| PREV | | BACK | | NEXT |

− 轍 ・ 06/05/03 −

昨日は寒かった。シュラフカバーを夜中に広げるほどだった。朝も寒いので、ピーク1で暖をとって朝食。焼肉弁当と昨日の残りの菓子パン、あとはパチった夏蜜柑。出かけに爺さんに話し掛けられた。けっこう時間かかって出発。昨日の道をサクサクともどると、20分で河下まで来た。県道23号に復帰して十六島の町を通り抜けると、食料品店とスーパーは、一応あった。
01: 釜浦付近の海岸 それ程、時間かからずに十六島鼻の車道Uターン地点まで行ったが、最後の坂はけっこうゲロ。車が何台か停まっているのは釣師だろう。歩き始めると、最初は遊歩道風。途中で分岐で、まっすぐ行くと磯みたい。引き返して山を越えて行くと、14分で十六島鼻燈台に着いた。岬からは日御碕灯台が見えていた。
Uターンして日本海側は立枯れの木が多くて、なかなかよし。アップもそれほどきつくはなくて、釜浦で海まで下る。海沿いになって楽かと思ったら、今日も風が強くて進まないぜ。塩津からアップ。とにかく今日は何度もアップダウンの繰り返しだったので、もうよく覚えてないぜ。とにかくトンネル抜けて下ったら、下りすぎた。 02: 三津付近の海岸
03: 見下ろした長尾鼻海岸 県道23号は三津峠に行くはずだったのに、さらに平田側に下ったところでトンネルで上岡田に出た。でも三津峠もトンネルになっていて、登りはちょっとだけだった。三津から県道23号を外れて海に沿って行くと、崖下のコンクリ道。北海道の雷電海岸とか、こんなだったかな。とにかく風が凄いぜ。崖上に出雲長尾ヶ鼻燈台。真下まで行くと、すごい階段だ。登っていくが、風が強くて恐い。燈台付近は狭くて、逆光で写真撮りにくい。でも海岸は波状の岩がなかなか見事。腹が減っていたので、燈台の根元でスティックパンを半分位食べようと思ったら、全部食べた。
ぐるっと周って小伊津からはかなりのアップ。集落も斜面の上まであって、押す。さらに登り続けて行くと、最終処分場。谷を埋める予定のようで、建物から谷にシェードが延びている。とことん嫌になる光景だ。とにかくまだまだアップ&ダウン。伊野浦は道路工事中で、畑浦は学校横からさらにアップ。実線の道は普通の道で、魚瀬は東屋が見えたので、ちょっと休んで海を見た。 04: 畑浦付近の海岸
05: 恵曇燈臺から望む割石島 秋鹿の港は整備中のようで、六坊からの実線の道も普通の道ではあったが、とにかく上った。でも恵曇の湾が綺麗に見える。恵曇灯台も視認した。恵曇でスーパーがあったので、食購する。昨日のこともあるので、とにかく一日分を買ってしまう。菓子パンが半額だったので、いっぱい買った。昼はそこらで食べようかと思ったが、手結まで行ってしまうことにした。で、一発越える。坂はむかつく構造であったが、たいしたことはなかった。
狭い路地を突き当たりまで行って、歩き始める。家の間を抜けると、草っ原が広がった。石段を登って行くと、恵曇燈臺はすぐだった。この燈臺は塔の周りに階段が付いてて鹿児島風。登らせてもらいました。港までもどって、手結北西方照射灯にかかる。8mのはずだからと、防波堤を越えて磯を歩いて行くのだが、見つからない。先は崖の入江で、かなり上まで登るが、迂回路はなく、照射灯もない。上に燈臺が見えるので、一度燈臺まで行って、再び灯塔の上から周囲を見るが、発見できず。諦めて戻って、自転車を置いたところを見たら、電柱の上に灯器だけがあった。やられた。プレート無かった。とにかく見つかったので、昼食。クリームパンと稲荷寿司3ケ。ひとつ落としてやばかった。 06: 恵曇燈臺の燈器
07: 島根原子力発電所 走り始める。と、原子力発電所だ。手前で山菜とり無神経ババアがいたな。発電所は増築中のようだ。周囲のフェンスにはカメラがあるぜ。原発館でトイレを借りて、下るかと思ったら、なかなか下らなくて、ダルい道だった。御津を過ぎて、次のアップはたいしたことなくて、大芦にはゲロい建物。最近多いよなぁ。加賀にも遊覧船乗場がゲロい。けど寝れるなぁ。いい軒だ。
パスして体育館と綺麗な学校の横を通って、トンネルは旧道の方に進む。佐波からの実線道はそれなり。また処分場があった。潜戸鼻燈台は車道終点から歩いて4分。近かった。周囲は岩が広がり、波で派手に削れてて、なかなかの風景。わりとあちこちうろうろしながら写真を撮った。帰る途中で、多古鼻の照射灯の方が見えた。駐車場では車で周ってる広島の御夫婦と話をした。 08: 潜戸鼻
09: 野波海岸の落日 チェリーロードとかはパスして、トンネルで野波。トンネル長かった。野波の海岸が寝やすそうなので、とりあえずここにして、多古鼻は時間かかりそうだから、先に瀬崎シャグリ照射灯を獲りに行く。ダレてるので押して行くと、道端に立ってた。四角で蔵之元風。犬がうるさかった。で、もどって野波。
店はあるかなと集落の中に入ると、小さな女の子が「こんにちは」と言ってくれた。店はないので、手持食料で食べるとしよう。トイレで髭剃って、テント立てる。晩飯はレトルト御飯にカレー、夏蜜柑と紅茶。寝る前にメンチカツパン。焼売串とお好み焼串だ。


| PREV | | BACK | | NEXT |