| PREV | | BACK | | NEXT |

− 轍 ・ 07/05/03 −

昨夜も風が強くて、テントが数度横転して、飲みかけの1Lパックが倒れて少し流出してむかついた。朝はちょっと寒いので、ちょっとPEAK1点火。朝飯だけ食べて06:00前に出発する。一度、女川方面に戻って対岸の導灯を探すが、発見できず。仕方ないので、まともに走り出す。
白銀埼 アップダウンはあまりきつくなく進んでいく。どっち周りにしようかと思ったが、順当に反時計回りとして雄勝湾沿いに走ると、割とすんなり桑浜まで来た。どちらの集落から行くかと思ったが、悩まずに手前側に下る。でもこちらの方が海まで出るから登るの辛そう。小さな浜に出て、左手の家にお爺さんとお婆さんがいたので尋ねたら、丁寧に教えてくれた。コンクリ階段を登ると、すぐ鳥居。参道なんだろう。
畑の中の道を気分良く歩いていたのに、いきなりコンクリ壁。駐車場があるぜ。すぐ先は御上品なホテルだ。道は参道になって石燈籠が並び、やがて朱塗りの神社。白銀埼灯台はそのすぐ先でした。帰りに神社に寄ったら、中に入れて、大きな絵が何枚も掛けてあった。白銀神社は正一位で、金華山が黄金神社だから対かもしれない。祭神も同じだった。 白銀神社
大須漁港 走行再開。大須の港に下ろうとしたら、一発フライングした。港に下ると崖の上に大須埼燈臺が見えたが、道が見つからないので、集落を少し上がって家の間の狭い道をうろうろして、おじさんにきいたら教えてくれた。周囲は公園みたく整備されていて、水仙の花が綺麗だった。帰りはちょっと迷って、港に戻る。
大須からは割と山の中。一応は峠だ。たしかに峠らしい。荒峠を乗り越して大浜に下り、雄勝に戻る。とにかく導灯を探しながら走っていたら、コルナゴに抜かれた。けれどそんなに速くないし、風に煽られてよたってやがるから追走してやった。もう少しで捉えられそうだったが、気付いて逃げ始めやがったし、バカらしいから止めた。導灯は結局発見できず。
雄勝から釜石峠だが、旧道にする。登り始めて下に見える道は一直線でゲロだ。気分良く走っていたら、通行止の看板だが、当然シカト。なかなか良い雰囲気になり、峠に着いた。北側は荒れまくりの廃道。とりあえず単車の轍があるので行けるみたい。楽しく下っていくと林業作業中で、御迷惑をかけてしまった。 釜石峠旧道
北上川河口 新道に合流し、北上川の直前でミニベロの団体様と擦れ違う。10人位いたみたい。橋を渡り北上川に沿っていく。道が良いのか追風なのか、すいすいと進んで気分良かった。河口を過ぎると再び海岸はアップダウン。R398から右に折れていくと、駐車場に車が溢れていて、人も沢山いる。ゲロリンだが灯台で昼飯にしようと歩いていったが、灯台は無い。ここは神割崎だったので、もう少し行くと、路駐もいっぱいだ。
キャンプ場の看板に寺浜灯台が記してあったので、キャンプ場の歩道だか車道だかを走っていくと、草の丘の上にあった。誰もいないぜ。うむ、そんなもんだ。横のトイレで顔を洗い、昼飯&大休憩とする。昼寝してたら、灯台を撮っている方がいたので、声をかけてみたらガウスさんだと判明した。ガウスさんは、これから北に向かうらしい。沖の島の話とか、米埼とか、これからの三陸の灯台の話とかで盛上がった。
ガウスさんと別れて走り始める。R45と合流したら、車が多くてむかつく。久しぶりにJRの線路も並走する。R45は嫌なので、志津川からは海沿いの道。図書館が渋かった。再びR45。田舎道もあるみたいだがダルそうなので、我慢して走る。 志津川図書館
歌津埼燈台 歌津で高架橋の先で右に折れると、向い風だぜ。魚龍館を見ようと一瞬思ったのだが、気仙沼まで行きたいから止めておいた。泊港の端まで行くと、激坂だった。押して上がると歌津埼燈台はすぐに見つかった。なんか畑の横の変な所だ。農作業車の邪魔をしてしまった。団子食べた。地方道を走り、再びR45。やや走り易くなった気もする。JR気仙沼線は一直線で取って付けた駅だ。津谷の跨線橋で一気に越えて、大谷に道の駅があったが、なんだかショボそう。
気仙沼市との境で右に折れて海に下り、砂浜の先に岩井埼が見えた。今日も潮が吹き上がっていて、何人か観光客がいるのが見える。岩井埼灯台まで遊歩道を乗り付ける。やはり松林の中で撮り難い。話しかけてきた人がいたが、渋滞中に何度か抜かれたんだって。 岩井埼潮吹岩
今日は港に寝ようと思っていたが、船の時刻表を見たら最終フェリー18:10に間に合いそうだ。渋滞した車の横を走り抜け、港の標識が見えたのでコンビニで食購。R45から右に折れたが、港はないぞ。とにかく走る。公民館も寝やすそうだが、18:00港に着いたので、フェリーに乗った。客は結構いた。島に降りると公園とか無くて、駐車場ばっかり。リフト乗場は良さげだが、まだ人がいるみたいだったので、一度港に戻って案内地図を見て、対岸の浜に来たのであった。広い軒で宜しい。船から下りた時はポツリときたのだが、暗くなったら綺麗な星空。だけど蛙がうるさいな。


| PREV | | BACK | | NEXT |