| PREV | | BACK | | NEXT |

− 轍 ・ 06/05/04 −

6日目。感覚がなくなってきた。朝は快晴。そこそこ寒い。テントは朝露で濡れまくりだ。とりあえずピーク1をちょっとつける。朝はハンバーグ弁当とピーナツバターパン5個のを一気に食べた。
01: 多古から望む潜戸鼻 多古に向かう。小波から上って、どちらを先にするかと思ったが、順番通りにして多古に折れると、正面の丘の上に塔が見えた。写真を撮っていたら、犬の散歩のおばさんが挨拶してくれた。港の外れまで行って、Uターン。地形図を見て墓地のとこに止めて、おじさんに確認してから歩き始める。藪はけっこう深くて朝露で濡れたが、まずは多古港南西方照射灯を獲った。周囲が開けていて西方の展望も良好。
次は多古鼻燈臺。沖泊の集落手前のターンから破線を探すが、途中で途絶えた。一度下ってみるが、ない。再び探すかと思ったら、燈臺に向かって左側の斜面の木の間に擬木の柵が見えた。少し上ると、整備された遊歩道の入口があった。 02: 沖泊集落
快調に歩いていくと、上方にも柵と看板みたいなのが見える。もしかして上まで車で上がれるの?と思ったが、遊歩道はそのまま多古鼻燈臺まで続いているだけだった。周囲は金網。越えて敷地内を歩いていくと、すぐそこに展望台があってコテージが並んでいる。踏跡はあったから、すぐ来れるようになるかも? でも、これだけ近くにあるのに無視されてる燈臺って、なに?
03: 津ノ和鼻 先は長いので、走り始める。でもどこも公園とかあってサイトできそう。と思っていたら、笠浦を通り過ごしそうになって、山の上の県道から集落に下ったら、車道なくなって路地を迷いながら港に出て、海沿いを突き当たりまで行く。それらしき山道はすぐ見つかったので、てくてく歩いて津ノ和鼻燈台到着。
アップダウンを続ける。北浦にはマリンピアとかいう建物があったが、寝れた感じだった。実線の道は渋く、その先の入江も渋い。観光とは縁がないような様子が好ましい。片江からさらに幾つか越えると、いきなり車やタクシーが大量にやってきた。みな七類港のフェリーターミナルにむかっていった。銀ピカの怪しい建物だった。 04: 七類港フェリーターミナル
05: 七類湾と九島 七類から上って行くと、九島との間が見えた。船が通れる水道のようで、無理だ。やがてトンネルを出た先で釣鉾山。200mmで燈塔を確認。七類港九島灯台も見えた。赤白だ。
法田も行き過ぎそうになってもどって、釣師の駐車場から突入しようと思ったら地元民の軽トラが丁度やってきて、教えてもらった。入口が藪で判り難いが、階段になっていて、山頂まで延々と登る。けっこう疲れた。七類港釣鉾山燈台も緑色のヘンな燈器だ。登ってみて驚いたことに、LED灯器。円周状に並んでいる。約100/周×上下×3段で、計600個位使っているようだ。たまげた。 06: 恐るべし!LED燈器
07: 美保関神社拝殿 ちょっと早いが、法田で昼食。半分にしようと思ったが、焼そばとおにぎりと両方食べて、さらにチョコのパン。メロンクリームソーダを買った。法田峠越えて、境港が見えた。とりあえず美保関。今日は風は概ねおさまっているが、それでも逆風は疲れる。美保は焼イカの露店だらけの中、神社に参る。
道はやはり有料ではなくなっていて、あっさりと地蔵埼。フツーの人がいっぱいいるぜ。美保関地ノ御前島照射燈美保関燈台のすぐ近くだった。ビュッフェは海側がガラス張りで、みんなメシ食ってるや。セルフで撮ろうとしたら、ネーチャンが横切って一枚ムダになった。 08: 美保之碕「沖之御前地之御前」
09: 美保関港「神光照海」燈明台 美保関まできたら防波堤の端になんか立ってる。行ってみたら、燈明台みたいだ。戻っていくと、境港の防波堤灯台は中々デカい。根元まで行けそうだが、面倒だからいいや。境水道大橋の下をくぐると、レーサー3匹が橋から降りてきた。追走してあげたが、じきに去ルガ鼻まで来てしまった。
手前側は造船所で無理っぽいので、道が入ってる西側から突入。浜を歩いて行くが、ラストはロープでトラバス。境港去ルガ鼻燈台は赤燈台でした。江島の橋が見えるが、あれを上るのかと思うとゲロゲロだ。江島までの道は、あまり面白くなかった。白バイがいたな。橋は渋滞。歩道を走るが、思った程ではなかった。 10: 去ルガ鼻燈台手前のロープ
11: 境港 境水道大橋 境港でフィルムを探す。ドラッグストアには無くて、アイス食べたくなった。教えてもらったスーパーの中で3本セットを買う。海沿いに出ると、またもや隠岐航路のターミナルは銀ピカで怪しい。境港指向燈は道端。旧境港灯台は公園の桜の木の中で、撮りにくい。オリジナルでも何でもなくて、酒田のコピーというのが情けないぞ。
とりあえず駅には寄っておこうと思ったら、銀ピカのターミナルの裏だった。駅舎には灯台が付いていて、水木しげるの像がある。アイス(焼プリン)を食べてゴミを捨てる。昔はボロかったよなぁ? 境線に沿って行くと、米子空港。遠くに自衛隊の輸送機らしき機影が見えた。県道47号は高速のようで、どこまで行ったのかわからんが、前方に街が見えたので適当に中ノ海岸に出たら亀島灯台が見えた。自転車倒してコケた。 12: JR境港駅前 水木しげる像
米子市内は渋滞で走り難い。R9も高速入口まで渋滞で、横をすり抜ける。暗くなってきた頃、名和。記憶にあったスーパーはなく、R9にもどったら、Aコープ発見。閉店間際であまりない。名和神社まできたら、全然かんじ違うでやんの。昔、テントを張ったのは名和公園だったようだ。トイレは当時建てたもののようだが、桜の木が何本も植えられて、広々としたカンジは全く失われていた。宴会してる方々がいたので、横の巨大施設の軒にした。飯にカレー、魚カツ、パンかな。あとはバナナ2本、紅茶。


| PREV | | BACK | | NEXT |