オンライン予約、地図・クーポンの印刷に】

都区西部 世田谷、杉並、中野、板橋 神奈川 横浜、川崎、箱根ほか
都下市部 立川、八王子、国分寺、三鷹 埼玉 三郷、秩父
二子玉川 ボッカ ブォーナ 二子玉川店 イタリアン ランチ1280円 03-5716-1531
世田谷区玉川3-10-11 The Apexビル1F 11:30〜15:00 (無休)
二子玉川駅前の玉川高島屋ショッピングセンター南館の裏手にある、おしゃれなイタリアンレストラン「ボッカ ブォーナ」で平日に実施しているランチバイキングを利用しました。

1280円の料金には、パスタ料理が一品付いて、ピッツァ、そして前菜やサラダ、ドリンクがブッフェ式になっているというスタイルです。

選べるパスタは3種類。ソーセージのトマトクリームソース ペンネ。いろいろ野菜のクリームソース リガトーニ。豚挽き肉とチーズのオイルベース フジッリ。いずれもショートパスタです。どれも美味しそうで迷いますね。私はリガトーニをチョイス。とてもまろやかな甘みのあるクリームソースにやや弾力のあるリガトーニが良く絡み、美味しくいただけました。

薪窯で焼き上げる本場ナポリのピッツァは1カットでも食べ応えあり。出来立てコールとともに、1〜2種類が入れ替わりでブッフェ台に並びます。人数の少ないうちはスタッフがテーブルに持ってきてくれたりもします。この若い男性のスタッフは店長さんなのかな、とても細かいところまで気を使っていて、見ていて感じが良いです。

客層は圧倒的に女性。それも小学生以下のお子様連れの女性が半分以上とあって、きっと接客が良いから安心して利用できるんだろうなと感じました。店内は個室風スペースもあって、結構収容力はあります。が、お昼を過ぎると満席近くなるので、予約をされている方も多いです。

本当にお子様が多く、お母様方の集まりに利用という感じが多いです。ベビーカーも何台か店に入ってきました。でも、人数の割りにブッフェ台の混雑感はありません。メインのパスタがあるというのと、話がメインだからでしょうか。1〜2度取りに来て終わりという感じのスタイルが多そうです。

さて、前置きが長くなりましたが、肝心のブッフェ台の内容はというと、焼きたてのピッツァは、マルゲリータ、ツナ&トマト、サーモン&クリーム、コーン&ベーコン、ハム&チーズ、オレガノ&チーズ。1時間弱の滞在で6種類が登場しました。マルゲリータは3回登場。

前菜は、きのこのフリット、ナスの重ね焼きマリネ、パプリカのマリネ、白豆と玉ねぎのサラダ、ブロッコリーのニンニク和え、鳥の唐揚げ、ポテトフライ。フォカッチャ。サラダはリーフサラダ、コーン、トマト、オリーブ、キュウリ。ドレッシングはコーンと和風の2種類。コーンドレッシングが超美味。ドリンクは、ホットコーヒー、アイスコーヒー、アイスティー(アールグレー)、グレープフルーツジュース。

パスタもピザもとても美味しく、これで1280円はお徳だと思います。
(2010年3月)
荻窪 ハナクラ しぞ〜かおでん おでん ランチ980円 03-6915-1087
杉並区上荻1-14-1 魚耕ビルB1 11:30〜15:00 (無休)
B級グルメとして有名な静岡おでんがオーダー式で食べ放題になるというのがウリのランチバイキング。2月1日にテレビ放映があり、現在はかなり混雑しています。

地下1階の入り口に名前を記入する用紙が用意されていました。開店20分前に訪れ、前の方でしたが、その後続々と人が訪れ、開店時にはほぼ満席。

混雑により70分の制限時間が設けられたため、11時30分のオープンに入れなかった人は12時40分以降の案内になると説明を受けて、名前を記入していました。先日まで電話での予約を受け付けていましたが、現在は来店された方優先ということで、予約は受けていないそうです。(ここらへんのシステムは混雑緩和後は変更の可能性あり)

入店時にシステムの説明を受けます。おでんはテーブル上の用紙に希望の数量を記入します。このとき、味噌ありか、味噌なし(辛子添え)かを選びます。テーブル番号を必ず記入しないと、注文が届かないので注意が必要です。

注文する数量に上限はありませんが、おでん以外にブッフェ台メニューがたくさんあるので、始めに多く書きすぎると食べきれない可能性もあるので注意が必要です。他のテーブルを見ると、女性だけのグループでものすごい量のおでんがテーブルにあって、ブッフェメニューもかなり持って来てしまっているので、70分の制限時間内に食べられるのかなぁ〜と心配になってしまう場面も。

おでんはやはり熱々が美味しいので、小まめにオーダーする方が良いと思います。満席とはいえ、座席数はそれほど多くはないので、オーダーがなかなか来ないということはなさそうです。お皿に乗せて運んできてくれるだけですからね。(3〜4個頼んで、届いたら次の用紙を渡すという感じが良いかも)

おでんの種類は17種類。単品の値段は最安が黒はんぺんの42円、最高値がソーセージの294円。158円の牛筋は超人気品のためひとり一点限りとなっています。

一枚目の画像上の皿左から豚モツ、牛筋、たまご。下の皿左から黒はんぺん、大根、肉団子、ソーセージ。下の画像左から白焼き(なると)、すじ(ねりもの)、じゃがいも、餅がんも。味噌おでんにはお好みでテーブル上の削り節と青海苔をミックスしたふりかけをかけていただくと良いでしょう。今回11個頂きました。

おでんはこのほか、こんにゃく、さつま揚げ、糸こんにゃく、ちくわ麩、ちくわ、厚揚げがあります。味がかなり濃いので、おでんだけを食べ続けるのは難しいです。そこで効果的なのがブッフェ台メニュー。あるいは別途オーダーでお酒。

ブッフェ台のメニューは、刺身類がオススメ。まぐろ、はまち、鯖、甘エビ、ホタルイカ、白子、そして鮭フレークとトロロ、高菜があり、これらをご飯に乗せて、オリジナルの海鮮丼が楽しめます。

茶蕎麦もあり、そばのかけ汁として、牛筋スープが用意されています。私的にはそばとスープの組みあわせは口に合わなかったです。

牡蠣の和風シチュー、魚のあら煮、揚げ物(クリームコロッケ、唐揚げ、春巻、イカフライ、ひとくちカツ、赤ウインナー)、餃子、焼きそば、ピラフ、グラタン、肉団子、厚揚げ、キャベツ炒め、竹の子煮、筑前煮など。

サラダ(サニーレタス、胡瓜、人参、アスパラ、ヤングコーン、ワカメ)、ポテトサラダ、マカロニサラダ。

デザートは、チョコバナナケーキ、ベビーカステラ2種、大福、自分で作るところてんの4種類。飲みものは、水とお茶。

静岡おでんは初体験でしたが、好みが分かれるかもしれません。私的にはツボに入らず、やっぱり関東風がイチバンだなぁと感じてしまいました。でも、体験ということも含め、980円でオーダー式のおでんと、刺身、そしてブッフェメニューがあるというのは破格値ではないかと思います。気持ちよく働いているスタッフたちの頑張りを応援します。
(2010年2月)
下北沢 タラート アジア ランチ997円 03-3412-0037
世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビルB1 11:30〜16:30 (無休)
下北沢駅南口すぐ、マクドナルドとスタバの間を入った道の40メートルくらい先に、「タイ市場食堂タラート」があります。駅から徒歩2分という好立地。

階段を降りると、タイの屋台村を思わせるような空間が広がります。異国情緒たっぷり!さらに階下に進み入店。

997円の料金設定で、メインを一品選び、あとはブッフェ台から自由に持ってくるシステムです。

ブッフェ台は、サラダ中心で、料理数点とスープ、デザート、ドリンクがあります。

選べるメインの一品は全部で19種類。これだけあるとかなり悩みます。食べたいのが幾つもあるので、下北沢を頻繁に利用するのであれば、何度も訪れてしまうかも。

ただ、それにしてはブッフェ台の方は、いまひとつ力不足かなとも感じて、勿体無い気もしないわけではありません。それでも997円というキワドイ価格設定には自然に足が向いてしまうかも。

選べるメインは、日替わり料理(ライス付き)、麺類が、ハーブチキンフォー、海鮮フォー、韓国冷麺。炒め飯ものが、ねぎ塩カルビのせ チャーハン、海鮮チャーハン、ナシゴレン。丼ものが、豚角煮と青菜のご飯、タラート特製ロコモコ、温玉のせ辛口牛カルビご飯、人気のエビマヨご飯、オムハヤシライス、タラート特製タコライス。石焼き料理が、シチューハンバーグライス、おこげと海鮮あんかけ、ガイ・ガパオご飯、温玉牛カルビのせ石焼ビビンバ。その他が、お好み2種カレー(キーマ、マサラ、イエロー、グリーンからチョイス)とナン又はライス付き、サイコロステーキ。

ブッフェ台にあるのが、キムチ揚げワンタンサラダ、ひじきツナサラダ、ヤムウンセン、カボチャレーズンサラダ、ポテトサラダ、大根サラダ、海老と枝豆サラダ、タラモサラダ、叩き胡瓜、タマゴアスパラサラダ。

サーモンチキン生春巻、 揚げ焼売、えびせん、ポテトフライ、タイ風もやし炒め、麻婆豆腐、トムヤムスープ、コンソメスープ、ライス。

プリン、フルーツ入り杏仁豆腐、ティラミス、プチシュー、タピオカココナッツミルク、キャロットケーキ。

アプリコットジュース、アセロラジュース、パインジュース、烏龍茶、アイスコーヒー、コーラなど。ソフトクリームと各種トッピング。

デザートなどは前日の残り物も並んでいて、必ずしも鮮度は良いとは言えませんが、デザート、サラダは冷蔵ケースに展開されているので、まだ良いでしょう。生春巻はサーモンとチキンが巻かれているのですが、午前中の入店だったためか一部凍っているものもありました。

ちなみに、ブッフェ台があるのは地下3階で、地下2階は喫煙席となっていました。喫煙者は階段の昇降が必要です。
(2009年9月)
東武練馬 地球の恵みと炎 サティ板橋店 和洋 ランチ1480円

03-3559-6382

板橋区徳丸2-6-1 11:00〜16:00 (無休) ディナータイムも実施
東武練馬駅前、板橋サティのレストラン街にある「地球の恵みと炎」は、和食中心のブッフェ専門レストランです。2年前に、品川シーサイド店をレポしているので、参考にどうぞ。

ランチタイムは11時から16時までで1480円。ディナータイムは17時から22時までで1780円。

ワーナーマイカルのシネコンと同じ階にあり、ショッピングと映画と食事をひとつの建物で楽しむことが出来ます。

店内は意外に広く、禁煙席と喫煙席が明確に区切られていて、好きな席を利用できます。ランチタイムは全席禁煙です。

入り口から見える場所にブッフェ台が広がり、外から内容がうかがえます。

平日のディナータイム。客数は半数の入り。それほど混雑はしていません。お皿は、木の皿と九つに区切られたパレット皿の2種類。

先日利用した錦糸町のオッティモもパレット皿に切り替わっていましたが、品数が多いお店の場合、こちらの方が親切で良いですね。

メニューは、山菜おこわ、いくらと山菜のチラシ、豚のっけ汁うどん、ポークカレー、高菜チャーハン、シーフードパスタ、和風パスタ、和風グラタン、海老マヨピザ、ミートピザ、

メンチカツグリル、大根の地中海風煮込み、チキンワイン煮、ジャーマンポテト、

酢豚、生春巻、肉団子と春雨の中華炒め、中華たまごスープ、

里芋のたこ焼き、自家製玉子焼き、煮たまご、茄子の中華煮、カボチャのごちゃごちゃ煮、長ネギのマスタードマリネ、ほうぼうのマリネ

タラモサラダ、タマゴサラダ、冷やし中華春雨サラダ、トマトとフェタチーズのカプレーゼ、大根粒マスタードサラダ、イタリア風豆腐サラダ、

ほかにも和惣菜ほか、色々ありました。ディナータイムも利用しましたが、ランチと違っているメニューは、自家製ローストビーフがあるかないかだけでした。

デザートは、ヨーグルトティラミス、自家製プリン、杏仁豆腐、いちごのムース、豆乳のムース、白玉あずき、バナナクレープ、チョコレートケーキ、イチゴケーキ、ヨーグルト、コーヒーゼリー、マンゴーゼリー、ラムネゼリー、フルーツカクテル。

そしてチョコファウンテン(バナナとパン)、ソフトクリーム。ソフトクリームのトッピングにはシリアルが2種類(玄米フレークと麦チョコ)。そしてソースは、抹茶、黒蜜、キャラメルの3種類。たいがいは、ストロベリー、チョコといった感じなだけに、これはポイント高いですね。チョコファウンテンのチョコをスプーンですくってソフトクリームに掛けている人もいました。

ドリンクバーも込み。種類もそれなりに揃っています。

お皿の下げはしてもらえますが、何故か自分で片付けている人が多かったです。
(2009年4月)
西台 ラジャ カレー ランチ880円

03-3965-3456

板橋区蓮根3-9-7 11:30〜15:00 (月曜休)
都営三田線西台駅の改札を出た真正面、道路を渡ったところにあるガード下の建物の前にバイキングのノボリが。建物、立ち食いそば屋とパン屋の間を進むと、「ベンガル&インド料理ラジャ」というお店があります。

ここではランチタイムにカレーバイキングを実施していて、平日が880円、日曜が900円となっています。つい最近、原価高騰により20〜30円値上げしたそうです。それでもこの立地でこの価格なのだから頑張っています。

メニューは、野菜カレー(スープ風で、大根・ゴーヤ・玉葱・人参・インゲン・南瓜・ニンニク・茄子など、なんでもかんでもブッ込んだという感じ。野菜たっぷりの旨味にあふれ、辛さはほとんど感じません)、ダールカレー(たっぷりの豆のほか、トマトとホウレン草も入れられています)、チキンカレー(骨付きの鶏肉とメークインがゴロゴロ入っています。辛口と書かれていますが、辛くないです)

サフランライス、ナン(焼き立てが出来ると声をかけてくれます)、ポテトフライ(2時過ぎに訪れたからか、残り少なく冷めてしまっていました)、サラダ(大根・人参・レタス・胡瓜のミックス)、バナナ入りヨーグルト。

ドリンクは、烏龍茶、アイスコーヒー、マンゴジュースが用意されていました。ドリンクは日によって変わるようです。座席数は少なく小さなお店です。バイキングではありませんが、低価格のインド風・タイ風おつまみメニューにも惹かれます。一杯やりながら摘まんで、締めにカレーというディナーの使い方もよさげ。ホームページ
(2008年5月)
中野 ガッツソウル 焼肉 ディナー1029円 03-3380-5152
中野区中野3-36-10 坂口駅前ビル2F 17:00〜24:00 (無休?)
制限時間2時間が設けられましたがメニューが増えました。牛2種盛り、レバー、豚ロース、鶏モモ、イカゲソ、野菜焼き、冷奴、フライポテト、特製カレー、ライス、豚角ロース。飲み放題付きコースは2604円。

「ガッツソウル」、この響き。私の地元小岩にある980円でステーキが食べ放題の「ガッツグリル」の系列店なんですね。投稿を頂いたあとグッドタイミングで中野サンプラザでの試写会が当たったので映画と食べホを楽しみに早速行ってきました。

サンプラザとは反対側。改札を出て信号を渡り線路沿いに数十メートル進むとお店があります。かなり目立つ袖看板があるので直ぐにわかるでしょう。階段を上がると賑やかな雰囲気が。私が行ったのは9時近かったのですが、わりと広めの店内はほぼ満席。カップル、2人組のサラリーマンが多く、5〜6人のグループも。この時間に1人食べホは私だけでした。もう少し早い夕食タイムだと一人客が多いそうです。

ディナータイムに980円でオーダー式の焼肉が時間無制限で食べ放題っていうのは凄いです。しかも1人でも受け付けてくれるしワンドリンク制でないので水でも良い。破格のサービスですね。もちろんここは食べ放題だけのお店ではなく “韓式居酒屋” と謳ったお店は韓国家庭料理やいろいろなお酒を取り揃え来店者を楽しませてくれます。それら単品メニューは例えば王様ソウル鍋980円、するめキムチ280円、ミノの天婦羅480円、チャンヂャのクリームチーズ和え380円、生菜(センチ)ナムル280円、テグタンスープ380円、石焼ビビンバ480円、たっぷりサラダ480円、そしてお店のイチオシ黒豚豚角580円などなど、どれもリーズナブルな価格。もちろん焼き用の肉・野菜も各種あります。ドリンクは烏龍茶280円、ビール420円、ほかワイン・ウイスキー・カクテルなど。私は別途シーザーサラダ380円をオーダーしましたがボリュームもあって美味しかったです。ひたすら肉だけだと飽きるのでサラダやオイキムチなどを頼むとさっぱりして良いですね。

食べ放題コースになっているのは牛肉盛り合わせ(牛バラカルビ・ハラミの2種類が盛り込まれています。脂身たっぷりが嬉しい。って好き好き?)、レバー(量は少なめ。揉みダレがニンニク・生姜・葱・胡麻などたっぷりでイケてます。これをご飯にかけて食べたら美味。ってしょっぱすぎて体に悪いけど)、豚ロース(揉みダレが濃いから肉質がよくわからん。でもウマー)、鶏モモ(ネギ塩・味噌ダレ・カレー味の3種から選べます。ボリュームあるから半量で良かったかも)、牛タンカレー(甘味のあるカレーに牛タンが2枚)、ライス

ライス以外を一度に一通りオーダーしました。量にして肉700グラム+カレーライスですね。いつもガッツグリルで頂くのと同じくらい。これで満腹。お替りはしませんでした。でも大満足です。味はとにかくめっちゃ濃い。テーブルにタレが置いてあるんだけどハッキリ言ってほとんど使わないです。逆にそのタレで薄めると言った感じ。(笑) それくらい濃いんです。でも焼肉はやっぱり濃くなくちゃね。食べ終えたときコップの水を半分も口付けていなかった。ということはただしょっぱいだけじゃない、しっかりした旨みのある味なわけです。

ということでテーブルに置かれてある能書きを転記。モミダレ=「36年かけて作り上げたオモニの秘伝タレ。12種のスパイス・薬草・野菜などを配合して寝かせたもの。オーダーを受けてから肉に合ったタレで味付けしています」。テーブル上のネリトン=「練り上げた唐辛子のこと。オリジナルの辛味ダレをもっとという人にオススメの唐辛子味噌」。なるほどっ、素晴らしい!

4〜5人いる男性店員たちはキビキビと動き、オーダーも早く空いたお皿は直ぐ下げてくれて、状態を見て網も交換してくれます。ただし常に肉が乗ってると換えにくいみたい。肉が乗ってない状態を見かけたときにサッと持ってきてくれました。この値段で頑張っている優良店なので大切に利用してゆきたいですね。
(2003年10月16日)