| PREV | | BACK | | NEXT |

− 轍 ・ 07/05/04 −

だんだん暖かくなってきた。昨夜は靴下も脱いだが、朝はちょっと寒い。04:40に起きて、朝飯だけ食べて出発。朝飯は弁当だけなのに意外に時間がかかっていることが判明。出発準備をしていたら、おばさんが話しかけてきた。上のキャンプ場は設備も良くて、人がいっぱいだって。
小田ノ浜の夜明け 走り始めると、何人もの人がお散歩のようである。島の東側を南下していくと、さっきのおばさんを抜いた。2度目のアップで上ったまま竜舞崎への分岐を折れると、なんかヘンと思ったら手前の道を過ぎていた。すぐに駐車場。歩いていって陸前大島灯台に到達。オバサン達もいたけど、ここまで来なかったみたい。なんか掘ってた。
一応、東側の道を走り灯台印周辺を見ながら行くが、何も無し。余計に登った。岬まで30分位かかったみたいだから、帰りは気合を入れて、でもちゃんと海沿いを走っていくと、あっさり港に出た。ちょっとコンクリ堤で港を眺めて、観光船が出航してフェリーが接岸したので行ったら、まだなので、ちょっと待合室に入るが良いパンフは無かった。で、フェリーに乗る。帰りも導灯を探すが、やっぱり無い。最後の蒸しパンを食べる。 陸前大島 浦の浜港
港に着いて街中を走って駅に向かう。新しい鮮魚市場みたいな大きな建物があったが、最近どこにでもあるよな。街中を抜けて駅に着く。前回寝た場所がなんとなく判った。駅前には灯台のフェイクがあった。
気仙沼港導燈 後燈 走行再開し、R45を外れて海沿いに廻り込み、小々汐で気仙沼港導燈を探すと、山の上の方に木に隠れているのを発見。直下からの道は無いようなので、少し戻って尾根伝いに歩いていくと、到達した。櫓型だが、前燈だ。延長線上を探しても見つからないので引き返していくと、向こうの山の方に白い塔が見えた。自転車には戻らずに後燈の方に下ったが、沢筋に降りたら見えなくなった。農作業中のおじさんと、子供と散歩中のお父さんに尋ねてアタックするが不発。すると、もう一山向こうに後燈が見えた。一度自転車まで戻って、さらにアタック。おじさんに尋ねて、蛇が出ると言われた杉林の中の踏跡を辿って、やっと後燈に到達した。苦労したぜ。
先に進むと岬の手前で急坂になった。フェリーで見て送電線沿いに行けそうだったが、行ってみたら藪だ。縁側のお兄ちゃんと農作業中のじー様と立ちションしていたオジサンに訊いて上段灯台に到達。小さくて可愛い灯台だ。海をフェリーが通っていった。
そのまま海沿いに走る。実線の道も問題なくて、湾では海草を採っているようでした。170のピークに向かっての登りになる。横は最終処分場。登り切って下っていくと分岐があって、鳴き砂の浜の標識。昼飯を持って歩き始める。先に浜に行ったら、何にもないや。気仙沼東湾指向燈に着いて、またもや昼食&休憩とした。 九九鳴き浜
御崎岬海岸 御崎はあまりキツイ記憶がなかったが、アップダウン。新道が通っていて、割とすんなり距離は稼げたようで、御崎神社の大きな鳥居を潜る。神社はそれとなく憶えているような気がしたが、陸前御崎岬灯台は全く憶えていなかった。岬周辺はなかなか良い。オヤジと姉ちゃんのカップルがいた。BMWのようだ。同じ道を引き返す。巨釜半造は前回ショボイと思ったのでパス。とにかく碁石岬は獲ることにする。R45の取り付きは激坂。誰が造ったんだ、バカ。R45はイナカ度が増した分、車が減ったようだが、それでもキライだ。
いつの間にか岩手県となり、陸前高田の市街をスルーするR45は、道の駅があってコンビニやモスバーガーや大型店が並んでいて、妙な様子だ。野球場らしきのの横にはトイレもあるようなので、ここで寝るのも良いだろうと思いつつ、先を急いでR45から外れて碁石岬へと向かう。線路と並走していたが、踏切渡ると一発登る。広田半島の右に出たところで、折れて、下って、さらにアップダウン。 賀茂~社
碁石岬の海鳥 もうすぐ岬というところでデイリーヤマザキで0.5Lテトラを買おうと思ったが無くて、缶100円でレヂ横のラズベリーケーキが滅茶苦茶美味しそうだ。もう一発登ったら、すぐに碁石岬。流石に観光地で、岬周辺は公園になっていて、碁石埼灯台も広々としていた。またBMWがいた。
ついでに大船渡の導灯に向かう。やはり獲れるときに獲っておくべきでしょう。『放送中』のIBCの車がいた。細浦の駅が寝れるか寄ってみたら、待合室が鍵締めてあって時刻表も見れないぜ。登り始めてR45と合流したところで導灯を探すが、目印と思ってたアンテナもない。諦めて行こうとしたら、道の横の妙な建物が大船渡港灯台&指向灯。導灯は廃止されて、これになったんでしょう。やっぱり高速のIC建設のせいかしら。
あとは陸前高田まで戻るだけ。通岡峠はそれほど苦労せずに登り、展望台でリアスの風景に別れを告げる。気持ちよく下って、陸前高田駅まで走る。時刻表を確認し、記録を書いて、市役所前の公園に移動。スーパーは20:00までだった。最後の夕食を終えて寝たら、雨音。東屋へと移動して、再び寝た。 薄暮の通岡峠


| PREV | | BACK | | NEXT |