オンライン予約、地図・クーポンの印刷に】

新宿1 東口、南口ほか 新宿2 西口、初台
新宿3 歌舞伎町 新宿4 大久保
新宿 しゃぶしゃぶダイニングMK 新宿店 しゃぶしゃぶ ランチ1480円〜 03-3356-7768
新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル3F 11:00〜23:00   (無休)
新宿3丁目、伊勢丹向かい、ユニクロの上、映画館の下に位置する立地。新宿文化ビル3階にある「しゃぶしゃぶダイニングMK 新宿店」のバイキングを利用しました。

タイの大手レストランチェーン「MKレストランツ」が日本上陸を果たし、九州で18店舗を展開。九州以外では現在ここ新宿のみ。

食べ放題はしゃぶしゃぶ用の肉類と鍋具材。そして追加料金で飲茶の食べ放題も付けられます。

かつてすぐ近くにあった、今はなき「新宿グルメ王」みたいなもんじゃないの?と想像していたけど、それよりはレベルが上。

広いフロアはとても洗練されたハイセンスな内装で落ち着きがあります。そのためか女性客が非常に多い。客も店員も日本人。比べちゃ失礼でした。

料金はランチタイムが1480円、飲茶付きで1880円。ディナータイムが1780円、飲茶付きが2150円。国産牛食べ放題コース(2880円。飲茶付き3080円)や黒豚&国産牛食べ放題(3480円。飲茶付き3580円)のアップグレードコースも用意されています。

最初に肉野菜のセット(画像上)が運ばれてきますが、お持ちしましょうかと聞かれるので断っても良いみたいです。まぁ面倒なので皆さんそれでOKとしています。ちなみに飲み物は水だけで、ソフトドリンク等は別料金(こちらもタッチパネルから)。

店員の応対は普通ですが、オーダーのお届けは割りと早く、お皿もすぐに下げてくれます。足し湯も定期的に回ってきます。

追加オーダーはテーブルに据え付けてある電子発注機のタッチパネルで。肉はカナダ産またはアメリカ産の牛カルビと、カナダ産豚ロース。そのほかの具材は鶏切り身、味付けミンチ。海老ワンタン、肉ワンタン、海老ボール、柚子いかボール、海苔巻きミンチ、肉詰めイカ。

野菜類は、白菜、水菜、小松菜、青梗菜、空芯菜、ベビーコーン、人参、えのき、しめじ、豆腐、春雨、生卵、バミー麺、うどん、白ご飯(大・小)。種類は結構ありました。追加オーダーも1個あるいは少量からOKなので安心。

味付けはポン酢、胡麻だれ、そしてMKソース。このMKソースはオリジナルでチリソース、オイスターソース、ナンプラーに30種の香辛料をブレンドした秘伝の味だそうです。あとは梅塩がありました。

追加料金でオーダーできる飲茶は海老餃子、ふかひれ餃子、海鮮焼売、イカ焼売、肉焼売、もち米肉包み、ニラ包み揚げ、小龍包の8種類。

店においてあったチラシをあとで見てみたら、飲茶に、チャーシューまん、チマキ、海老クルトン揚げ、春巻き、ハムスイコー、胡麻団子、あんまんと記載され全15種類となっていました!しまった・・・他のページがあったのを見落としたのか・・・??

どのみち早くも満腹になってしまったので、次回は最初のセットを頼まずに食べ損ねたメニューからピックアップしよう。しゃぶしゃぶと飲茶で1880円ならお得。当然リピートありです。一人でも気兼ねなく利用できる点もポイント高いです。
(2011年10月)
新宿 隠れ房 新宿 和食 ランチ980円 03-5369-4437
新宿区新宿3-15-11 アドホック新宿ビル7F 11:30〜14:30 (無休)
レポ済みの新宿NOWAビルの「隠れ房 御庭」、池袋の「隠れ房」の姉妹店で、ビリヤードやダーツのバグースが運営している和食ダイニング、「隠れ房 新宿」のランチバイキングを利用しました。

靖国通りに面し、隣に新宿ピカデリー、裏に紀伊国屋、向かいに新宿区役所という立地。7階からの眺望もよく、カラオケ館やシダックスが眺められます。食べたらそこに移動かな?(笑)

料金は60分980円。窓に面したカウンター席が10卓。店内は禁煙と喫煙でエリアが分かれていて、個室風の席も多く、グループにも向いています。

和食ということで女性客の利用が多く、8割ほどを占めていました。平日の利用ですが、開店直後の客足はボチボチで、昼過ぎには自分のいた禁煙席は結構埋まっていました。

他のコーナーの様子がわからないくらいの広さがあるので、全体像はわかりませんが、ブッフェ台自体はさほど混雑していませんでした。

十六穀米、白米ご飯、なめこ汁(赤だし)、豚汁(具沢山)、蔵王牛の牛筋カレー(オススメです)、ラッキョウ&福神漬け、グリーンサラダ、コールスローサラダ、ポテトサラダ、コーン。ドレッシングは胡麻ドレッシングとノンオイル青紫蘇。クルトンとフライドオニオンのトッピングあり。

おぼろ豆腐、出汁巻き玉子、大根おろし、切干大根、青菜のお浸し(えのき油揚げ入り)、ひじき、高野豆腐、薩摩芋果実煮、玉子豆腐、昆布佃煮、お新香2種

天婦羅(薩摩芋、茄子、春菊の3種で衣がサックサク!)、鳥の唐揚げ、赤魚の柚庵焼き、鯖の文化干し、肉じゃが、厚揚げ煮、大根とイカの煮物、豚の生姜焼き、鳥の親子煮

ドリンクはアイスコーヒー、アイスティー、オレンジ、アップル、グレープフルーツ、ウーロン、ホットコーヒー、ティーバッグ6種が取り揃えられています。

残念ながらデザートはありません。テーブルに食後のデザートメニューのお品書きがあり、別料金でオーダーするようです。5種類あって210円でした。

980円という価格にしてはメニューは豊富で、味もしっかりしているので満足度は高いです。
(2011年7月)
新宿 隠れ房 御庭 和食 ランチ1100円 03-5366-1072
新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル7F 11:30〜15:00 (平日)
新宿NOWAビル7階にある「くずし割烹 隠れ房 御庭」では、ランチタイムに和食のバイキングを実施しています。

店内は広く、段差もあり、靴を脱いで上がる座敷が多数あり、個室風のテーブルもありました。音楽はジャズが流され、ゆったりとした雰囲気での食事が楽しめます。

11時半のオープンで12時には満席と盛況です。窓側の席であれば新宿駅を見下ろせ、行きかう電車が楽しめます。

メニューは和食に徹してあり、適度なメニューが並んでいます。どれも美味しくいただけました。

ご飯は白飯と十六穀米、お粥。お粥用に梅干、鰹、昆布が用意されています。汁物は赤だしと豚汁で、赤だし用に麩、小ネギ、海苔が用意されています。

天婦羅は揚げたてが運ばれてきます。海老天がぷりぷりで美味。ほかに、椎茸、茄子、薩摩芋、インゲン、はもなどがあり、藻塩、竹炭塩、カレー塩、山椒塩の4種の塩で頂きます。温泉たまごととろろが小鉢に入ってあったのですが、蕎麦やウドンがあればいいのになと感じました。

鶏の唐揚げ、鮭の塩焼き、鯖の文化干し、豚肉しょうが焼き、肉じゃが、大根味噌そぼろ煮(大根と厚揚げ、インゲンにそぼろ味噌をかける)

刺身小鉢(帆立と鯛)、ほうれんそうのお浸し(山菜入り)、焼き茄子のお浸し、胡瓜と蛸のたたき梅和え、厚焼き玉子、おぼろ豆腐、あおさ海苔豆腐、白菜浅漬け、たくあん。

野菜の蒸篭蒸し(里芋、白菜、ブロッコリー、カリフラワーの4種で、ミソダレとニンニク味噌が用意されています)

サラダバー(レタス、コーン、玉葱、トマト、胡瓜、キャベツ、ツナ、クルトンの8種類で、ドレッシングは山葵、すりおろし玉葱、柚子胡椒の3種)

デザートは、わらびもち(黒蜜)と杏仁豆腐(ミルクソース、ラズベリーソース)。ドリンクバーはホットがコーヒー、紅茶、ジャスミン茶。アイスがコーヒー、ウーロン、オレンジ、グレープフルーツ。

満足度は非常に高かったです。制限時間もないので、あわただしくなく食事が楽しめるのも良いですね。また利用したいです。
(2010年10月)
新宿 キッキリッキー 新宿店 サイド ランチ980円〜 03-3354-0184
新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1 11:30〜16:00 (土日祝)
新宿NOWAビルの地下1階にあるレストランで、土日祝に実施しているランチは、メインの料理に200円プラスすることでサラダ、スープ、ドリンク、デザートが食べ放題になります。

あくまで内容は200円分と捉えて、気軽に付けると良いでしょう。ドリンク一杯200円と考えれば、かなりお得なバイキングだと思います。

メインは780円のホウレン草とベーコンのペペロンチーノ、茄子とベーコンのトマトソース、850円のタイ風チキンカレー、900円のマルゲリータピザ、テリヤキチキンピザ、980円のハンバーグデミグラスソース温泉たまご添え、石焼き茶美豚丼、1000円のサーロインステーキなど17種類から選べます。

私は980円の鮪スタミナ丼をオーダー。鮪、温泉卵、オクラ、柴漬け、山芋の5種類が乗り、ご飯の量はたっぷりあり、これだけでもお腹一杯になります。

バイキングをつけると、専用のお皿が一枚運ばれてきます。サラダバーはミックス野菜、ブロッコリー、カリフラワー、ミニトマト、コーン、ワカメ、白スパサラダ、ポテトサラダ、中華春雨サラダ、キャベツの浅漬けサラダ。

ドレッシングはイタリアン、フレンチ、柚子醤油、青じその4種類。そしてスープ。

ドリンクは、アイスコーヒー、アイスティー、烏龍茶、パインジュース、グレープフルーツジュース、ホットコーヒー、紅茶。

デザートは、ひとくちサイズにカットしたケーキが8種類。ティラミス、マロン、チョコ、チーズ、キャラメル、イチゴショート、レアチブルーベリー、カボチャです。どれも良く見かけるタイプのものですね。カボチャは始めて出会ったかも。

カップに入った、マンゴプリン、黒胡麻プリン、レアチーズ、杏仁豆腐、あとからレモンムースが出てきました。

店内は広く、利用客も多いです。バイキングを付けている人は半数以上はいたでしょうか。1人でも気軽に利用できる店です。
(2010年8月)
新宿 あぶり屋 旬蔵 和食 ランチ1480円

03-3358-5988

新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル4F 11:30〜15:00 (無休)
新宿駅すぐのNOWAビル4階にある「あぶり屋 旬蔵 新宿店」で行っているランチバイキングを利用しました。

バイキング開始当初はメイン一品にサイドブッフェというスタイルでしたが、現在はフルブッフェになっているので、久々に訪れました。

野菜をメインとしたヘルシーなラインナップ。ということで当然のことながら女性客がほとんどです。
昼を過ぎると広い店内は満席に。かなりの人気です。

基本的に制限時間なしですが、混雑時のみ制限時間90分の設定を行うそうです。

席に案内されてからブッフェ台へ。店内には段差があるので注意が必要です。スタート直後はブッフェ台に行列ができますが、20分もすれば解消されます。

野菜のしゃぶしゃぶは、薄くスライスされたニンジンや大根、そしてレタス、サニーレタスをダシの効いたつゆにくぐらせて器に盛ります。ダシの味で充分楽しめます。これはオススメ。

その場で握っている握り寿司。本日のネタはマグロと紋甲いか。ネタは美味しいのですが残念ながらマグロは透けるほど薄くシャリが大きい。

ほかにご飯モノとして、ビーフカレー、蟹風味ご飯、海鮮ちらし寿司(マグロ・穴子・カニカマ・蓮根・干瓢・グリンピース・錦糸玉子)、稲庭うどん(関西風の温かいつゆ)、白いご飯。

うどん用に大きめの野菜のかき揚があります。このかき揚げは丼に盛ったご飯に乗せて天丼のたれをかけ、天丼として楽しむことも出来るようになっています。たれは濃い目でなかなかオススメ。

玉子とじもあり、これも玉子丼として利用可能。もちろんそのままでも。味噌汁は牛蒡・人参・大根・油揚げと具沢山。

真挽きサーモン(乾燥させた米を炒って細かくした粉を衣にした揚げ物)、ミニミニ揚げ餃子(ダイス状に小さくカットした餃子を揚げた物。酒のつまみに最適)、野菜の天婦羅(人参・じゃが芋・南瓜。塩で頂きます)

若鶏と彩り野菜の黒酢あんかけ(とうもろこしや人参などが入っていました)、自家製玉子豆腐、若鶏唐揚げ、旬蔵コロッケ(固めの衣でサクサク)、ポテトフライ、赤スパゲティ。

サラダ・惣菜類は、大根とホウレン草のサラダ(柚子ドレッシングで)、ポテトサラダ(パプリカが入り黒胡椒で味付け)、冷やしトマト、もやし和え、オクラ昆布、ハリハリ漬け、柴漬け、壷漬け、福神漬け。

デザートは抹茶のクレープが人気。ホイップクリーム、いちごソース、キウイソース、バナナ、揚げパン、シリアル、カラースプレー、MIXフルーツでデコレーションできます。デコレーションせずに特製胡麻ソースをかけるのもオススメ。塩気が強いソースで胡麻の風味と抹茶のクレープが良く合います。

本日のアイスとしてチョコレートアイスも用意されているので、そのままでもクレープに用いてもOK。ほかにマンゴゼリー、いちごゼリー、チーズケーキが小さいカップに入って並べられていました。

ドリンクは、アイスコーヒー、アイスティー、烏龍茶、オレンジジュース、ミネラルウォーター。

料金は1480円ですがホットペッパーのクーポン利用で100円引きになります。
(2010年4月)
新宿 エラワン 新宿靖国通り店 タイ ランチ1050円 03-3341-5127
新宿区新宿3-15-11 アドホック8F 11:30〜15:00 (無休。土日祝は16:00まで)
エラワンでタイ料理のランチバイキングを楽しんできました。新宿ライオン会館の並びのビルから靖国通りに移転して数年経ちますが、相変わらず繁昌しています

制限時間は90分ですが、平日は無制限。1050円というリーズナブルな料金に対する内容の良さは、オススメに値します。

店内は広く、窓からの景色は意外にも高いビルがあまりないため見通しがきいてよかったです。

メニューは、カオパッド(タイ風チャーハン。パラッとしていて美味しい)、カイチオ(タイの玉子焼き。やや甘め。チリソースをかけていただきます)、パッタイ(タイの焼きそば。甘口でした)

ヤムウンセン(タイ風春雨サラダ)、ヤムパームック(イカゲソのサラダ)、エラワン風生春巻(野菜と玉子入り)、サラダ(せんキャベツ、コーン、ワカメ、たまねぎ)

ハツとインゲンの唐辛子炒め、 じゃが芋と鶏肉のレッドカレー(まろやかな味でほんのり辛め)

パッ・ガパオガイ(鶏肉のバジル炒め。器にご飯を盛り、ガパオガイをかけて、その上に温泉玉子を落として完成!結構辛かったけど美味しいです)

タイ風ラーメン(米粉の麺センレックともやしを自分で湯がいて器に盛り、スープをかけ、調味料で味を調えて完成!スープは2種類。鶏肉入りの酸っぱ辛いスープのトムヤムガイと、あっさりしょうゆ味スープのカオラオ。カオラオには揚げ玉葱をトッピング。調味料はナムプラーや砂糖など5種類)

デザートはサークー(タピオカとコーン入りココナツミルク)、杏仁豆腐、オレンジシャーベット。ドリンクはどくだみ烏龍茶、ミネラルウォーター、ホットコーヒー、紅茶。

品数は10種類ちょっとですが、甘い、辛い、酸っぱいのバランスが良いため飽きが来ないので、いくらでも食べられるという感じ。

ちなみに580円でテイクアウト(容器1個&スープカップ1個に盛り放題)も行っています。

ランチバイキングとタイしゃぶをセットにしたコース2800円も受付中。
(2010年4月)
新宿 サムラート 新宿店 インド ランチ1050円 03-3355-1771
新宿区新宿3-18-4 セノビル7F 11:00〜16:00 (無休)
以前はナンの食べ放題のみ行っていた「サムラート 新宿店」が、新たにカレーの食べ放題も始めています。

ランチブッフェは1050円で、カレーとナンとサラダ、サフランライスが食べ放題。ドリンクは別途100円で一杯オーダーすることが出来ます。

タンドリー料理とかはないのですが、何と言ってもカレーが8種類もあるというのが最強。これだけ揃えて1050円は圧巻ですね。

もちろんカレーはどれも美味しいです。焼き立てのナンも美味しい。カレー好きなら是非訪れるべきでしょう。

カレーは、ダールマキニー(インドの豆のカレー)、マッシュルーム・ウィズ・サグ(キノコとホウレン草のカレー)、ミックスベジタブル(ニンジン・じゃが芋・カリフラワーなどがたっぷり)、マトンマサラ(羊肉のカレー)、チキンカレー(普通の辛さのチキンカレー)、チキンチリ(辛口のチキンカレー)、バターチキン(バターチキンを食べ放題にラインアップしているのは珍しいですね。辛さはなくとってもマイルドなチキンカレー。必食です)、パニールキーマ(これも必食。インドのチーズと挽肉のカレー)

もちろん一通り頂きました。お替りは、バターチキン、パニールキーマ、マッシュルームサグ、マトンマサラの4種類。もっと食べたいけど、かなり苦しいです。というのも、焼き立てのナンがボリュームたっぷり。

ナンはテーブルに運ばれてきます。大きな一枚ナンを四つ切りにしてお皿に乗せて運んできます。ギーがたっぷり塗られていて熱々。これをお替りしたら、結構お腹に来ちゃいましたね。

あとは口直しにサラダをたっぷり頂きました。キャベツとニンジンを刻んだシンプルなグリーンサラダで、胡麻ドレッシングが用意されています。

サフランライスもあるのですが、インディカ米ではなく、ジャポニカ米で、うまく炊けてません。水加減が多い感じでへらを差した感触で、これは味見程度でいいやという残念なことに。せっかくなのだから、美味しく提供して欲しいですね。専門店なのですから。でも、クミンの香りがとてもよかったです。

ドリンクはラッシーを頼みました。とてもコクがあって美味しいラッシーでした。

バイキング以外にも、従来どおりのメニューとして、980円のカレーセット(上記のカレーにシーフードカレーを加えた9種類から2種類を選んで、サラダとドリンク一品つき。ナンとライスは食べ放題というもの。1200円のカレーセットはカレーが3種類に。

今回ドリンクを付けて1150円でしたが、どっちが得かといえば、たくさん食べるのであればやっぱりバイキングですよねー。8種類は楽しいです。

ちなみに私のあとに入店された客はほとんどがバイキングを選んでいました。客層も様々です。インド人グループ、白人グループ、日本人ではサラリーマンや主婦グループ、カップルも数組。一人客も男女3人ずつくらい。

2時くらいでもほぼ満席でしたが、カレーの種類が多いので、最初にいろいろとよそってしまえば、そう何度も足を運ぶこともないわけで、そのためかブッフェ台の混雑はありません。

とにかく、通常3〜4種類が一般的なカレーバイキングなので、ここは訪れる価値大です!
(2010年4月)
新宿 味仙荘 焼肉 ランチ1000円 03-3350-5204
新宿区新宿5-15-2 池与ビル1F 11:30〜14:00 (無休。土日は12:00〜)
新宿で古くからバイキングを行っている味仙荘を利用しました。60分1000円という低価格で焼肉をたっぷり食べれるので、利用価値はあります。

入店し席に着くと、ご飯とスープが運ばれてきます。もちろんお替りOK。そして冷ケースに納められた焼肉・野菜類を取りにゆきます。

カルビ、ロース、コチュジャン漬け肉、豚ロース、鶏肉、レバー、ホルモンなど。ほかに、いかげそ、ソーセージ、ハンバーグ。

野菜類はキャベツ、ニンジン、玉葱、椎茸、南瓜。サンチュ、ナムル、オイキムチ、カクテキ、キムチ。

千切りキャベツサラダ、ポテトサラダ、コーン。りんご、杏仁豆腐。ドリンクは、アイス緑茶、カルピス、メロンソーダ、コーヒーなど。

客層は近隣のサラリーマン風グループや労働者グループ、年配の一人客、カップル、アジア系グループなど。決して綺麗な店ではないので、どちらかというと若い女性は入りにくそうな感じ。1000円でガッツリ行きたい人向けですね。種類豊富なのが良いと思います。
(2010年4月)
新宿 パペラ カレー ランチ1000円 03-3350-0208
新宿区新宿2-8-1 新宿セブンビル2F 11:00〜16:00 (無休)
地下鉄丸の内線・新宿御苑前駅1番出口すぐ前にある、居酒屋和民の2階にあるインド料理レストトランで実施しているランチバイキングを利用しました。

年中無休で11時から16時まで(入店が16時までで滞在は16時半まで良いそうです)。1000円の料金で4種類のカレーのほか、サラダや自慢のインド焼きそばなどが食べ放題。ドリンクバーも付いているので、お得感はあります。

同店のブログには日々の日替りカレーメニューが記載されているのですが、訪れた日は、しっかり違うものが並んでいました。(笑)

4種類のカレーは日替りで、この日はソーヤ(大豆で作った肉団子)とポテトのカレーという珍しい一品が。辛さはマイルドです。サグマトン(ホウレン草とマトンのカレー。辛口)、チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)、チキンチリ(骨付きチキンを大辛のチリで煮込んだもの)

チキンチリは店のオススメということで、毎日登場するそうです。相当辛いので取りすぎ注意。その他、ブログによると、日によってミックスベジタブルカレー、チキンバター、ミックスシーフードカレー、南瓜のカレー、豆とホウレン草のカレー、キーマ&マトンカレー、じゃが芋と茄子のカレー、キノコのカレー、じゃが芋とオクラのカレー、チキンコフタカレーなどがラインナップされています。品切れの場合は変更になるとのこと。

ナンは適量にカットされてブッフェ台に置かれています。サフランライスは香りがあります。グリーンサラダはドレッシング2種類。そしてカチョマーサラダ(玉葱や胡瓜の入ったスパイシーなサラダ)。

そして同店自慢のインディアンマハラジャ焼きそば。インド風天婦羅のパコラがありました。

デザートはバナナヨーグルト、シナモン揚げパンの2種類。揚げパンはかなり固かったです。

ドリンクバーは、ラッシー、チャイのほか、コーヒー、コーラ、オレンジジュース、ジンジャーエール、烏龍茶が利用できます。

14時くらいに訪れましたが、ほぼ満席で、その後空席が出来てゆきましたが、以降も適度に客が訪れました。クチコミ評価の高いお店なので、結構支持されているんだなぁと感じました。


カレーはとても美味しかったです。
(2010年3月)
新宿 ザ・プレミアム 洋食 ランチ1699円〜 03-5919-7460
新宿区新宿3-30-13 新宿マルイ本館8F 11:00〜16:00 (無休)
新宿丸井本館8階にある「ザ・プレミアム ビュッフェレストラン」は、終日バイキングを実施しているお店です。クリエイトレストラツが運営するお店で、2009年春にオープン以来、安定した集客で運営しています。

ランチタイムは11時から16時までと長く、制限時間は90分となっています。料金はドリンクバー別で、平日が1699円、土日祝が1899円。ドリンクバーは199円となっています。

一旦16時でクローズし、17時からディナータイムとして再開。17時から23時までと、遅くまで営業しています。ディナータイムは値段が上がる分、ローストビーフや握り寿司などが登場するようです。

ディナータイムの料金は、平日が2499円、土日祝が2799円となっています。制限時間はいずれも90分で、終日全席禁煙です。

季節替わりでのフェアを実施していて、リピーターを飽きさせません。12月1日からは地中海フェアを実施中。フェアと称するだけあって、ランチタイムでも、かなりの部分をフェアメニューが占めていました。

基本メニューは、洋食が、サーモンクリームパスタ、ピザマルゲリータ、公魚のエスカベッシュ、キノコのマリネ、バジルポテトサラダ、温野菜(バーニャカウダでいただきます)、ポトフ(豚バラ・ソーセージ・ロールキャベツなど)、ハンバーグなど。

地中海メニューとして、シーフードとクスクスのタブレ、金時豆とソーセージのトマト煮、カラフル野菜と生ハムのピザ、イカスミピザ、地中海の豆沢山パテートサラダ、パスタジェノベーゼ、トルティージャ(じゃが芋入りオムレツ)、チキンのタジン風煮込み(タジンは土鍋のこと)、フィデウア(パエリア仕立てのパスタ)、ムサカ(茄子のグラタン)、白いんげん豆とベーコン・アサリのスープなど。

和食がうどん、掻き揚げ天婦羅、自家製ざる豆腐、鶏のクワ焼き、鰯の柚庵焼き、大根と蟹の胡麻味噌和え、京風漬物、ひじき、キンピラ、ちらし寿司など。

中華は、上海焼きそば、酢豚、麻婆豆腐、春巻、点心、鶏の唐揚げなど。ほかに自家製カレー、コーンスープ、いろいろ野菜のグラスサラダは、玉葱ドレッシング、豆乳ドレッシングなどあり。

デザートは、クレマカタラナ(地中海風クレームブリュレ)、シナモン風味のババロアアップルソース(これも地中海メニュー)、イチゴノショートケーキ、ロールケー2種、ワッフル、ティラミス、マフィン2種、オレンジジュレ、チョコレートファウンテン(バナナ、プチシュー、マシュマロ)など。

平日昼過ぎの利用で、満席に近い状態です。補充はやや遅れがちです。皿の下げや応対は普通。味も普通。地中海フェアを行っていなければ、特筆するもののないブッフェのような感じがするので、今回のフェア、次回のフェアと、狙っていくのも良いでしょう。
(2009年12月)
新宿 ビター・スイーツ・ビュッフェ イタリアン ランチ1800円 03-5367-1899
新宿区新宿3-38-1ルミネエスト8F 11:00〜17:00 (無休) ディナータイムあり
新宿ルミネエスト8階にある「ビター・スイーツ・ビュッフェ」は、洋食とスイーツの比率がフィフティフィフティのバイキング。

かなりの人気店で、金曜の夜に通りがかったら20人ほどのウエイティングが出来ていました。そのほとんどが女性客です。

私が訪れたのは日曜日の昼間。90分制限のため、初回に入れない場合、12時半前後からの入店になります。タイミングが悪く12時45分ごろ訪れたら、サクサクッと案内されていた動きが止まり、その後ピタリと案内なし。

2順目を逃したようです。待つこと約1時間。すでに50人近い列ができています。1時40分ごろから店を出る人がボチボチ。で、やっと入店。その後も入れ替えのタイミングにあたる時こそ、ウエイティングが途切れますが、たちまち行列となります。

日曜日ということもあり、客層は夜とは違って、小さいお子さんや小学生を連れたファミリーが数組、男性グループ、カップル、年配者など多彩。一人で訪れている人は見かけませんでした。

ランチタイムは1800円、ディナータイムは2500円。ディナーのラインナップはわかりませんが、ランチはピザやパスタ、冷温菜にサラダバー。テーブルサービスのグリル料理。ショーケースから取り分けてもらうケーキとブッフェ台の焼き菓子類、そしてオーダーメイドのクレープ&ワッフル。もちろんドリンクバーも付いています。これで1800円はかなりリーズナブルだといえるでしょう。

入店して席に案内されると、簡単な説明があります。そしてテーブル番号入りの鍵が置かれます。帰るときにこの鍵をレジに持って行くことで、会計が行われます。

パスタはサーモンと水菜のバジルオイル、ボローニャ風、アラビアータの3種類。ピザはマルゲリータ、マリナーラ、メランザーネの3種類。そしてフンギのリゾット。魚介のパエリア、チキンと野菜の煮込み クスクス添え、カレー、ミネストローネ。

温菜は、チキンカツレツ オーロラソース、タラとキノコのレモンホイル焼き、シノワ風チキンとポテトのフリッターなど。

冷菜はグリル茄子のマリネ、若鶏のさっぱりマリネ、公魚のマリネなど。サラダバーも種類豊富で、トッピングやドレッシングもいろいろありました。パンはクロワッサン、フランスパンの2種類。

テーブルサービスのグリル料理は、ピザ・パスタコーナーの横にプレートがあって、私は帰りまで見逃していました。帰りがけに隣の席に運ばれてきたので知りました。プレートには「本日のグリル」と書かれていて、若鶏のグリル、ポークステーキ、季節野菜のグリルの3種類が用意されています。希望の品(3品全部でもOKらしい)とテーブル番号を伝えると、焼きあがり次第、運ばれてくるようです。

デザートは、時間がなかったので品名を控えていません。ショーケース内のケーキをスタッフに言って、その場で取り分けてもらいます。全部で13種類。

ブッフェ台にあるのはベイクドチーズケーキやタルトなど7種類。

そしてお楽しみは、オーダーメイドのデザート。まずはワッフルまたはクレープを選びます。次にワッフルの場合、ベリー、キャラメルアップル、チョコレートの3種類からひとつ、トッピングを選びます。クレープの場合は、抹茶、フルーツ、チョコバナナの3種類からひとつ。最後に、アイスクリームをバニラ、チョコレート、いちごから1種類選びトッピングしてもらいます。アイスは大きめでボリュームたっぷり。

ドリンクもコールド・ホット各種あり、ハーブティーなどのティーバッグ類も充実しています。

補充は早いタイミングで行われています。従業員の応対も悪くありません。料理・デザートは味的には普通ですが、手が入っていて、種類もあり楽しめます。料理もデザートもたっぷり楽しみたい人にオススメ!でも、それには90分は若干短いかも。

また是非利用したいお店ですが、1人では利用しづらそうなので、頻繁には行けないかも。
(2008年8月)
新宿 Touch of Spice タイ ランチ880円

03-3359-3814

新宿区新宿3-28-10 ヒューマックスパビリオン4F 11:30〜16:00 (平日)
新宿にあるタイ料理「エラワン」と同系列の「Touch of Spice(タッチ・オブ・スパイス)」では、ランチタイムに、2種類のタイヌードルと2種類のタイカレーのバイキングを実施しています。

タイ料理などは一切なく、あくまでカレーと麺に特化したバイキングですが、インド系のカレーバイキングを考えれば、なるほどあってもおかしくないと思えます。

カレーとヌードルは日替わりで何種類か用意されたうちの2種類が提供されるようです。この日は、イエローカレー、グリーンカレーの2種類のカレー。具材は入ってなく、別の大皿に茹でた野菜が用意されています。

カリフラワー、ブロッコリー、ニンジン、じゃがいも、茄子、鶏肉の6種類で、これを椀に入れ、カレーをかけて、そのあと皿に盛ったライスに少しずつかけて食べると良いでしょう。(画像は具材を見せるため、お皿のほうに盛り付けてあります) 具材を別のお皿に盛っておき、必要なだけカレーの入った椀に移すやり方でも良いでしょう。

茹で野菜の欠点は、カレーと一緒に煮込まれていないため、味が染みていなくて、水っぽさが感じられる点。利点は、好みの具材を好きなだけ入れることが出来るという点。ニンジンやブロッコリーが苦手という人でも楽しめます。

カレーと一緒にいただくご飯は、“最高級”タイの香り米と表記されていました。タイ米を使っての艶やかな炊きあがりで、ほんのりとした香りを楽しむことが出来ます。

ヌードルは、トムカーガイ(ココナツ入りの酸っぱいスープ)とクリアースープ。予めセンレック(米を原料とした麺)を湯がいて椀に入れ、スープをかけて頂きます。トッピングにモヤシとネギ、調味料に砂糖や唐辛子、ナンプラーなどが用意されているので、お好みで使うと良いでしょう。トムカーガイに茹で野菜を少し加えるのも手。

口直しに生野菜類を刻んだサラダが用意されています。デザートは、バナナ入りココナツミルクがあり、これにはミルクを椀に入れたあと、クラッシュアイスを加えて、しゃきっとした冷たさに整えることで、美味しく頂くことが出来ます。ドリンクはレモングラスティー、ホットコーヒー、アイスウーロン、オレンジジュースの4種類。

店内は高級感のある落ち着いた作りで、窓側の席はリゾート風な窓の外のディスプレイが効果的。どちらの席もゆっくりと寛げます。また、店名にちなんで、各種スパイスがディスプレイとして飾られ、それらスパイスの説明書きも掲示されています。

品数こそ少ないですが、880円でタイのカレーとヌードルが楽しめる、なかなかに良いお店だと思います。
(2008年6月)
新宿 HIs GRILL ランチ1650円 03-5368-2320
新宿区新宿3-4-1 東新宿ビルディング7F 11:30〜14:00 
以前「アロイ」があった場所に、2007年8月1日にオープンしたお店で、スローフード ランチビュッフェを実施しているとのことで行ってきました。パスタとデザートをチョイス(食べ放題ではありません)、ブッフェ台のサラダや温料理などが食べ放題になるもの。

料金は1650円ですが、現在オープン企画として1200円で実施中。料理は毎月1日と15日に変わるそうです。私が行ったのは15日より前なので、レポアップの時点で変わっていると思います。

パスタは季節野菜のボロネーゼ、魚介のラグーオイルパスタの2種から選択です。後者を選びましたが、魚介のすり身がたっぷりで、ボリュームもあり美味しかったです。パンがついていました。デザートは、豆乳ブラマンジェ、グラスショートケーキ、バニラアイスの3種から選択。食後に運んできてくれます。

ブッフェ台のメニューは、季節野菜のサラダ(カボチャ、薩摩芋、パプリカ、トマト、松の実など)、野菜とベーコンのスープ、旬の鮮魚のカルパッチョ、温ガルニチュール3種(ライスコロッケ、カリフラワーとブロッコリーのカレー風味、ポテト)、骨付き地鶏の煮込み 粒マスタードソース。これでコース風に楽しめます。ドリンクはオレンジジュース、烏龍茶、コーヒー、紅茶。

広くすっきりとした空間です。接客もとてもよいです。1200円なら利用しても良いので、この料金で続けてほしいですね。
(2007年9月)
新宿 マンゴツリーカフェ タイ ランチ1600円 03-6380-2535
新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿1-7F 11:00〜15:00 (無休)
新宿ルミネ1の7階に、2006年11月6日にオープンしたマンゴツリーカフェ。丸ビルにある「マンゴツリー東京」の姉妹店です。2600円ほどする丸ビルのお店と比べるとリーズナブルな1600円。品数も若干少なめになっていますが、値段相応の品揃えです。

注目は、グリーン、レッド、イエローの3種類揃ったタイカレー。これらを一度に楽しめるのだから価値ありです。しかももう1種類カレーがあるので、タイカレーと惣菜のバイキングという感じで捉えても良いかも。

どの料理も辛さがたっぷりなので、タイ料理の好きな人は満足。海老・イカ入りの春雨サラダ(ヤムウンセン)、人参とグリーンパパイアのサラダ(ソムタム)、海老・イカ・帆立の入ったスパイシーシーフードサラダ、豚挽肉のスパイシーハーブ炒め(弾力のある挽肉の食感が良い)、タイ風バーベキューチキン(ガイヤーン)にはドライチリソースをかけて、タイ風オムレツ(チリソースをかけて)、青菜の炒め、バッタイ(乾し海老・卵・豚肉入りで濃い味)。

サラダバーは7アイテム。ドレッシングはマンゴードレッシング、にんにく醤油ドレッシングなど3種類。トムヤムスープには、しめじやフクロダケなどきのこたっぷり。辛味と酸味がたっぷり効いていてほんのり甘味も。とってもコクのある深い味わいです。

カレーは、鶏肉と人参のイエローカレー、豚肉と筍のレッドカレー、海老と茄子のグリーンカレー、豚肉と筍・茄子・パプリカ・青菜など野菜たっぷりのタイ風スープカレーの4種類。どれもお替りしたくなるほど美味でした。もちろんタイ米で炊かれたご飯も美味しく、そのままでも味わいがあります。

デザートは、ココナツミルクにカラフルなタピオカやマンゴーなどの果肉(星型や月型もある!)を入れて楽しめます。マンゴープリンと、生クリーム添えのチョコレートケーキもあり。ドリンクは別料金で300円?400円?するのが残念かな。もちろんお水のみでもOKです。

店員の応対はとてもよく、入店するとまず席に案内され、制限時間が90分など簡単なシステム案内。お皿はテーブルにあるもの一枚を使用。カレーやスープ用の器はブッフェ台にあります。料理を食べ終えた頃、新しいお皿を持って来ました。料理を取りに行ってる間にスプーン、フォークが交換されていました。

3回目の皿交換のときに、「まだお料理お召し上がりになりますか?」という風に聞かれたので、デザートにしますと答えると、「デザートコーナーに冷えたお皿があるのでご利用ください」と案内されました。とても丁寧で感じの良い声掛けでした。

12時半を過ぎた頃の入店ですが、まだ始まったばかりだからか利用客はそう多くありません。客層は女性グループが主体で、1人で利用している男性、女性も多く見受けられました。

品数は少な目ながら、どれも美味しく頂くことが出来、また居心地もとてもよく、オススメできるお店だと思います。ホームページ
(2006年11月)
新宿 アジアンダイニング汎 新宿店 エスニック ランチ880円 03-3341-6820
新宿区新宿3-34-1 JURAKU TWIN BビルB1 11:30〜15:00  (無休)

JR新宿駅南口、甲州街道を四谷方面に進むか、中央口中央通を進み、大塚家具ショールームのある路地を曲がると、向かい側にお店があります。

じゅらくグループのお店で、以前は駅前のじゅらくエイトビルや渋谷にもあったのですが、現在はここだけ。

インド、タイ、ベトナム、インドネシアなどアジア各国料理を提供するお店で、ランチタイムには各国のカレーを中心としたメニューをバイキング形式で楽しめます。

タイカレー(チキン・竹の子入りで辛い)、マレーカレー(チキン・じゃが芋入りでやや辛い)、ナスとトマトのカレー(挽肉入りのキーマタイプ。程よい辛さ)、スープカレー(汎オリジナル。じゃが芋・ニンジン・インゲン・ヤングコーン入り。ライスを浸して食べましょう)、ポークカレー(日本風。ホッとする甘さ)。

ご飯は白飯。ナンは固め。中華風卵スープ、インドネシア風ミーゴレン、揚げ焼売、フライドポテト、ミックスサラダ(めちゃ辛い青唐辛子ドレッシングとシーザードレッシング)、ライチ、ココナツミルクフルーツポンチ、ホットコーヒー、紅茶。

店内はまぁいい感じですが、禁煙席はなく、ブッフェ台近くの席で煙草を吸っている人がいたので、むせてしまったのが難かな。補充は常にチェックしているので問題なし。この人ちょっと邪魔だけど。皿の使用制限がないので、汚れたら交換しましょう。皿の下げも普通にこなされてました。880円で5種類のカレープラスアルファが食べ放題なら充分利用価値ありです。ただし、カレーはどれも美味しいけどプラスアルファの方は期待しないこと。
ホームページ
(2006年5月)

新宿 三尺三寸箸 和食 ランチ1800円 03-5909-5123
新宿区西新宿1-1-5 新宿ルミネ1 7F 11:00〜16:00 (無休) 夜17:00〜23:00 2400円
2004年10月31日、新宿ルミネにオープンした「健康食彩レストラン 柿安 三尺三寸箸(さんじゃくさんずんばし)」。ここは、大阪梅田のHEPナビオ(阪急ファイブ)にあるお店の東京進出1号店。梅田のお店は、連日大行列の人気店ということで、大阪を訪れたら絶対に行こうと思っていたお店でした。そのお店が東京に進出するとあって、オープン前から期待に胸を膨らませていました。

ランチタイムは、11時から4時で、入店は3時まで。大人1800円、小学生1000円、幼児500円、3歳以下無料。制限時間は90分。 ディナータイムは、5時から11時で、入店は9時半まで。料理は10時でストップとなります。大人2400円、小学生1300円、幼児650円、3歳以下無料。制限時間は2時間となっています。

昼と夜の違いですが、和惣菜などヘルシーメニューは共通で、ランチはソフトドリンクが飲み放題。デザートは7種類。ディナーはお茶以外のドリンクは別料金。デザートは15種類前後に増え、肉や魚のスペシャルメニューが加わるというもの。

オープン翌日のディナータイムに訪れました。まだ店内は空席が目立ち、充分に補充された料理をゆっくり楽しむことが出来ました。客層は現段階では、ファミリーとカップルがメイン。でも梅田店も、建物が阪急ファイブからHEPナビオにリニューアルし、若者主流になったため、しゃぶしゃぶ?専門店からバイキングへ転換したという経緯もあり、狙い通りという感じでしょうか。店員の教育も行き届いていて、応対も申し分なし。遠くで箸が落ちた音が聞こえた時の反応(瞬発力)は素早かったです。たまたまかな?

メニューですが、昼夜共通と思われるものから。お母さんの肉じゃが、北海道産有機大根のじっくり旨煮、里芋の高野揚げ、カボチャのアカシヤ蜂蜜煮、7品目彩り筑前煮、柿安特製ハンバーグ、サーモンとシャキシャキ水菜のトルティーヤ、アミノ酸パワーの黒酢酢豚、ごろごろ冬野菜の山芋とろろ焼き、蒸かし芋(紫芋・紅薩摩)、おでん(玉子、蒟蒻、竹輪、ゴボウ巻き、粗挽きソーセージなど8種類。薄味でよく煮込まれています)などなど。

有機豆乳入り玉子焼き、ひじきおから、京野菜入りキンピラ、大豆と骨太いりこ、菜の花入りカラフルひじき、5種の豆の納豆などもあり、通常の惣菜を更に工夫を凝らして提供しているので、見た目にも美しいし、食べても楽しいです。

サラダ系は、田舎風パリパリサラダ、アボガドのサラダ、海草とイカのサラダ、カラフル野菜と生ハムのサラダ、棒棒鶏のハーブサラダ、蕪とトマトのレモンマリネ、キノコのサラダ、紅芯大根と蒸し鶏のさっぱり柚子風味、カスピ海ヨーグルト入りポテトサラダなどなど。

ご飯、麺、汁物は、黒米飯、発芽玄米飯、アガリスク茸入りキノコご飯、千葉県産新米コシヒカリ、お粥(具が豊富で、梅干・味付ナメコ・青海苔佃煮・ナムル・揚げ麩など)。有機大豆の味噌汁、フカヒレスープ、野菜たっぷり脂肪燃焼ダイエットスープ、森のキノコのカレー、二色そぼろのお稲荷さん、焼きビーフン、じゃが芋とベーコンのグラタン、シェフの気まぐれパスタ(最初は茄子とトマト、次は水菜とバジルのパスタ)などなど。

夜のみ(だと思う)のスペシャルメニューは、杜仲茶豚の角煮(杜仲茶を飲ませて育てたお店自慢の豚を使用しているとのこと。芯までとろけてます)、杜仲茶豚のパン粉焼き(分厚い豚肉に衣をつけ、チーズを乗せて焼き上げてある)、杜仲茶豚の蜜焼き(チャーシュー風)、プリプリ海老のチリソース(海老が大きくてプリップリ)、鰆と野菜の黒酢ソース(鰆と野菜の旨みに黒酢が溶け込む)、黒米チャーハンの海老餡かけ(黒米を使用したチャーハンに、ふんだんに乗った海老の餡かけ。途中から登場)、鍋物(白身魚、豆腐、白菜、太ネギ。こちらも薄味。つゆが美味)、黒米の生春巻(途中から登場)などなど。いくつかは入れ替わりもあるようです。

ドリンクは、ほうじ茶とジャスミン茶のみフリーでした。ランチタイムには、コーヒー、カプチーノのほか、トマトジュースなどジュース4種類がフリーに。

デザートは、自家製カスピ海ヨーグルト(ストロベリージャム、ブルーベリージャム、シロップをお好みで)、わらび餅(お店の名物だそうです)、スイートポテト、胡麻団子、豆腐ババロア(胡麻ソースかけ)、カボチャの焼きプリン、有機豆乳の白玉ぜんざい、仙草ゼリー、ミニケーキ4種、プチタルト3種

品数が多すぎて、全種類食べることができませんでした。リピートしたいのもたくさんあったのですが・・・。途中、天婦羅が出来上がりましたと、各テーブルを周って配っていました。南瓜の天婦羅薩摩芋の天婦羅の2種類。ちょっぴり得した感じで、演出ならマルですね。

制限時間に時間いっぱいいっぱいで、お腹も満腹。ランチとの差、600円分は充分楽しめたような気がします。欲を言えばやはりソフトドリンクがランチ同様にフリーであればなぁと、あと、昼夜とももう少し値段が抑えられていれば値ごろ感が増すなぁと。でも、こだわりある上質の素材をふんだんに用い、誰もが飽きずに楽しめる適度かつ多彩な味付けと、取るのが楽しくなるブッフェ台の綺麗な盛り付け、そしてお洒落な店内に笑顔で迎え入れてくれるということを考えると、この値段は妥当とも思えます。

最後にいろいろお話を伺ったのですが、梅田のお店は半年前にテレビで紹介されてから、クチコミも手伝って一気にブレイクし、この半年
間行列が絶えたことのないほど人気店になったそうで、東京出店のあとは、神戸、名古屋と立て続けに出店が決まっているとのこと。東京も、今はオープンしたてで静かですが、テレビで紹介される可能性もあり、近いウチに大行列店になる予感。クチコミでも広がってゆくだけの、質と内容を兼ね合わせているので、ご利用はお早めに。
(2004年11月)
新宿 ラコンテ カレー ランチ1575円 03-3352-6164
新宿区新宿3-26-13 新宿中村屋本店4F 11:00〜15:00 (土日祝は20:00まで)
新宿駅東口すぐ、新宿通り高野の隣にある中村屋本店。店頭販売のカレーパンは有名ですね。ここの2階、3階、4階はすべてカレー専門店。それぞれにインド風カレーなど特色があり好みに合わせて楽しめるようになっています。昔3階で食事したことあったけどなかなか美味しかった記憶が。今日はこの中の4階で実施している食べ放題を利用してきました。

日曜日の12時に訪店。すんなり入れたのですがしばらくすると外は長い行列が。私が帰る12時40分には40人以上並んでいました。すごい人気なんですね。ちなみに階段を下りてゆくと3階も2階も行列でした。

店内は広く二箇所に同じブッフェ台を設置。このため混雑することなく楽しめます。カレーは6種類。多分日替わりだと思います。インド風というより欧風カレー。それぞれにルーを替えてあるのでいろいろな味を楽しめます。コクがあるのはなくて、どれもマイルドな感じ。野菜の甘味が生きていて辛さは控えめなので子供でも食べやすい。

スパイシートマトチキンカレー(トマトベースのルーは酸味と甘味が楽しめスパイシーというほど辛くはない。これが一番のお気に入り)、長ネギと豆腐のカレー(さいころカットの厚揚げがたっぷり)、ポークと野菜のカレー(茄子や玉葱に豚肉ロース)、野菜カレー(根菜中心に煮込んであります)、ココナツ風味のシーフード(イカとアサリ入り。しっかりすくえば他にも具があったかも)、ポークキーマカレー(言わずもがな挽肉のカレー)。もちろんどれも味は満足できるレベルにあります。お腹いっぱいになるまで楽しめました。

ナン、白飯、ターメリックライス。付け合せはラッキョウ、ピクルス、福神漬け、スパイス2種。スープ(キャベツとベーコンのコンソメ味)、サラダはシーザーサラダ(本格的)、マカロニサラダ(野菜も入ってしっかり作ってある)、トマト(大きめカットが嬉しい)、人参(千切りマリネ)、レタス、ドレッシング(胡麻、青紫蘇、フレンチ)。デザートはクリームケーキ、ムースケーキ、ブドウゼリー、オレンジ。ドリンクはコーヒー、オレンジジュース、烏龍茶、水。

お皿の下げは速やかで補充も早めで良かったです。店内もゆったりしていて綺麗。カレー店という雰囲気はあまりしなくて往年の映画スターの写真がたくさん壁に飾られていたのが印象的でした。入り口は待ち客のための席も用意されていて、中村屋の歴史が書かれた冊子も置いてありました。今度手に取って読んでみようかな。あ、それからスタンプカードがあって10回利用で1回無料でバイキングを利用することが出来ます。カードは帰りの会計時にもらえますよ。
(2004年4月4日)
新宿 ブルマーレ 南欧 ランチ1100円 03-3352-6606
新宿区新宿3-28-9 新宿ライオン会館3F 11:30〜15:00 (無休)
2004年10月、1200円に値上がったそうです。
99年1月に行って以来実に5年ぶりの再訪です。前回同様日曜日の利用でしたが相変わらずの人気。1時頃エレベーターを降りるとたくさんの人が入店待ち。階段の下まで連なっています。名前を告げて待ち時間を聞くと15分から20分ほどで入店できると思いますとのこと。80席ほどの店内は90分の時間制限があるので回転はそう悪くないようです。そして告げられたとおり15分で入店案内されました。でもこの状態ですから禁煙喫煙を選びにくいです。禁煙がよければそこが空くまでパスすることは可能。ちなみに帰る頃も同じくらいの入店待ちがありました。

料金は税込で1100円。新宿駅から3〜4分。三越の横にあるライオン会館内という好立地とリーズナブルな価格とで混雑は納得ですね。しかも小学生800円、幼児(3歳以上)400円の価格も設定してあるので日曜日のこの日は家族連れが非常に多かったです。20歳前後の若い層もかなり多く、逆に一人で利用している人はこの時間なんと私だけでした。(汗)

南欧料理のお店ではあるもののランチバイキングはイタリアン中心。パスタ、ピザ、グラタン、パエリアといったのがメインになります。パスタは全部で4種類。鮭とキャベツのペペロン味パスタ、茄子と豆のトマト味パスタ、そして自分でソースをかけるタイプのトマトソースパスタ、ミートソースパスタです。ピザ(ツナ・コーン・ブロッコリーの入ったピザで生地はクリスピー)、グラタン(トマト味のマカロニグラタン)、そしてこの店の目玉でもあるパエリア(鶏肉・インゲン・ピーマン・アサリ・ムール貝がたっぷり。ご飯は柔らかめ)、カレー(豚肉と玉葱)。これらが定番メニューですね。

あとはハンバーグ(マッシュルーム入りドミグラスソース)、揚げ焼売が料理のブッフェ台に並んでいました。以前よりは減ったみたい。ちなみに5年前は定番のほかに蟹の甲羅グラタン、クリーム味のロールキャベツ、トマト味の煮物、チキン料理、ポテトフライがあったんですよ。

スープ(野菜コンソメ)、フランスパン、そしてサラダ(レタス・大根・キューリ・オニオン・コーン・ブロッコリー・ツナ・ハム&ソフトサラミ・ダイスチーズ・クルトン・コンキリエの10種類にドレッシングが3種。この充実度は嬉しいかも)。フルーツ(苺・バナナ・パイン・オレンジ・グレープフルーツ・ブドウが大きなプレートに乗って出てきます)。ケーキはありません。杏仁フルーツがデザートです。あ、あとこの店自慢のソフトクリームが人気。自分で作れてトッピング用のソースはストロベリー・キウイ・オレンジの3種類があります。フルーツと組み合わせて楽しめますね。美味しかったです。

ドリンクはコーヒー・紅茶のホット&アイス(紅茶はメロンティー、ストロベリーティーなどのティーバッグもありました)、ウーロン茶、オレンジ、グレープフルーツ、アップルの各ジュースがあります。これも飲み放題。

味は特別美味しいのもないけど不味いものもない。当たり障りのない味というのは良いことかも。この値段で新宿という立地を考えれば充分楽しめるのではないでしょうか。補充も頑張って行われていたし応対も悪くない。席によってはテーブル間が狭くて落ち着いて食べられない場合もあるでしょうがあとは不備はありませんでした。
(2004年2月8日)
新宿 響 新宿NOWAビル店 和食 ランチ1000円〜 0120‐88‐7400
新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル8F 11:30〜15:00 (無休)
既に「銀座三丁目店」「銀座七丁目店」で好評を博している和食惣菜ブッフェ。ここ「新宿NOWAビル店」でも実施しているので行ってきました。NOWAビルは新宿駅至近。東口マイシティと東南口フラッグスに挟まれ、夜の飲みに結構使える店が多く入っているビルの8階ワンフロアにあります。洒落ていて落ち着ける空間。座席間もゆったりしていて特に夜はいい感じなんです。

この店のランチは「銀座三丁目店」と同じくメインの膳を一品選び、ブッフェ台の惣菜が食べ放題になるというスタイル。メインだけで料金分の価値はありますね。だから惣菜を食べた分だけお得になると言った感じかな。そのどちらも高品質の素材と丁寧な調理法で仕上げられていて食に対する満足度はかなりのもの。接客態度も良いので何一つ欠点がありません。あ、禁煙席がなかったような・・・。

12時40分頃の到着で2組待ち。一人なので窓に面したカウンター席に案内されました。8階とは言え景色は通りを挟んだ隣のビル。でも明るく開放感あって良かったです。お店は場所も良いため終始満席。制限時間もなくゆっくりしている方も多いようですね。ちなみにオーダーストップは14:00です。

メインは本日の日替わり魚膳(鰤と大根のはさみ焼きでした。私はこれをオーダー)、地玉子の和風オムライス、生湯葉の豆乳うどん膳、黒豚の煮込みハンバーグ膳がそれぞれ1000円。本日の石焼き(黒豚角煮石焼き)、銀鱈の石焼ビビンバ、本日の日替わり刺身膳がそれぞれ1200円となっています。魚膳は脂の乗った弾力のある鰤二枚の間に薄味の出汁がたっぷり染み込んだ柔らか大根が挟み込まれています。白髭ネギがたっぷりあしらってあり、本当に美味しかった。加えて艶やかなご飯のまた美味しいこと。お代わりできないのが残念。香の物味噌汁も付いています。このメインは銀座三丁目店同様季節ごとに替わると思います。

ブッフェ台にはどれも文句なしに美味しい惣菜類が。炒り豆腐(にんじん・ごぼう・こんにゃく・椎茸。卵のようにふわふわ)、比内鶏の五目煮(鶏肉と昆布・豆・にんじん・ごぼう・こんにゃく。甘味たっぷり)、ひじき煮(糸こんにゃく・にんじん・竹輪)、旬菜の天婦羅(ねぎ・にんじん・紅生姜など入ったかき揚。カラッと揚げ立て。塩で頂きます)、湯豆腐(鍋からすくってネギとポン酢をかける。熱々で美味)、茶碗蒸し(銀杏・椎茸・鶏肉入り。トロトロでめちゃお気に入り)、大根サラダ(千切りの大根と水菜を和風ドレッシングで)、叩ききゅうり(ピリカラ)、冷しトマト(甘酸っぱさが良いです)。これにデザートのハネージュメロンを加えて食べ放題メニューは10種類。少ないといえば少ないですがどれも何度もお替りしたくなる味ばかり。そのほとんどに素材の産地が表記されていて店のこだわりを前面に出しています。また、ブッフェ台前はオープンキッチンになっているため、数人の板前さんが惣菜や料理を手際よく作っている様子が伺えるのも好感。食後にコーヒー(アイスまたはホット付き。食前でもOK)がいただけるので、最後の最後まで楽しめます。
(2003年12月26日)
新宿 膳丸 新宿店 ランチ950円 03-3225-3038
新宿区新宿3-4-8 セゾンプラザ7F 11:30〜14:30 (無休)
銀座「響」と同じDYNACグループのチェーン店「膳丸」では、新宿店がランチバイキングを開始。もちろん和食系でウリは「おばんざいとおひつめし」。京風のおばんざい各種とお櫃に入ったご飯が税込950円という低価格で食べ放題になるというもの。味は系列ならではの保証付き。品数は少ないながら良い素材を用いて提供するスタイルが確立されつつありますね。

前金制で入店。席に案内されると烏龍茶と味噌汁が運ばれてきます。禁煙喫煙の別はなさそうですがわりと広い店内なので気にならないかも?座席は2人掛けと4人掛けがメインでそれぞれ10卓ほど。これにカウンター席が4〜5人分といった感じ。1時半近くになっても入店待ちがいるくらい人気でしたが決して相席にさせることはなく一人でも充分楽しめました。制限時間も特にないようですがガッツリ食べて退席と回転が良いのでそう待たされることはないですね。ちなみに最終入店は14:00までです。ご注意ください。それとスタンプカードを発行してもらえます(期限なし)。ランチ一食に付きひとつ押印。10スタンプでランチ一食無料に!これは嬉しいサービス。

メニューはご飯・味噌汁を含め日替わりで楽しめるようです。日替わり味噌汁は豚汁(具沢山で頼めばお替りもOK)。日替わりおひつめしは梅しらすご飯(梅漬けされたシラスがご飯に混ぜ込まれ、ゆかりが振りかけられています。好きなだけ何杯でも食べられるのが嬉しいですね)、白飯とろろ(とろろご飯が楽しめます)、寄せ豆腐(竹筒に入った豆腐。群馬県さがみ屋製と表示されていました)、京の漬物(シバ漬け、キャベツ漬け、キュウリ漬け)、黒豚メンチカツ(ピンポン玉大のメンチ。オーロラソースをかけていただきます。美味)、鶏肉の唐揚げ(肉が柔らかでジューシーな美味しい唐揚げです)、ピリカラコンニャク(その通りピリっと辛いです)、厚焼き玉子(所々白身が見え隠れしてまろやか)、鯖味噌煮(油の乗った鯖と甘味たっぷりの味噌が素晴らしい)、オクラの胡麻和え(これ最高です!)、ヒジキ煮おからトマト(瑞々しく甘味がある。人気でした)、水菜(シャキシャキ感が良い。特製ドレッシングをかけて頂きます)。デザートはわらび餅(グラスに入ったココナツミルクに2種のわらび餅とツブアンがたっぷり)でした。これらのメニューは途中から他のものに差し換わることもあるそうです。

比較的オーソドックスなラインナップ。おばんざいのイメージから来る京都らしさに若干欠ける気もしないでもないけど、どれも美味しく頂けて大満足。味に敏感な女性客が多いのも納得ですね。また、見落としていましたがセルフでコーヒー(アイス&ホット)が飲めたようです。また、従業員の応対はとてもよく、オープンキッチンからダイレクトに補充される料理は大皿が空になることも滅多にないくらい目が行き届いてます。店もとても綺麗だしまったくもって文句なしですね。
(2003年9月29日)
新宿 九龍點心 中華・飲茶 1800円 03‐5360‐8191
新宿区新宿3-38-1 新宿MYCITY 7F 11:00〜17:00 (ディナーバイキングあり 無休)
2004年4月、制限時間がランチ70分、ディナー100分に短縮されたそうです。
ここがあのMYCITYなの?とエレベーターのドアが開いた瞬間驚いてしまったほど洗練されたスタイリッシュな異空間が広がるレストラン街。その7階に店を構える「九龍點心」は終日バイキングを実施している飲茶屋さんです。面白いのは通常の中華バイキングのようにブッフェ台があり、同時に飲茶を乗せたワゴンも廻っている。さながらミニ「香港ガーデン」といったところか。ランチタイムは11:00〜17:00で90分間1800円。ディナータイムは17:00〜23:30で120分間2800円。平日週末ともにこの価格設定です。内容はディナーの方が若干メニューも追加され値段の分は楽しめるとのこと。ランチタイムの終わりごろ入店すれば、ランチ料金でディナーメニューもちょっとだけ楽しめちゃうかな。

さて席に案内され、初めての場合は一通り説明を受けます。料理・デザート・ドリンクはブッフェ台から、飲茶は廻っているワゴンを呼びとめて、暖かいお茶は頼めばポットに入れて持ってくる、アルコール類は別料金でテーブル上のメニューよりオーダーと言った具合。従業員の応対はとても丁寧で、皿もすぐ下げるし補充も早い。意外に落ちつける店内の装飾と、なかなかここは良いところです。

さて、まずはワゴンから紹介。ランチタイムに廻っているのは17種類でした。一台のワゴンに5種類づつ。餃子系(海老、四色蒸し、フカヒレ、ひすい、小龍包)、焼売系(海老、肉、薄紅花、広東海鮮、中華ちまき)、饅頭系(木の葉、海老韮、チャーシュー、桃、マンゴー包子)、そしてピータン粥と玉子スープを乗せた、合計4台のワゴンが順々に。店内を1台一周して消えたら次のが出てくるといった感じでローテーションをしています。30分1サイクルといった感じなので、90分間にそれぞれ3回づつは廻ってくるので慌てず、でも逃さず頂きましょう。制限時間近くなってアレが食べたい!と思っても大丈夫。店員に頼めば厨房から持って来てくれますよ。マンゴの果肉の入ったマンゴー包子を最後に食べたくてお願いしちゃいました。飲茶全体としてはどれも普通に美味しいと言う感じ。もう1回取ろうかどうしようかってところ。料理もあるからその辺の判断が微妙かな。

ッフェ台には中華一品料理が大皿で常時10種類。料理が少なくなるとそれらは小皿に小分けされて置かれ、新しい大皿料理が置かれます。これは無駄がなくて良いばかりでなく、客も12〜13種類から選べることになる。しかも残りに新しいのを継ぎ足すわけでもないのでので嬉しい工夫です。常時あるのはチャーハンとヤキソバ。ほかは、エビチリ、麻婆豆腐、酢豚、回鍋肉、八宝菜などの定番の他、茄子と獅子唐の炒め(油が多いわりにサッパリしていて程よい辛味)、海老・茸・チンゲンサイのクリーム煮(これはめちゃめちゃ美味かった!)、かに玉(プリプリの大きい海老とホタテの貝柱とヒモがたくさん!)、豚角煮の炒め物(トロトロ肉とアンに絡まる野菜が熱々)、ホタテ・イカ・青菜の炒め(薄い塩味)、牛肉と野菜の牡蠣油炒めなどなど。出来たて料理はとにかくどれも美味しかったです!

揚げ物はひとつの皿に盛り合わせで、揚げ春巻き、胡麻団子、海老風味トースト揚げ(これは大ヒット!必ず食べましょう)、海老すり身巻き揚げなど。オリジナルサラダは千切り大根と青菜の混ぜ合わせに凍り豆腐をほぐしたようなものが乗っているもの。ちょいピリカラで美味しいです。

デザートも取り放題。杏仁豆腐はよくあるカットしたツルツルのタイプと、ひとつづつカップに入れられたコッテリ濃厚のタイプの2種が楽しめる。どちらもクコの実が乗ってて美味しかったです。黒胡麻プリンも濃厚。タピオカココナツミルクはうっすら黒ずんだ色。正体はアズキが混じっていて溶け出ていたのでした。オレンジババロアは固めで酸味が楽しめます。ドリンクは烏龍茶、ジャスミン茶、ピンクグレープフルーツジュース、オレンジジュース、ペプシコーラ、ジンジャーエールの6種類。

タイプ的にどうしても香港ガーデンとの比較になるけど、制限時間なしに対して90分というのはお腹が一杯になるのにちょうど良い時間なので長居するつもりでなければ問題なし。品数も50〜60種類とかあっても全部食べられるわけじゃなし、ここにあるだけでも充分楽しめる。デザートも楽しめ、フルーツのない替わりにドリンクが豊富。これで新宿と言う立地でランチ1800円なら充分オススメできるレベルにあると思います。

飲茶も料理もとにかく出来立て熱々を食べるに限るので、欲張ってテーブルに並べず、少しづつゲットして食べるのが基本。飲茶を食べ、次のが廻ってくる合間に料理を2種づつくらい持ってくると言った感じで楽しむのがベターだと思いました。ここはまたリピートします!!
(2003年5月8日)
四谷 香港食堂 四谷店 飲茶 2500円 03‐3354‐8288
新宿区四谷3-8 四谷中央ビル2F 11:30〜14:30 17:30〜21:00  (無休)
地下鉄四谷三丁目駅から地上に上がってすぐ、四谷三丁目交差点にあるビルの2階に香港食堂があります。見回せばすぐわかると思いますよ。そこではランチタイムとディナータイムに飲茶のバイキングを実施しています。システムは昼夜同じで、料金は男性が2500円ですが女性は2000円と安くなっているのが嬉しいですね。子供料金は5歳以上小学生まで1250円です。制限時間は90分となっていますが、伝票に時間が記されているわけではなく、時間が来ても普通にオーダーを受けてくれたのでさほどシビアではないようです。混雑時は違うのかな?帰りにランチタイムの状況を尋ねたら12時から1時は忙しいのでオーダーの通りが悪くなるからずらしたほうが良いとアドバイスしてくれました。そう、この店はバイキングよりも普通メニューのほうがメインで、今日(月曜夜七時)食べホをしていたのは私たちだけでした。お店は円卓が4〜5卓のほか個室風の円卓がひとつと交差点に面したカウンター席が10席ほど。スッキリした感じでそこそこ落ち着けます。

さて、食べ放題を注文すると全12種類が一通り出されます。それをすべて食べてから好きなものを注文するという形。ドリンクは別料金ですがお茶は無料なのでそれでもOK。

海老蒸し餃子(筍から染み出た汁がクセもの)、カボチャ入り餃子(カボチャ餃子って言うから甘いカボチャがギッシリな饅頭風かと思っていたらカボチャはほんの少しだけで、なんと大ぶりでプリプリの海老が!これはイチオシ。カボチャの存在感が薄くあってもなくても?でも甘みを出すのに微妙な役割を果たしているんだね)、ニラ海老餃子(ニラの良い香り)、フカヒレ入り餃子(フカヒレは何処?コリコリの正体はキクラゲ)、香港風焼売(肉がギッシリでジューシー)、小籠包(まぁ普通の。生姜入りのタレにつけて)、香港風春巻(具が少なめだけどパリっとしてジューシー)、大根餅(大根の繊維がしっかり)、海老揚げ団子(プリっとした海老が入ってるけどちょい臭み。甘酢に付けて食べると良い)、水餃子(これだけ2人で6個もあってヘビー)、お粥(鶏肉、ザーサイ、大根の3種。粥の味がめっちゃ美味しい)、デザート(杏仁豆腐、タピオカ入りココナツミルク)。これで全部。メニューを見るとどれも500円から600円します。(2個または3個で一人前)

どれも味は美味しくて一通り食べたあともう一回一通りオーダーしちゃいました。そのあとは蒸し物5品を一回リピート。でも出て来るのがわりと遅いのでそれで時間も過ぎオーダーは自主的に終了。満腹とまではいかずやや不満気味。また、最初のセットもデザートがなかなか運ばれて来ないのでいい加減痺れを切らして聞いたら「杏仁豆腐とタピオカとどちらにしますか?」と・・・。むぅ。で、やっと持ってきてくれましたよ。これは大きなロスタイム。あとはどんどん注文するべしですね。あとで頼んだデザートの杏仁&タピオカを2人で2つずつというのはOKでした。

注・以前の情報によると土日はランチを実施していないそうです。今はわからないのでご確認ください。
(2003年4月21日)
新宿 伊太利亜市場 B・A・R1 イタリアン ランチ1200円〜 03-3356-2065
新宿区新宿3-14-25 伊勢丹パークシティ3 2F 11:30〜14:30  土日祝は15:00まで
サブナードにも支店があり、そちらはフルバイキングでレポもあるのでご覧ください。靖国通り沿いの店は閉店しています。本日私が行ったのは明治通りにある本店の「B・A・R1」です。ここはメイン一品を選び、アンティパスト、サラダ、パン、デザート、ドリンクがフリーになるというシステム。そのメインは5種類のパスタ(1200〜1400円)または肉料理・魚料理(1500〜1600円)。全部で7品から選べます。土日祝はこの料金に100円が加算されるようです。

入店すると元気の良い声が。支店と同じでイタリア語で歓迎されます。平日12時を回った頃、座席はほぼ満席でした。広い感じのする店内に比べて座席は少な目なので4人掛けのテーブルにもがんがん相席です。入れずに断られてる客も結構いましたね。座席間も窮屈で、奥の方に入ったらブッフェ台に行くのにも大変。

本日のメニューから私がチョイスしたのは緑黄色野菜入りトマト味のパスタ。とはいうものの、黄色いパプリカが一片と刻んだセロリがかかっているだけで、あとは普通のトマト味のパスタ。どこが緑黄色?って感じです。とはいうものの友人が指摘するまでは私は何を頼んだか忘れて食べていましたけど。(笑) このほかには生ハムとルッコラのパスタやカルボナーラのペンネ、タコの辛いトマトスパゲティなど。

ブッフェ台のサラダ・アンティパストは常時8種類ほどが並び、なくなると違うのが出てきたりします。大根と貝割れのハリハリサラダ、ルッコラや水菜などの青菜サラダ、春雨サラダ、タマゴサラダ、ジャガイモとハムのサラダ、野菜サラダ(レタス・コーンなど)、海藻サラダ、ラタトゥイユ、冷製ピラフ、ハムとタマネギのマリネなどなどです。サラダが多いですね。でもどれもハズレなく、別注のワインで美味しくいただきました。ドレッシングもちょっと工夫されたものが4種類あって楽しめます。パンはフランスパンだけ。B・A・R名物?の明太バターもちゃんと用意されているので嬉しかったです。デザートはフルーツが2〜3種あったようです。チョコのかかったプチ生シュー、サックリパイ生地の中に生クリームとストロベリーが入ってチョコがかけてあるものは軽い食感で美味しかった。プディングもありました。ドリンクはオレンジジュース、アイスコーヒー、アイスティー、コーヒー、紅茶など充実。メインだけで結構お腹がいっぱいになっちゃうけど、サラダをたくさん食べたくなったらここをまた利用したいです。
(2003年4月4日)
新宿 印度屋 中央口店 カレー 980円 03-3354-6163
新宿区新宿3-26-2 中央口三平ビル4F 11:30〜16:00
980円と言う値段の割にはお得な品揃えです。日替わりのカレー、この日は茄子と挽き肉・エッグ・野菜・チキンの4種類。これにナンとサフランライス。白い御飯はありませんでした。卵やコーン、ワカメの入ったスープ。タンドリーチキンもたくさん食べられるので嬉しいです。他にフライドポテトや麺を使った料理もありました。サラダは生野菜各種あり3種類のドレッシングで。フルーツとしてリンゴが。手作りヨーグルトはフルーツが入って美味。ドリンクはコーヒーとチャイが用意されています。(2000年9月12日)
新宿 モーモーパラダイス 新宿東口牧場 しゃぶしゃぶ ランチ1000円 03-3356-4129
新宿区新宿3-28-10 ヒューマックスパビリオン3F 11:30〜15:00 (無休)
しゃぶしゃぶ・すき焼きの食べ放題が何と1000円!これは破格値です。平日のランチタイムサービスですが、この値段に店は大盛況。12時を回った頃にはすでに行列が・・・。新宿には三丁目と歌舞伎町に、池袋・渋谷・自由が丘・八王子と支店があります。17:00〜23:00のディナータイムと土日祝日は同じ内容で90分1500円。これでも安いですね。店に入り、しゃぶしゃぶかすき焼きのどちらかを選択するのですが、5人以上のグループの場合、1200円で両方が食べれると言う美味しい設定も。さっそく鍋が運ばれ、続いて肉・野菜・ご飯が。更にしゃぶしゃぶには、くずきり、すき焼きには卵。すべてお代わり自由で、頼むとあっという間に持ってきてくれるのでリズム良く食べられます。提供する素材にはこだわりがありようで、能書きを謳った紙がテーブルに添えられています。例えば野菜は無農薬、卵は福島県の伊達鶏でどこそこの農家からのもの。牛肉は程よいサシの入った、しゃぶしゃぶに最適のブラックアンガス種の肩ロースで、繊維を壊さないように注意深くカットしている云々。でも、すき焼きも同じ肉のため、ボロボロになってしまうのが玉に瑕。この料金には何とドリンクもついています。ホット&アイスコーヒー、お茶&麦茶。これはセルフで取りに行きます。また、清算時に新宿地区限定の5%割引券を頂いた。もうサービスにおいては至れり尽せりなのではないでしょうか?店員の応対もキビキビしていて好感が持てます。(2000年1月26日)
新宿 マハラジャ カレー ランチ1000円 03-5352-7858
渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー3F 11:00〜16:00 (無休)
新宿・渋谷・池袋・上野・銀座などに支店を持つインド料理専門店のランチバイキングです。上野店は紹介済みです。この建物および近辺にオフィスビルが多くあるためサラリーマン・OLで賑わっていました。12時半ごろが行列のピークでしょうか、少しずらせば並ばずに入店できます。チキン・ほうれん草とマトン・ダール(豆)・野菜の4種類のカレーは少々辛目。ライス・サフランライス・ナンと一緒に食べましょう。ぱりぱりのインド煎餅パパードも美味しいです。フライドポテトもありました。サラダはキャベツ系の野菜サラダ、海草サラダ、コーンサラダ、ポテトサラダに3つのドレッシング。ドリンクは別料金です。(99年12月28日)