マツダ K360 

昭和32年(1957)に発売されたダイハツミゼットが好評だったのでマツダが発売した軽三輪がK360でした。4サイクルエンジンを採用して好評を博しましたがやはり軽四輪に押され昭和44年に生産を終了しています。

昭和34年4月 K360 発売................

昭和44年10月 生産を終了...............

当時の価格は230,000円となっています

昭和36年度のK360の生産台数は 63,816台となっています

以下に昭和36年(1961)型マツダ K360をカタログより紹介させていただきます

街中のひとに知られた人気者 マツダK360

チャーミングだからお客さまもご存じです 小まわりきくのでお気軽に使えるのです

人間工学から生まれた すぐれた居住性と操作配置

らくな姿勢でからだがぴったりとシートにはまります 足をのばすとほどよいところでペダルにとどきます ハンドルも自然に心地よく握れます 姿勢をくずさずに操作できるチェンジレバーの位置 メーター類は自然に目に入ってくる位置に装着してあります これらはすべて人間工学から生まれたすぐれた設計です 2人乗りのシートは 楽しいドライブにも快適です

戸口から・・・・・戸口へ  小まわりサービスにぴったり

K360は安定していて 運転しやすく 乗心地もよい 荷いたみしない 理想的なミニトラックです

合理的な設計によるすばらしい安定性

まず車高を低く シートを低く エンジンを低く 重いものは全部下にもってきております 車高がもっとも低いにもかかわらず ロードクリアランスは悪路にも適するように大きくとってあります また機構の配置が合理的でバランスがとれていますから どんな道でも安定した運転ができます

その他の画像は下記にてご覧ください

 詳しい仕様書.......             . エンジン...............

主な仕様書

全    長

2,975 mm

エンジン:形 式

強制空冷頭上弁式4サイクル

全    高

1,430 mm

総排気量

356 cc

全    巾

1,280 mm

圧 縮 比

6,5 :  1

車両重量

485 kg

最高出力

11HP/4,300 rpm

最高速度

65 km/h

最大トルク

2,2kgm/3,000 rpm