顔文字辞書インストールの手引き

よくある質問(項目をクリックすると説明へジャンプします)

よくある質問
○ダウンロードの方法がわかりません
○クリックしてもダウンロードできません
○ダウンロードするべき辞書がどれだかわかりません
○私の使っているバージョンの辞書がありません

○ダブルクリックしても開きません
○ダブルクリックしても辞書として使えません
○このファイルを開くには作成元のプログラム名が必要らしいのですが
○関連づけるアプリケーションの設定・・・
○そもそもの使い方が判りません

利用方法について
○解凍の方法がわかりません
○登録の方法が判りません MS-IME辞書バイナリ版
 (プロパティから登録できない.DICファイルの場合)

○登録の方法が判りません TXT版
○登録するときにエラーが発生します
○登録できない項目がいくつかあります

○削除をしたい
○削除できません
○デスクトップに辞書が残って削除できなくなりました

トラブルについて
○辞書導入したせいでゲームが止まる
○文字化けしてしまう
○ATOK12以降で使いたいのですが・・・

サポートについて
○携帯用の辞書を作ってください
○掲示板で酷い対応をされました。まともに答えてもらえません



○ダウンロードの方法が判りません
ダウンロードのリンクは画像に付けられています。
look over や download などのバナーをクリックし、
テキストのダウンロードは、右クリックのコンテキストメニュー内の、
「対象をファイルに保存」を選択してください。(IEの場合)


上記の説明では全く不足であると感じた方は、
取りあえず、書店で「できる インターネット」(インプレス社)
などの書籍を購入して手元に置いておくことをお勧めします。
http://dekiru.impress.co.jp/news/2001/11/16/inetkxp.htm

今の状態では言葉で説明されても辛いのではないでしょうか?
インプレスの出来るシリーズは画面付きで操作を一から説明しているため、
入門書としてはかなり良い部類の書籍だと思います。
フルカラーで一冊当たりのお値段が張りますが、
自己への投資と考えて、是非。(インプレスの回し者とかイウナ(w )



○クリックしてもダウンロードできません
ブラウザで読めてしまうファイルの場合は、リンクをクリックしても
ファイルにダウンロードされずにそのまま表示されてしまいます。
リンクを右クリックして、コンテキストメニューの中にある
「対象をファイルに保存」を実行してください。



○ダウンロードするべき辞書がどれだかわかりません
まず、あなたの使っているIME(インプットメソッドエディタ)
(日本語入力支援ソフトウェアの総称です。)が何であるかで決めます。
日本語入力ソフトウェアにあった辞書を導入すればいいのです。

Windows98、WindowsNT4.0はMS-IME98が標準、
WindowsME、Windows2000はMS-IME2000が標準、
WindowsXPはMS-IME2002が標準です。

また、Office2000を入れるとMS-IME2000が利用できます。
OfficeXPを入れるとMS-IME2002が利用できます。
(一部例外があります)

一太郎にはATOKというIMEが付属しています。
一太郎9 >ATOK12
一太郎10>ATOK13
一太郎11>ATOK14
一太郎12>ATOK15
一太郎13>ATOK16
という具合になっています。

基本的にテキスト版はMS-IME用であればどのMS-IMEでも利用できますし、
ATOK用であればどのATOKでも利用できますので、こちらを利用してください。

テキスト版以外の辞書は、わかる人だけ利用してください。
日本語入力ソフトウェアを壊したり、アンインストールできなくなったり、
まっとうな日本語が打てなくなってしまったりする事があります。

これは私見ですが、デメリットばかりでさしあたって良いところが見あたりません。
無理に利用しようとしても良い事はまったく無いと思います。



○私の使っているバージョンの辞書がありません
テキスト版を利用してください。
MS-IME用のテキスト辞書はどのバージョンのMS-IMEでも使えます。
ATOK用のテキスト辞書はどのバージョンのATOKでも使えます。

ただし、
MS-IME97以前、ATOK11以前 これらでは利用できないかも知れません。
また、VJE、WXG、WXV、OAK等の辞書も提供されていません。

これらのIMEを持つマシンを持っていて、辞書の使い方がわからない、
というのはちょっと信じられません。何しろこれらは
みんな玄人向けだったり大昔の物だったりしますので、
詳しい人か、昔からパソコン弄ってる人か・・・



○ダブルクリックしても開きません
辞書のファイル(最後が .DIC になっているもの)は、
大抵のパソコンではダブルクリックしても開きません。
仕様ですので、適切な方法でインストールしてください。



○ダブルクリックしても辞書として使えません
仕様です。適切な方法でインストールしてください。



○このファイルを開くには作成元のプログラム名が必要らしいのですが
必要ありません。
Windowsは拡張子というファイル末尾のドットに続く数文字
(だいたい3文字)の並びでファイルの種類を判別しています。
そのファイルを開くためのアプリケーションが見つからない場合、
このようにしてユーザーに問い返してくるわけです。
辞書はそれを開いて編集するためのファイルではなく、
IMEに呼び出されて利用されるためのファイルですので、
関連づけを行う必要はありません。



○関連づけるアプリケーションの設定・・・
関連づけを変更する必要はありません。
Windowsは拡張子というファイル末尾のドットに続く数文字
(だいたい3文字)の並びでファイルの種類を判別しています。
そのファイルを開くためのアプリケーションが見つからない場合、
このようにしてユーザーに問い返してくるわけです。
辞書はそれを開いて編集するためのファイルではなく、
IMEに呼び出されて利用されるためのファイルですので、
関連づけを行う必要はありません。



○そもそもの使い方が判りません
ここでは辞書の使い方の流れを説明します。
1)適当なファイルをダウンロードします。
2)ダウンロードしたファイルが圧縮されている場合、解凍します。
3)辞書に単語を登録します。
以上が基本的な流れです。
また、登録中におかしな事が起こっていたり、
それぞれのやり方がわかんない場合は、
TOPにいろいろ並べてるんで参考にしてみてください。
ちなみに、全くわからないからとにかく教えろとか言われても、
何がわかんないのかわかんない以上こちらも手も足も出ないです。(´Д`;)



○解凍の方法がわかりません
とりあえずホームページさん 解凍レンジ
上のウェブページより、上のリンク先のページより
ダウンロードできる解凍レンジというソフトウェアを
ダウンロードして、導入してみてください。

辞書はそのままでは無駄に大きいため、
インターネットで配布される際に圧縮がかけられている場合が殆どです。
ふとん圧縮袋で押し入れの節約をするのは良いんですが、
ちゃんとした手順(袋から取り出す)を踏まないと、
それはふとんとして利用できませんよね。
圧縮と解凍というのは、そういった関係と
似た様なものと考えて頂いて(・∀・)イイ!!と思います。
上の喩えなら袋から取り出すための道具、でしょうか。ハサミとか。



○登録の方法が判りません MS-IMEユーザー辞書
 (プロパティから登録できない.DICファイルの場合)

この辞書は利用せずに捨ててください。
これはインストール前の状態に戻す、といった事が出来ません。
利用を停止する時に、すべての学習を消去することになるので、
今までの蓄積がパーになってしまうわけです。ぶっちゃけIMEがお馬鹿に戻る。
また、バグや辞書の破損を誘発することもあります。
こうなってしまった場合、とりあえず日本語変換ソフトとして
使える様にするだけでも一苦労することになります。

ユーザー辞書は、Windowsの再インストール直後などの新しい環境に
旧い環境の蓄積を取り戻させるためのものです。
すでに蓄積のある環境(運用中のシステム)に導入するものではありません。



○登録の方法が判りません TXT版
よくわかりませんが、ここに説明置いておきますね。
  _,,..i'"':,
  |\`、: i'、 MS-IME版
  .\\`_',..-i
   .\|_,..-┘

  _,,..i'"':,
  |\`、: i'、 ATOK版
  .\\`_',..-i
   .\|_,..-┘



○登録するときにエラーが発生します
マッキントッシュのファイルはWindowsとは構造が少し違い、
正常に読み込めないことが結構あるようです。
この場合、正常に読み込める様にファイルを変換する必要があります。
以下に一例を挙げておきますので参考にしてください。

Excelなどの表計算ソフトウェアに読み込ませて、
辞書部分を選択してコピーします。
(範囲開始セルをクリックして選択しておき、
範囲終了セルをシフトを押しながらクリックすると良いです。
ここまで範囲がデカいとドラッグで選択するのは辛い。)
次にワードパッドに貼り付けて、TXTファイルで保存します。
保存したTXTファイルを使って登録します。

Windows NT 2000 XPなどを使っている場合は、
力業ではありますが、インターネットエクスプローラで直接テキストを表示し、
Ctrl+Aで全部選択して、ワードパッドを開いてCtrl+Vで貼り付けて保存すると、
上のやり方より手間が無いです。が、マシンが落っこちたり、
フリーズしたりすることがあるのであまりおすすめはしません。



○登録できない項目がいくつかあります
いくつかの語が登録できない場合は、
現在使っているIMEの仕様である場合が殆どのようです。
(登録できない読み、語句が混じっている等)
登録できない項目があまりに大量(内容の2割以上)な場合は、
登録するときにエラーが発生しますの項目を参照してください。
解決する場合があります。



○削除をしたい
説明の準備中・・・


○削除できません
説明の準備中・・・


○デスクトップに辞書が残って削除できなくなりました
説明の準備中・・・



○辞書導入したせいでゲームが止まる
あまりに長い変換候補や、一つの変換候補窓に非常に沢山の文字列が来ると、
決められたメモリ領域から文字データが溢れてしまい、
結果的にフリーズ、アプリケーションがダウンするなどの現象が発生するようです。
似たような現象に、MS-IME2000以前で、
みこみこみこ・・・と打ち続けて変換するとたまに落ちるという現象があります。



○文字化けしてしまう
バイナリー(1と0)のコード(列)を文字として解釈し直す
テーブル(暗号の解読書みたいなの)が無いか、
利用できないことが大体の原因です。

インターネットエクスプローラやネットスケープなどではちゃんと読めるけど、
メモ帳ではメチャメチャになる、というのはたいていこれのせい。
対処方法は登録するときにエラーが発生しますの項目と同様ですので
ひとつ参考にしてみてください。



○ATOK12以降で使いたいのですが・・・
テキスト版をダウンロードして、一番最初の行に

!!DICUT12

を挿入し、改行を入れてください。
あとは普通にインストールするだけ。
ただし、すべての単語が登録できる保証はありません。



○携帯用の辞書を作ってください
我々は多少の労力は提供できますが、
特定機種の辞書作成のためだけに携帯電話を買い、
回線契約をやってられるほど金持ちではありません。

あなたと同じ機種を持っている方が集まる
フォーラムで尋ねるのが一番良いと思います。
顔文字辞書はテキストで公開されているため、
辞書についてわかって居らっしゃる方がいれば
ここ以外で制作される可能性は十分にあります。

特にうちのモナー辞書は応用や転載を関知しませんので、
ひまありが制作したモナー辞書を元に携帯用の辞書を
作成、公開する事を禁止するような事はありません。
むしろ歓迎致しますので、ご自由にどうぞ。

他の方が作成した辞書についてルールが不明である場合、
各々の作成者に問い合わせてください。編者にも著作権があります。
日本では特に宣言しなくても著作権は発生しています。
コピーライト表記は著作権が認められない国などに対しても
著作権を主張するための物で、コピーライト表記がないから
著作権を主張していない、というわけではないので注意してください。



○掲示板で酷い対応をされました。まともに答えてもらえません。
まあ、2ch系のコミュニティには無礼な人が多いです。
(コレ書いてる人もそう。(´Д`;)ヒトノコトイエナイ・・・・)
まぁ、諦めるか、優しい人の集まる掲示板で聞くと良いでしょう。

また、酷い扱いを受けるあなた自身に落ち度はありませんか?
○その掲示板のルールをやぶってませんか?
○プロの教えてクンに認定されていませんか?
○教えてと騒ぐだけで具体的な事を殆ど言わないのは回答者虐めですよ。
インターネットでの一般的なマナーダイナミックに破ってませんか?
○質問者としてあるまじき態度を取っていませんか?
○その場の空気を読まない発言をしていませんか?

_| ̄|○ ・・・アア、ゼンブジブンニアテハマル。




辞書置き場に戻る
管理人:ひまあり

このFAQはエモジオしたらばJBBS掲示板を元に作成されました。
顔文字辞書エモジオ