三菱・360 

戦後スクーター等を生産していた新三菱重工は昭和34年10月に軽三輪レオを発売続いて昭和36年4月に三菱360ライトバンが発売されました。その後キャブオーバータイプのミニキャブが発売され主流となり1970年代に生産を終了しています。

昭和36年(1961) 4月 三菱360 ライトバン 発売 ...................

昭和36年(1961) 10月 三菱360 ピックアップ 発売..............

昭和41年(1966) 8月 ミニキャブ 発売.......................................

当時の価格は ....ライトバン スタンダード が .325,000円
........      ......ライトバン デラックスが   ...360,000円 
........./........../..................................... ピックアップ が   .................300,000円 となっています

昭和36年(1961)度の三菱・360の生産台数は 17,824台となっています

以下に昭和36年(1961) 型三菱・360をカタログより紹介させていただきます。

LT-21-4型(デラックスバン)

装備が豊富です。サイドモールド ホワイトタイヤ デラックスシート ホイルキャップ 愛車セット レースカーテンが常装備です。

LT-21-4型(スタンダードバン)

ワゴン・タイプで、ゆったりとした4人乗りですから乗用車がわりにもご利用できます。後部シートを折りたたむと、2人乗りで300kgの荷物が積める便利な設計です。

豪華なハンドル廻り

燃料計組みこみのコンビネーションメーター ホーンリング オートストップワイパー セルフキャンセルの方向指示器 ハンドルチェンジは運転を楽にします。広いフロントグラスとデフロスターは安全で快適な運転をお約束します。

ミッションは4段変速

エンジンの出力を有効に生かしたオールシンクロの前進4段 後進1段のトランスミッションは ダッシュも 加速も思いのままです。また ハンドルチェンジですからスムースに変速ができゆとりのある運転ができます。

その他の画像は下記にてご覧ください

 詳しい仕様書 ............/.......        ミニキャブ.............................

 エンジン   ........................../.........    オイルマチック車.............../....

主な仕様書

全   長

2,995 mm

エンジン形式

強制空冷2サイクル

全   高

1,370 mm

総排気量

359  cc

全   巾

1,295 mm

圧 縮 比

8,2 : 1

車両重量

490 kg

最高出力

17PS/4800 rpm

最高速度

86 km/h

最大トルク

2,8kgm/3500 rpm