コルト 600 

昭和35年(1960)に発売された三菱500はあまり売上が伸びなかったため昭和37年にコルト600が発売されました。しかし基本的な構造は殆ど同じだったためコルト600もあまり売上は伸びず1万台位を生産したのみで2年足らずで生産を終了しています。

昭和37年(1962)6月 コルト 600  発売............../.......

昭和38年(1963)9月 コルト 600 デラックス  発売..

昭和39年(1964)5月 コルト 600の生産終了 発売../

当時の価格は ..コルト 600 デラックス 429,000円となっています       

昭和37年(1962)度のコルト 600の生産台数は 4,071台となっています

以下に昭和37年(1962) 型コルト 600 デラックス型をカタログより紹介させていただきます。

<コルト 600 デラックス>の魅力あふれるスタイルをごらん下さい。三菱の総合技術を結集して生まれた コルト 600 デラックスは、すぐれた性能と美しいボディスタイルが評判です。カーラジオは常装備、ダッシュボード(計器板)は大型化し見易く、スイッチ類も引き出し式に変更、後部座席にアームレストが取付けられボディーカラーも一新した、シックな装いです。

五人に乗・ルーミィな車室です

車室はこのクラスとしては唯一の定員5名の広さをもっています。■ベンチタイプのシートは、ワイヤスプリングビニールフォームの、ソフトなダブルクッション式です。形状も自然な姿勢でゆったり座れるよう設計され特にリヤシートにはアームレストが取付けられたので、長時間のドライブにも疲労をおぼえません。■ラジオは常装備、室内は効率のよいベンチレーター、カーヒーター、レギュレーターによる開閉自在のウインドにより、四季を通じて快適な居住性が確保されます。

■計器板はデラックス化しドライバーの正面の最も見易い位置に、眩光を防ぐフードで囲まれたスマートなデザインで、セットされています。スイッチ類も扱い易い引き出し式、スピードメーターと一体にフューエルゲージも備えられ、燃料の残量は一目瞭然です。

完全なモノコックボディ

一番新しい車体構造といわれるモノコック方式を採用していますが これは新三菱が永い経験をもつ自動車ボディの製作技術に航空機の理論をプラスして完成したもので軽量で綜合剛性が高く 空気力学的にも理想に近いフォルムのモノコックボディです。

その他の画像は下記にてご覧ください

 詳しい仕様書 .....................        コルト 1000F...../.

 エンジン   .........................../.......    コルト 1000............

主な仕様書

全   長

3,385 mm

エンジン形式

4サイクル強制空冷OHV

全   高

1,370 mm

総排気量

594  cc

全   巾

1,410 mm

圧 縮 比

7,2 :  1

車両重量

555 kg

最高出力

25HP/4800 rpm

最高速度

100 km/h

最大トルク

4,2kgm/3400 rpm