ケーキの別館 オンライン予約、地図・クーポンの印刷に】

 新宿   銀座   中央   都内   都下・神奈川   千葉      閉店リスト
横浜 デザート王国 クイーンズ伊勢丹横浜店 ケーキ 終日1363円〜 045-290-4871
横浜市西区南幸1-5-1クイーンズ伊勢丹横浜B1 11:00〜23:00  (無休)
JR横浜駅相鉄口もしくは相鉄本線横浜駅からすぐ、クイーンズ伊勢丹のフードコートに隣接するデザート王国は終日デザートと軽食が食べ放題になっています。

以前渋谷公園通り近くにあったお店でもバイキングを実施していましたが、現在ではバイキングを実施しているのはここだけ。

料金は平日1363円、土日祝1468円、ドリンクバー別途208円。制限時間は入店から70分間。ホットペッパーでドリンクバー無料券がゲットできます。

座席数も多くショッピングビルのフードコート併設ということもあり、多くの人でにぎわっています。平日の17時頃の利用ですが、女性客中心に8割ほどの入り。

軽食も充実しているため、スイーツ男子時代を反映して、サラリーマンの男性グループや、男子学生グループもケーキを楽しんでいました。一人で利用している男性や女性も数人います。

軽食は、パスタが常時4種類ほどあり、いろいろな種類のパスタが入れ替わりで登場します。ペスカトーレ、ポモドーロ、サーモンクリーム、ナスと挽き肉トマト、じゃこと葱の和風、キノコクリーム、カルボナーラ、ボンゴレの8種類が登場しました。客が多いと回転もよく、出来立てが楽しめました。

ピザはマルゲリータで、入れ替わりでキノコクリームピザが登場。しかしどちらもカリカリともモチモチともせず、グラタン?みたいになっていました。具が多すぎなのかな。

他の料理は、オムライス、ペンネグラタン、カレー、ポテトフライ、デザート王国特製パン、オニオンスープ。サラダ類は、かぼちゃサラダ、コールスロー、大根サーモンサラダ、彩り野菜サラダ、グリーンサラダ、大根水菜サラダ。

デザートは、ショートケーキ、アップルパイ、抹茶ムース、フルーツロールケーキ、グラサージュショコラ、クランチチョコレアチーズ、ヤマブドウのケーキ、紅茶ムース、ベリームース、チョコとナッツのテリーヌ、イチゴクリームのカップケーキ、木イチゴチョコのレミントン、抹茶チョコ

プロフィットロール、ワッフル、モンブランマフィン、スィートポテト、チョコ蒸しパン、フルーツヨーグルト、フルーツカクテル、チョコチップスコーン、チョコラスク&シナモンラスク、オレンジアプリコットジュレ、ピンクベリージュレ、ゴボウのチョコチップ、チョコファウンテン、コーヒーゼリー、プリン

デザート王国というだけあり、デザートの種類は多く、フェアメニュー(現在はバレンタインフェア)も10種類くらい品揃えしてありました。まあ、味は特別美味しいというものはありませんでしたが。

時間は短めだけど、手ごろな値段で軽食とスイーツが楽しめるので良いのではないでしょうか?
(2012年1月)
高円寺 FUCCAFUCCA クレープ ランチ1280円 03-3318-5662
杉並区高円寺南3-23-16 12:00〜15:00 (無休)
高円寺にあるクレープの食べ放題のお店に行ってきました。「BEACH STYLE CRAPE FUCCAFUCCA」というお店で、通常の1.5〜2倍サイズのボリュームが自慢だそうです。

JR高円寺駅南口からパル商店街を抜けた先、または丸の内線新高円寺駅からルック商店街を進んだところ、双方から7分という中間に位置する場所にあります。

料金はランチタイムが1280円で、12時から15時までの間の60分間食べ放題。ワンドリンク付きです。ディナータイムにも実施していて、こちらはドリンク飲み放題で90分1980円。

店頭には食べ放題の表記がないのですが、中のメニューにはしっかり記載されています。席に着き食べ放題を告げると、まずメニューから好きなクレープとドリンクを一品づつ選びレジでオーダーして前会計をします。

最初のクレープが届けられたときから食べ放題のスタートとなります。届けられたときに次のオーダーが決まっていれば受け付けてくれるので考えておくと良いでしょう。

ドリンクはコーヒー、紅茶、アイスコーヒー、アイスティー、アップルジュース、オレンジジュース、ウーロン茶から選べます。ファストフード的カップでの提供です。

クレープの種類はデザート系に限られていますが種類は多いです。Fuccaスペシャル、そのダブルサイズ、そしてトリプルサイズは、イチゴ、バナナ、フルーツ畑の3種類があります。

プリンの入ったプリンパフェ、さくさくのパイが入ったミルフィーユも、イチゴ、バナナ、フルーツ畑の3種類があります。

チョコレート系のショコラDEいちごモッチーは餅入りで雪見大福ぽい食感、ショコラDEチョコスペシャルはチョコアイスも入ったチョコ尽くし、ショコラDEショコラバナナはアイス無し。

スタッフオススメの5種類は、はちみつたっぷりの“プーさんの大好物”、ストロベリーとブルーベリーの“ベリーズ”、シナモンたっぷりの“シナモンベイビー”、イチゴ尽くしの“イチゴスペシャル”、そしてブランデーケーキの入った“マルチラクレープ”。

ホットクレープ系の、ホットバターシュガー、ホットチョコカスタード、ホットチョコシナモンカスタード。熱々でボリュームは少なめ。

そしてスタンダードな9種類が、チョコ生クリーム、バナナ生クリーム、バナナチョコ生クリーム、イチゴ生クリーム、イチゴチョコ生クリーム、ピーチ生クリーム、ピーチチョコ生クリーム、みかん生クリーム、みかんチョコ生クリーム。

クレープはこの店の通常のボリュームサイズと違い、バイキング用に少なめサイズになっていて、いろいろ食べれるようにしているそうですが、それでも通常のクレープ屋さんサイズはあります。

二人での利用でひとり4個ずつが限界でした。はじめは6個くらいはいけるかな〜とタカをくくっていたのですが、生クリームたっぷりでボリュームあり、けっこうキツかった。夜は90分あるけど、結局60分持たなかったので、昼の利用がベターかな。

新しいのが運ばれてきて次のを聞かれたときに、やたらにオーダーしないで、食べ終わってから次ぎ行けるかなとお腹の具合を見てからオーダーしても良いかと思います。3個で止めておいても良かったくらいなので。

オーダーしてからの提供時間は大体10分くらいかな。食べ終えて3〜4分で次のが出てくる感じでした。このペースだと60分で6〜7個ってところでしょうか。

同行者が食べていたホット系を5個目にと考えていたので、行き着けなくて残念。また機会があったら利用します。
(2011年8月)
桜木町 マリンブルー ケーキ 2079円 045-223-2332
横浜市西区みなとみらい1-1-1 インターコンチネンタルホテル2F 14:30〜20:00  (平日)
ヨコハマグランド インターコンチネンタルホテルのロビー階にあるラウンジ&バー「マリンブルー」では、月替わりでデザートブッフェを実施しています。

現在(2011年4月1日〜28日)実施しているのは「女性パティシェが贈る〜ティーズ&ベリーベリーコレクション」。お茶とベリーのスイーツをテーマにしたデザートブッフェです。

開催は平日のみで、時間は14時半から20時までの間の2時間制限。最終は19時ラストオーダーとなっています。

料金は2079円で、ドリンクも込み。ドリンクはコーヒー、紅茶のホット、アイスで、お替りOK。種類の変更も可能です。ドリンクはテーブルサービスとなります。

ブッフェ台に並ぶスイーツは全部で14種類。ちょうど良いくらいの数ですね。そしてサラダとサンドイッチ。

茶葉のロールケーキ ベリークリーム添え、チョコレートとベリーフルーツのショートケーキ、抹茶ショートケーキ、ストロベリームースケーキ

紅茶とドライクランベリーのシフォンケーキ、ブルーベリークリームチーズケーキ、ラズベリーと抹茶のタルト

ドライフルーツと玄米茶ゼリー、抹茶のサバヨンクリーム、美肌彩茶ゼリー、カシスベリーのティラミス、プーアル茶のプリン、ジャスミン茶のブリュレ

サラダはグリーンサラダで、ドレッシングはチーズたっぷりのシーザー。とても美味しいドレッシングでした。

サンドイッチはハム&チーズとキュウリ&トマトがセットになってラッピングされたものが一種類。

すべてのデザートがフェアに忠実にお茶とベリーを使ったもので、これには遠くから足を運んだ甲斐があり大変満足できました。そしてどのスイーツも美味しくいただけました。このレベルで2079円はかなりお得だと感じました。

東京湾に面した大きなウインドウが開放感あり、ベイブリッジも眺められます。5時ごろに訪れましたが、バイキングの利用客は少なく、のんびりと楽しむことができました。予約は特に必要なかったけど、予約をしたことで窓際の良い席に座れてよかったです。

次回はマンゴーを使ったスイーツだそうです。また利用したいお店です。
(2011年4月)
浦和 ラ・モーラ
ケーキ 2000円 048-827-1161
さいたま市浦和区仲町2-5-1 ロイヤルパインズホテル 11:00〜18:00 (無休)
JR浦和駅徒歩7分。浦和ロイヤルパインズホテル1階、正面入り口から入ってすぐ左手にある「ペストリーショップ ラ・モーラ」で実施しているデザートブッフェを利用しました。

毎日実施され、時間も昼の11時から夕方の18時までと長く、しかも滞在中の制限時間なしというシステム。ただし、ドリンクは一杯のみしか付いていないため、長時間粘るというのも難しく、結局一時間で店を出ました。

ドリンクはコーヒー、紅茶、オレンジジュースなど。紅茶はティーポットで提供されるので3杯は取れました。

予約はスタートの11時のみ。席に案内され、しばらくしたあと、飲み物のオーダーを取りにきます。そのタイミングでブッフェ台への案内がかかります。

ブッフェ台には軽食とデザートがきれいに並べられています。店の入り口横からもブッフェ台が眺められます。

デザートの種類は20種類強。オススメはパティシェ渾身の一品という、浦和ロール。しっとりとした生地と味わい深いクリームはリピートせずにはいられません。

パリジャンというサクサクのシュークリームは生クリームとマロンクリームの2層仕立て。カップにすくっていただくトライフルはチョコブラウニーに滑らかなクリームがたっぷり。同じくカップに入れたティラミスやプリンの味も良かったです。

ブルーベリーのタルト、イチゴのショートケーキ、ガトーショコラ、チョコブラウニー、オレンジとミントのムース、カシスのムース、シフォンケーキ(パッションマンゴーソース、アングレーズソース、ストロベリーソースが用意されています)

クレームブリュレ、マンゴープリン、マロンムース、イチゴのムース、クレームダンジュ、オレンジのゼリー、ローズヒップのゼリー。

クリスマス時期ならではのシュトーレン、フルーツパウンド、チョコレートラスク、揚げパン。トッピングにピーカンナッツ、チョコチップ、アーモンドスライス。

軽食は、あつあつのパングラタン。サンドイッチ(ハム&ポテトサラダ、チーズ&卵サラダ)、ロールサンド(白スパサラダ)。そしてラ・モーラ特製のパンが7種類くらい。

パンはとても美味しく、帰りに併設のベーカリーを覗いたら、ケーキを食べておなかいっぱいなのに、いくつかの変り種パンに惹かれまくり。いくつか購入して帰りました。

週末に利用しましたが、ほとんどの席が埋まる盛況ぶり。客層は若いカップルやグループから年配グループまで幅広く、幼児や子供連れのファミリーも目立ちました。

補充はそこそこ早いですが、軽食は遅れがち。お皿の下げは普通。従業員の応対も普通。2000円の価格は相応な感じです。
(2010年12月)
川越 エルミタージュ ケーキ 1400円 049-243-6607
川越市脇田本町22-5 ラ・ボア・ラクテB1 14:00〜17:00 (月曜以外実施)
JR、東武東上線 川越駅西口すぐにある、ブライダルホールの地下1階にあるレストラン「エルミタージュ」では、月曜を除く毎日2時から5時までの間、デザートブッフェを開催しています。

ランチ利用客の長時間の滞留が多く、ブッフェの利用客はほとんどいません。予約なしでも大丈夫ですが、たまに貸切になることがあるようなので、遠くから出かける場合は、電話を入れたほうが良いかと思います。

店内はとても優雅な雰囲気で、ランチ利用客はほとんどが上品な奥様方といった感じ。そんな中でブッフェ台に何度も足を運ぶというのは、ちょっぴり気恥ずかしさがあります。

デザートは冷ケースの中に並べられ、こじんまりした感じに収まっています。種類は画像の14種類と、あとから出てきたクレームブリュレ。利用客は2組しかいませんでしたが、もっと多ければ、あと数種類出たかもしれません。

ケーキには名札がないので、大体の感じで紹介すると、チーズケーキ、ガトーショコラ、チョコレートコーティングのフルーツパウンド、マンゴープリン、フルーツモンブラン

モカチョコ、ストロベリームース、ブルーベリームース、チョコレートケーキ

レアチーズ、マンゴームース、ベリーチョコ、抹茶ムース、ラズベリームース、そして前述のクレームブリュレ。

ドリンクは、アイスコーヒーやホットコーヒー、紅茶などで、テーブルサービス。お替りも途中変更もOK。軽食類は一切ないので注意。

デザートは作りこまれたものではなく、最初に出てきたものは若干凍り気味。大きさはやや小さめなので、種類はそこそこ楽しめます。

マンゴープリンとクレームブリュレ、フルーツモンブランが美味しかったです。
(2010年6月)




水戸 ミロール ケーキ 1600円〜 029-225-5656
茨城県水戸市中央1-8-8 12:00〜19:00  (第1火曜休)
今回は茨城県のレポです。水戸市内、仙波湖に近い水戸市役所の裏手に位置する「手作りケーキの店 ミロール」。

毎日昼12時から夜7時まで、店売りケーキのバイキングを実施しています。制限時間2時間で、女性1600円、男性1800円、7歳以下1050円。

店で販売しているケーキをショーケースから選んで、お店の人にお皿に乗せてもらい、テーブルに持ってくる方式です。

テーブルにつくと始めにお皿が渡されます。1回の注文はお皿に乗り切る3個まで。お皿の交換はなしでセロファンや銀紙は紙ナプキンの上に溜めていきます。

飲み物はコーヒー、紅茶のホットまたはアイスが、同じものに限り2杯までOK。

テーブルはソファー席含め6卓で25席。駐車場6台分あり。日曜日のお昼に利用しましたが、利用客は4組。予約も受け付けています。

食べ放題は19時までやっていますが、遅い時間に訪れるよりはスタートしてすぐのほうが種類が揃っていて良いと思います。

ショーケースに並んでいるケーキは30種類。通常販売価格はシュークリームの180円からミルフィーユなどの360円まで。都内に比べ比較的安いです。

店売りケーキの満足度は高く、どれも美味しくいただけました。ミルフィーユとかもう一度食べたかったのですが、今回は色々なものを食べてみたかったのでガマン。

画像上から・・・

??、渋皮モンブラン、ブルーベリータルト、
タルトフレーズ、ベリームース、ミルフィーユ

サンマルク、フルーツパルフェ、フランボワーズタルト
マンゴープリン、ベイクドチーズ、ティラミス

チーズプリン、ルッツェルン、レアチーズ
抹茶ムース、??、デリス

マンゴープリン、コーヒーゼリー、ルビーゼリー、
カボチャのプリン、ショートケーキ、オレンジババロア
(2010年5月)
相模大野 キハチ 伊勢丹相模原店 ケーキ ランチ3465円

042-740-5301

相模原市相模大野4-4-3 伊勢丹相模原店7F 11:00〜15:00 (無休)
今回の開催は終了しました。
伊勢丹相模原店7階レストラン街にある「キハチ」では、2009年4月9日〜19日の期間限定でデザートブッフェを実施中です。

ティータイムの場合、15時〜17時半(土日祝は17時まで)の間、90分間制限1980円で開催されていますが、予約はできません。

私が利用したのはランチタイム。2625円のランチコースの中にあるデザートを、プラス840円でブッフェに変更できるというもの。こちらは予約可です。

予約が出来るという点と、キハチの料理が楽しめるという点で選択しましたが、正解です。

ランチコースのメニューは、前菜が5種類から選ぶもので、私は「サックリと揚げた白魚と鱈の目、こごみ、菜の花のソース」を選択。パスタが9種類から選ぶもので、「初鰹とふきのとう、やまうどのトマトソーススパゲティ」を選択。どちらも非常に美味しかったです。

ちなみに同行者は「新鮮な魚介のカルパッチョ仕立て、季節の野菜を添えて」「ゴルゴンゾーラチーズと淡路産新玉葱のクリームスパゲティ」を選択。

食事が終わった時点で、デザートブッフェが楽しめます。ただし、制限時間は60分。しかし、食後のデザートタイムとしてなので、60分あれば充分です。

飲み物ははじめ、テーブルサービスで用意してもらえます。おかわりはブッフェ台にあるので、どれでも自由にいただけます。コーヒー、紅茶のホット、アイス。烏龍茶、オレンジジュース。

デザートは、どれもキハチならではの美味なもの。もちろん代名詞でもあるキハチトライフルロールもいただけます。キハチロールは丸一本を濡れ布巾で覆い乾燥を防ぎつつ、要望に応じてカットしています。

その隣に苺のミルクロールも並び、同様にカッティングサービスを実施。どちらもしっとりクリーミー&フルーツたっぷりで満足。

同じく実演で、苺のクレープシュゼットも提供していて、要望すると、調理後、席まで運んでもらえます。

苺と桜のズッパイングレーゼ、ティラミス、苺のババロア、苺のタルト、ガトーショコラ、レアチーズケーキ。

苺のパニエ(チョコレートソース添え)、あずきとバナナの春巻(ホイップクリーム添え)、パイナップルの薄焼きパイ。

抹茶のパウンド(あずきあん付き)、マドレーヌ、フィナンシェ、紅茶クッキー、スティックパイ、口直しの塩辛い揚げパスタ。

フランボワーズのパンナコッタ、マンゴーソースのパンナコッタ、黒胡麻プリン、プリン、白ワインジュレ、マチェドニア。

フランボワーズのマカロン、ショコラのマカロン、チョコレートファウンテン(バナナ、パイン、キウイ)。

お昼時で満席でしたが、デザートブッフェの利用客は10組ほどでしたでしょうか。コースのデザートも美味しそうでした。

ブッフェ台の混雑は全くなく、補充も頻繁に行われ、常にたくさんある状態を維持していました。苺のババロアとシフォンは乾燥しないようセロファンが巻かれ、どれも良い状態でした。

接客もしっかりしているし、お皿の下げもスムーズに行われています。大きな窓の外は上階にありながら緑の植樹により、良い景観を与えてくれます。

高級感を楽しめる美味しい食事とデザートを充分堪能できました。


(2009年4月)
荻窪 カプチーナ パフェ 480円〜

03-3392-8809

杉並区上荻1-9-1 荻窪タウンセブン7F 11:00〜22:00 (無休)
荻窪タウンセブン7階にあるレストラン カプチーナでは、セルフで作るパフェのバイキングを実施しています。

単品オーダーの場合780円ですが、料理と一緒に注文した場合は480円とお得な価格になります。

さらに、通常380円のドリンクバーとセットにした場合は、単品オーダーで880円、料理とのセットで680円。

パフェはオーダーでの提供ではなく、いわゆるバイキングレストランに良くある、自分で作るソフトドリンクマシンに20種類ほどの豊富なトッピングをラインナップしたもの。創意工夫によって、様々な種類を作れるのが楽しいです。

ミカン、パイン、オレンジ、グレープフルーツ、チェリー、メロン、キウイ、洋梨、黄桃、白桃。ミックスフルーツ。アロエ、寒天、求肥、白玉、つぶあん、あずき、コーヒーゼリー、チョコブラウニー。

これに、コーンフレーク、ライスパフの下地。黒蜜、チョコソース、いちごソース、キウイソース、キャラメルシロップのトッピング。

セットでつけたドリンクバーも豊富で、特にラズベリージンガーなど12種類揃ったハーブティーはオススメ。もちろんコーヒーやコーラなども取り揃えてあります。

ハンバーグランチの食事も付けました。ランチタイムは、ランチセットにドリンクバーが付いているので、このランチセットにパフェバイキングをつければOK。

平日午後に利用しましたが、とても空いていました。特に制限時間とかは設けられていないようなので、ゆっくり出来そうです。
(2008年10月)
川崎 SweetsSweets ケーキ 1480円

044-272-9927

川崎市川崎区小川町1 さいか屋8F 11:00〜22:00 (無休)
川崎、町田、大阪の心斎橋、茨木の4ヶ所にチェーンを持つ「SweetsSweets」は、焼きたてパンと手作りケーキのバイキングを提供するお店です。

90分1480円(3〜12歳は1050円)で、ドリンクバーは別途210円。ホームページには100円引きのクーポンがあります。

種類数はとても多く、ケーキ、パンのほか、パスタやカレーなどの軽食も用意されています。

1人1個限定ですが、4枚切りサイズの厚さのトーストに、ハチミツとバニラアイスの乗った、ハニートーストがテーブルサービスで提供されます。席に着いたときに、いるかどうか聞かれるので決めてください。

ケーキ類は、多くの種類が食べられるように小さめカットにされたものと、ホールでカットされたもの、好きな分だけカット出来るものがあります。

一枚目の画像の左上の皿。ティラミス、マンゴーケーキ、フロマージュ、ストロベリーヨーグルト、シュークリーム、グラサージュ、練乳ブルーベリー、ストロベリーケーキ

一枚目の画像の右下の皿。チーズスフレ、抹茶ロール、ショートケーキ、モンブラン、塩キャラメルムース、ストロベリーシフォン、バナナタルト、クラシックガトー、モカバナナシフォン、チョコレートケーキ、

カップに入ったものは、プリン、スコップケーキ、フルーツカクテル、パンナコッタ。ほかに、コーヒーゼリー、ヨーグルト、団子2種類あり。

そしてチョコレートファウンテン。つけるものとして、小さめサイズのパン、メロン、バナナ、マシュマロが用意されていました。

パンは、クロワッサン、ブリオッシュ、メロンパン、黒糖ロールなど8種類。ラスクもあり。

軽食は、ハッシュドトマト、タヒチカレー、玄米ご飯、パスタ3種類(入れ代わりで違うのに変わるようです。パスタは店の奥の方のコーナーにあるので、ドリンクバーを付けていない人は見落とすかも)

スープが3種類。クラムチャウダー、ミネストローネ、コーンスープです。生野菜サラダ(ドレッシング4種類)、ポテトサラダ。

客層は小さなお子様連れの主婦グループと女子中高生が多かったです。補充はしっかり行われ、お皿の下げもスムーズでした。
(2008年4月)
桜木町 ソマーハウス ケーキ 3150円 045-682-2219
横浜市西区みなとみらい2-3-7 パンパシフィックホテル横浜2F 19:30〜22:30 (木曜)  19:30〜23:00 (金曜)
パンパシフィックホテル横浜のソマーハウスで実施している、木金限定ディナータイムのケーキバイキング “スィートジャーニー” を利用しました。要予約で、料金は3150円(サービス料別途10%)。

8種類のケーキに加え、デザート、フルーツ、サラダ、軽食類が揃い、甘くて上品な夜のひとときを過ごせます。もちろんドリンクもフリーです。

早くから予約を入れていれば、コスモワールドなどを眺める窓際の席に案内されると思います。今回は当日たまたま空いていた席を運良く予約できたので、条件は良くありませんでした。照明を抑えた店内の、さらに照明のあたらない席。おかげで補正に補正をかけまくった画像はとても悪く、美味しく見えませんね。こんな感じの種類があったという程度の参考にしてください。実際はめちゃめちゃ美味しいです。

パティシェが切り分けてくれるケーキは、苺のショート、モンブラン、パリブレスト、キャラメル&クルミ、ピスタチオと無花果のケーキ、レモンのムースとへーゼルナッツのババロア、レアチーズケーキ、オレンジクリームとミルクチョコレートのムース。どれもとにかく美味しいです。特にモンブランは絶品!ケーキバイキングのモンブランとしてはここがMYナンバーワン。

自分で取れるのは、アールグレイのケーキ、南瓜のタルト、ティラミス、クレームキャラメル(プリン)。この中では南瓜のタルトがオススメです!

実演で、アイスクリームサンドを提供しています。バンズにアイスを挟んでプレートでジュッと焼きます。

カットフルーツは、メロン、柿、パイン、グレープフルーツ、オレンジなど。ハチミツゼリー入りフルーツサラダもあります。

軽食はドライカレーにコンソメ風のスープをかけた、ソマーハウス特製お茶漬けスタイルというのが変わってて面白い。3種のハムやカットチーズ盛り合わせ、荒挽きソーセージ、ハッシュポテト、玉子サラダ、生野菜類が揃うので、別途カクテルをオーダーして楽しみました。パンも4種あり。

ソフトドリンクは、パインジュース、アップルジュース、ミントティー、オリジナルブレンドティーなど。

ケーキの種類は多くありませんし、料金は高めですが、ホテルでのディナータイムに、美しい夜景と美味なデザートを、制限時間なしでアダルトに楽しめるのですから、かなりオススメできるお店だと思います。また訪れてみたいですね。
ホームページ
(2006年10月)
相模大野 サロン・ド・テ・ロザージュ ケーキ 1733円 042-767-1111
相模原市相模大野3-8-1 小田急ホテルセンチュリー相模大野7F 14:00〜17:30  (無休)
神奈川県にある小田急線、相模大野駅直結の小田急ホテル:センチュリー相模大野の7階にある「サロン・ド・テ・ロザージュ」では、終日バイキングを実施。7時から10時までは朝食バイキング、11時から14時までのランチタイムには昼の軽食&デザートバイキング、14時から17時半までのデザートタイムにはデザートバイキング、ディナータイムには夜の軽食&デザートバイキングを実施しています。

今回利用したのは14時から17時半まで実施のデザートバイキング。料金は税サ込みで1733円と手頃な価格。しかも制限時間はありません。

丹沢の山並みが一望できる明るい店内。中央に配されたブッフェ台は女性たちで賑わっています。デザートの内容は毎月変動があり、今月は苺と柚子がメインになっていましいた。さらに、クレープの実演コーナーがあり、頼むとテーブルまで運んできてくれます。

本日並んでいたケーキは、
レモンクリームのタルト、苺のタルト、苺のパウンドケーキ、柚子のパウンドケーキ、木苺とバラのムース:レモン風味、苺と柚子のムース、マンダリンオレンジと抹茶のムース、苺のカタレナと赤ワインのジュレ、柚子のジュレ、プディング、フルーツカクテル、ココット入りムース各種。

普段タルトやムースは、好んで食べない私ですが、ここのはとても美味しくいただけました。プディングにはチョコレートが入り、生クリームやフルーツもトッピング。ちょっと贅沢気分。クレープにはマロンクリームやフルーツが乗り、温かく上品な生地が印象的。

このほか、マカロン、クッキー、クレームブリュレ、フルーツパイ、そしてクリームチーズの乗ったガーリックトーストがあり、売店で80円で売られているシュガーデニッシュ、チョコデニッシュ、クロワッサンも並んでいました。口直しにはサラダ。相模野菜をたっぷり盛り込んだ生野菜、大根と水菜のサラダ、ブラックペッパー入りポテトサラダの3種類があり、ドレッシングも4種類用意されています。うち一種類は柚子醤油ドレッシングでした。

ドリンクは、フレーバーティーとコーヒーの2種類がホットで、このほか自然と健康を意識し、体の内と外から美を追求するリラクゼーションカクテルとして、シナモン、ラズベリー、クランベリー、バラ、ミント、ブルーベリー、パッションフルーツ、カシス、ザクロの7種類が用意されています。

テーブル間が広く、スッキリした店内、接客も普通以上で補充もしっかり行われていました。特に欠点の見当たらないお店の状態で、そう数は多くないながらに、一品一品しっかりした美味しいケーキを楽しめるお店なので、同行者ともども満足のひと時を過ごせました。
ホームページ

(2006年1月)
自由が丘 エスプリ・ド・ビゴ ケーキ 1050円 03-3722-2336
世田谷区玉川田園調布2-13-19 14:00〜17:00  (月曜実施。祝祭日除く)
東急東横線自由が丘駅と田園調布駅の中間、学園通り沿いにある「エスプリ・ド・ビゴ」で実施しているプチガトー・バイキング。祝祭日を除く毎週月曜日限定で開催して評判を呼んでいます。1階はベーカリーになっていていろいろな種類のパンが売られています。どれもとっても美味しそう。

バイキングは2階の喫茶室で行われます。2時から5時の実施で制限時間は90分。開始より15分ほど早く着くと店内はまだランチの利用客で満席。テラス席が空いていたのでそちらに通され、店内が空き次第ご案内しますと伝えられました。

2時になりランチの客が帰り始め、入れ替わりで案内されました。ドリンクを訊かれ、コーヒー・紅茶を選びます。ホットコーヒーのみお替り可。紅茶(ダージリン)はポットなので注し湯はできます。お皿は各自一枚与えられるので、運ばれてくるまでじっと待つことになります。10分ほどかかったでしょうか、飲み物とお皿が運ばれてきてようやく食べ放題開始。

人手が足りないわけではないのでしょうが、とにかくスタートまでが遅すぎます。各テーブルごとに順番に飲み物とお皿を運んでいるのですが数分単位のブランクがあるため、おかげさまで最初のブッフェ台での混雑はさほどではありません。店内もそう大きくなく、テーブルは店内に2人掛け9卓、テラスに7卓ほどだったと思います。バイキング以外の利用者も混じっています。

ブッフェ台には10種類ほどのプチガトーが並べられた大皿が均等に3枚あり、どこからでもアプローチできるようになっています。その奥に店売りのパンをカットしたものなどが飾り台に乗って置かれています。ブッフェ台にはトングが三つしかありませんでした。もう少し用意してあると良いですね。

私のいた時間帯に提供されたプチガトーは14種類。補充は完璧で常に10種類ほどが乗ったプレートが出てきます。画像の手前がプチタルト系。ブルーベリー、モンブラン、ラズベリー、ストロベリー。後はほとんどムース系。マンゴー、オレンジなど。ピスタチオのケーキチョコレートケーキもありました。一度だけカップ入りのケーキが登場。

パン類はナッツのブリオッシュ、オリーブのフォカッチャー、パウンドケーキ、フレンチトースト、プレッツェルなど入れ替わりで14種類ほどが出てきました。塩気の強いアンチョビのピザが丁度良い口直しに。ガトーと違い一回だけしか出て来ないものとかもあるので、もしかしたらもっと種類あるのかもしれません。

制限時間が過ぎる頃には最初の利用客がほとんど退店。最初こそ満席だったものの入れ替わりで入店する客は少なく店がかなり空いています。そのため時間には厳しくないようでした。また、このお店のブッフェ台はとても低く、トングも小さく、ケーキも小さいということで、お子様にも適しているお店ではないかなとも思えます。小さい子供を連れたお母さんが2組いらっしゃって、子供が楽しそうにガトーを取っていたのが微笑ましかったです。ゆっくり楽しむなら最初の90分を過ぎた3時半からの利用も良いかと思います。ホームページ
(2004年5月17日)
新高島平 ガトーマスダ ケーキ 1890円 03-3939-2992
板橋区高島平7-14-21 15:00〜17:00 (不定期開催。時間適宜変更あり)
1500円から1890円に値上がったそうです。
三田線の終着駅の一駅手前である新高島平駅。ここから歩いて直ぐのところにある菓子工房:ガトーマスダ。焼き菓子を得意としランチの料理の味も良いと聞きます。ここで不定期的に開催するケーキバイキングが評判で一度は訪れてみたいと思っていたお店です。今日、機会に恵まれ遠路足を運んでみると・・・。

線路沿いに大きな団地群が立ち並び、駅前はこれといったお店もなく静けさが漂う町。そんな一角にオープンテラスのあるお洒落なお店が。入り口を入るとショップがあり、その奥に喫茶スペース。そう大きくない店内はちょっと窮屈感が。大き目のブッフェ台を設置したためでしょうか、だとしたら仕方ないでしょうね。

会計を先に済ませるとアンケート用紙が渡されます。帰りに記入して提出するとクジを引けます。なんと48人に1人の割合でバイキングが無料になるというもの。席に案内され開始を待ちます。ドリンクはコーヒー・紅茶のアイス&ホットを自由に楽しめます。アイスティーを飲んだら芳醇なアールグレイ。とっても美味しいのでもっぱらこればかりお替り。

ケーキ類は25種類ほど。途中で入れ替わりもあってかなり楽しむことが出来ます。また、日によって出るものと出ないものがあるようで、それは行ってからのお楽しみって事ですね。ということはケーキの好きな人なら短い期間中にリピートしても楽しめるかもということ。

上の画像上の皿。ストロベリータルト(しっかりした土台にカスタードクリームと生クリームがたっぷり、そして上には苺がふんだんに乗せられています。めっちゃ美味しくて500円くらいしそう!とメニューを見ると350円で出されているもの。へぇ〜良心的な価格なんだなぁと感心)、トライフル(450円するもの。角型の紙カップに納められたスポンジと生クリーム、そして上には苺、ラズベリー、キウイが。贅沢な一品です!)、フルーツロール(ロールケーキの中にいろんなフルーツがたっぷり。瑞々しさでいっぱい)、抹茶ロール。下の皿はイチゴショート(途中からチョコレートクリームのイチゴショートに変わりました)、アールグレイショコラ(230円。下がモカのスポンジ、上がアールグレイのスポンジ。チョコレートがとろりとかけられています)、オペラカフェ(350円。話通りのジューシーなオペラにビックリ感動。これはオススメです)、マルジョレーヌ(280円。ピーナッツクリーム・生クリーム・カスタードの3層が織り成す贅沢なケーキ)、フランボワーズパッション(350円。苺ムースかな?と思ったんだけど。フランボワーズとパッションフルーツの2層のムース。酸味がいい感じです)。カップものはヨーグルトレアチーズ(420円。ヨーグルトの酸味とレアチーズの酸味が刺激的。間にベリーソース、底にスポンジ。ボリュームもあって贅沢)、キャラメルプリン(バニラビーンズがふんだんに入っていて濃厚)。

下の画像は焼き菓子が中心。プレート付きのお皿は入店時に1人一皿渡されるもので、この店の看板商品のセット。熟成ショコラケーキは丸ごとでは10000円(?)もする超高級品。これがたとえ一切れでも頂けるのだから凄いです。この一切れで500円くらいと同行者は言ってました。たくさんのフルーツを3年間も熟成させ、ショコラベースの生地とレミーマルタンによって仕上げられた究極のケーキだそうです。もうひとつのアップルパイは“板橋の逸品”に選ばれたというウワサのケーキ。2種類のリンゴのコンポートがサクサクのパイ生地の上に乗って見た目も味も抜群の一品。

ミルフィーユ(素晴らしいです!めっちゃ美味しいです。さくさくさくさく。久しぶりに“これぞミルフィーユ”に出会えました)、レアタルト(チーズケーキのような柔らかい口当たりの上品なタルト。中にフルーツ入り。アップルとパインの2種類ありました)、シガール(見た目サツマイモ?でも食べると不思議な味。これはシガールと名づけられたものだそうでフルーツケーキにリキュールを塗って熟成させアーモンドのマジパンで包みココアパウダーをかけた珍品)、ショコラDEショコラ(プチガトーみたいなもの。ビターなチョコの風味と洋酒漬けのレーズンが楽しめます)、ダックワーズ(アーモンド風味のマカロン)。

キャラメルチーズケーキ(丸カップ入り。しっとりした焼き加減)、ロワイヤルケーキ(洋酒漬けのフルーツが入ってしっとりしたパウンドケーキ)、スティックパウンド(紅茶葉が練りこまれたパウンドケーキ)、プチパイ(アップルとマロンの2種類)、アプリコットパイ(洋酒にじっくり漬けたアプリコット入り)。そしてチーズスフレ(すごいしっとりしてる)、ティラミス(滑らかな口当たり)です。

画像以外では最後の方に出てきたマロンマローネ(350円。カップ入りで栗の風味が口いっぱいに広がる濃厚マロンケーキ)を頂きました。そのあとにタルトタタン(380円。大きな完熟リンゴがどっしりと乗った見た目ヘビー級のデザート)が登場したのですが満腹で手が出ません。残念。クッキーも5種類くらいありましたね。

数日前までは空席もあったそうですが今日は大盛況。予約の客でぎっしり満席。予約なしの入店はテラス席に案内されていましたがひざ掛け付きとはいえ寒そう。次回開催はいつになるかわかりませんが、アンケートを取るなど積極的な姿勢が見えるためきっと開催してくれるはず。2003年は春と秋(9月)に開催していました。都心からは若干離れていますが是非一度行かれることをオススメします!
(2004年1月30日)
立川 エミリー・フローゲ ケーキ 2100円 042-527-4138
立川市曙町2-5-1 17:00〜21:00 (第2・第4木曜)
1800円から2100円に値上がったそうです。
立川にあるケーキ店「エミリー・フローゲ」では月に2回、第2木曜と第4木曜にケーキバイキングを実施しています。ここは完全予約制を取っているので、あらかじめ電話で申し込まなくてはなりません。時間は17:00、18:30、20:00の3回に区切られ、それぞれ制限時間は90分の入れ替え制です。人数制限があり、17:00の回は20名。あとの2回は25名づつ。極端に言えば最初の回、20人のグループがいればそれで終わりですね。なので予約はできるだけ早い方が良いです。

席に案内されドリンクを注文。ドリンクは飲み放題でお替りはテーブルに持ってきてくれます。コーヒー・紅茶のみですが、これがなかなかに充実。コーヒーはブレンド・アメリカン・アイス・カフェラテ・アイスカフェラテの5種類。紅茶はダージリン・ニルギリ・アッサム・カーカスウォード・ライチ・アールグレイ・レギュラーアイスティーの7種。途中変更は出来ませんが種類が多いのは嬉しいですね。

ケーキはブッフェ式ではなくお店で販売しているショーケースから好きなものを選択する方式。1回に3個まで選べます。ショーケースに並んだケーキはずらり30種類!どれも手の込んだしっかりした作りで見ているだけでも楽しいです。また季節によって内容が変わるのでリピートも楽しめそう。さすがに最初の回だと品切れになることもほとんどなく、選び尽くされてなくなってもあとで補充されます。ただ持ち帰りの客も当然いるし、食べホ以外でのケーキセット利用の客もいるのでライバルは多い?(笑) 回の始めは食べホ利用者がショーケース前にズラリと並ぶので店員を捕まえるのもチョット大変かも。なにしろ制限時間があるからね。でもそう幾つも食べられるわけじゃないからあまり焦らなくて良いです。

本日出ていたケーキは秋らしくモンブラン3連発から紹介。モンブラン(中が焼きメレンゲ)、モンブランシャテン(めっちゃ濃厚マロンクリーム)、紫芋のモンブランフレジュ(ショートケーキ)、タルトフリュイ(イチジク・マンゴ・キウイ・巨峰・ベリーなど7種のフルーツ)、フロマージュブラン(レアチ)、シブストペイザンヌ(アップルパイ&バニラクリーム、上はキャラメリゼ)、アコール(パッションフルーツ)、アマン(レアチ&カシス)、フレーズ(イチゴソース入りムース)、エメ(オレンジヨーグルト)、ガトーバスク(バニラ風味のアーモンドケーキ)、サンマルク(チョコと生クリームをサンドしたケーキ)、ミルティーユ(バニラムースにブルーベリージャム)、ミント(ムースショコラトムースミントのチョコミントケーキ)、フルレット(イチゴソース&イチゴクリーム)、オマージュ(洋梨のムース)、ブーシェ(チーズパイ)、ナポレオン(ミルフィーユ)、オペラクレームブリュレ、カボチャのプリン、ベイクドチーズ、クラシックショコラ、マンゴムース、シュークリーム、フランボワーズ、サバラン、スフレフロマージュ。これで29種類。あと1〜2種類あったかな?とにかく選ぶのに迷いまくるくらいたくさんあります。

上記のうち私が食べたのは6個であとは3人の同行者に聞いた内容なので、味や感じを詳しく書けなくてスイマセン。でも皆さんどれもハズレなしに美味しいと言ってたのでかなり満足度は高いのではないでしょうか?とはいうものの、かなり甘目・濃厚なのが多いので、大ぶりではないにしてもそう多くは食べられそうにありません。30個の中から「これが食べたいっ!」って思った5〜6個で至福が良い感じ。
(2003年9月25日)
調布 蛯澤珈琲店 ケーキ 1800円 0428‐88‐1335
調布市布田1-32-5 マートルコート調布1F 14:30〜16:30 (毎月16日に実施)
2004年7月、料金がオリジナルブレンド付き1800円、アイスコーヒー付き1900円、オリジナルブレンドお替り自由付き2300円に変更になっています。
京王線調布駅北口より徒歩2分。旧甲州街道沿いのビルの脇を入ったところに静かに店を構える珈琲専門店。そう。ここはケーキ店ではありません。この店で月に一回だけケーキバイキングを実施しているというので訪れてみました。香りよいコーヒー豆を炒る匂い。落ち着ける雰囲気の店内。オペラやジャズなどのライブも時折実施するというイベント好きな店主が明るく出迎えてくれます。そのイベントの一環で、2002年3月に現在の地に移転してのち、5月から曜日に関わらず毎月16日にケーキの食べ放題を継続実施中。税込1500円で2時間。本格コーヒー一杯付き。(プラス500円で飲み放題にも出来ます)

2時に入店し席に着くも、中央のテーブルにケーキが出揃うまで15分ほど待たされます。が、徐々に種類が増えていく様子には自然と顔もほころんでゆきます。ムースやシュー、プディングなどはなくケーキのタイプ(系統)としては少なめですが数は16種類。似ているものばかりでどうかなと思いつつ、開始の案内とともに取りに行きました。取り敢えず4人で全種類持って来ました。今日のバイキング利用者は3組。要予約ではありませんが、来られた方に充分にケーキが行き渡るように用意する関係上、できる限り予約してくれたほうが助かるとの事。この状態で6人くらいのグループが来たら戦争は避けられない?(笑)というか、充分に頂きたいなら予め連絡しておいたほうが賢明です。お店のほうではたくさん召し上がっていただきたいという姿勢なので是非予約をオススメします。

本日提供されたケーキは、レアチーズ(とてもクリーミーでほど良い酸味。一番気に入りいました)、ベイクドチーズケーキ(濃厚な味わいがマル)、ショコラ(しっとりこってり。上の生クリームが上手くマッチ)、シフォンケーキ(しっとりしながら軽い食感に、上の生クリームが適度な甘み)、パウンドケーキ(この店のイチオシ。これは見事)、アップルケーキ(紅玉使用で鮮やかな色合い)、グレープフルーツのスフレ(ハーフカットのグレープフルーツの皮の中に入ってます。酸味の後味がとっても良い)、タルト系はカボチャのタルト(薄い味がかえってカボチャの香りを引き立てる)、栗のタルト(栗の存在感が楽しめます)、洋ナシのタルト(静かな味わい)、マフィン系カップケーキはオレンジ(生地にオレンジの皮がこっそり入っていてフルーティ)、バナナ(バナナを練りこんで重量感たっぷり)、ブルーベリー(食べてませんがブルーベリーが生地の中にもいっぱい)、シナモンチョコ(これも少量しかない試作品とのことで私は食べてませんが、食べた人は満足)。そしてコーヒーゼリー(焙煎の強いアイスコーヒー用ブレンドを使用しているのだそうで、とってもコクと苦味があって斬新な味わい)、洋ナシのゼリー(固めのゼリーの中に大きな洋ナシのコンポート入り)。以上16種類です。

ケーキはどれも甘さが控えめで素材そのものをじっくり楽しめる感じ。その代わりこれといった飛び抜けたものがなく悪く言えば単調で飽きが来る味かもしれませんが、それは16種類全部食べた後の話。一つ一つが大きめなのでリピートするほど食べるのは大変かも。だから普通なら飽きる前にお腹が一杯になるから充分楽しめると思います。ひとつのケーキを二人でシェアして食べるのも良いですね。また、ベイキングパウダーを最小限に抑えてあるので素材の香りが生きているのと、動物性と植物性のバランスの良い滑らかなクリームが特徴に思えます。どのケーキにも自信たっぷりに生クリームを使っているのがその表れ。また、ケーキを「作品」と捉え丹念に仕上げた一品一品は味わって食べる価値のあるもの。例えばチーズケーキは味わい豊かにするため3日前に作りあげこの日にあわせているなどの配慮も見られ、心のこもった手作りのケーキをゆっくり楽しんで味わえます。お店の方が大変気さくに話しかけてくれるのも個人店ならではの楽しさ。毎月一回の実施だけど10人とか人数が揃えば応相談でケーキバイキングを実施してくれるとの事なので、ちょっとしたパーティなどにも利用できるのも嬉しいですね。手作りの優しいケーキが食べたくなったとき、ふらりとここを訪れてみたいです。ホームページ
(2002年11月16日)
吉祥寺 シャンブル ケーキ 1470円 0422-21-4411
武蔵野市吉祥寺本町2-4-14 吉祥寺第一ホテル2F 14:00〜17:00    (火水木実施)
2004年2月より軽食が加わり1470円に。
「れぽ〜と」コーナー・西東京の7月19日に投稿を頂いてます。併せてご覧ください。2002年7月から9月までの3ヶ月間限定で実施のケーキバイキングが好評により期間延長で11月28日まで行われることになりました。12・1月の実施はわかりませんが、今後の動向はホームページをご参照ください。

ホテルの二階、ちょっと死角にあるような場所に位置するお店はバーとしての落ち着いた装い。控えめの照明にゆったりしたテーブルの配置、そしてソファ。しかし店内に入ると店員がなかなか顔を出さず、待ちかねて奥まで呼びに行きました。これはちょっといただけませんね。特に禁煙席とかは設けていないのか、何も聞かれず席に案内されました。席からブッフェ台への通り道の席でタバコをぷかぷか吸っている人がいてヤな感じ。(^_^;) 客層はケーキにもかかわらず一人で来ているネクタイ姿の男性や年齢層の高いおばさまのグループがほとんどで、若い人はいません。そのほとんどがケーキバイキングであるにもかかわらず、あまりケーキには感心なさそうに話に花を咲かせている図がなんとも異様。若者の町・吉祥寺であるにも拘らずケーキバイキングらしい若い女性が居ないんですよ。あまり知られていないのかなぁ。それともたまたまか?

ま、そんなわけでブッフェ台は独占状態。これは嬉しいのか?ずらりと並んだケーキは9種類。これにゼリーやプリン、クッキーなどが加わり、売り文句の「20種以上のケーキが食べ放題」は総アイテム数のことなのだなと納得。2時から5時までの実施ですが、制限時間は90分と最初に言われます。レジで管理している伝票には時間がチェックされているのかわかりませんが、混雑しているわけでもなく、3時に入って5時まで滞在できました。5時ちょっと前には「間もなくケーキをお下げしますのでよろしかったらお取り下さい」と声がかかりましたし、時間はさほど気にしなくても大丈夫かもしれません。もし言われたら退店しましょう。また、ここは祝日を除く火曜・水曜・木曜のみの実施なので注意。

さて、ケーキをお気に入りから挙げてゆきます。キャラメルケーキ(キャラメル・バニラ・チョコの三層重ねの微妙な味にハマっちゃいました。アーモンドスライスも乗ってます)、チーズケーキ(軽くてレモンの風味がほんのり、これにチェリーが入ってフルーティ。でもあとのほうで出てきたのはなんだかイマイチ。ここのケーキは同じものでも味にバラツキがあるので注意!)、イチゴのショート(スポンジに挟んであるクリームが苺を練りこんだ苺クリームなので酸味があって美味しい)、チョコレートケーキ(なんてことはない普通の味だけど好き)、アップルパイ(サクサクのパイ生地に甘酸っぱいリンゴ)、シュークリーム(カスタードと生クリームのコンビネーション。シュー皮は見た目パリパリでも食べるとやわやわでこりゃダメだと思っていたら、後から出てきたのはしっかりしていました)。リピートしたケーキはこれだけ。他にアルザス地方のアーモンドタルト(こういうネーミングを付けるからにはここのイチオシ?)、クラシックショコラ、バナナチョコロール(これはなんか変な味・・・)。頂いた情報ではミルフィーユやマジョレーヌなどが書かれていたのとチラシには「ケーキは日によって変わる事があります」とのこと。

今日私がもっともハマったのはチョコレートのババロア。カップに入ったソレはとろけるくらい柔らかな、というかほとんど液状なチョコレートとバニラクリーム、そして上には生クリームと砕いたコーヒー豆がトッピング。もうメチャメチャ美味しいです。カップ入りは他に木苺のムース(ちょっと固い)、コーヒーゼリー(強い苦味)、オレンジゼリーと白桃のゼリー(両方ともかなり固い。固すぎ)。お皿やカップをなかなか下げないのでテーブルに山が出来てしまう。

もうヒトツお気に入りはライスプディング。クリーミーでとろけるプリンにしっかりしたご飯粒の食感は抜群!ストロベリーソースと一緒に頂きます。あとは普通のプリン。本当に普通のプリンだけど美味しいです。パンが一種類。アプリコットデニッシュです。このデニッシュ生地がパリパリ!上に乗った杏の酸味とあいまってとにかく美味しい。パンの種類、もう少しあればいいのにな。口直しにピザ。厚めの生地にたっぷりの具が乗って冷めても美味しいです。ピスターチクッキーもありました。そしてアイスが2種(バニラとコーヒー)、杏仁フルーツ。ドリンクも飲み放題でコーヒー・紅茶のホット&アイス。モノによって当たりハズレというか好みの分かれるものがあってリピートするケーキは限られちゃいましたが、雰囲気的に一人でも充分くつろげる感じで居心地は悪くありません。アンケートに継続して続けて欲しいという要望を記して帰って来ました。
(2002年10月3日)
八王子 ル・クレール ケーキ 1000円 0426-56-6730
京王プラザホテル八王子2F 14:00〜16:00  (平日)
ケーキがたった1000円で食べ放題。ちょっとお茶飲もうって喫茶店でケーキセット頼むこと考えたらなんだかむちゃくちゃ嬉しいです。小中学生800円、園児400円も安いですよね〜。JR八王子駅からすぐの京王プラザホテル2階にあるル・クレールはランチバイキングやディナーバイキングも実施していて、その間の2時間を利用してデザートブッフェを実施しています。

ムースケーキ5種(チョコ・フランボワーズ・パッションフルーツ・洋ナシ・キウイ)、シュークリーム(モカクリームで美味い)、アプリコットのタルト、オレンジの乗ったチーズケーキ、大皿から取り分けるプディング(濃くて甘〜い)、カクテルグラス入りのオレンジのゼリー、フルーツ5種(メロン・パイン・キウイ・オレンジ・スイカ)、杏仁フルーツ、ソフトクリーム(バニラ・チョコ・ミックスの3種で、コーンフレークなどのトッピングが5種とチョコレートやジャムなどのソースが3種)、ドリンクがコーヒー、紅茶、エスプレッソです。

フルーツがとにかくめっちゃ酸っぱいので私はかなり辛かったけど、それでも楽しく頂けました。だいたいついさっきランチバイキングしたばかりというのに上の画像の量プラスケーキ3つ。う〜〜ん、甘味は幾らでも入るもんですね。(笑) お店はけっこう広くて座席もゆったり目。ケーキブッフェを利用している人は少数と言う事でゆっくり楽しめました。制限時間は1時間です。
(2002年5月23日)