マツダ・D1500 

戦後いち早く三輪トラックの生産を再開した東洋工業(現マツダ)が最初に発売した小型四輪トラックの愛称が「ロンパー」でした。しかし翌年のマイナーチェンジ以降「ロンパー」の愛称は無くなりました。その後E2000の発売クラフトの発売により姿を消していきました。

昭和34年(1959)4月 「ロンパー」発売  ......

昭和35年3月 D1100型 D1500型 発売 .

昭和40年5月 「クラフト」 発売............................

当時の価格は D1100 1,5トン車 .....  605,000円

.................................................................D1500 2トン車 .........  650,000円  となっています。

昭和36年度のマツダの三輪と4輪トラックの合計の生産台数は 29,483台となっています

以下に昭和36(1961)年型マツダ・D1500型 をカタログより紹介させていただきます


スマートなグリルまわりとボックスのデザインはながれるようなスピードを感じさせます

足まわりが広くてゆったりしたキャビンは、モルトプレーンできれいに内張りされていて、明るくやわらかいムードをほこっています。シートは適度の角度をもつシートアングルに考慮をはらわれているので、疲労感がなくふんわりとした乗り心地のよい3人掛けとなっています。安全ガラスのワイドウインドウは、視野がひろく至近距離までも容易に見ることができます。

荷いたみしないすぐれたシャーシースプリングとオイルダンパー

シャーシースプリングには半楕円型板ばねとラバー補助スプリング、ラバーブッシュなどを併用し、さらに前部には筒型、後部には横型の両効きオイルダンパーを採用しています。このため急激なショックをうけないので、ローリングや路面振動を十分吸収し各部の振動による影響を極力防止できますから車両全般の強度をたかめます。また空荷のときはその威力を大いに発揮し一度バウンドしたときでもすみやかにそのショックがしずまります。

その他の画像は下記にてご覧ください

 詳しい仕様書            エンジン

主な仕様書

全    長

4,690mm

エンジン形式

UA型水冷頭上弁式

全    巾

1,690mm

総排気量

1,484cc

全    高

1,940mm

最高出力

60 PS/4,600rpm

乗車定員

3人

最高速度

95km/h

最大積載量

2,000kg

最小回転半径

5,5m