナーの手で生まれたのです。

リビング・ルームそのままの快適設計 経験と科学から生まれた運転席・・・

カローラは快適な運転、快適な乗り心地に重点をおいて設計した車です。ここにこそクラウン、コロナ、パブリカを生んだ乗用車メーカーとして伝統と経験がはっきりあらわれているのです。運転するために無理な姿勢をとる必要は、全然ありません。すべてのものがあるべき所にあります。ハンドルは太さも大きさも実に手頃。ハンドルから自然に左手をおろすとチェンジレバーが待ちうけています。万事がこんなぐあいです。

シートはフル・リクライニング・・・

カローラの座席の微妙な座り心地をお試しになりませんか。前後は2つに分かれたセパレート型。しかもこのシートは一ばんうしろまで倒すと後席背もたれとつながるフル・リクライニングです。前後に12cmも移動調節でき、背もたれの角度は何と16段にも変えられます。後席の広さも、頭上の空間もたっぷり。後席両側には側面の壁面を利用した肘かけがあり、きゅうくつな思いをせずに、ゆったりとくつろいでいただけます。

軽量で堅ろうなユニフレーム・・・

カローラのボデーは、フレームとボデーが一体となった「ユニフレーム」です。このボデー構造は軽くて、しかも強度が大きいのが特長ですが、それをさらに一歩すすみて、カローラのバデーはさらに軽く、さらにじんに設計されています。ボデーの曲げ・ねじれに対する剛性は非常に高く、耐久性に富み、万一の場合にも車室の安全を守るのです。

その他の画像は下記にてご覧ください

 詳しい仕様書.....             . エンジン.././

. スペシャル      ........        スタンダード..

主な仕様書

全   長

3,845 mm

エンジン形式

水冷4気筒直列頭上弁式

全   高

1,380 mm

総排気量

1,077  cc

全   巾

1,485 mm

圧 縮 比

9,0 :  1

車両重量

710  k g

最高出力

60PS/6,000 rpm

最高速度

140 km/h

最大トルク

8,5kgm/3,800 rpm