マツダ・R360クーぺ 

昭和33年に発売されたスバル360が好調な売れ行きをみせ それに続いて発売されたのがマツダ・R360クーペです。昭和35年(1960) にスタンダードが翌年にはデラックスが発売されています。発売当初好調だった販売台数も 昭和37年にキャロルが発売されると主役の座を奪われ販売台数を減らしていきます。 そして昭和41年に生産を終了しています。

昭和35年(1960) 4月 マツダ・R360クーぺ スタンダード  発売 ....

昭和36年 (1961) 2月  マツダ・R360クーぺ デラックス 発売../....

昭和41年(1966) マツダ・R360クーぺの生産終了./////////..............

当時の価格は ... R360クーぺ デラックス  が /.....340,000円
........./........../............/////////////..................  スタンダード が  ../310,000円 となっています

昭和36年(1961)度のR360クーぺの生産台数は 25,695台となっています

以下に昭和36年(1961) 型マツダ・R360クーぺをカタログより紹介させていただきます。

魅力的なユーロピアンスタイル
ゆきとどいたアクセサリー
MAZDA R 360 COUPE ≪ デラックス ≫ は
一段と快適なドライブを楽しんで いただける
すばらしい COUPE です

広い、レッグルームとデラックスシート

ヒューマンエンジニヤリング(人間工学)から設計された適度なシートアングルや 広いレッグルーム ウレタンフォームのやわらかいクッションは長途のドライブにも疲れをしりませんそのうえ豪華な内張りは一段と室内をルーミーにしています

ラップラウンドウインドーは 視界がきわめて広く メーターランプはひとつにまとめてたいへん見やすくなっております またペダルや各種のレバーはすべて使いよく合理的に配置され握りやすいコーンタイプの安定したハンドルとともに確実で安全な運転を行なっていただけますシートの位置は運転しやすいように適当に調節することができます

(オプショナル部品としてラジオを開意しています)

走行時の安定を生む低く 合理的な構造 

国産車の中でもっとも低い合理的な設計は走什性能のうえでも大きくプラスしていますとくに重量の適正な配分と低い重心は走行安定性を増しそのうえ前後輪とも 独立懸架としとくに前輪にはスタビライザー(左右平衡器)も採用していますからカーブで尻ふりや横すべりの心配がなくハイスピードでも路面にぴったりした ロードホールディングです

その他の画像は下記にてご覧ください

 詳しい仕様書 ............../...        ボデー・カラー..././

 エンジン   ...................../../....    サスペンション.......

主な仕様書

全   長

2,980 mm

エンジン形式

強制空冷4サイクル2気筒90°V

全   高

1,290 mm

総排気量

356  cc

全   巾

1,290 mm

圧 縮 比

8,0 : 1

車両重量

395 kg

最高出力

16PS/5300 rpm

最高速度

90 km/h

最大トルク

2,2kgm/4000 rpm