オンライン予約、地図・クーポンの印刷に】

池袋 池袋 池袋2 高田馬場、早稲田、巣鴨
池袋 もうやんカレー 池 カレー ランチ1000円 03-6909-3398
豊島区東池袋1-28-3 市川ビルB1 11:30〜15:00 (無休)
新宿にに2店舗ある人気のもうやんカレーの池袋店を利用しました。ランチタイムに1000円でカレーが食べ放題。

大皿をいただき、それにバターライス、ビーフカレー、チキンカレー、辛口カレーを盛り付けます。もうやんのカレーはじっくり煮込まれていていつ食べても本当に美味しいです。

食べ放題は店の自慢のカレーだけではなく、ブッフェ台にはいろいろあります。コーン、ネギ、オクラ(これがカレーになかなか合うトッピングです)、野菜スティック、刻みキャベツ。ドレッシングにハーブ&ペッパードレッシングとコブサラダドレッシングが用意されています。

チキン味噌焼きは結構味が濃いのでご飯で食べるほうが良いかも。丸ごとのじゃがいもはホクホクのメークインポテト。味つきのうどんはカレーを絡めると良い味に。ラッキョウ、春雨炒め、キャベツマリネ、もやしナムル、そして中華粥があります。

ドリンクはコーヒーとルイボス茶が付いていますが、さらに女性の場合は200円のドリンクバーが無料になる特典があります。

平日の昼過ぎに利用しました。そんなに長居できる感じの店ではないので回転は良いのですが、サラリーマン、OL中心に常にほぼ満席の状態。意外に女性客も多く、男女半々くらいです。テーブル席のほかカウンタータイプの席も多くあるので、一人の利用者もかなりいます。
(2011年6月)


池袋 サルバトーレ・クオモ&バール 池袋店 イタリアン ランチ1000円 03-3984-4365
豊島区東池袋1-39-4 ザ・ビー池袋2F 11:30〜15:30 (無休)
新宿野村ビル、表参道ヒルズ、新宿サブナード、川崎ラ・チッタ・デッラ、大井町、日本橋などなど各所にある系列店で実施しているランチバイキングが好評のサルバトーレ・クオモののお店。

池袋店でもランチバイキングを実施していて、平日は特にサラリーマンやOLで12時には大勢のウエイティングが出来ています。12時前にカウンター席に滑り込んでなんとかウエイティングは避けられましたが、1時に店を出るときも、10組くらいは入店待ちしていました。

料金は平日1000円とリーズナブルですが、ドリンクバーは別料金で200円かかります。土日祝は1480円と値段が上がりますが、そのかわりドリンクバー付きになっています。

サラダバーは、グリーンサラダ、コールスロー、トマト、キュウリ、ワカメ、コーンなどがあり、ドレッシングはバルサミコドレッシングなど4種類。

店のウリとなるピザは常時4〜5種類が並び、入れ替わりで10種類以上が手を替え具を替え提供されました。一瞬オール欠品となっても、たちまち4種類くらいが一気に運ばれてきて、ブッフェ台はピザ満載状態に。混んでて回転がよいため出来立て熱々のピザがたくさん頂けました。

パスタは常時3種類。確認しただけで入れ替わりで6種類以上が出てきました。ほかに、ペンネアラビアータやコンキリエのクリームソースなどのショートパスタも並んでいます。

フォカッチャ、ゼッポレ、フリッタータ(イタリアンオムレツ)、ポテトフライ、かぼちゃのマリネ、里芋のサラダなども並びます。カレーもありましたが手を出しませんでした。

デザートは、パンナコッタ、シフォンケーキ&生クリーム、コーヒーゼリー、そしてコーヒーにつけていただくビスコッティもあります。

ドリンクバーはコーヒー、紅茶など多数あり。ドリンクバーのところには人参のスープがありました。最初、ドリンクバーはパスしたのですが、スープに惹かれて追加オーダーして正解。美味しかったです。

窯で一気に焼き上げるサルバトーレ・クオモのナポリピザが好きなら、どの店でもクオリティーは同じなので安心して利用できると思います。
(2011年5月)
池袋 サイド ランチ1000円 03-6804-7739
豊島区西池袋1-9-2 11:30〜 15:00 (無休)
池袋西口にある「ロイヤルシーフードマーケット 港」では、ランチタイムにメインを一品オーダーすると、惣菜などブッフェ台のメニューが食べ放題になります。

料金は1000円で、メインは海鮮丼やパスタ、生姜焼きなど。8種類くらいから選べます。土曜日は1280円。

ブッフェ台のメニューは品数的には多くはありません。サラダが、レタス、人参、キュウリ、コーン、ワカメ。ドレッシングは3種類。

大根のあら煮、明太スパゲティーのオーブン焼き、ポテトサラダ、そして野菜カレー。たまごスープ、魚のあらで出汁をとった味噌汁。これで全部です。

野菜カレーは、キャベツ、パプリカ、茄子がザクっと入っているのでボリュームが感あり、楽しめました。

明太スパゲティーのオーブン焼きも、出来立て熱々をいただけたので良かったです。大根のあら煮は薄味でした。味噌汁は魚の風味がいい感じ。品数は少ないけど、味はまあまあな感じでしたね。

ドリンクも飲み放題になっていて、アイスコーヒーやアイスティー、ウーロン茶、緑茶などがポットに用意されています。ホッともあり。

肝心のメインですが、メインプラスサイドという場合、満足感をメインに置く人とサイドに置く人によって違うかと思いますが、私の場合、メインだけでもこの料金を出してもいいなと思えるレベルであることが一番で、これにサイドが充実していればいるほど評価が上がる感じです。

ここの場合、残念ながらメインで1000円払うにはかなり高すぎるかなという感じ。シーフードを謳っている店なので、迷わず海鮮丼をオーダーしましたが、画像の通りであまりインパクトがありません。まかない飯って感じで、500円くらいかなと。ブッフェと合わせてちょうど1000円な印象で、お得感は感じられません。

それでもドリンクも込みだし、料金分の食事は楽しめるので、悪くはありません。むしろ、ブッフェ台にご飯ものとパスタものがあるので、生姜焼きや揚げ物などのおかず系をオーダーしていれば、なお良かったかなとも思えます。

入店したら、オーダー前にブッフェ台をさっと見してから、注文を決めると良いかもしれませんね。

平日昼過ぎの入店で、利用客は5組ほど。サラリーマンや女性グループなど、近隣の勤め人が多い感じでした。
(2011年4月)
池袋 イル・キャンティ・エスト イタリアン ランチ1500円 03-5391-7878
豊島区南池袋2-30-14 ホテルリソル池袋1F 11:30〜15:00  (土日)
池袋に2店舗ある評判のイタリアンのお店で、こちらのお店は昨年秋にオープンしました。先週この店が入っているホテルに宿泊したので、ディナーを利用しようかと思っていたら、満席とのことでした。予約でいっぱいだったようです。

そのときに店頭の張り紙で見かけたランチバイキング開始の知らせ。1月から土日限定ではじめたそうで、早速翌週訪れました。

料金は1500円。サラダ、アンティパスト、ピザ、パスタなどが食べ放題。ただし、ドリンクは別料金で単品200円です。

店内はワインセラーが並び、席は分煙されています。15席ほどのお店で、オープンキッチンから料理が提供されます。

サラダは、グリーンサラダにブロッコリー、カリフラワー、大根、にんじん、カブ、コーン、ワカメ、かいわれ。どれも鮮度抜群。そして、美味しいと評判のドレッシングも味わえます。オススメのキャンティオリジナルドレッシング、そしてフレンチドレッシングの2種類が用意されています。

ドレッシングを買って帰りたかったのですが、生仕込のためディナータイムしか販売していないとのこと。

アンティパストは、お店オススメのプロシュート(生ハム)が好評。塩分強めです。ソフトハムと2種類のハムが存分に味わえます。ブロッコリーとベーコンとニンニクの温製、玉葱と人参と貝柱のマリネ、ポテトサラダ。

カジキマグロとカブの塩系パスタは少量づつ出来立てが提供されます。美味しい。チキンとソーセージのトマト煮、青菜とベーコンのリゾット、アサリとシメジのペンネカルボナーラも美味しかったです。カレーは挽肉入り。辛さがなく独特の味。個人的には微妙。

ピザは2種類。ベーコンとトマトのピザ、青菜のトマトピザ、ズッキーニとミニトマトのピザ、プロシュートのピザなどが入れ替わりで登場。薄い生地のカリカリタイプ。

ワカメとたまごのスープ。パン4〜5種類(ごま、よもぎ、レーズンなど)は柔らか。デザートは、ガトーショコラ、レアチーズ、その場で焼いているワッフル。カットフルーツ2種(グレープフルーツ、メロン)

1500円という値段にしては品数はそう多くはありませんが、美味しくいただけたので満足度は高めです。ドリンクも飲み放題だったら良かったのですが。。。

12時前後で8割程度の埋まり具合。池袋サンシャイン通り近辺のメインストリートから外れたひっそりとした地域だけに集客は難しいかもしれませんが、穴場的存在のお店で、滞在中、バイキングだと知らずに訪れた前からの利用客が、通常メニューがないと知ってがっかりして帰ってゆく姿が5組ほど見受けられたことから、リピーターの多い店なのだなと感じました。

次こそはバイキングではないけれどディナータイムを利用してみようと思います。
(2011年3月)
池袋 けなりぃ 池袋店 韓国 ランチ1280円 03-5985-0977
豊島区西池袋1-11-1 ルミネ池袋7F  11:00〜16:00  (無休)
池袋西口、ルミネ7階にある韓国料理のお店「けなりぃ 池袋店」では、ランチタイムにバイキングを実施しています。

料金は1280円で、韓国料理各種が食べ放題です。銀座店でも実施していてレポ済みです。内容は同じような感じで、韓国料理としてなじみ深いものが多く安心感があります。

ブッフェ台の前に大きな鉄板があり、そこで調理されたものが熱々のうちに出されます。

チヂミは厚みがあり野菜たっぷり。鉄板で焼かれたポックンパという焼き飯、鉄板で焼かれた麺に野菜餡をかけるあんかけ焼きそば。

赤いズンドゥブチゲは海老・あさり入りで辛口。白いズンドゥブチゲにも海老・あさりが入り豆乳仕立て。トッポキはキャベツが入りけっこう辛かったです。韓国風水餃子はたまごが落とされていました。

タットリタンは若鶏とジャガイモの煮込み料理。チャプチェはそれほど辛味はありません。キムチはマイルドな味。とても食べやすい。

そして自分で具を乗せるビビンパ。白いご飯に、もやし、キュウリ、大根、水菜、柴漬け、刻み海苔を乗せて、コチュジャンソースをかけていただきます。

サラダはグリーンサラダとスティック野菜(大根、キュウリ、パプリカ、にんじん)、ドレッシングはコチュジャンドレッシング、胡麻ドレッシング、フレンチドレッシング、ハーブソルト。野菜は自社農場(けなりぃファーム)の野菜を使用していて、品質にこだわっています。しゃきしゃきで美味しかったです。

ドリンクも飲み放題で、レモンビネガー、アセロラドリンク、アップルジュース、麦飯石の水、コーン茶(アイス・ホット)の5種類。

デザートは、ザクロのスープジュレと杏仁豆腐の2種類。そして12時、13時、14時にはタイムサービスでたまごプリンが提供されます。

利用客は女性が多く、一人で利用されている方も多く見受けられました。補充はまずまずで、店員の応対は良かったです。
(2011年2月)
池袋 ジム・トンプソンズ・テーブル 池袋 タイ ランチ1500円 03-5952-0467
豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋8F 11:00〜16:00 (無休)
池袋西口に建つEsola池袋の6〜8階はレストランフロアになっています。その8階にあるタイ料理のお店「ジム・トンプソンズ・テーブル 池袋」では、ランチタイムにバイキングを実施しています。

銀座や赤坂のお店でも実施しています。ここが3店舗目。それぞれ価格など若干違います。

レストランフロアは11時まではエレベーター、エスカレーターとも動いておらずあがれないので早く来てしまったら、外か他の階で待つしかありません。

池袋店は、メインを一品選び、そのほかの料理がブッフェ式になっています。料金は1500円と標準並みの価格。今ならホットペッパーのクーポン利用で200円OFF。さらに、平日11時半までの来店で1200円になる特典あり。ぜひ利用しましょう。

選べるメインは8種類。若鶏のグリーンカレ、海老のレッドカレー、鶏挽肉とタイバジルのガパオライス、海老のタイ風焼きそば、青菜と鶏肉のスパイシー焼きそば、シーフードの屋台ヌードル、シーフードと玉子のカレー炒め、ソーセージと青菜のタイ風炒飯。どれも食べたい!!と悩みまくりで、結局ヌードルに。

ブッフェ台の料理は、スパイシーシーフードサラダ(海老・イカ・あさり)、ミックスサラダ(タマリンドドレッシング、トムヤムマヨネーズ)、トムヤムクン(海老、トマト、フクロダケ)、ガイヤーン(鶏肉のグリル)、揚げワンタン(スイートチリソース)、イカの辛味噌炒め(インゲン・筍・シメジ他)、もやしと豆腐のタイ風炒め(厚揚げとひき肉)。

タイ料理なのである程度の辛さはありますが、辛さの表示がされているので、取るときの目安になります。料理はどれも美味しくいただけました。

デザートはタピオカ、ココナツミルク、フルーツポンチ、ラムレーズンのパウンド。ドリンクはアイスジャスミン茶です。

8階にある他の2店は景色がよさそうですが、この店は建物に阻まれています。それでも明るさはあり、店内もとても綺麗で、落ち着けます。制限時間90分と短めですが、充分楽しめました。
(2011年2月) 
池袋 クーポラ イタリア ランチ1000円 03-5979-6587
豊島区西池袋5-14-8 11:30〜15:00 (火〜金)
池袋駅西口徒歩10分。「トラットリア クーポラ」では、火曜日から金曜日までの平日ランチタイムにバイキングを実施しています。

品数はそう多くはなく制限時間は60分なので、サクっと食べて終わりって感じですが、料金は1000円キッカリなのでちょうど良いかも。

平日昼間で半分くらいの入り。一人客も男女数人いました。心地よい音楽と大画面のVTR映像、天井の高い落ち着ける感じの店はマル。

メニューはブッフェ台前の鉄板で仕上げるイタリアンお好み焼きが面白い。日によってメニューが変わるので、これは毎日ではないかもしれませんが、焼きあがったお好み焼きに、ピザソースかバルサミコソースをつけていただきます。

同じく鉄板でガーリックライスも作っていました。ガーリックはそれほど香らなかったけど、まぁまぁの味。

チキンのココットカレーとシーフードのココットカレーはかなりの辛口。ヒーヒーいいながらも美味しくいただけました。辛いのが苦手な方は、別途洋食屋さんのマイルドカレーというのが用意されています。。

ピザは2種類あり、今日は3種のチーズピザとマルゲリータが並んでいます。パスタは白菜のペペロンチーノとブロッコリーとペンネのトマトソースが熱々で出てきました。これとは別の場所に、茹でたパスタと、あとがけするミートソースが置かれています。

温菜は他に、もやしと豚肉の炒め物、フライドポテト2種類があります。根菜たっぷりの野菜ブイヨンスープも熱々で味が良く出ていました。

バゲットとレーズンブレッドの2種類のパンがあり、用意されたマーマレード、オリーブディップ、コンビーフマヨネーズ、カポナータを乗せてクロスティーニ(イタリア風カナッペ)として頂くことができます。

サラダは、キャベツ、トマト、ミックスビーンズ、たまご、ツナ、わかめ、ポテトサラダがありました。ドレッシング2種類。

デザートは、パンナコッタとティラミス、マチェドニア(フルーツポンチ)の3種類がありましたが、実は曜日によってフェア的なものがあり、訪れた木曜日はデザートデーということで、ティラミスが数量限定で並んでいました。ちなみに、火曜日はパスタ、水曜日はカレー、金曜日はピザが通常メニューにプラスアルファで加わるようですね。

ドリンクは、アイスコーヒー、アイスティー、オレンジジュース、ホットコーヒー、ティーバッグ(アールグレイ、マンゴーティー、カラメルティー、ローズヒップの4種類)。客数も多くなかったためか、品切れなく補充はしっかり行われていました。
(2011年1月)
池袋 Otto イタリアン ランチ800円〜 03-5958-0418
豊島区西池袋1-4-5 11:30〜15:00 (月曜休)
池袋西口、ホテルメトロポリタンの向かい側にある洒落たイタリアンレストラン「Otto オットー」で、ランチタイムに実施しているブッフェを利用しました。

ブッフェのみの利用は800円。パスタを一品付けると1200円です。制限時間は一応60分と書かれていましたが、特に案内はありませんでした。

店内はジャズが鳴り響き、照明はやや暗め、古い造りのアダルトな感じが落ち着きを与えてくれます。ここは是非夜に利用してみたいお店ですね。

パスタ付きのブッフェを利用しました。選べるパスタは、いかと大葉のジェノベーゼ、 チキンとトマトソースのスパゲティー ハーブ風味、 モツァレラチーズとプチトマト バジルのペペロンチーノ、 海老と柚子胡椒のクリームスパゲティー、 ラザニアの5種類。私はいかと大葉のジェノベーゼを選択。

ブッフェ台には、生ハム、野菜のマリネ(インゲン・スッキーニ・キャベツ・パプリカ・にんじん・しめじ)、チキンカツ(ひとくちサイズ。タルタルソース)、ポテトサラダ、自家製ピクルス(大根・胡瓜・パプリカ)、パン(全粒粉バケット・白パン・食パン・レーズンデニッシュ・クロワッサン)、サラタバー(胡瓜・もやし・ワカメ・レッドオニオン・ゆで卵・レタス・クルトン)、ドレッシングは、ハーブ、サウザン、胡麻の3種類。

生ハムがたっぷり用意されていてオススメ。パンも美味しかったです。ピクルスやマリネも酸味たっぷりの味付けで美味しく頂きました。唐揚げサイズのチキンカツも温かくて美味しかったです。

ドリンクも飲み放題で、アイスコーヒー、アイスティー、烏龍茶、オレンジジュース、ホットコーヒー、紅茶が用意されています。でもワインが欲しくなります。デザートはありませんが、別途300円で提供されています。

座席数も多く、客も多数入っていました。
(2010年7月)
池袋 隠れ房 池袋店 惣菜 ランチ950円 03-5957-7110
豊島区東池袋1-41-4 池袋とうきゅうビル6F 11:30〜14:30 (無休)
池袋ビックカメラとヤマダ電機の間にあるビルの6階にある「新和食ダイニング 隠れ房 池袋店」では、ランチタイムに、おばんざいビュッフェを実施しています。

メインとして各種御膳を注文すると、14種類のおばんざいが食べ放題になります。ただし、デザートやドリンクは付いていません。

メインは950円で、本日の隠れ房御膳(この日は鶏南蛮揚げ御膳)、鶏の竜田揚げ御膳 カレー塩またはおろしポン酢、白身魚と茄子の揚げおろし御膳、鶏手羽と色々野菜のコラーゲンスープ御膳、豚肩ロースしょうが焼き御膳、など。さらに女性には大変お得な780円の「レディース御膳」は、ヘルシーな鶏と豆腐のハンバーグに、デザートとコーヒー付きというもの。

御膳にはご飯と味噌汁、お新香がセットされていて、ご飯は福島県産ひとめぼれ、または十六穀米のどちらかを選べます。ご飯はお替りもOK。

ブッフェ台には、日替りで色々なものが並ぶそうです。本日のラインアップは、蒸し野菜(じゃがいも、いんげん、蓮根、ブロッコリーの4種類で、マヨネーズ、柚子味噌、梅味噌、塩3種が用意されています)、ひじき煮、高野豆腐、ちくわぶと油揚げの煮物、オクラのタタキ、冷奴、ポテトフライ。

春雨サラダ、マカロニサラダ、海藻サラダ、コールスローサラダ。トッピングにコーン、クルトン、白胡麻。ドレッシングはシーザー、すりおろし玉葱、わさび醤油の3種類。

店内は個室が多く、まさに隠れ房という店名どおり。照明もかなり抑えられているので、画像も非常に写りが悪いです。すいません。

上の画像がおばんざい全種。下の画像が日替りの御膳。 思ったよりも内容が良く、ヘルシーに美味しくいただけました。

利用客はほとんどが女性のグループか女性の一人客でした。個室が多いので、女性一人でも気兼ねなく食事できるのが利用しやすい点だと思います。

ジャズの流れる落ち着きのある店内で、ゆっくりと食事を楽しめました。
(2010年6月)
池袋 百味物語 和食 ランチ1380円〜 03-5944-9881
豊島区東池袋1-5-7 ヤマダ電機LABI日本総本店7F 11:00〜15:00 (無休 ディナータイムも実施)
2009年11月に三越あとにオープンしたヤマダ電機LABI日本総本店。7階はレストラン街になっていて、食べ放題のお店が4軒入店しています。そのなかで、関東初登場なのが和食中心のバイキング専門店「百味物語」。

前金制で、入店時に料金を払うのですが、ランチタイムの場合は利用時間によって3段階に分かれています。大人の場合、45分で1380円。60分で1680円。90分で1980円となっています。ディナータイムは120分2980円と高め。

何回か利用したことのある人にとっては親切なシステムですが、初めての利用の場合、どの時間を選択するか非常に迷うところです。とりあえず目安として、1人の利用でサクっと食べるだけで良いのなら45分で充分。2〜3人の場合は会話も挟まるし、やはり60分はほしいところ。食後もゆっくりしたいならさらに延ばして余裕のある90分がお勧めでしょう。

会計時のレシートに終了時間が印字され、テーブルに置かれます。それだけではなく、時間ギリギリになると、お店の人が終了を告げに来ます。そのため、しっかり時間管理をして食べ進めることが必要です。

店頭のポスターにメニューが記載されていますが、あくまで一例です。店内は意外に広く、席数が多く設けられています。壁には絵画がかかり、高級感を出そうとしていますが、満席でウエイティングも多く、時間でせきたてられるようで、寛ぎはあまり感じられません。逆に、だからこそこういうポスターが和ませるのかも。

和食は、揚げ物(大葉や獅子唐、蓮根、ササミなどの串揚げ、コロッケ、かき揚天婦羅など)、軍艦寿司(納豆、ツナマヨ、ねぎとろ、タラコ、とびこなど7種類)、太巻き、稲荷、玉子焼き。うどんと蕎麦(トッピングに温泉玉子、胡麻、ネギ)

鯖の照り焼き、三陸産魚のシャンピニオン、イカと大根の煮物、筑前煮、肉じゃが、ひじき、切干大根などなど。

中華は点心4種、焼きそば、唐揚げ、ホイコーロー、麻婆豆腐など

洋食はパスタ、マカロニグラタン、ハンバーグ、ピザ、ポトフなど

ほか、キーマカレー、ナンスティック、山菜おこわ(途中からしらすおこわ)、会津産コシヒカリと新潟産コシヒカリ、なめこ汁。

サラダバー、ドリンクバー、デザート(簡易ケーキ3種)、ソフトクリーム、カットフルーツ(オレンジ、パイン)、チョコレートファウンテン(ブラックチョコとホワイトチョコ。マシュマロ、プチシュー)

軍艦や串揚げは人気があり、なくなってからの補充に少し時間がかかりました。そのほかの補充はまずまずのスピード。

味も普通で、全体的に押しのない標準的なブッフェでした。電化製品等の買い物の合間にちょっと食事といった利用に適していますが、昼時はかなりの待ちがありました。しかし制限時間が短いことも奏して、入れ替えは早いように感じます。利用した日曜日の12時過ぎで10組ほどの待ち。入店までの所要は15〜20分程度でした。
(2009年12月)
池袋 喰喰 池袋店 焼肉 1680円〜

03-5952-7215

豊島区南池袋2-26-10 アクティオーレ南池袋6F 11:00〜23:30 (無休)
川崎の「sweets sweets」と同系列の、ハンジョーグループが展開する焼肉食べ放題のお店「喰喰(くいくい)」。このお店では、焼肉のほか、しゃぶしゃぶ、寿司、麺飯、温冷菜料理、デザートなどが食べ放題、ソフトドリンク飲み放題。さらに学割料金も設定されているので、終日学生中心に大賑わい。週末はファミリー層も多く見受けます。

料金設定は、ランチタイム、平日60分1480円、土日祝90分1680円、学生90分1480円。(ランチはしゃぶしゃぶは扱っていません。お肉の種類も少なめです)

ディナータイム、焼肉orしゃぶしゃぶ食べ放題コース90分2520円、焼肉&しゃぶしゃぶ食べ放題コース100分3045円。

営業時間はランチ11:00〜15:00(最終入店14:00)、ディナー17:00〜23:30(最終入店22:00)で年中無休。

土曜日のランチタイムに利用しました。席に案内され、説明を受けてからブッフェ台へ。店内は落ち着いた暗めの調光。半個室風の席も多数あり、プライベート空間で焼肉を楽しめます。しかし、学生が多いため、非常に騒々しいです。

お肉は、豚カルビ、柔らかロース、中落ちカルビ、味わいカルビ、プレミアカルビ、焼きレバー、はつ、鶏肉、ダッカルビ。ディナーでは、特選牛バラ、壷漬けハラミ、ぴり辛豚ホルモン、ネギ塩カルビ、テッチャン、まるちゃん、塩タン、豚トロ、しびれが登場。タレは味噌ダレと醤油ダレ。レモン汁もあります。

焼き野菜他は、にんにくホイル焼き、ソーセージ、イカ焼き、ししとう、味付け厚揚げ、ピーマン、玉ねぎ、カボチャ、とうもろこし。

寿司は、納豆軍艦、いか軍艦、カニサラダ軍艦、げそ、かにかま、穴子、カズノコ、いかなど。ほか、ご飯ものは、カレー、ハッシュトマト、お茶漬け(鮭や梅干などの具があります)、うどん(ワカメやキツネ・揚げ玉などの具があります。カレーをかけてもOK)、焼きそば、チャーハン、五目御飯、白ご飯。

温冷菜メニューは、タコ焼き、だしまきたまご、ポテトフライ、ドテヤキ、ジャガバタ(ソーセージ・コーン・玉ねぎが入っています)、サーモンフライ、本日のスープ。そして、シーザーサラダ、ごぼうサラダ、海藻サラダ、キムチ。

デザートは、フルーツ(パイン、グレープフルーツ、オレンジなどのカットフルーツとライチ。みかん、チェリー、黄桃などの缶詰フルーツ)、プチケーキ5種類、白玉、あづき、プリン、コーヒーゼリー、草だんご。トッピング用にホイップクリームあり。

ソフトクリーム(トッピングにシリアル、カラースプレー、ソース各種)、アイス&シャーベット4種、自分で作るワタアメとカキ氷が楽しそうです。ドリンクバーも豊富に揃っています。

焼肉が食べたい気分で入店したけど、色々なものがあるので、アレコレ食べてるうちに満腹に。本来の目的である焼肉をあまり食べていなかった〜。結局、目移りしてしまうので、焼肉を食べるぞ〜という目的より、グループでアレコレ食べまくるぞ〜のノリが良さそうですね。
(2008年6月)
池袋 ソル・アミーゴ メキシコ ディナー2000円 03-3985-1464
豊島区池袋2-13-3 佐藤ビルB1 17:00〜24:00 (無休)
池袋にあるメキシコ料理店が実施しているオーダーバイキングに行ってきました。Hotpepperにクーポンあります。

店内は10卓ほどしかないので、念のため予約を入れておくほうが賢明です。オーダーバイキング用のメニューは、通常メニューとは違います。

平日の6時でカップル3組、グループ1組、家族2組の利用でした。制限時間は2時間で30分前ラストオーダー。ワンドリンク制(別料金)になっています。利用は二人から。

タコス(とうもろこしのトルティアで肉と野菜を挟み込んだもの)、アメリカンタコス(小麦粉のトルティアを使用、エンチラダス(とうもろこしのトルティアに牛肉を巻いてソースとチーズをかけたもの)、ブリトー(牛肉の煮込みを小麦粉のトルティアで包んだもの)、

チーズポテト(ポテトに特製ソースとチーズを乗せたもの)、ミックスサラダ(豆とレーズンの入った野菜サラダ)、エローテコシド(コーンバター)、チリポテト(チリスパイスのたっぷりかかったポテト)、

ナチョス(チップスにチリスパイスとチーズ)、チリコンカルネ(豆と牛肉の辛い煮込み)、チリ(ハラペーニョチリのピクルス)、ワカモレ(アボカドのディップ)、トスチップス(とうもろこしのチップスを三角に切って揚げたもの、

チョリソ・コン・パパス(ポテトと辛い豚肉の炒め物)、チーズタコス(小麦粉のトルティアにチーズを挟み込んだもの)、メキシカンピザ(肉・豆・野菜・チーズ)、タコライス(キャベツ・ライス・肉の上にチーズたっぷり)、

ソパアラメキシカーナ(メキシコの酸っぱ辛いスープ)、バナナチミチャンカ(バナナをトルティヤで包んであげたもの)、レインボーショット(3種類のアイス)、

どの料理も美味しく頂くことが出来ました。満足です。ただ、粉ものと豆、チーズが多く、味付けも似ているものが多いため、飽きが来るかもしれませんね。スープとチリコンカルネが辛かったけど、あとは普通でした。

12月は全品半額のクーポンもあり、どちらを利用した方が良いか微妙なところ。私たちは2人で8800円くらいオーダーしましたが、半額利用なら1人2200円。しかも半額利用の場合は、グランドメニューからのチョイスになるので、選べる幅が広がります。一皿の量は多めなので、3〜4人でシェアするなら食べ放題のほうが良いですね。
(2007年11月)
池袋 東京中華街 池袋東口店 中華 ランチ1000円 03-5952-6858
豊島区東池袋1-12-15近代ビル2 B1 11:30〜15:30 (土日祝)
10月上旬の平日に利用したのですが、今(16日)ぐるなびを見たら、土日祝のみバイキング実施となっていました。今週から変わったのかな?でも、ほぼ満席と盛況だったのに・・・。

で、このお店は以前別の中華店が入っていたのですが、そこのバイキングを利用する前に閉店してしまいました。で、新しくオープンした東京中華街は、西口にもお店があり、そちらでは1680円で中華・飲茶食べ放題のランチを実施。

1階はランチセットを提供し、バイキングは地下1階にて実施。階段を降りてゆくと、意外と落ち着いた空間。女性1人でも気軽に利用しやすいのか、私の両隣は女性の1人利用でした。

ブッフェ台は冷製と温製の二か所に分かれています。棒棒鶏、煮玉子、胡瓜クラゲ、湯葉和え、凍り豆腐、ナッツ和えの冷製類。肉焼売、肉餃子、野菜餃子、肉まん、花巻の点心。酢豚、麻婆豆腐、にんにくの芽と豚肉の炒め、チンジャオロース、茄子マッシュルーム炒め、鶏肉野菜辛炒め、回鍋肉、玉子トマトチリソース料理類。から揚げ、春巻、胡麻団子、棒餃子、大根餅の揚げ物・焼き物。チャーハン、白飯、塩焼きそばの麺飯類。デザートは杏仁豆腐のみ。ドリンクは烏龍茶、コーラ、ハイシーオレンジ、ジンジャーエール、水。

味は値段なりに美味しく頂くことが出来ました。
(2007年10月)
池袋 300B ONE 焼肉ほか ディナー2800円 03-3986-6612
豊島区池袋3-30-11泰共ビル1F 16:00〜24:00 (日〜木)
池袋西口。丸井の裏手にある洋風居酒屋で実施しているバイキングは、焼き肉・無国籍料理・デザートがオーダー方式でサーブされるもの。通常料金は4500円のようですが、6月のホットペッパーでは、男性2800円、女性2500円のクーポンで利用可能。ちなみに同内容で6月のぐるなびは、男性3000円、女性2500円となっていました。

上記価格に別途サービス料5%が加算されます。ワンドリンク制だけど、500円で飲み放題を付けることが出来るので、そのほうが断然お得。ドリンクメニューは豊富です。

2時間制でラストオーダー30分前。声かけはないので自主管理。30分を切った頃、会計伝票が置かれます。

店内は個室風の席、カウンター、二階席とバラエティに富み、配管などを利用した内装はとてもいい感じです。音楽はジャズが流れていました。

最初に、サラダ、前菜、焼肉盛り合わせ(塩3品・タレ2品)が出ます。それを食べてから次の注文に入ります。

焼肉。カルビ、塩カルビ、ハラミ、ネギタン塩、ロース、豚かしら塩、トントロ塩、薩摩地鶏塩、薩摩地鶏タレ、デジカルビ、ブルダック、羊ロース、鹿ロース、牛ハツ

サラダ。和風サラダ、中華サラダ、メキシカンサラダ、アボカドのサラダ

料理。タコキムチ、酢キャベツ、魚介のカルパッチョ、牛肉のタタキ、ビーフシチューホンデュ、カニクリームコロッケ、エビフライ&タルタルソース、ナンピザ、ポテマヨ、フライドチキン棒棒鶏ソース、BFFT(ベーコン・フライドポテト・フランクフルト。トマトケチャップソース)、パリパリ餃子のあっさり野菜ソースがけ、お芋さんのホクホク揚げ、チーズホンデュ

ご飯。ごはん、焼肉ビビンバ、カルビクッパ、タコライス、釜玉うどん、富士宮風やきそば

デザート。クラシック・ガトー・オ・ショコラ、ほうじ茶のシフォンケーキ、ベークドチーズケーキ、マンゴープリン、かぼちゃのプリン、バニラアイス、抹茶アイス、さくらアイス、カシスシャーベット

最初に提供されたお肉は、塩カルビ、豚かしら塩、トントロ塩、デジカルビ、ブルダック。デジカルビとブルダックは辛い味付けが施されています。あとから頼んだ塩カルビは塩気が強く、珍しい鹿肉ロースは歯ごたえあり。

焼肉ビビンバ、カルパッチョ、タタキは美味しかったです。チーズホンデュにはコーンが入っていました。エビフライはお皿にポツンと一尾だけだったので笑ってしまいました。揚げた餃子は5個、シャキシャキ野菜と一緒に。焼きそばは、玉子・羊肉入りの塩味仕立てでした。お楽しみのデザートですが、マンゴープリンとかぼちゃのプリンはイマイチだったので、ケーキ類は頼むのをやめておきました。

オーダーバイキングで楽しめる料理は、一部を除いてグランドメニューにはないものばかり。グランドメニューは、日本各地とアジア各国を中心とした料理が並び、なかなかそそります。対象外なのが残念。
(2007年6月)
池袋 サファイア 和洋中 ランチ2500円 03-5949-2832
豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店8F 11:00〜15:30 (無休)
ホテルオークラが西武池袋本館レストラン街に出店しているブッフェレストラン。ランチタイムは90分間2500円。平日は曜日によって割引サービスを実施中。月曜日は女性2000円、火曜日はシニア1500円、水曜日は小額2年生まで無料、木曜日はワンドリンクサービス、金曜日はケーキ&デザートが充実。

オークラの味が楽しめるということと、ランチとしてはそれなりの値段をとるということで、かなりの期待感があったのですが、正直ガッカリでした。1500円で普通かなぁという感じ。1200円ならお得感も出てリピートしても良いかなぁという感じでした。2500円は高すぎです。

味は決して悪くはないのだけれど、これは美味いと言うものがない。2500円という値段を考えると、インパクトに欠け新鮮味もない。ロールキャベツは冷凍ものでチープさが感じられるし、ホテルメイドのパンもパサついています。品数が少なく、それでいて和洋中を無理に揃えているから、中途半端な構成になっています。

店内の様相は、デパート内のレストランの域を出ていないため、椅子やテーブルを含め気品とかはなく大衆っぽさが感じられます。接客は悪くありません。丁寧でお皿の下げも卒なくこなしています。料理の補充も滞りなく行われ、出来立てコールも実施。

料理は、チキンマスタードサラダ(これは気に入りました)、カラフルポテトサラダ、パンプキンサラダ、ホウレン草とカリカリベーコンのサラダ、海藻サラダ、タラコとヤリイカのパスタサラダ、ホットベジタブル5種、スパニッシュオムレツ、回鍋肉、ロールキャベツトマトソース、ハーブローストチキン(ハーブが香ってよかった)、ベジタブルカレー(竹の子入りでスパイシー)、牛タンシチュー(お得メニューでしょうか)、グラタン、野菜スープ、点心(肉まん、海老焼売、フカヒレ風餃子)、竹の子ご飯、豆とおからのサラダ、蓮根のサラダ、ホテルブレッド5種。

デザートは、マロンケーキ、パリブレスト、フワンボワーズのケーキ(入れ替わりでイチゴのショート、レーズンパイ)、コーヒーゼリー(苦味があって○)、みつ豆、杏仁豆腐、プリン。そして小さいながらチョコファウンテンがありました。マシュマロとバナナと葡萄パンが用意されています。フルーツはありません。ドリンクはコーヒーと紅茶のみフリー。ほかは別料金。

ディナータイムもブッフェを実施しています。メニューは4月の場合、昼の内容にローストビーフ、鳥の唐揚げ、鮮魚のタルタルマヨネーズ焼きが加わります。値段は1000円高い3500円。
(2007年4月)
池袋 ティーヌン 池袋東口店 タイ ランチ1000円 03-5957-1288
豊島区東池袋1-29-5 Q-reva2F 11:00〜15:00 ( )
池袋東口、ハンズ至近のビル2階にあるティーヌンで実施しているランチバイキング。1000円で60分間、タイ料理が楽しめます。

品数は少ないのですが、タイ料理の辛さと香りがしっかり楽しめ、味も良かったので、満足でした。

日替わりの温かい麺は、器に盛られたセンミー(ビーフン)・挽肉・もやしに、挽肉たっぷりのスープを掛けていただくもの。とても美味しく3杯も食べました。スープのみでも楽しめます。

茄子と鶏肉・細切り筍のイエローカレーは辛さたっぷり。ヤムウンセンも辛口。あさり・イカ・海老と長ネギの炒め物も、とっても辛いです。グリルした鶏肉に特製のタレを掛けて食べる料理は食べやすく、豚肉・キャベツ炒めはブロッコリー・パプリカなど緑黄色野菜たっぷり。豚肉・ニラ・木耳・玉葱炒め。

デザートはコーン入りタピオカココナツミルク。ホッとする甘さ。ドリンクは付いていなくて、別料金になるのが残念。品数少ないながら、日替わりで本格タイ料理がいろいろ楽しめるので、近隣に在住・勤務していればリピートしたいお店ですね。
(2006年12月)
池袋 台北夜市 中華 ランチ950円 03-3988-7578
豊島区東池袋1-12-13 セイコービル4F 11:30〜15:30 (無休。土日祝は16:00まで)

2007年1月より950円に値上がったそうです。
平日のみでなく、土日祝も880円という低価格でランチバイキングを実施しているため、連日かなりの盛況。日曜の2時頃訪れると、エレベーターから下りられないくらいの人。エレベーター前にレジがあるため、入店待ちの人と会計待ちの人とエレベーター待ちの人とで大変。単にタイミングが悪かったのかもだけど、狭いブッフェ台も混雑。さすがに1人の場合、相席となりました。

メニュー数は約20種類。どれも台湾料理のよさがにじみ出ていて、それでいてとても食べやすい、親しみの持てる味付けになっています。オーソドックスなラインナップでありながら、軽く工夫が入れられているので、飽きがなく楽しめるのは、この値段ではなかなか出会えそうにありません。

プリプリのエビチリ、油林鶏、焼きそば、マーボーナス、白菜の白湯炒め、ホイコーロー、チャーハン、野菜スープ、棒棒鶏、鶏肉唐辛子炒め、骨付きのモツの煮物。

そしてハマったのが薩摩芋の天婦羅。チップス並みに薄くスライスした薩摩芋に衣をつけて揚げ、胡麻と砂糖をまぶしたお菓子風のメニュー。サクサクッとこればかりお替り。お粥は刻み野菜がたっぷりで、野菜の旨味が染み出していて、単なる白粥と違う味わいが嬉しい。水餃子も食べておきたいメニューのひとつ。

デザートは杏仁豆腐とタピオカココナツミルク、ピンクグレープフルーツ。飲み物はテーブル備え付けの冷たい烏龍茶です。難点は通路も含め狭めの店内に人がひしめいているという点。平日だったらまた違うのかもしれませんが、落ち着いての食事には剥かないかもしれません。でもとにかくリーズナブルで、平日も週末も、遅い時間まで実施しているという点はポイント高いですね。補充も早いし、味も良いし、総合的には満足の行くお店でした。
(2006年4月)

池袋 クロスダイン 和食 ランチ2580円 03-3980-1111
豊島区西池袋1-6-1 ホテルメトロポリタン1F 11:00〜14:30 (無休)
池袋西口にあるホテルメトロポリタンの1階「クロスダイン」で実施しているバイキングは、平日・土日祝を通じてのランチバイキング、平日夕方からのデザートバイキング、そして週末ディナータイムのバイキング、現在この3種類が開催されています。

予約を入れたけど混雑はなく、普通に入店できました。和洋中とデザートのコーナーがあり、オープンキッチンで料理を提供するスタイルは、京王プラザホテルの「グラスコート」や、ベイヒルトンの「フォレストガーデン」に近いものがあります。

最初は和食コーナーから全品を。作ってくれるネギトロ丼。15穀米のチラシ寿司、キャベツ豆腐、マグロ頬肉と焼き野菜、トマト豆腐など目を引くものばかり。

次にアジア。冷やし中華は作ってくれます。いろいろ具のあるお粥、フカヒレスープ、点心など。タイ風カレーも美味。

洋食は、ピザ、パスタ、ビーフシチュー、海鮮ピラフ。白身の魚に野菜たっぷりのクリームソースをかけた料理がお気に入り。ポテトグラタン蟹クリームコロッケ、モツァレラトマト、シーフードマリネなど。ベーカリーパンは5種類。

タイムサービスを2回実施。最初は丸ごとの鶏肉をその場でぶつ切りにした、鶏肉の甘酢ソースかけ。2回目はサイコロステーキで、和風おろしとオニオンの2種類のソースが選べます。

デザートもホテルらしく充実していて、ホールケーキ(入れ替わりで3種ほど)、カットケーキ(入れ替わりで4種ほど)、グラスデザートが3種類。ほか、ティラミスやマカロン、杏仁、ヨーグルトなど。そしてワッフルとアイス・シャーベット各種にソース。フルーツも3、4種。ドリンクはコーヒー・紅茶のアイス、ホットをセルフで。

応対はしっかりしています。ただ、皿の下げが早すぎて、まだお皿に残っているものまでどんどん持っていってしまいます。もう一呼吸置いて欲しいですね。料理の補充はオープンキッチンだけあって、しっかりチェックがなされているので、滞りなく出てきます。味ももちろん悪くありません。

値段はやや高めですが、制限時間もなく、ゆっくり寛ぎながら食事が出来るのは、とてもよいことです。

(2005年7月)
池袋 香港蒸龍(ほんこんちょんろん) 池袋店 中華 ランチ1554円 03‐5954-8151
豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザ8F 11:00〜17:00 (無休) ディナー17:00〜23:00
池袋メトロポリタンプラザ8階にある、和食バイキング「はーべすと」の隣、飲茶・中華のバイキングを利用しました。「はーべすと」と同じ系列で、新宿の「九龍點心」とも同じ。「香港蒸龍」全国8店舗のうち関東では、大宮と池袋のみ。池袋店は2004年12月10日にオープン。

システムは新宿の「九龍點心」と全く同じ。料理とデザートはブッフェ台に取りに行き、飲茶はワゴンで周ってくる。制限時間は平日ランチタイムが70分で1554円、平日夜と土日祝全日が90分で2079円。小学生はオールタイム777円で、小学生未満は無料!

「九龍點心」のランチ1890円、ディナー2940円と比べると、かなりリーズナブルになっていますが、内容もその分、抑え目になっているので、同程度を期待するとガッカリすることに。

平日の12時10分頃に訪れると、店頭の椅子に並んで待っている客が。およそ10組。11時開店で制限時間70分ということで、ちょうど入れ替えのタイミングにあたり、20分ほど待っての入店。その後も待ち客は途切れず、でも1時を回ると待ちもなくスムーズに入店可能でした。ちなみに隣の「はーべすと」は、1時半の時点でもまだ5組ほどの待ちが。

丁寧なシステムの説明を受けてからブッフェ台へ。 冷菜は、春雨サラダ、もやし鶏肉和え物の2種類。とっても簡素なものでした。そしてデザートも並んでいますが、これも3種類だけ。杏仁豆腐、タピオカココナツミルク、マンゴプリンです。マンゴプリンはイケてないですね。杏仁豆腐もイマイチかな。ドリンクは冷たい烏龍茶と、コーラ、ジンジャーエール、オレンジの3種類。ちょっと変わった取り合わせですね。

オープンキッチンで作られる温かい料理は、常時10種類が並んでいます。鮭チャーハン、焼きそば、海老と卵のチリソース、麻婆豆腐、青梗菜のクリーム煮、もやし鶏肉塩炒め、白身魚トマト玉葱甘酢炒め、牛肉フクロダケ蓮根醤油炒め、鶏肉インゲン茄子味噌炒め、揚げ物盛り合わせ(春巻・海老しんじょ・胡麻団子)。私がいた60分間は入れ替わりなしでした。

エビチリの海老が大きくプリプリなのが印象的。揚げ物も良かったです。炒め物は当たり障りなく普通に楽しめる味。味付けが塩・醤油・味噌・クリーム・甘酢・チリというように、飽きないように工夫されているのは良いことです。肉・魚・野菜のバランスも良し。保温もしっかりなされていたし、補充も早く、カラになることがない。とはいうものの、これといってお替りしたいと思えるものがなかったのが残念。贅沢かな?いくつか入れ替わりもあれば、もう少し楽しめたのですが。

その分、飲茶をガッツリ食べようということで、ワゴンをどんどん捕まえます。周回しているのは3台。点心専門が2台と、粥・スープが1台です。点心は1台に最大で6種類ほどが乗っていますが、周ってくる間にどんどん取られてゆき、あと少しのところで品切れになってしまうものも幾つかあり、制限時間のある中で、これはけっこうストレスが溜まるかも。チャイニーズドッグなるものがあって、食べたいっって狙っていたけど、直前で消えた。その後回ってこなかったので、ちょっぴり心残り。(笑)

私がいる間に回ってきたのは、小龍包、海老焼売、海老餃子、海老ニラ餃子、蟹焼売、蟹蒸し餃子、フカヒレ餃子、翡翠餃子、珊瑚餃子、チャーシューマン、マンゴーマン、チャイニーズドッグ、中華チマキ、中華粥(トッピングは揚げワンタン、ピータン、高菜、葱から選択)、本日のスープ(今日はナメコと人参の卵スープ)。以上15種類でした。意外と多い。

チマキとチャーシューマン以外は、蒸篭に2個ずつ入っています。私は一人で利用したので、これは結構きつかった。シェアすれば、より楽しめると思うので、ここは2人で利用するのが丁度良いですね。実際のところ店内見回しても、一人で来ているのは私くらいなものでしたし。

ということで、点心もお替りできずに撃沈。ちなみに、もう1個食べたいなと思ったのは、中華チマキと甘いマンゴーマンです。食べ損ねたチャイニーズドッグと珊瑚餃子が気になるけど、あとは味自体まぁまぁなので、悔いはないかな。ブッフェ台とワゴンで楽しめるお店。ゆっくりするにはせわしない制限時間70分ですが、一度は利用しても良いかも。
(2005年3月)
池袋 はーべすと 池袋店 和食 ランチ1554円 03-5954-8152
豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザ8F 11:00〜17:00 (無休) ディナー17:00〜23:00
池袋西口にあるメトロポリタンプラザ8階レストラン街に、2004年12月10日にオープンした「自然食バイキング はーべすと 池袋店」に行ってきました。横浜の青葉台、埼玉の北戸田に続く3店目のお店です。

バイキングは終日実施していて、平日ランチタイムが11時から5時まで大人1554円。平日5時以降と土日祝の終日2079円。制限時間は入店より90分となります。(伝票に入店時間が書かれます)

平日の12時に入店しました。席は8割くらい埋まり、ほどなく満席に。1時半に店を出ると4〜5組の待ち客がいました。店の向かいには、同じクリエイトレストラングループの中華・飲茶食べ放題「香港蒸籠(ホンコンチョンロン)」があり、こちらも満席近く盛況。

「はーべすと」は、〜安全で安心な自然なお食事で、より美味しく、より健やかに〜を謳い文句に、「自然の恵みに感謝し、食の安心・安全にこだわったお食事を約40種類御用意」し「自然の美味しさを存分に堪能すると同時に、体にやさしくバランスよくお楽しみいただけます」とのこと。

店に入るとテーブル席が並び、その奥にブッフェ台が。そしてそこを曲がったところにもフロアがあり、8階からの眺望を楽しめる席もあります。L字型の店内の曲がり角がブッフェ台になっているという感じですね。利用客は8割がた女性。年齢層は幅広いです。

料理数を数えたら、この日は46種類ありました。豊富ですね。しかも品質、味ともに満足の行くものなので、好き嫌いのない人は嬉しい悲鳴。これで1554円なので、お徳です。

料理はブッフェ台にギッシリ並べられ、手前の方で一人が引っかかると、行列が長く伸びることも。制限時間のあるお店なので、うまくタイミングを見計らって取りに行くと良いでしょう。

メニューは日替わりですが、半分以上は被ることも。ぐるなびに掲載されている品書きをチェックして行ったのですが、惣菜などのおかず類30品のうち、同じだったのは16品でした。肉や魚は少なく、根菜が目立ちます。味付けは、濃くもなく薄くもなく適度な感じ。物足りないことはありませんでした。

ご飯ものは、発芽玄米飯、麦ごはん、宮延風野菜粥、油揚げと生姜の炊き込みご飯、チャーハンの5種類。自家製ふりかけや胡麻塩も用意されています。宮延風野菜粥は、野菜ジュースで炊いたイメージかな。酸味があって好みが別れるように感じました。汁物は 味噌汁野菜スープ

一枚目の画像の木皿の料理は、彩り自家製ピクルス(人参・大根・胡瓜・パプリカなど)、胡瓜の香味漬け、柚子大根、おからのミートローフ、南瓜とレーズンのサラダ、大豆と昆布のオカカ煮、きび糖で煮込んだ有機大豆とひじき、切り干し大根の煮もの、天豆の白和え、冬野菜と蒸し鶏のごま酢和え。器に入れたのは、豆乳の白い茶碗蒸し(まろやかな味わい。具に海老や枝豆が入る)、がめ煮(鶏肉・牛蒡・人参・じゃが芋など)。

二枚目の画像の木皿の料理は、ブロッコリーのトマト味ペンネ、じゃがいもとホウレン草のグラタン、ベーコン・キャベツの塩味ファルファッレ、枝豆のカレー風味、あさりと甘い寒玉キャベツの酒蒸し、有機豆腐のでんがく、淡路産ヒネ玉ねぎのステーキ(香りがとても良いです)、じゃがいもと鶏そぼろの揚げ炒め、鯖の香草パン粉焼き(柔らかな鯖でした)。

三枚目の画像の木皿の料理は、鶏肉と人参のすっぱ辛煮、牛蒡とかえり干しのから揚げ(カリカリさくっとして香ばしい)、寒玉キャベツと油揚げの煮びたし、ポークとごぼうの山椒風味、野菜蒸し(キャベツ・人参・南瓜など)。あとはデザートです。水菜のサラダだけ食べ忘れてしまいました。あとは一通り食べ、気に入ったのをいくつかリピート。

この日のデザートは、薩摩芋のフラン、プルーン、抹茶ゼリー、豆花の4種類。ドリンクは、有機栽培コーヒー、有機栽培ダージリンティー、そば茶、抹茶入り玄米茶、100%オレンジジュース、100%グレープフルーツジュース、牛乳

オープンキッチンで調理されるため、常にブッフェ台をチェックでき、出来立てが素早く補充されるため、熱々のままいただける料理が多いです。従業員も一生懸命で、好感が持てます。皿の下げも遅くはありません。とても良い、オススメできるお店だと思います。
(2005年2月)
池袋 牛菜 焼肉 ディナー2480円〜 03-5953-8929
豊島区東池袋1-15-12 アムスビルB1 17:00〜0:30 (無休)
焼肉の食べ放題を実施しているお店です。池袋という立地と低価格が売りのため、利用客は学生がメイン。65席の店内は6時を回ると一気に活気付きます。予約は4名から。

コースは2種類。リーズナブルなお手頃コース(2480円)と、肉質などがグレードアップした贅沢コース(2680円)。どちらも90分制となっていて、90分でラストオーダーとなり、入店2時間で席を立たされます。時間にはシビアです。

ドリンクは強制オーダーではありません。水だけでも可。食べ放題利用客は1050円で飲み放題を付けることもできます。アルコール類はほとんどが500円以上なので、お酒を飲むなら付けたほうがお得。

お手軽コースのメニューは全22品。焼肉類が、タン塩、カルビ、ロース、ハラミ、中落ちカルビ、カシラ、ホルモン、レバー、黒豚カルビ、豚トロ塩焼き、地鶏、ゲソ焼き。一品料理ほかは、ユッケ、野菜焼き、キャベツ、キムチ盛り合わせ、キムチ、カクテキ、オイキムチ、牛菜サラダ、ワカメスープ、ライス

贅沢コースは全26品。焼肉類が、上タン塩、和牛カルビ、上ロース、上ハラミ、上ミノ、中落ちカルビ、ホルモン、レバー、黒豚カルビ、豚トロカルビ、地鶏、ゲソ焼き。一品料理ほかは、お手軽コースのメニューに、チヂミ、モヤシ、クッパ、ビビンバが加わったもの。

今回、贅沢コースをオーダーしました。最初に一通り運ばれてきます。これを食べたら追加オーダー可能。でも完食前でも大丈夫なのでご安心を。ご飯やスープは直ぐにオーダーしても持って来てくれます。

上二枚の画像が2人分の基本セット。上の画像の肉は塩、下の画像の肉はタレ。肉質はどれも悪くないと思います。また、1人一尾、海老が付いてきました。期間限定サービスとのこと。

ユッケは小さなお皿にチョット盛り。鶉の卵は付いてませんが、薄味が付けられていて、卵も混じってるみたいです。チヂミは中はモッチリ、端はカリっと良い感じ。熱々だったら良かったのに。サラダはあっさり味。

卓上にはタレとレモン汁、コチジャンがあります。タレは一種類のみで、しかもとても薄いのでコチジャンをたっぷり入れないと物足りません。炭火を入れたコンロは火力がとても強く、あっという間に焼けてしまうので、火力調節はマメに行った方が良いかもしれません。

基本セットには、レバー、ゲソ焼き、ホルモンが付いてなかったかな。あとからレバーを追加しましたが、基本セットを一通り食べるだけでもかなりお腹いっぱいになりますね。ほとんどお替りできなかったので残念。シメはやっぱりご飯もの。クッパとビビンバをオーダーしてシェアしましたが、クッパはニンニクがたっぷりで、満腹の胃にも無理なく入っていきます。ビビンバの味付けも悪くありません。

満席でもオーダーの通りは良く、直ぐに運ばれてきました。片付けも早いです。店内はスッキリしていて、煙も気にならず、店員の応対も悪くないので、最初から最後まで気持ちよく楽しむことが出来ました。メニューに一品デザートがあればなぁと思いましたが、それでも焼肉オーダーバイキングのお店としては、とても品数が多いので、充分楽しめると思います。満足してお店を後にしました。
(2004年9月)
池袋 銭櫃(キャッシュボックス) アジア ランチ1000円 03-5950-2308
豊島区西池袋1-37-16 大雄ビル5F 11:30〜15:00 (日曜)

普段はディナータイムに3000円で食べ飲み放題(2人以上で2時間制)を実施しているアジア風料理のお店。小洒落た店名から日本のフードグループがプロデュースした中華居酒屋?って印象を受けますが、池袋地域に良くあるタイプの中華料理をメインとしたアジア系レストランです。

ここでは日曜日のランチタイムに限りバイキングを実施しているとの事で行ってきました。池袋西口「中国茶館」のすぐ近く。ロマンス通り沿い。隣はロサ会館。建物の1階に着いたのだけど、立て看板は出ておらず、エレベーター前の案内板にもディナーバイキングのことは書かれているけどランチの掲示はなし。もしかしてランチはもう辞めてしまったのかな?という不安を抱きつつ人気(ひとけ)のないエレベーターに。

ドアが開くとそこはもう店内。数組が食事をしていてブッフェ台も確認。安心して入店。4〜6人掛けのテーブルが10卓ほど。端の席を指示され座る。食事中観察していると、お店の人は当然として、利用客はほとんどが中国系の方たち。それも来る客全員が顔見知りといった感じでギュウギュウ詰めの相席。12時半頃には入れずに帰る客もいるほどの盛況ぶりは、なるほど看板いらないわけだと納得。ちなみに制限時間はないようです。

店内を竹でパーティションしたこっち側、私の居るほうはテーブル3卓。右隣は若いカップル、左隣は4人組み。どちらも日本人なので上手い具合に分けた感じ?でもギュウギュウ詰めの向こうに対してこちらは余裕でテーブルを使用。ちょっと申し訳ない感じも。また、料金を含めバイキングの表示が全くないので情報不足。帰りにレジで1000円と言われるまでちょっぴり不安だったです。(笑)

テーブルにつくとドリンクを聞かれました。「烏龍茶かオレンジジュース」 「料金内ですか?」 「もちろんよ」。ということで烏龍茶をお願いする。オープンキッチンのブッフェ台に行くと調理台側から主人が顔を出し、「カンポードリンク、オイシイから飲んで、甘いよ」と勧める。寸胴に入った褐色の飲み物をおたまですくい、氷の入ったジョッキに注ぐ。薬草を丸めたボールが浮いてます。テーブルに持ってくると、先の烏龍茶とともにジョッキが2つに。漢方ドリンクはややクセのある、でも甘みがあって飲み口は悪くない味。

料理はというと、客層でわかるとおり日本人にあわせたものではないため、口に合うものから、そうでないものまで15種類ほどが並ぶ。
海老の唐揚げ(揚げた有頭海老をエスニック風味で甘辛く味付け)、揚げ餃子(カリっと揚がってます。化学調味料たっぷりな味で何も付けずにOK)、鶏肉の炒め(ダイスカットの凍り豆腐と2種の豆入り)、イカと青梗菜の炒め(やや濃い目の塩味とろみあん)、特製チャーシュー(厚切りで柔らかくジューシー)、クワイ入りさつま揚げ、中国野菜のニンニク炒め、鮭のフライ、叩きキューリの漬けもの(レモンと唐辛子と醤油で和えてある)、焼きそば(ちょっとべっちょり)、レッドカレー(骨ごとザックリ鶏肉とじゃが芋入り)。

蒸し物は4種類。
海老焼売、海老蒸し餃子、チャーシューまん、うさぎまん(中身なし)。でもお皿の上に置いてあるだけなので冷えてしまっているのが残念。料理も保温はされていません。ただ、料理の回転は良いのでピークを外さなければ温かいうちにいただけます。40分ほどして帰る頃に甘エビと生姜の蒸し物、胡麻団子が登場。時間帯や週によってはいろいろな種類が楽しめるかもしれませんね。料理数は多くないけどアジアの賑わいを感じに訪れてみるのも良いかもしれません。
(2004年6月)

池袋 アートスペース 中華 ランチ750円 03‐3987‐3331
豊島区池袋2-65-6慶愛ビル1F 11:30〜14:00 (平日)
池袋西口から徒歩10分ほど。ちょっとわかりにくい場所にあるお店。とてもお洒落で清潔感溢れる綺麗な店内は中華のお店というイメージとはかけ離れたもの。店名の「ART SPACE」こそがしっくり来る。それが好評なのか、あとは値段の安さ、味の良さもあって大盛況のお店です。

12時を回るとギッシリ相席。それでも入りきらずに諦めて帰る客も多数。相席とはいえテーブルは大きめなので窮屈感もないし同席者が気になることもない。2〜4人掛けテーブルが6卓と10人ほどが座れる大テーブルが1卓。客層は近隣のサラリーマン、OLはもとより年配の女性客が非常に目立ちました。中国人もちらほら。

入店時に料金を支払い席に荷物を置いてブッフェ台へ。料理は全部で9種類。750円という値段ですから妥当な品数でしょう。薬膳混ぜご飯(正体不明?のいろいろが混じっています。上に錦糸玉子と千切りキューリが散らしてあります)、薬膳粥(独特の風味と粥の粗い舌触りが楽しめます。2種類のお新香とともに)、冷奴(葱・生姜は日本の食卓で普通に摂取している薬膳で云々とメニューに書かれてました)、豆腐と根菜のスープ(さっぱりとした塩系の味)、マグロの甘酢あんかけ(酢豚だと思ったら・・。白身魚は良くあるけどマグロというのは珍しい)、チキンカツ(脂身の少ない部分を使用しているようです。キャベツとソースで)、マカロニグラタン(豚肉・袋茸・人参・タコなどが入ったほんのり中華風味付けのグラタン)、ニンニクの芽とタコの炒め(人参や玉葱も混じったさっぱり味)、ポテトサラダ白いご飯も用意されています。

お替りを取りに行ったらブッフェ台の料理が半分入れ替わってました!イクラと鮭のご飯(大きな寿司桶にどっかりと入っていて好きなだけよそれます。でもイクラも鮭フレークもかなりしょっぱかったです)、モツ煮込み(生姜醤油で煮込んであります。味は薄い)、じゃが芋と豚肉の炒め(唐辛子たっぷりでかなり辛いです)、キャベツ炒め(塩と少量のニンニクで炒めてあります。人参の姿も)、生野菜(ポテトサラダから入れ替わり。レタス・ニンジン・トマトのミックス。胡麻ドレッシングをかけて)。

これでもう満腹です。味付けもメリハリあって楽しめました。このあとブロッコリーとベーコンの炒め物が並んでいましたが、ずっと滞在するともっと違う種類も楽しめそうですね。でも最初に書いたように混雑しているのでゆっくり滞在するには向いていません。ドリンクは冷たい烏龍茶ホットコーヒーが飲み放題になっています。ドリンクも付いているのだからお得ですね。ちなみにデザートはありません。ランチ利用者に限りジャスミン杏仁またはマンゴー豆腐、通常400円を250円でオーダーすることができます。

このお店は健康第一を考えた薬膳料理が主体となっていて、野菜類はすべてオーガニック、使用している水はマイナスイオン水というこだわりがあります。もちろんランチでも手抜きはなし。素材から味付けに至るまで丁寧に作られているので品数が少なくても満足感は大きいです。メニューも日替わりでいろいろと楽しめるのでまた利用してみたいなと思わせるお店でした。
(2004年5月)
池袋 ピノ 和洋 ランチ1050円 03-3986-1221
豊島区東池袋1-42-8 第一イン池袋2F 11:45〜15:00 (土日祝休み)
2007年9月4日にリニューアルして1470円になったそうです。
常に行列が絶えず大人気の「ピノ」に3年ちょっとぶりに行ってきました。お昼時に間に合わなかったので時間をずらし1時半に到着。これならすぐに入れるかなぁという甘い期待も虚しく入り口のウエイティングボードに名前を記入。10組待ち。お店前のロビーの椅子にはたくさんの人が待機しています。最終入店は2時と記されていたので大丈夫なのかなぁ?と待つこと30分。2時丁度にようやく案内。まだ後に3組ほどが待っていました。本当に人気なんだなぁと改めて思う。

ホテルの入り口には本日のメニューの一部が書かれたボードがあったのですが、さすがにこの時間だと入れ替わりもあるのでしょう、ガラッと変わっていました。しかも閉店15分前の2時45分で料理はストップなのですが20分前の時点でも新しいものが出てくるなど補充は完璧。遅い時間ながら近隣の常連さんたちでしょうか、年配の一人客がとても多かったです。ブッフェ台の混雑もなく案外良い時間帯なのかも。

さて、ここは以前訪れた時に値段の割りにかなり良いものを提供しているなぁと満足度が高く「おすすめ」コーナーに入れていたほど。しばらく利用していなかったので「おすすめ」からは一旦外しましたが、今日利用してやはりオススメに値するなぁと再確認しました。

メニュー構成は以前とほとんど同じです。メインとなるのが豚ロースロティ・チポラタソース(黒板に書かれてましたがチポラタって初めて聞く名前なのでブッフェ台にあったのがそうなのかは不明。赤ワインベースでダイスカットの野菜を煮込んだソースでした。これが最後の方になって胡麻ソースに変わったんです。黒すり胡麻で包んだ肉隗をカットして白胡麻ベースのソースをかけたもの。後者はイマイチかなぁ。でも前者は美味しかったです。肉も柔らか)、サーモンムニエル:野菜焼き(サーモンのムニエルにたっぷり野菜とクリームソースでグラタン風に焼いたもの)、チキンソテー:カレーソース(こんがり焼いた鶏肉にほんのりカレー風味のソースがかけられています)。最後はチキンソテーに替わって鶏肉とキノコのクリーム煮が登場。これらはメインとしてしっかり楽しめるようになっているので、この時点でモトトリかも。

揚げ物はイカフライ、エビフライ、ポテトフライがあります。タルタルソースも用意されています。主食系は筍のペペロンチーノ(ニンニクたっぷりで美味。ボードにはカルボナーラと書かれていたので替わったのでしょう)、焼きそば、筍のピラフ、そうめん、茶蕎麦、カレー(店のオススメ品。「3日間じっくり煮込んだカレー」と書かれています。ルーはプレーンで何も入ってません。すごい濃厚)、カレーの横にはトッピング用として人参・玉葱の炒め野菜、コーン、ラッキョウ、レーズン、福神漬け、アーモンドが用意されているのが嬉しいですね。

私的にツボに入ったのはオリジナルサンドイッチ。パンと具がたくさん用意してあってお好みでサンドが作れるんです。これは楽しい。料理食べるの忘れそう。パンは食パン、レーズンパン、黒パン、バゲット、ベーグルなど7種類ほど。具材として卵サラダ、ツナペースト、コンビーフペースト、ピクルス、フルーツ入り生クリーム、ハム、チーズ、トマト、キューリ、サラダ菜、ポークパストラミ、照り焼きハンバーグ、サルサソース、マヨネーズ、マスタード、タルタル、バター、ジャムなど20種類が用意されている。パンはトーストもできるようになっていて至れり尽くせり。おかげでかなりパンに比重が行っちゃいました。(^^ゞ

サラダはキャロットサラダ、リーフサラダ、白スパサラダ。ドレッシング3種。スープは中華卵スープ。このほかゼンマイ甘辛煮があったけど何かこれだけ浮いてる?いやいや本日の和惣菜って感じの1品でしたね。デザートは自分で餡を加えられるフルーツ蜜豆、プチケーキ(抹茶・ブルーベリー・オレンジ)、パンナコッタ(カップ入りのチョコ味)、フルーツ(ライチ)。そしてポップコーンマシンがあって、時折りポンポンと弾ける音がし出すと子供たちは大喜び。あっという間に行列です。

この値段ですから決して品数が多いというわけではない。でもまったく無駄のない品揃え。そして値段以上の味と見栄え。これで1050円はかなり安いと思います。行列は当然ですね。充分すぎるくらい満足して店を後にしました。ただひとつ、ドリンクが別料金(ドリンクバー263円)なのが残念。水はあるのでもちろん納得はしますが、年配客が多いからせめてお茶くらいはあっても良かったかもとだけ思います。ホームページ
(2004年3月26日)

下記は前回のレポです。ほとんど同じだけど参考までに。(ほとんど同じということは次回も安心して利用できるという期待が)

平日ですが、開店前に長い列。スッキリした店内に用意されたメニューはどれも美味しく、1000円でこの味なら申し分無しです。メインメニューは豚ロースのロティ・パリジェンヌ風、かかっているソースが良いです。若鶏のソテー・カレーソースがけ、さっぱりしたカレーソースが絶妙。帆立貝のプロバンサル。牡蠣フライタルタルソース添え、このタルタルソースには卵がたっぷり。シメジのスパゲティはトマト味で、シメジのほか小さくカットした蛸を揚げたのが混ざっていたり、香草類もふんだんに入っていてメチャ美味しかった。カレーはプレーンですが、横にポテトコロッケやニンジン・タマネギのカレー炒めがトッピングとして用意されているほか、ラッキョウ・レーズン・ナッツなどの添えものが5種類あって気が利いています。茶ソバと素麺はとても冷たくて美味しくついついおかわり。コーンポタージュスープもコクがあってお気に入り。稲荷寿司は中に五目御飯が入っていました。サンドイッチはツナと卵の2種類あり、この他クロワッサンなど5種類のパンが用意されています。あとは、マカロニグラタン、ヒジキの煮物、オードブル、フライドポテト、そして何故かポップコーン。サラダとフルーツに、一口大のケーキが2種。ただしドリンクは別料金。250円でコーヒー・紅茶・オレンジ・グレープ・ウーロン茶が飲み放題になります。
(2000年12月7日)
池袋 サンシャイン クルーズ・クルーズ 和洋 ランチ2000円 03-3981-0962
豊島区東池袋3-1 サンシャイン60 58F 11:30〜15:00 (無休)
東京都内では同じサンシャイン60の59階にある「トリアノンラウンジ」に次ぐ高層ブッフェが楽しめるお店です。総座席数400席、貸切可能な個室12室を有する店内は埼玉方面を一望する窓に沿った細長の造り。そのためほとんどの席から眺望を楽しむことが出来ます。この景色を眺めるだけで利用する価値はあるんじゃないかな。これが東京タワー側だったらもっと良かったんだけどね。料金2000円は税別。クーポン誌やネットで割引券を頻繁に発行しているのでチェックして置くと良いでしょう小学生は1000円、3歳以上500円です。

11時半の開始時はさすがにブッフェ台は長蛇の列。これも30分ほどで収まるので時間がある場合はサラダとドリンクでゆっくりスタートする方が良いかもしれません。そうでないと20分くらいはロスタイムになりますよ。補充は最後まで完璧なので慌てる必要はなし。混雑の間、景色を充分楽しんでおきましょう。

ここの料理は創作和食料理をメインとしたフルバイキングというのがコンセプトだそうで、50種類に及ぶ料理・デザート・ドリンクなどが楽しめるうえ、月替わりの特別料理も用意されています。平日は予約も可能。土日祝は大人6名以上の個室のみ予約可能です。個室料金は別途かかるのでお問い合わせください。飲み放題プラン、カラオケプランもあるそうです。

料理は、白身魚のピカタ、鰆の香草焼き:山芋ソース、若鶏の網焼き:梅風味、家常豆腐(厚揚げの野菜あんかけ)、和風豚カレー(これ意外とイケてました。お肉た〜っぷり)、豚頬肉の煮込み、茄子と山芋のグラタン、カキフライ、本日のパスタ(トマト、ペペロンチーノ)。創作和食だけあってどれもちょっと変わってる。でも工夫があって面白いです。

月替わりの特別料理は海鮮チラシ寿司。海老・イカ・タコ・サーモン・マグロなどが入り自分で好きなだけよそれるようになっています。冷しかけうどんもありました。料理コーナーのカレーやトロロをかけても良いかも。海老焼売肉焼売もあり。本日のスープは筍と卵のとろみスープ

冷菜類は魚介とジャガイモの漬物のマリネ、鶏肉のグリーンソースかけ、海藻と葛きりの白味噌和え、ガーデンサラダ(グリーンミックスサラダ)にはベーコンビッツ、クルトンをトッピングしてシーザードレッシング、ニンニクドレッシング、青紫蘇レッシングを掛けていただきましょう。ポテトサラダ、マカロニサラダ、春雨サラダもあります。

パンが4種類。カイザーコーン(ケシとオートミールを練りこんだパン)、チャパタロール(パニーニの食感を楽しめます)、ゼンメルロール(プレーンの小麦パン)、ルスティコロール(胡麻、ケシ、亜麻、麦、籾殻入りのパン)。どれも外は硬く中はモッチリ。めっちゃ美味しいです。

デザートはフルーツ(パイン、ライチ、オレンジなど5種)、ケーキ(抹茶、ラズベリー、チョコシフォン、バナナムースなど。どれもバイキング用のカットケーキ)、ほかにプリン、コーヒーゼリー、フルーツゼリー、ナタデココ入り苺ミルク、白玉ぜんざい。機械絞りのソフトクリームがバニラとキャラメルの2種類あって、キャラメル品切れ後にストロベリーが補充されました。

ドリンクは、アイスが無糖コーヒー、紅茶、烏龍茶、オレンジ、グレープ、グレープフルーツ、アセロラ、紀州梅と充実。ホットがコーヒー、紅茶(ティーバッグ数種)、カプチーノ、カフェオレ、カフェラテ。シナモンが用意されているのが嬉しいです。

書き出すとやっぱたくさんある。ただ、どれも美味しいんだけど一度食べればもういいかなって感じ。凄く美味しいというのがなかったです。でも品数あるから好き嫌いのない人はリピートしきれないかもですね。それはそれで結構しめるので良いと思いますよ。ホームページ
(2004年2月17日)
池袋 膳香坊 (ぜんこうぼう) 中華 ディナー3000円 03-3980-9979
豊島区西池袋1-39-1 17:00〜20:00 (月曜定休)
「台湾中華料理競技部門2位の料理長が作る創作中華の店」というのがこの店のウリ。51種類のメニューから好きなものを好きなだけ楽しむことの出来るオーダーバイキング形式です。営業自体は夜遅くまでやっていますが食べ放題受付は8時までとなっています。料金は税込み3000円。飲み物は別途オーダー。制限時間は1時間半となっているようですが、それはオーダーストップタイムで、その時点であと1時間くらいで召し上がるようとのニュアンスで話されました。結局料理がすべて出揃い食べ終え腰を上げたのは入店を3時間過ぎてから。意外にゆっくり出来たのは嬉しいです。

ここを利用する前に一度下見に行ったのですが、その時の奥さんの応対がとっても気さくでいい感じだったんです。「是非いらっしゃいよ〜♪」って具合。親戚のおばちゃんみたいです。これで好感を持ち、電話での予約もその明るさに押されて肝心の名前や電話番号を聞かずに切りそうになるほど。かなりアバウトな感じでもある。

お店に着くと、今日は日曜日だからか小学生のお嬢さんと高校生くらいの息子さんがお店の手伝いをしていて、旦那さん含め家族4人(あと厨房に料理人)でとってもアットホームにお出迎えしてくださいました。店内はスッキリと綺麗ですがそう広いわけではなく、中央に14人までがかけられる大テーブル(切り離し可能)、窓側に4人掛けが5卓ほど。8時過ぎると一気に満席に。なるほど食べ放題の受付が8時までなわけだ。

料理は2〜3人で一皿が適量な感じ。そう多くないのでいろいろ食べれそう。味付けはどれも濃い目です。甘いのは甘く、辛いのは辛く、味のメリハリがハッキリしていてとっても美味しい。フルーツを使ったものも多かったのが印象的。今まで食べた台湾料理のイメージからちょっと離れたような味付けに、あ、そうか、ここは創作料理を得意としていた店だったんだ、とあとになって気がつく。

前菜はすべてお店の手作りだと自慢していました。ピータン(けっこう臭みあり)、膳香坊特製ハム(豚のモモ肉を使用したハム)、腸詰をオーダー。他にくらげ、牛筋サラダ、鶏肉の紹興酒漬け

肉類は牛スペアリブとにんにく揚げ(これはリピート。骨付き肉に香ばしいニンニクたっぷり)、チンジャオロースー(牛肉とピーマン炒め)、フルーツ風味酢豚(パイン、桜桃、オレンジの入ったとってもフルーティーな酢豚。めちゃお気に入り!)、オレンジ風味スペアリブ(たっぷりマーマレードのかかった豚肉スペアリブ。これも甘〜い)、ニラレバ炒め(ニラ・モヤシ・豚レバ)、北京風レバ炒め(こちらは玉葱と豚レバの甘い炒め)をオーダー。他に牛肉黒胡椒炒め、オイスターソース炒め、豚スペアリブの炒め、鶏肉の辛子炒め、中華風チキンカツ(うわ〜、こんなんあったんだ。頼んでみたかったなぁ)、鶏肉とピーマン炒め

海鮮類はニンニク掛け海老蒸し(殻付き蒸し海老に刻みニンニクがたっぷり)、3種類の海鮮とおこげ鍋(私、おこげと野菜しか食べてないです。海鮮って何があったんだろう?)、海老のチリソース煮(炒めじゃなく煮てるのね。とっても甘くてとっても辛い)、フルーツ風味海老(豚肉同様めちゃ甘いとろみあんが好き)、カニタマをオーダー。他に甘酢あんかけ白身魚の切り身フライというのがありました。

飯・麺類は、鮭炒飯(鮭の香りが強く食欲をそそる)、ベーコン炒飯(オーソドックスな蟹炒飯・海老炒飯でないのがポイント。ご飯もパラリで炒飯のレベルは高い)、野菜そば(これはたっぷり一人前)をオーダー。他に五目焼きそば焼きビーフン

豆腐類は蟹豆腐、海老豆腐、辛油炒め豆腐、麻婆豆腐の4種類。火鍋類はマトン鍋、蟹鍋の2種類あって私たちは蟹鍋をオーダー。テーブルコンロに鍋をかけグツグツと。補充用のスープも用意してあります。わたり蟹、海老、ハマグリ、アサリ、すり身団子、豆腐、白菜など具沢山。ツユも海鮮の出汁がたっぷり染み込んでいてめっちゃ美味しいです。

野菜類は蟹肉入りあんかけアスパラガス、貝柱入りあんかけアスパラガス(どちらも美味です)、白菜のクリーム煮(クリームがめちゃ美味しくて嬉々)、マーボーナス(小さい土鍋で出てきます。めっちゃ辛い)、椎茸と筍のオイスターソース、高菜とガツの炒め(ガツは腸の部分。歯ごたえあり。高菜の臭みの方が強くしょっぱい。ご飯が欲しい)。ほかに青梗菜炒め、ホウレン草炒め、干し大根入りかき油炒め

スープ類は貝柱と衣笠茸のスープ(生姜と胡椒で味付けしてあります)をオーダー。他にザーサイと細切り肉スープ、サンラータンスープもあり。点心類は水餃子、焼き餃子、胡麻団子、デザート(頼んでないので何が出てくるか不明)。

調理人は恐らく1人のようで、まとめてオーダーしても一品ずつ出てきます。他に客が入ってくると出てくる間隔も開いてきます。でも許容範囲内。美味しい料理をゆっくりたっぷり楽しめるのでオススメです。また、とっても気さくなお店の人たちですが、あまりオーダーしすぎるとストップがかかるので、その辺は上手くコミュニケーションを取って付き合うことが必要だと思います。値段は若干高めだけど味的には満足度も高く、機会があったらリピートしても良いですね。
(2004年2月15日)
池袋 中国茶舘二号店 飲茶 終日2500円 03-3985-5183
豊島区西池袋1-22-8 地球飯店2F 11:30〜24:30 (無休。日祝は24:00で終了)
池袋西口にある人気の飲茶オーダーバイキングのお店に行ってきました。本当は「はっけん」で話題に上がった五反田の「万福楼」に行く予定だったのですが、土壇場になってそこが閉店していることが判明し急遽こちらに変更という慌しい中の利用です。祝日ということもあり混んでいるかな?と思いつつも開店時間に訪れたらまだガラガラでした。ちなみにここは入り口が二ヶ所あるので店の前で待ち合わせすると出会えないことも。(笑)

料金2500円(小学生1500円)で制限時間は90分。68種類の点心類が頼み放題です。ちなみに90分はオーダーストップ時間で、それ以上の滞在も混んでいなければ可能。常に半分の入り具合だったのでお茶を飲みつつ3時間も居させてもらいました。感謝です。このお茶が凄い。ここは店名からもわかるようにお茶がウリのお店。12種類のお茶が揃っていて、しかも3000円〜8500円で6ヶ月間キープ可能。お店の一角には個人客のキープ用の棚があって綺麗に収められていました。

私たちが注文したのは “
グループ茶” というものでメニューには「3〜4名1500円」と表記されていたものです。しかし会計時には金額的にこれが2000円になっているようで、子供含めて6人だったからちょっと高めなのかな?と特に何も聞かずに支払いました。でも魔法瓶にして3本分?を幾ら急須に継ぎ足しても薄くならない、最後の最後までお茶の濃さを維持し続けるしぶとさには感服。さすがです。ちなみにベースになっているのは鉄観音茶だそうです。最初はお店の人がこのお茶を入れるまで急須や湯飲みを湯煎したりのパフォーマンスを演じてくれて、そのお手並みに一同ほほぅと感心しまくり。これ見るだけでオーダーした価値ありってもんです。お見事。飲茶も美味しいけど、是非お茶を堪能してください!(お茶の画像撮っておくんだった・・・)

さて、オーダー行きます。一回のオーダー数は特に決まってませんが、頼んでいるうちに適当なところで止められます。最初に頼んだのは
ピータン、地鶏の老酒漬け(かなりアルコールがきついので注意)、台湾ソーセージ、クラゲ冷菜、季節野菜炒め、牛肉生菜春巻(蒸したて熱々の皮に自分で具を入れて楽しめます)、海老入り湯葉巻き揚げ(揚げ立て熱々)、蟹爪揚げ(身がしっかりあってなかなか美味)、スープ入り小龍包、海老焼売、春雨入り小龍包の11種類。

点心は人数に合わせて持って来てくれますし、数を減らしたりなど指定もできます。ただ、蒸し方のせいか個数が多いからか小龍包とか蒸篭や隣り合わせのに引っ付いてしまって取る時どれもボロボロ状態に。これはマイナス。せっかくのスープが台無しでした。でもどれも美味しかったです。

続いて
帆立入り蒸し餃子、フカヒレ餃子、海老餃子、海鮮翡翠餃子、海老入り饅頭(海老水晶包)、蟹焼売、茹で餃子、カスタード桃まん、香港風クリーミー巻き揚げ(海老や白身魚など海鮮の具が一杯なクリームコロッケ。かなり美味)。さらに自家製チャーハン、海鮮粥(アサリ・蟹・海老入り)、台湾焼きビーフン、海老ワンタンスープ、しじみ塩漬け(生のシジミを塩と酒で漬けてある。ツルンと喉を通るのに感激!ただしクセあり。酒の肴に最適)、海老アーモンド揚げ(超サクサクで香ばしい)。

最後にデザート。
杏仁豆腐(イマイチだそう)、ウーロンゼリー(甘い汁がたっぷりかかってる)、ライチシャーベット、胡麻団子、マンゴプリン(ういろう?みたいな独特のもの)。31種類頼んだので半分も行かなかったですね。やっぱ種類多いです。二度目は点心類から頼んで行ったのですが、その途中で切られてしまいました。点心だけだとかなり待たされるんですよね。オーダーは常に冷菜や炒め物・揚げ物などの料理半分に点心半分というカタチが理想です。直ぐにできる炒め物とかを食べているうちに蒸しものが出来上がってきますから。

このほかのメニューをいくつか簡単に。
セロリと豚ガツの冷製(茶舘オススメ前菜だそうです。数種の内蔵の冷製)、茄子甘酢炒め、広東風海老春巻、鶏の足先醤油煮、豚足醤油煮、餅入り焼売、カレー風味餅揚げ餃子、南瓜蒸し餃子(今日は品切れ)、カスタード胡麻焼き餅、豚レバ唐揚げ、ニラ海老焼き饅頭、干し大根と卵焼き、中華おこわ、スペアリブ丼(ボリュームあるけど旨そう!)、牛すねソバ、野菜添えフカヒレソバ、フカヒレスープなどなど。まだあと20種くらいあります〜。

ここは美味しかったのでまた利用するかもです。年中無休で昼も夜も同価格で実施しているのが嬉しいですね。直ぐ近く(斜向かい)に本店があるので混んでいればそちらを利用できそうだし、また食べ飲み放題も男性5000円、女性4000円で実施もしています。ただし制限時間はやはり90分なので飲むには微妙かもですね。ちなみにこの建物の3、4階は「地球飯店」でこちらもオーダーバイキングを実施しています。

(2003年11月3日)
池袋 豆花(ドゥホァ) アジアン ランチ980円 03‐5957‐0678
豊島区西池袋1-10-10 スパイスU3F 11:00〜14:00 (土日祝14:30まで)
エスカレーターで3階へ上がってすぐのところにある「豆花(ドゥホァ)」。ランチバイキングの実施は11時半から。早く着きすぎたので入り口で待っているときにふと見遣ったボードには「当店のバイキングは、医食同源、素材、健康、手作りにこだわり毎日20種以上のお料理・サラダ…etcをご用意しております」と書かれています。なんかそれだけでありがたみが感じられ入店が楽しみに。

日曜日のこの日、開店前の入店待ちは3組。その後客足は順調に伸び昼過ぎにはほぼ満席。でも制限時間90分(以前は60分)となっていて自主管理での退店方式ですが、案外回転が良く現段階では待たされることはないようです。ただ値段が安く内容が良いお店なので今後混む可能性はありますね。

料金は大人950円、子供(3〜5才)600円という価格設定。この値段で日替わりで20種ほどの料理とドリンク、さらに1人一杯の中華麺が付いているのでかなりリーズナブルだと思います。前金制で入店。席に案内されると説明をしてくれます。バイキング形式である、皿はセルフで下げる、麺は3種類から1人一品をオーダーできる、制限時間90分であるなど。ちなみに禁煙席はありません。

オーダー制の麺は、醤油味のチャーシュー麺、塩味の蒸し鶏麺、ピリ辛ミソのジャージャー麺の3種類。分量はやや少なめの一人前という感じ。蒸し鶏麺を頼んだのですが蒸し鶏は1枚だけ。あとは刻みネギ。縮れ細麺はやや固めで個性的。麺の素材にも工夫がしてあるような気がします。塩味のスープはあっさり目で美味しかったです。

ブッフェ台には生野菜&ドレッシング、本日のサラダ(干し牛肉入りミモザサラダ。これは美味しい!)、手作り豆腐(この店のイチオシです。デパ地下で売っている篭盛り豆腐のような高級さ、滑らかでとろみのある、それでいてまったりとした食感は抜群。ハッキリ言ってこのレベルの豆腐をこの値段での食べ放題で提供すると言うのは凄いです。これだけは必食!)、野菜のマリネ(カラーピーマンとシメジ)、春雨サラダ(パクチーたっぷり)、ポテトサラダ(ゆで卵入り)、キャベツと豚肉の炒め(ちょいしょっぱい)、若鶏の唐揚げ(マヨネーズがエスニック風味)、韓国風肉じゃが、茄子の煮びたし、チンゲンサイの炒め、ビーフンの炒め、ぶり大根、鶏肉と野菜の甘酢あんかけ、五目あんかけ固ヤキソバ、稲庭うどん、キーマカレー。

ご飯が欲しくなるメニューです。普段はご飯は持ってこないんだけど、この日は思わず一膳。あとはスープがあればなぁ。ということで麺のスープを代わりに飲んでました。料理はどれも美味しくて何度もお代わりしたいほど。あと1、2品あったかも。入り口に本日のメニューが表示されているのですが、ないものもありました。また、途中から違うのに替わる場合もあります。

デザートは杏仁豆腐。これがトロトロでミルキー。でも杏仁豆腐と言うよりミルクプリンと言った感じ。もうひとつ、お店の名前でもある“豆花”という豆乳プリンに小豆アンを混ぜたデザート。どちらも好きなだけカップによそっていただくことが出来ます。フルーツはパイン・オレンジ・メロンの3種。ドリンクはホットコーヒーとアイスジャスミン茶、冷水。これ以外の飲みものとデザートは別料金で各種用意されています。

店内が綺麗で店員の応対も良く、補充もしっかり成されていて、高品質低価格なこのお店、アジア各国料理が好きであればオススメできます。
(2003年8月10日)
池袋 クムクムマハラジャ カレー ランチ950円 03-5992-7421
豊島区南池袋1-22-2 FLCビル8F 11:00〜15:00 (無休)
JR池袋駅東口よりすぐ、駅正面のビルの8階にあるインドカレー専門店のランチバイキング。カレーは日替わりで4種類。日曜日のこの日はダール(豆とほうれん草)、野菜(カリフラワー、インゲン、グリンピース、ニンジン)、マトン(辛口)、チキン(中辛)のカレーが並んでいました。日替わりといいながらも大体これが基本じゃないかな?ここは大中小の皿のほかにカレー用の器もあるので味が混ざらなくて良いですね。それぞれの味をじっくりと楽しむことが出来ます。

ナンは常に焼きたてが補充され、適度な大きさにカットされて置かれます。モチモチ感はなくちょっとカリカリな感じの焼き具合です。サフランライスはつややかでパラパラとした感じがベター。白いご飯もあります。パパード(インド風のスパイシーせんべい)、チャツネ(トマトとココナツの甘いジャム)、チリソース(激辛好みの方に)、サラダはミックス生野菜、コーン、ワカメ&モヤシをサウザン・イタリアン・和風の3種のドレッシングで。チャツネで味付けしたオニオンスライスもあります。

デザートはココナッツをゼリー状にしたものでピンクと白の二色。甘いです。ドリンクは別料金でビール、チャイなど。もちろん水はあります。また、これだけでは足りないという人のために250円プラスでタンドリーチキン&シシカバブの食べ放題も付ける事が出来ます。これらは夜ならひとつ350円するもの。ランチタイムには単品で200円で提供されているのですが、食べるのならセットにしたほうがお得ですね。
(2003年3月2日)
池袋 メコン タイ ランチ1000円 03-3988-5688
豊島区西池袋3-26-5 ニューマツモトビルB1 11:30〜14:30 (火曜休み) 
一年半ぶりに行ってきました。日曜日の開店時から入店。お昼過ぎにはほぼ満席です。メニューの基本構成は前とあまり変わっていないので安心。トムヤムクンがなく野菜スープ。これをタイのそうめんにかけるもよし飲むもよし。タイカレーをそうめんにかけるもよしライスにかけるもよし。ニラ入りかき揚天麩羅は甘辛いタレをかけて、タイ風オムレツはケチャップで、青梗菜などの野菜の炒め、ニンニクの芽と豚肉の炒め、イカとピーマン・キノコの炒め、鶏肉と根菜(大根にんじんニンニクなど)の煮物、茄子やタコ・ゆで卵などのタイ風辛口マリネ、卵や野菜と炒めあわせた焼きうどん。

料理はこの10品。これにデザートとしてタピオカ&コーン入りココナッツミルク(前回も出たけどメチャウマです)。これは途中から仙草ゼリーに変わりました。こっちもメチャウマです。飲み物はウーロン茶のみ。税込み1000円でこの内容なら満足でしょう。
(2002年7月14日)

以下は前回のレポートです。ご参考までに。
エスニック系の食べ放題店に何軒か行きましたけど、ここはとにかく美味しかったです。結構古くからやっているそうで、これぞ本場のタイ料理の味と言えるものをランチバイキングで提供してくれるので、舌も大満足ってもんです。思わず帰りにレジで「美味しかったです」と口をついちゃいました。

さて料理の品数は10品。少ないかなと思いましたけど、でも美味しいのが10品で1000円なら納得。日曜日の開店直後に行ったのですが、なんとまだ料理が並んでいない。店内を箒で掃いている。ちょっと不安だったんですが、始めに置かれたトムヤムクンをすすって、その美味しさに腹立ちもすぐに収まる。辛くて酸っぱくて、別の意味で腹が熱くなりました。(^^) この1番目にトムヤムクンを飲むというのが、辛いエスニックを頂くのに丁度良い慣らしようで食欲が俄然沸いてきます。並び始めたら早い。次々と出てくるメニューを順次取って行きます。タイのソウメンにキャベツとモヤシを乗せ、その上にチキンや冬瓜のたっぷり入ったタイカレーをかける料理。これはメチャ美味しかった!思わずお代わり。エビの入ったかき揚げ天婦羅?におなじみの甘辛いタレをかけるもの、これもとても美味しい。料理に名前がついてないので、なんて紹介して良いか・・・。なんとなくでわかってくださいね。お店のほうでもネームプレートを用意すれば良いのに。続いていわゆる八宝菜のような炒め物。材料はイカ・カリフラワー・ブロッコリー・セロリ・ニンジン・タマネギ・ピーマン・赤ピーマン。辛い味付けでこれまた美味い。このほか、牛肉とキノコ類の炒め物。卵を使った炒め物。白菜の炒め物。ピリ辛の春雨サラダ。タイ風チャーハンにタイ風ヤキソバ。そしてデザートにコーンとタピオカが入ったココナツミルクが、これまた濃厚な味でとにかく美味い。飲み物は冷たい麦茶のみ。他は別料金です。メニューは日替わりで提供されるそうなのでまた行きたいですね。

場所は池袋西口、マルイシティの並び東京芸術劇場斜め前にあり、日曜のお昼前後でほぼ満席という状態。さほど待たずに食べられると思います。また、通常エスニック系のレストランは民族音楽がかかっているものですが、ここはポップスがかかっていたのが、なんか妙に居心地良かったりもします。
(2001年1月7日)
池袋 大福來 台湾広東小皿料理 中華 ランチ1000円 03‐3984‐6951
豊島区東池袋1‐30‐1 ブランズウィックビル3F 11:00〜14:30 (土日祝は15:00まで)
久しぶりの訪店です。日曜日の開店30分後でしたが、広い店内はすでに8割は埋まっていてその後も来客は引きも切らない状態で相変わらずの混雑振り。日本人から中国系の客まで幅広く終始にぎやかな歓声があがっています。ブッフェ台にはずらり36種類の料理が所狭しと並べられ、どれを取ろうか迷うほど。区分けされたトレーにまずはチャーハン(ちょっとベッタリ)と焼きそば(具は野菜のみ)。麻婆豆腐(ひき肉たっぷりで程よい辛味)や春巻き(皮はパリっと中身はジューシー)、焼売(かと思ったら中には炒めたもち米が)、ニンニクの芽と鶏肉の炒め、八宝菜といった感じで定番メニューを盛り付け、デザート用に置いてあった中皿を拝借してレバー・ハツ・砂肝・豚耳・豚足などの煮物料理、肉汁たっぷりの水餃子、殻付きのままの醤油煮卵、春雨の炒め物、骨付き鶏肉の焼き物、冷麦、甘エビの塩焼きなど持ってきて食べました。超人気メニューのアワビの醤油煮込みはアワビが取り尽くされたあとで残念。それでも残った椎茸や筍も美味しかったですよ。料理はなくなると違う酒類が出てくることもあり目が離せません。全部食べるのはちょっとキツイかも。っていうかその前にかなり好き嫌いの出そうなメニューではありますね、特に内臓系とか。味付けにクセがあるので誰にでもお勧めという店ではありませんがハマる人は好きでしょうね。私はもちろん好きですよ。

このほかのメニューとしてライスとスープ(卵スープ)があります。ドリンクは冷たいウーロン茶のみ。デザート類は意外に豊富で、フルーツたっぷりの杏仁豆腐、愛玉子、冷やしトマトに砂糖をかけたもの(普通日本だと塩をかけるけどこれはなかなか美味しい)、アンの入ってない小粒の熱々ゴマ団子、スナック感覚の揚げワンタン、饅頭、フルーツ(ライチ、メロン、グレープフルーツ)が別のブッフェ台にぎっしり並んでいます。前に行った時より素材や調理の腕が落ちている気がしますが、それでも1000円でこれだけの品揃えをされたら何も文句言えません。近所にあったらリピートしまくりです。(笑)
(2002年7月7日)