徳島県山城町児啼爺像除幕式レポその1

香川県観音寺に宿泊した一行は翌朝、児啼爺除幕式会場のある徳島県山城町大歩危へ向かいました。屶丸さん運転の10人乗りワゴンでの移動です。

1時間半から2時間ほどの距離だったでしょうか。ついに大歩危に到着。

小さくて分かりづらいかもしれませんが、道路際には、「もみじまつり」ののぼりに加えて「児啼爺」と書かれたのぼりも立てられていました。

会場にはすでに大勢の人が集まっていました。取材陣も多数。テレビ朝日やNHK などが駆けつけていました。

受付で記帳を済ませ、一行は児啼爺像前に移動。除幕前ということで児啼爺像には白い布がかけられていました。

「児啼爺の碑」が像のすぐ側に立てられています。これには児啼爺伝承の由来が書かれています。題字は京極夏彦さんの書。

以前、タキタさんがこの文案で悩んでおられましたね。

この碑の向かって左側には支援者名が刻まれた石碑もあります。除幕式に出席できなくて残念な思いをしたみなさんは、せめてこちらで自分の名前を確認してください。(データがちょっと重いです)。

支援者名1(68k)/支援者名2(72k)/支援者名3(72k)

ただし、まだ全員分を刻み切れていないそうです(もう一つ同様な石碑が作成されます)。

HOME/次へ