WWS
World Wing Spirits

10月25日 バトルスフィア東京大会 観戦記(途中から)

目次に戻る


 会社をほぼ定時で抜け出して、最寄りのJR駅から山手線に乗車。日暮里で常磐線に乗り換え、北千住で東武伊勢崎線準急に乗り継ぎ。更に西新井で各駅停車に乗換えだ。えぇい、面倒くさい。東武伊勢崎線はだから嫌なんだよね。という訳で、竹ノ塚駅に着いたのは19:15頃。さて、バトルスフィア東京?行ったことないし、場所なんて分からないので、当然タクシー。でも、タクシーの運ちゃんも、さっき場所が分かったらしい。地元でも、まだまだ浸透してないな。で、730円で会場到着。うおー、タダの倉庫じゃん(笑)。もっとちゃんとした怪しいホール(仮)みたいかと思っていたのに、ちょっと拍子抜け。当日券を購入して会場内へ。あれー?どっかのホムペにBarがあるって書いてあったよーな記憶があったんだけど、Barどころか飲み物も売ってないじゃん(笑)。がーん。まぁいいや。おかげど記憶がムチャクチャ鮮明だ。いい事なんだけどさ…。

 会場内には椅子が3列ほど並んでる。お客さんは150人位いたかな?結構入っているように思えたが。

 

第3試合 ハンディキャップマッチ

×ラーメンマン、梅宮 vs ○AKIRA

 入場したらちょうど、この試合の最中。AKIRAに2人がやられまくってるところだった。梅宮がそれにしても、この試合はちょって長かったね。ほとんど梅宮のトークプロレスの様相を呈していたが。梅宮は試合に勝つためだか、チームワークのためだかしらんが、ラーメンマンにヤらせたらしい(笑)。でも、小さくってヘタだったらしい。ラーメンマンの裏切りとか梅宮の途中試合放棄などがありながらも、最後はAKIRAがラーメンマンからギブアップ勝ちだった。14分位。

梅宮のトークが目立った試合だった。

 

 

第4試合 ○ラ・マルクリアータ vs ×荒蒔

 荒薪はPWCのチャンビオンとコールされた。PWCと言えば島田さん。いつのまに島田さんからベルトを奪取したんだ?ともかく試合。やはり荒蒔はやられる姿がそそりますな(笑)。えーっと。最期はマルクリアータの関節技でギブアップ勝ち。う〜む、心なしか露出が少ないな。まぁ、リングだし、足立区だししかたないのかな〜。

PWCチャンピオンとしてコールされた荒蒔。 逆エビ。
恥ずかし固めいくそ〜。 喉輪落とし。レフェリーは戸井ちゃん。
ネックハンギング フィニッシュの直前かな?

 

 

ここで休憩。変なタイミングだ。

 

 

第5試合 下着追い剥ぎマッチ

○椿チャコ vs ×風音

 下着追い剥ぎマッチ。おぉ、ようやく暗黒街らしくなってきたかも。とはいえ途中から見てるから曖昧だけど。風音もチャンピオンベルトを持って入場。WWSEとか言っていたかな。椿チャコは例によって脱がせやすそうなヒラヒラした衣装で登場。風音のコール時には黄色い紙テープが舞った。

 試合は、小気味よく服を脱がされていく2人もよかったが。セコンドのマルクリの指示もよかった。「脱がせながら攻めて!」とかなんとか的確な指示を飛ばしていた。あと、レフェリーの戸井ちゃんがスケベな親父系のレフェリング(?)でよかったね。

イメージカラーの黄色で登場した風音。彼女もチャンピオンらしい。 徐々にコスチュームが脱がされていく。
シャツが脱がされた。チャコは早くも臨戦態勢に(笑)。 パンツがやばいぞ。
こっちの方がやばい。 逆エビ固めをきめる。
最後は風音がパンツを脱がされてしまって試合終了。

 

 

 

セミファイナル ○ブラッディ・レザー、スーパー・フレディ vs ×ダークネスNo.39、ダークネスNo.4

 おぉ、ダークネス初めてみたぞ。レザーのチェーンソーは小さかったな。あと、フレディは背が高くひょろっとしていたかな。

 

 

メインイベント 暗黒街マラソンデスマッチ

○ザ・ウルフ vs ×ミスター・ポーゴ

 試合開始前にちょっと休憩。そして、メインの試合形式についてリングアナから発表が。「メインイベントの試合形式は、○○○○デスマッチと発表していましたが、暗黒街恒例マラソンデスマッチとなります!」おぉ、メインマラソンなんだ。こんな住宅街のど真ん中だからマラソンは無理かなぁと思っていたけど、こいつはラッキー。っつーか、来た甲斐があったってなもんだ。

 ウルフは酒乱Tシャツを着てビールだか発泡酒のロング缶を手に入場。既に酔っ払っているかのようだ。実際、試合が始まってからも足元がおぼつかないっつーか。大丈夫かよっって感じ。こんなんじゃ師匠超えは出来ないぞ。場外でもポーゴさんの厳しい攻めが続く。ウルフの顔面とかにキックがビシバシ入ってたよ。そして、遂にポーゴさんとウルフが外に向かう。マラソン開始だ。

酒乱Tシャツのウルフ 場外戦。そして戦場はついに路上へ。

 

 

 会場を飛び出して、目の前の道路を左折し直進。狭い入り口から駐車場に入っていった。この駐車場が足元が悪くってねぇ。水溜りばっかしたよ。しかも暗いし。大変だったかも。そして、駐車場を抜けると団地の前に。団地前を乱闘しながら進んでいくと、今度は公園が。元淵江公園だ。公園内のずんずん進んでいく2人。孔雀の前で乱闘とか、砂場で乱闘しながら、遂にはに到着。池の前でビッグファイヤー(失敗だったが)を浴びたウルフは見事に池に転落。なんでも鼻を押さえながら転落したという噂らしい(笑)。それにしても、池は思ったよりも浅かった。
会場前の路上を進む2人。観客とカメラが後を追う。 日本共産党のポスター前。ここから駐車場に進入。
駐車場に偶然あったタイヤで攻撃。 ポーゴさん、例によって嬉しそうだな。
駐車場を出て、団地の自転車置き場前の電柱で乱闘だ。 という訳で、元淵江公園に来ました。公園パイルを狙うポーゴさん。
公園の砂場に来たぞ。観客からは埋めろコールが。 ほんとに埋められかけたウルフ。
水のみ場でウルフを水責めにするポーゴさん。 チェーンデスマッチだ。
池の前でビッグファイヤーは失敗。でも、この後2回ウルフにファイヤーを見舞う。 ウルフは池に転落したのだった。

 

 

 

 ウルフを池に落としたポーゴさんは満足気な表情で立ち去っていく。先に戻ってしまうのか?なんとか池から上がったウルフはファンの声援を浴びながら公園の入り口に向かう。途中で「カアちゃん返せ!」と天に向かって叫んでいたが。

 公園を出てからも乱闘しながら会場まで半マラソン状態で戻る2人。ぞろぞろついて行く観客&マスコミ。それにしても、ポーゴさんの団体にはどうしてこんなにマスコミが多いんだろう?

ずぶ濡れになったウルフ。 カアチャン返せ〜!と天に吼えるウルフ。
公園入り口でポーゴさんがウルフを待ち伏せ@石川ひとみ 車に一瞬向かっていこうとしたポーゴさん。運ちゃんびっくりだね。
また自転車置き場前に戻ってきた。 ポーゴさん、マラソンで会場に戻っていく。
近所のおばちゃんもウルフに声援を送る。

 

 

 会場に戻ってから、武器でウルフを攻めるポーゴさん。チェーンで絞首刑になったウルフはかなりグロッキー状態。そして、15分経過。しかし、ここでハプニングが。なんと、レザーとフレディが乱入してきたのだ。何が目的なのか分からないが、まずはレフェリーのミスター純と戸井ちゃんを襲撃しダウンさせる。そして、次の標的は、なんとポーゴ。なんか敵対関係がよくわからないよ〜。そして、2人掛かりでチェーンを使ってポーゴさんの首を絞めて、半失神状態に追い込む。その間もウルフはダウンしたままだったが、レザーは、何を思ったか、意識のないウルフをポーゴさんの上に乗せる。フォールの体勢だ。そして、これまたダウン中のミスター純を引きずり起こし、カウントを数えるように促す。そして、そのまま、純はカウント3を数えた。おぉ、かなり他力本願とはいえ、ウルフがポーゴさんからフォール勝ち。遂に師匠越えだ!

 ポーゴさんはすぐに意識を取り戻した。レザー、フレディを場外で蹴散らし、大暴れ。ダークネスも2人も登場して、レザー、フレディに攻撃を加え、大乱戦状態に。ようやく敵味方の構図が見えてきたぞ(笑)。

 で、ポーゴさんはウルフにマイク。2人で飲もう的なアピールと、次回11/24の新宿大会ではマラソンマッチで歌舞伎町まで行くぞと高らかに宣言したのだった。でも、アイランドホールから歌舞伎町は無茶苦茶遠いらしいぞ〜。私はいった事ないので分からないけど〜。

リング上で、武器を使ってウルフを攻めるポーゴさん。 ウルフはグロッキー状態かも。
しかし、ブラッディレザーとスーパーフレディが乱入。レフェリーのミスター純と戸井ちゃんに暴行をはたらく。 ウルフはチェーンで首を絞められて半失神状態に。
レフェリーもウルフもダウンしている最中にレザーとフレディがポーゴさんの首を絞めてダウンさせてしまう。 ダウンしたポーゴさんの上に、レザーがウルフを乗せてミスター純にカウントを数えるように指示。そのままカウント3が入った。ウルフ師匠越えだ!
ダウン中のウルフにポーゴさんがマイク。また飲もうとかなんとか。 次の新宿でマラソンマッチで歌舞伎町に行くと宣言したポーゴさん。でも歌舞伎町は遠いらしいぞ。

 

 

 いやー、今回は面白かったですねー。こんな住宅街のど真ん中でマラソンやるかどうかは半信半疑だったので、嬉しい誤算とでもいおうか。行った甲斐があったね。面白かったよ。久々に満足した興行でしたわ。途中からだったのが残念だが。いやー、よかったよかった。