ケーキの別館
PAGE3 INDEX
渋谷 デザート王国    
池袋 銀兎 ケンジントン・ティールーム バイエルン  
上野 アドリア洋菓子店      
湾岸 トップ・オブ・シナガワ シーフォートクラブ    
東部 クリスタル・ムーブメント 茂蔵    
神奈川 さすく花 三月うさぎ ソマーハウス  
西東京 エスプリ・ド・ビゴ ガトーマスダ エミリーフローゲ 蛯澤珈琲店
シャンブル ル・クレール トマトランタン チーズケーキファクトリー
ページ1 新宿渋谷池袋   ページ2 中央銀座   ページ4 千葉   閉店リスト

渋谷 デザート王国 ケーキ 1280円 03-5457-7755
渋谷区神南1-17-5マルベリービル1F 11:00〜22:00

飲みホ込みで1480円(税別)でしたが、1280円で飲みホはプラス200円に変更になりました。
2004年4月1日より制限時間70分制になりました。

若者が多い割にケーキバイキングを実施している店がほとんどない渋谷にこの春出来た、その名も「デザート王国」。渋谷という街らしく若者層に親しまれやすい直接的な店名が甘味好きの心をくすぐります。ここでは昼から夜までどの時間帯でも1480円(税別)で90分間、ケーキを思う存分楽しむことが出来ます。公園通りから少し入った静かなところに位置していて、二面が道路に面したガラス張りの明るい店。座席数も多めでゆったりめの配置。土日こそ行列が出来るほどの混雑ですが平日はわりと空いています。客層はやはり20歳前後の女性客が多いですね。男性客はカップルくらいですが、平日の3〜4時くらいなら一人でも全然OK。制限時間はあるもののブッフェ台が混雑するようなことも無く、補充もしっかりなされているのでゆっくり出来て良いですよ。


席に案内され、時間の書かれた伝票を受け取ってスタート。ブッフェ台には綺麗に並べられた小ぶりのケーキなどが20種類ほど。どれも美味しそう。木苺のケーキ、スフレチーズケーキ、さくらんぼのチョコレートケーキ、紅茶のケーキ、プラリネ、ミルフィーユ、抹茶ロールケーキ、ブルーベリーのシフォンケーキ、蜂蜜レモンのシフォンケーキ、桃のクレームブリュレ、バナナクレープ、タルト生地のモンブラン、タルト生地のバナナメレンゲ、ほかにタルト2種。大皿からすくい取るタイプとして、フランボワーズのババロア、マンゴプリン、二色ゴマのブラマンジェ、ムースショコラ、バゲットプディング、杏仁フルーツ、みつ豆、シナモンチャイ杏仁(これはクコの実も入っていて私的にはヒット)。こうして挙げてみると種類は多いですね。あらゆるタイプの甘味がずらりと揃っているのでホント楽しいですよ。それにひとつひとつがハッキリした味で見た目も良く、とっても小さいので全種類食べることができるというのも嬉しいかぎり。上品な味わいとかではなく気軽に食べられるカジュアルなケーキと言った感じかな。

ショートパスタ2種(ペンネやファルファーレなどで、トマト味・クリーム味)、バゲットサンド2種(ポテトサラダなどが挟んであります。でもバゲットはボリュームありすぎてキツイですよ)、スープが口直しの料理としてあるので、ランチタイムなどに軽食としても利用できるのが嬉しいですね。ドリンクも充実しているのがポイント。アイスコーヒーやアイスティー、オレンジジュース、ウーロン茶などを自分で注げるほか、店員に注文することでカプチーノやカフェラテなど各種ドリンクも飲むことが出来ます。これもポイント高いですね。日によってはケーキも少し入れ替わるようで、渋谷でケーキが食べたくなったらいつ何時でもココ。店員の応対も明るく良いのでオススメできます!!
(2002年5月31日)


ひさしぶりに訪れました。夜8時過ぎのため、比較的空いていました。客層は若い女性グループとカップルが中心ですが、遅い時間とあってか、1人で利用の男性や男性グループも数組いて、デザート系にしては男性客の姿が目立ちます。

料金は税込で1344円ですが、別途210円でドリンクバーを付けることが出来ます。ドリンクバーには、オーダーによるカプチーノやカフェラテなどもあるので、210円はお徳です。

ケーキは簡易的な物が多いのですが、スポンジ、タルト、ムース、プディング、和甘味ほかバラエティに富んでいて、以前評した “カジュアルなケーキバイキング” のイメージに変わりありません。

意外だったのはパスタ。常時2種類並んでいて、次々と新しいものに変わります。制限時間90分のうち60分滞在していたのですが、この間に6種類が出てきました。出来立てはどれも美味しかったです。デリ系サラダも数種類あり、ピタサンドやスープもあります。

総合的な印象として、パスタのバイキングにサラダやスープが付き、種類豊富なデザートも楽しめるカフェといった感じ。女性はケーキ、男性は軽食という感じのカップルにも適したスポットですね。

以前のレポは “け〜き” の新宿・渋谷・池袋のページに入っています。
(2006年12月)



池袋 銀兎(ぎんと) デザート ランチ2000円 03-3980-0800
豊島区南池袋1-19-5 南池袋共同ビル4F 11:30〜15:00 (無休)
池袋駅に隣接する西武イルムス館の向かい側。ビルの4階にある「カジュアル・ニューヨークスタイル・レストラン 銀兎 池袋店」では、3周年を記念しての特別企画を開催していて、2月までは2000円のスローフード・ランチバイキングを実施。第2弾として、4月30日までの期間、2000円でスイーツ食べ放題を実施。

ランチタイムの11時30分から3時までの間に行っていて、予約限定となっています。内容は、非食べホのハーフパスタ、サラダ、スープを食べ終わったあとに、専用メニューから1回に付き一人3品までデザートを選ぶことができます。もちろん何回でもOK。でも店の雰囲気から、そう頻繁なお替りは気恥ずかしいかも。飲み物はコーヒーまたは紅茶が付きます。お替り可。紅茶は日替わりで、今日はアッサムでした。

デザートはどれも適度なボリュームなので、女性でも無理なく複数個楽しめるのが嬉しいですね。そしてどのデザートも上品な味わいでハズレなしといった感じです。

とてもお洒落で高級感溢れる店内。スタッフも洗練されていて応対は申し分ないです。身奇麗でないと絶対浮いてしまうお店ですね。奥には個室が並んでいて、そこに案内されました。席数が多いため混雑度はさほどではないですが、さすがに12時過ぎはたくさんの利用者が。でも、食べ放題を利用している人は数組だけだったようです。

入店時に食べ放題の予約をしてある旨を告げてあるので、対応もスムーズ。はじめにスープとサラダが出されます。これは非食べホ。スープはオニオンコンソメスープ。じっくり煮込まれたオニオンの甘味と、コンソメの風味が素晴らしい。サラダはレタスとパプリカが入り、イタリアンドレッシングがかけられています。瑞々しくシャキっとして、まさに取れたてのサラダを食しているといった感じ。

続いてパスタが運ばれてきました。本日のパスタはボロネーゼでした。ハーフサイズとは言うものの、それなりのボリュームがあり満足感があります。麺はアルデンテで味も良く、一人前食べたいと思わせる出来。

今回はクーポン使用で赤ワインをつけましたが、ハウスワインではなく、スタッフがボトルワインを持って、銘柄を見せてからグラスに注ぎ込んでくれました。サービスといえど上質のワインでした。

一通り食べ終えるとデザートをオーダーできます。まず最初のオーダーは、二枚目の画像左上から、季節のフルーツグラタン(底の方にたくさんのフルーツが)、クリームチーズプリン(とっても濃厚な味わい)、栗の渋皮煮とチョコレートのモンブラン(スポンジにたっぷりのマロンクリーム。チョコをふりかけ大き目の栗が乗る。これが一番コストパフォーマンス良さそう)、バニラアイス、桜ブラマンジェ(桜の香りがほんのり感じられます)、チョコナッツの苺のパルフェ(底がスポンジ中がアイス、ナッツをかけた上にチョコレートでコーティング。そして上に苺が乗る。これもお徳感あり)。

三枚目の画像左上から、フランボワーズソルベ、烏龍茶のプリン(烏龍茶の香りが強い)、マンゴープリン(ババロア上のぷるるんプリンに果肉が入る)、クレームブリュレ(パリパリの表面。中はとろりと美味)、ニューヨーク・チーズケーキ(重いケーキですが小さめなので大丈夫)、バニラシフォンケーキ(しっとり系のスポンジが傑出。添えられたクリームも上質!)。このほか、チョコレートアイス、苺のソルベ、ココナッツソルベがありました。

専用メニューに日付が入れられてたので、毎日更新、つまり日によって入れ替わりがあるようです。

一般メニューを見ると、これらデザートは一品450円。コーヒー500円、紅茶650円と、いい値段が付いています。ってことは、かなりお得なわけですね。普通のランチにしても1400円以上の値段がし、300円でデザートを一品セットできることを考えると、2000円のこの企画は破格値ではないでしょうか?しかもサービス料込みです。

この素晴らしい企画を4月までといわず継続していって欲しいと思います。あるいは第3弾、第4弾と、さらなる企画があるのか、それも楽しみですね。ちなみに去年も食べ放題を実施していたので、今回終了しても来年また巡り会えるかもしれないので、チェックしておきましょう。
(2005年3月)
池袋 ケンジントン・ティールーム ケーキ 1575円 03-5949-2163
豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本館3F北ゾーン 13:00〜18:00 (月1回開催)
西武百貨店の本館北ゾーン3階、婦人服売り場にあるティールームでは月に一回、第二月曜?にケーキバイキングを開催しています。正確な実施日はお店にお問い合わせください。

4月は12日に開催ということで行ってきました。1時より開始ですが行列が出来ますよとのことで30分早く行くことに。結局45分前に到着しましたがその時点で5人(2組)が並んでいました。店頭に待ち客用の椅子が20脚ほど並べられていたのは親切。その後15分の間に椅子はすべて埋まりあとは立ち客で30人近くの行列になっていました。人気あるんですね。以前は予約出来たのですが現在は受け付けてないそうです。

あらかじめ人数を聞かれ、時間丁度に案内開始。一組ずつテーブルまで案内してゆくので入店まで時間がかかります。最後の客が入ったのは開始から15分以上過ぎた頃。そのため早く入った順にブッフェ台に取りに行けるので最初の集中的な混雑はなくて良いかもしれません。店内は奥まであり意外に収容力はあります。それでも最初の回に入れず外で1時間待ちとなる人もかなりいました。そう、ここは制限時間が1時間なのでどんなに混んでいても待てば入れる。ちなみにバイキングは6時までなので最終入店は5時となります。

席に案内されると飲み物を聞かれます。といってもここは紅茶を楽しむお店なので、ホットティーアイスティーの選択になります。お替りOKでホットとアイスの途中交換も可能。飲み物はすべて店員が注いでくれます。CTCだそうです。(CTC=押しつぶす(Crush)、引き裂く(Tear)、丸める(Curl) の3工程)

ここで提供されるケーキはほとんどが店売りのもの。店売りはカットが一回り大きめ。タルトなら店売り4分の一カット、バイキング8分の一カット。それでも充分食べ応えあります。店売りのはカップ入りのフルーツクリスタルが578円であとはすべて473円でした。店売りされるケーキが出てくるので、バイキングは毎回ほとんど同じものが提供されます。味が気に入ったら安心してリピートを楽しめそうですね。

最初にブッフェ台に並んだのは8種類でした。でもほどなく新しいのが追加され、結局16種類が楽しめました。チラシには「14種類のケーキ」と書かれていたのでちょっぴりお得。とはいうもののハードなタルト系が多く全種類食べることができませんでした。

画像上からフレジェ(イチゴのショート。ふんわりしていて美味)、フルーツクリスタル(カップ入りの一番人気。フルーツがたっぷり。イチゴ、メロン、キウイ、ブルーベリー、ラズベリー、グレープフルーツ、オレンジ)、モンブラン(これも人気でした)、フロマージュブラン(軽いチーズ味のババロアとスポンジでひんやりしたデザート)。下の画像はタルトのオンパレード。タルト地はどれも2センチくらいの厚みがあって重いです。でもバターたっぷりで美味。イチゴタルト、カラメルノア(クルミをキャラメルでコーティング)、桜桃のタルト、ショコラタルト、バナナタルト(バナナクリームにチョコがトッピング)、オレンジタルト、シャルロットポワール(スポンジに洋梨が挟み込まれている。半分凍ってました)。

このあと洋梨のタルト、フルーツタルト(フルーツクリスタルのタルト版)、レアチーズ(客が殺到。めっちゃ濃厚なレアチーズです。この重さ、チーズ好きには嬉しいかも)、ラズベリームース(かなり酸っぱいみたいです)、シュークリーム(制限時間が過ぎた頃に初登場。食べられませんでした)。このあとも何か出たのかは不明ですが補充は終了までしっかり行われているそうなので、混雑を避けて遅めの時間帯を狙っても良いかもしれませんね。
(2004年4月12日)
池袋 バイエルン ケーキ 1700円 03-3988-1111
豊島区東池袋3-1-5 サンシャインプリンスホテル 14:30〜16:30 (無休)
池袋サンシャインシティプリンスホテルのバイエルンでは朝食ブッフェ(1800円)、ランチブッフェ(1900円)、デザートブッフェ(1700円)、ディナーブッフェ(3300円)の4つのブッフェを開催しています。ランチとディナーの間のキッチリ2時間をデザートブッフェにあてて、季節ごとにテーマの決まったケーキを提供。1月7日から4月30日までは苺フェアということで赤坂プリンスのファウンテンテラスと被るようですが、果たしてこちらの苺はどうでしょう?

ホテルのホームページにもメニュー一覧が掲げられていますが、1月の頃と一部違っているそうなので今日あったものを紹介します。ケーキ類はストロベリー(以下S)ショート、Sムース、Sシフォン、Sシュークリーム、Sタルト、Sロールケーキ、チョコレートケーキ、フランボワーズムース、ブルーベリームース、ピーナッツムース、カシスヨーグルトケーキの11種類。苺は6種類なので苺度はファウンテンに比べてかなり落ちますね。

味はどれもかなり甘いです。Sショートのクリームもめっちゃ甘く、SシフォンやSロールのスポンジは苺が練りこんであって甘い。意外に香りが良くて美味しかったのがピーナッツムース。でもこれが一番甘く、2個目はちょっと飽きるかなぁ。Sシュークリームは、ポスターやホテルのHPの画像だと「バトンシュー」という長細いシュークリームをカットしたものなんだけど、出てきたのはパリブレストのようにリング状のシューをカットしたもの。まぁ味は同じなんでしょうけど。でもこれを一番食べたかな。前はオレンジケーキがあったのですが今はピーナッツムースに替わっています。

同じくパンナコッタもありません。かわりに苺ヨーグルトがありました。ヨーグルトの中に苺やパインなどが入ってます。そのカットフルーツはそのまま別のところにも置かれていて、それを皿に盛って白玉やツブアン、黒蜜などをかけて苺あんみつや苺白玉を楽しむことが出来ます。カップアイスも苺など4種類あってこれらもアレンジに使えますね。果物はその場でカッティングしてくれます。パイナップル、メロン、グレープフルーツなど。フレッシュ苺は大きめの器にたっぷり入っていて取り放題。もちろん練乳もあります。

口直しの料理には、ピザトースト、たこ焼き(プリンスのケーキブッフェ名物)、ちらし寿司、ミックスサンド(途中からバゲットサンド)、クロワッサン、ところてん、ドリア(本日の特別限定品と書かれていました)、サラダ(レタス・タマネギ・モヤシ・キューリ・コーン)にドレッシング(和風・フレンチ)。ドリンクは苺ミルク、オレンジジュース、烏龍茶、ホットコーヒー、紅茶、ほうじ茶。

ブッフェは予約できますが、当日分も半分くらいはあるようです。利用したのは土曜日ですが、一週間前には「予約分はすべて埋まっておりますので当日お並びください」と言われました。どのくらい前に並べば良いかと尋ねると「先週ですと30分前にはもう一杯でした」と教えてくれました。ということで気合を入れて一時間前に到着。それでも5組ほど並んでいました。やっぱり苺の人気は凄いですね。
(2003年3月22日)
用賀 チーズケーキファクトリー 用賀店 ケーキ 1580円

03-5716-5401

世田谷区用賀4-28-18 12:00〜20:00 (2/14〜3/16開催)
2007年12月に突然自己破産したチーズケーキファクトリーが、翌2008年2月に待望の復活を遂げました。用賀店で行われていたケーキバイキングが、復活を祝して期間限定開催。2月14日から3月16日までの約1カ月間ですが、今後の開催も期待してレポします。

実は12月上旬にここを利用していて、かなり満足度が高かったので、閉店が残念だったのですが、今回の復活は喜ばしい限りです。4枚の画像のうち下の2枚は12月に訪れた時のものです。レポ予定がなかったので、品名は控えていません。制限時間70分の中で、ショーケースにある12種類のケーキと3種類のカップデザートを好きなだけ選んで、店員に取ってもらう方式でした。ドリンクはオーダー制。

今回は15種類のケーキと1種類のカップデザートが用意されていました。ショーケースから直接自分で取れるようになっていて、さらにドリンクもセルフ式に変わっていました。

前回なくて、今回あった物を一枚目の画像に写してあります。 ティラミス、ストロベリーラインチーズケーキ、塩キャラメルレアチーズケーキ、チーズシュークリーム、ラムレーズンレアチーズケーキ、ドイツ風レアチーズケーキ。あとから栗のパリブレストが登場しました。

前回も今回もあったものは、ココ(ココナッツ風味のチーズケーキ)、コーンブラン(とうもろこし風味のチーズケーキ)、CCFレアチーズケーキ、焼き芋のチーズケーキ、チョコレートラインチーズケーキ、クラッシュドクッキーチーズケーキ、ニューヨークチーズケーキ、パイナップルのゼリー。

ドリンクは、コーヒー、紅茶(アールグレイ)、アイスコーヒー、アイスティー(アールグレイ)、ピーチティー、グレープフルーツジュース、オレンジジュース。

サラダなどの口直しがなく、チーズ系オンリーということで、味に大きな変化がないため、さすがに全種類は無理。でも、今回登場のケーキと、前回食べて気に入ったものを楽しんで満足できました。最後に登場した栗のパリブレストも、最初に食べていれば、もっと美味しく感じただろうなぁと思います。

気になる混雑度ですが、前回は周知されていたため40分待ちの行列(日曜)。しかし今回は、閉店騒ぎもあり、開催を知らない人も多いのでしょうか、同じ日曜日でありながら行列もなく、スンナリ入店。開始時間と同時ではないため、その時刻の状況はわかりませんが、入店時2組。その後パラパラと入店され、8〜9席のほとんどが埋まるといった感じです。制限時間が長くはないため、回転が良く、今日くらいの入りが丁度良いでしょうね。

ケーキはなくなるとすぐに補充され、常にたくさんある状態。値段も手頃で、味が良く、居心地も良い。前回も今回も期間限定ですが、是非定期的に開催していって欲しいです。
ホームページ
(2008年2月)
町田 トマトランタン 町田店 ケーキ 1400円 042-734-6131
東京都町田市金井8-5-10 13:00〜18:30 (最終入店17:00 第4日曜日)
月イチで開催しているケーキショップのバイキングに行ってきました。低料金で店売りケーキが90分間食べ放題ということで、町田駅もしくは小田急線の鶴川駅からバスで行かなければならない場所にありながら大盛況。

1時からの実施ですが、初回に入るには相当早くから訪れる必要があるようです。初回の人が退店する次の回(90分後の2時半)の入店を目安に1時半に着いたのですが、それでも店の主人いわく2クール目もウエイティング用紙は名前がいっぱいで、3クール目の4時頃の案内になるとのこと。

ここまで来たのだから待ちます。早くに退店する人もいるので、時間は若干早まるとのことで、案内の時間になったら携帯に連絡しますとのこと。店の中で待つスペースはあまりないので、外に行かなければならないし、かといって外で待つのは寒い。近くにホームセンターや家電量販店があるので、そこで時間つぶし。携帯が鳴ったら走ってすぐに戻れるギリギリの距離です。

しかし、鳴ってから戻るのでは店にも失礼なので、早めの3時半に戻ったら、丁度呼び出されたところ。ジャストタイミングです。本当に盛況で、帰る5時にもまだたくさんの人が待っていました。

テーブルは20卓くらいあったでしょうか。日曜ということもあり、家族連れも多くみかけ、年配の方や男性の比率も高かったです。店員の動きが良く、応対もとても感じの良いものでした。

ケーキはどれもとても見栄えが良く、入店してすぐに虜になるほど。早く食べたい!何分待ってもいいから食べたい!という感じ(笑) 種類によっては冷ケースに並べられるなどの配慮もあり、補充も早く、冷凍ケーキとか業務用ケーキとかではない、正真正銘作りたてのケーキが楽しめるのは嬉しいです。

この日提供されていたのは、19種類のスイーツと5種類のカップデザート、5種類のフルーツ、そして店の名物・田園調布チーズケーキ2種。ドリンクはテーブルサービスされます。これで1400円は超お得。多くの人が訪れるわけです。

毎月の開催は店のホームページに掲載されています。予約は受け付けていないので、直接訪れて順番を待たなければなりません。でも、それだけの価値は十分あります。ちなみに12月はクリスマスシーズンということもあり、ケーキバイキングは実施されません。

ケーキのサイズは店売り同様、大きく食べ応えあります。どれを食べてもとても美味しく、ハズレなしといった感じ。さすがに全種類一人で食べられないので、シェアして頂きました。4人で分けるのが丁度良いかも。小量ずつ味わっていただき、最後にお気に入りを1〜2個マイリピ。

一枚目の画像は、抹茶のムース(超ソフトなムースで口の中で溶けます)、ふわふわチーズケーキ(これも超ソフトなレアチーズ。絶品!)、タルトフリュイ(フルーツたっぷりのタルト)、花(ロールケーキです)、グラサージュショコラ(コーティングのチョコの溶け加減が口の中で心地良い)、ティラミス、プリンアラモード。

二枚目の画像は、アップルパイ(焼き立て熱々!)、モンブラン(中のマロンクリームには砕いたビスケットが混じり、サクサクした食感が楽しい。細かな栗も入っていました!美味)、いちごのショート、チョコレートケーキ、タルトフレーズ(いちごたっぷりのタルト)。

3枚目の画像は、田園調布チーズケーキ(クリームとベイクドの2種類。双方めちゃめちゃ美味しいです)、アップルタルト(タルトの中と上にリンゴが乗っています)、ブルーベリーチーズケーキ(ブルーベリーとチーズの酸味が口の中で調和)、とろけるチーズケーキ(優しい味わいのスフレ)、ガナッシュ(固めのチョコレートケーキ)、モカロール、マロンカスタードロール。

4枚目の画像は、シュークリーム(生とカスタードの2層仕立て)、エクレア、クレープ(大皿に展開されたクレープを切り分けて取る)、キャラメルムース、イチゴムース(どちらのカップデザートもフルーツたっぷり)。

MyBest5は、モンブラン、ふわふわチーズケーキ、グラサージュショコラ、抹茶のムース、ブルーベリーレアチーズ。

このほか、時を過ごすプリンというネームプレートがあったのですが、現物には出会えませんでした。品切れかな?そのほかのケーキは帰る頃もしっかり補充されていたので、遅くに入店してもハンディはないと思います。

画像にはありませんが、カットフルーツは、柿・いちご・オレンジ・グレープフルーツ・パインなどがありました。飲み物は、コーヒー、紅茶(ダージリン、アールグレイ、オレンジペコ)、オレンジジュース。コーヒー・紅茶はアイス・ホットとも可で、お替りは違うのに変更もできます。

帰りにはなんと焼き菓子のお土産までいただけて、至れり尽くせり。これで1400円なんてありえない安さです。美味しいケーキを心行くまで堪能でき大満足!幸せ気分に満たされた超オススメのお店です。
(2007年11月)
東十条 アドリア洋菓子店 ケーキ 1500円 03‐3911‐5767
北区東十条4-7-17 15:00〜19:00  (無休)
2005年2月1日より、しばらくバイキングを休止するそうです。
1700円に値上がりしたそうです。現在完全予約制になっています。利用される方はご注意ください。
JR京浜東北線・東十条駅北口改札を出て右手通路より階段を降り、東十条商店街を真っ直ぐ5分ほど進むと道路左側に「アドリア洋菓子店」があります。店の前には「ケーキブッフェ」と書かれたボードが出ています。店内は結構広く、販売スペースと喫茶スペースに別れ、座席は40席以上。買い物ついでのおばちゃんたちで賑わっています。そんな中で頂くケーキはまたオツなもの。

食べ放題を告げると1人に一皿お皿を持ってきてくれます。システムはショーケースまで行って、お皿に乗り切る分(だいたい4〜5個)まで好きなケーキを乗せてもらえます。食べ終えたら次のを取りに行きましょう。ドリンクも飲み放題で、コーヒー、紅茶のアイス・ホットがいただけます。制限時間は2時間。このくらいあれば充分だと思います。そして毎日実施しているというのも嬉しいですね。また、喫茶営業をしているのでサンドイッチやスパゲティなども別料金で頂けます。

ケーキはざっと30種類。売り切れるものもあるので日によって少し顔ぶれが違っていたりもするでしょう。リピートも楽しめそうですね。他に菓子(カヌレなど)やパン(クロワッサンなど5〜6種くらい)も食べ放題になります。

ケーキを幾つか紹介します。ショートケーキ(スポンジはしっとり目で甘みあり。真ん中の生クリームは少量ですが細かく刻んだ苺が混ぜ込まれているのでこれが適量)、苺タルト(苺ギッシリが嬉しい)、フルーツヨーグルト(セロハンで丸く型どっています。底がストロベリージャム、その上にストロベリーソース、一番上にヨーグルト。そしてベリー類を乗せてある)、バレンシア(ブランデーを含んだスポンジの上にオレンジムース。その上にゼリーで寄せたバレンシアオレンジが乗っている)、プリンアラモード(リンゴ・パイン・苺・ブルーベリー・桜桃・チョコスティック・ミントをトッピング)、デガージュ(バナナカスタードタルトの上にピスタチオのババロアがドーム状にかぶせてある)、スペシャリテ(砕いたアーモンド入りの濃厚チョコクリーム。一番のお気に入り♪)、名前不明(アーモンドやピスタチオ、ナッツなどを砕いてスポンジに練りこみ、そのスポンジを周囲に巡らして中にモカムース、上に生クリームが乗ったケーキ)、マロンミルフィーユ(層になった固めで厚めの生地の間にマロンクリーム)、ティラミス。私はこれらとスライスアーモンドがたくさん付いている固くて甘いクロワッサンをいただきました。

このほか、モンブラン、ミルフィーユ、チーズケーキ、レアチーズケーキ、チョコレートケーキ、ホワイトチョコケーキ、モカケーキ、オレンジロールケーキ、ガトーマロン、タルトタタン、シュークリーム、エクレア、プリン、トンボラン、ポロネーズなどがありました。全体的に甘めながらひとつひとつの味にしっかりとした顔があって見るのも食べるのも楽しいです。どれも350円平均で店売りされているのでボリュームもあります。2〜3人でシェアして全種類にチャレンジするのもいいかも?途中から新たに加わるものや補充されるものも少しですがありました。でも色々食べたいなら開始直後から行くほうが良いでしょうね。ここはまたリピートしたいです。

案内してくださったIKUKOさんのホームページにも画像付きレポあります。
(2003年5月9日)


品川 トップ・オブ・シナガワ ケーキ 1650円 03-3440-1111
港区高輪4-10-30 品川プリンスホテル新館39F 11:30〜16:00 (無休)
品川プリンス新館39階にある「トップオブシナガワ」に行ってきました。JR品川駅高輪口から出てすぐ。一階「ハプナ」の驚異的行列を横目にエレベーターに乗り込みます。下とは打って変わって静かな雰囲気に安堵。開店より20分早い11時10分には入場開始。このとき行列は10人ほど。予約を入れてましたが店内はかなり広いのでどの時間に来てもすぐに入れます。今日も反対側の窓側のエリアは解放していなかったくらいですから。

天井が高く対面2面が大きな窓となっているので解放感は抜群。39階から見る景色は本来お台場が一望できるはずの絶好のロケーション。ところがインターシティ品川周辺のビル群に阻まれ品川再開発の煽りを食った感じ。野暮だと感じても建ったものは仕方ない。近代化を愉しみながら食事を頂きましょう。一方のクローズされていた側は高輪・白金・目黒方面を臨みます。

座席は景色を楽しめるよう配置されていて、窓際の2〜4人向けボックスシート、一段上がった2〜3人用のテーブル席、通路を挟んでさらに一段上がった8人程度が座れるボックスシート。そして左右の階段を上がったところにある中央の2〜4人用座席群と、スタジアム式になっていて多くの人が景色を満喫出来るのが魅力。通路脇には水路の巡る内装も涼しげで良いですね。

ブッフェ台は窓側エリアにサラダ・サンド・パスタ・スープ類、中央エリアにケーキ・アイス・軽食類。人が多い割にさほど混雑感はありません。ケーキは典型的プリンス系。系列のどこに行ってもお目にかかることの出来るタイプのもの。とはいうものの微妙に違うものもかなりあって、プリンス全体のバリエーションとしては軽く100種類はあるのではないかと推測できます。

本日並んでいたものでも、ムース系、スポンジ系、タルト系など30種類近くあり、普通に美味しいものから、え?っていうもの(ハニーシナモンケーキ、カボチャの挟まったケーキ)まで色彩々。思わずハマったのは「マンゴーのスープ仕立て:ココナッツ風味」なるもの。上の画像のカップに入ったものがそうです。マンゴーソースをココナッツで割ったのかな?ソースより薄くジュースより濃い。飲み口の良い酸味が新鮮でした。

サンド類は生ハム&モツァレラ、トマト&ポテト、ブロッコリー&ハム&ツナのミックスサンド類。胡麻のパンに生ハム&モツァレラ、白パンに海老・豆、黒パンにカボチャディップ&プチトマトのオープンサンド類。ブロッコリ&トマト、卵サラダ&ゆで卵のバゲットサンド類。フルーツサンド、ピザトースト、フレンチトースト。自分でサラダなどを乗せてオープンサンドにするためのベーグルやバゲットなども5種類ほどありました。とにかくケーキ以上にサンド類が充実。これだけでも結構楽しめるかもしれません。

パスタはスパゲティーとペンネの2種。ソースはミートソースと和風キノコソースの2種。海老マカロニグラタン、カレー風味のドリア、パエリア(海老・アサリ・トマト・インゲン・カリフラワーなどの具が入っていますが、保温されていないので冷めてしまっているのが残念)、ビーフシチューは柔らか牛肉とシメジがたっぷり。スープはポタージュとエスニック風辛いスープの2種。サラダはローストビーフのサラダ、スライストマト、モツァレラチーズ、レタス類。ドレッシングがシーザーとサウザンの2種。先にも述べたようにオープンサンドにしても良いし普通にサラダにしても良い。

カットフルーツはスイカ・メロン・パイン・キウイ。ミックスフルーツとヨーグルトもあったかな? ドリンクはコーヒーと紅茶(3種のフレーバーティー)でアイスコーヒーとアイスティーがないのが残念、冷たいのは烏龍茶とオレンジジュースです。ホームページからのネット予約特典として700円ほどするフローズンカクテル(ストロベリー、巨峰、ノンアルコールのメロン)を一杯頂けました。アルコールは意外とキツかったです。

料理は今ひとつ、パン・サラダ・スープなどはまずまず、ケーキはまぁこんなものでしょう、ということで食べ物の評価は普通。ですが値段の1650円は税サ込みであり、制限時間もなく、ボックスシートはソファーでゆったり寛げ、開放感ある場所と景色の中で午後のひとときを過ごせることを考えると決して悪くはありません。ケーキの補充は若干遅れがちで終わりの方は同じものが目立つものの料理その他の補充はしっかりしています。強いて言えば窓側の席にいる場合、中央のケーキ台に行くまでが階段の昇り降りも含め遠いということ。お年を召された方を伴って行かれる時は座る位置に注意された方が良いかも知れません。席の予約をしていても当日の場所移動はスンナリ受けてくれました。
(2003年9月4日)
天王洲 シーフォートクラブ ケーキ・軽食 1800円 03-5460-4629
品川区東品川2-3-15第一ホテル東京シーフォート28F 11:30〜15:30 (無休・土日祝は90分制限あり)

第一ホテル東京シーフォートの28階にあるスカイバー・シーフオートクラブのス力イビューデザートバイキングは地上100Mからの眺めが自慢。座席数が少なく予約ができないとのことなので、11時30分のブッフェ開始より30分も早く行ってみた。だけど5分前に一組来ただけ。知られていないわけじゃないんだけど、モノレールの天王洲アイル駅が最寄りというアクセスしやすいとは言えない立地と、1800円という値段、そして極めて少ないキャパによって満席だったら・・・というためらいもあるのだろう、かく言う私もそのために中々足を運べずにいた。料金面では土日祝を除く平日の2時以降に来店の揚合は1000円になるというサービスがあるので活用したい。2時以降でも補充はオーダーストップの3時までは完壁なので心配は不要。問題は座席があるかどうかという点。店内に入ったらほんとに狭いんですもん。否、狭いという言い方は失礼で、小じんまりしているんだけど天井が高く一面の大きなガラス窓、そしてゆったりした椅子と、小人数ならではの行き届いたサービス。元VIPルームだったそうで居心地は良いです。今日は満席になることはなかったけど、ほぼギリギリの入りだったので微妙ですね。ただし時間無制限の割りに回転は良かったです。4人掛けのテーブルが3台、窓に面したカウン夕ーが8席。20人分もしくは6〜7組分ですね。多人数で行くのはキツイかも知れません。すべて禁煙席です。客層は幅広く若者グループ、カップル、親子、老夫婦、一人客。ラフな格好でも0Kなのが良いです。

メニューは、料理としてピラフにカルビ&キンピラって感じの辛い炒めを乗せた御飯ものと、タンドリーチキンに野菜とポテトフライを付け合わせた肉料理があり、どちらもかなり美味しいです。これに野菜サラダ(ドレッシングは2種)。ケーキが目的というわけではない半数程の客はこれでガンガン食べて最後に数個のケーキという感じで小一時間で帰って行きます。それじゃやや割高では?(笑)でもこんなモリモリ風な食べ方も良いかも。サンドイッチとパンも各4種あり、チーズのパンは塩気バッチリでケーキの口直しに最適。ソーセージロールやデニッシュも人気。ドリンクはホットコーヒーと紅茶。5種のティーバッグはカモミールなど。ただ、デミカップなので何度もお代わりに立たなくてはならないです。お待ち兼ねのケーキのレポ。飛び抜けて美味しいのはありませんが、どれも無難に美味しくハズレはなし。お気に入りはカップに入ったホワイトチョコとミントのムース。トロリとした口当たりに広がるミントの爽快感が"ネットリサッパリ"という微妙な味わいを醸し出して美味。カップ入りはほかに3つ。フルーツ入りのゼリーが少量のリキュールを加えひんやりと美味しい。クレームブリュレは固めで重いのがちょっと・・・。フランボワーズのブランも重めです。画像の右の皿に盛ってあるのは上から時計回りにオレンジシブースト(美味)・レモンのケーキ(美味)・モンブラン(美味)・イチゴのムース(美味)・チーズケーキ・イチゴのショート・パッションフルーツのムース(薄味)・チョコレートケーキ。丸いのはチョコレートクリーム入りのプチシュー。あとから入れ替わりで紅茶のムースとチョコのムース(美味)が登場。このほかに型崩れするので画像に載せてないけどプディングとフルーツたっぷりのババロアがあって、特にババロアは水っぽくなく濃厚で美味しかったです。ということで全部で17種類ありましたね。どれもかなり小さめにカットされているのでたくさん食べられて良いですね。

ホームページに時間帯に関わらず1300円で利用できるクーポンがあることがあります。
(2002年7月4日)



錦糸町 スイーツ・パラダイス 丸井錦糸町店 ケーキ 1480円 03-5600-0313
墨田区江東橋3-9-10 丸井錦糸町店7F 11:00〜22:30 (無休)

2006年3月9日に丸井錦糸町店7階にオープンしたスイーツ・パラダイス。都内では、銀座、上野、渋谷につぐ4店目の出店。吉祥寺、横浜にもあります。本店は大阪心斎橋。銀座店はレポ済み。

メニューは他店とさほどかわりません。バナナオムレット、レアチーズ、ティラミス、クラシックショコラ、パッションヨーグルト、レディフランボワーズ、フルーツドームケーキ、モンブラン・オ・マロン、ストロベリームース、ストロベリーショート、ベイクドチーズ、プリン、カボチャプリン、チョコスクエア、スフレチーズ、黒胡麻ババロア、薩摩芋ババロア、杏仁豆腐、コーヒーゼリーなど。

カキ氷やソフトクリーム、和菓子なども用意されています。ドリンクも相当数あり充実。夜5時以降は本数限定ながらワインも提供されています。

スープは5種類の中から常時2種類。トマトと香草のスープ、ジンジャースープがでてました。軽食は高菜鮭ご飯、ゆかりちらし、カレーライス、サンドイッチ。そしてボードに書かれた9種類のパスタの中から、3種類が並び、なくなると入れ替わりで違うのが出てきました。

料金は90分1480円、小学生以下は840円で、4歳未満無料。平日ランチタイム(2時まで入店)は、70分1280円。
(2006年5月)

錦糸町 クリスタル・ムーブメント ケーキ 1100円 03‐5611‐5511
墨田区錦糸1 東京マリオットホテル1F 14:00〜17:00 (不定期開催)
従来のケーキバイキングを一旦休止したあと装いも新たに期間限定開催で復活。春休み、ゴールデンウィーク、そして今回7/20〜27及び8/10〜17に実施されるケーキバイキングは “パティシェ・染谷の心を込めたスイーツ20種類以上が食べ放題!” というもの。値段も100円下がり1100円。さらに学生は学生証提示で950円の学割料金に。ということで女子大生を中心になかなかの賑わいを見せています。また、予約は1日30名限定で電話にて受付。週末などは早めの予約が望ましいです。開始時間前でも席に案内してくれて、時間が来ると入店順に声をかけてもらえます。

バイキングは以前の勝手にワンプレート方式を改めブッフェスタイルに。1100円のケーキってどうよってブッフェ台を眺めると驚くほど種類が多い。ケーキだけで20種類。あとから入れ替わりで5種類ほど出てきました。これにカップデザートやアイス、焼き菓子などで35種類を超える品揃えに、これで本当に1100円で良いの?って感じ。ビックリです。もちろん味も粗末ではありません。この値段にしてはかなり頑張っていると思う。

苺ショート、ミルフィーユ、パリブレスト、ザッハトルテ、レアチーズ、ティラミス、モンブラン、ガトーショコラ、アップルパイ、チーズスフレ、ダークチェリーのタルト、フランボワーズムース、プリンなどなど、あらゆる種類のケーキがあるのには感心しちゃいました。補充もしっかりしていて終了間際でもケーキがたくさん並んでいます。

カップにすくっていただくものは、レモンゼリー、コーヒーゼリー、白玉入りフルーツポンチ、タピオカココナツミルクなど入れ替わりで5〜6種が常時4種類置いてあります。アイスはカップに入ったもので6種類。焼き菓子はクッキー、マドレーヌ、チーズパイ(口直しになりそうなのはこれだけ)など5〜6種。生クリームとフルーツを半切りのホットケーキでサンドしたデザートもありました。ドリンクはホットコーヒーまたは紅茶がセルフで飲み放題。

2個のケーキにコーヒーだけで充分ホテルケーキセットとして成り立つ値段で、制限時間もなく心行くまで食べられるというのは凄いこと。通年で実施できないのもうなずけるかな。欲を言えばこれに口直しが幾つかあれば文句ないのだけれど。サービス料を取られるのは目を瞑ります。以降のバイキング開催はホームページでご確認ください。
(2003年7月23日)

昔のレポです
以前と変わり、テーブルに運んできてくれる形式になった。はじめにドリンク(コーヒーor紅茶)とケーキ5種が皿に盛られて運ばれてきます。それを食べ終え追加を頼むと、また先ほどと同じ(!)ケーキが5種運ばれてきた。う〜んとうなってしまった。さらにそれを食べ終えた頃、トレーにケーキを載せて廻ってきた。「どれに致しますか?」。面倒なのでそれぞれ一個づつ取ってもらった。計5個皿に載った。このうち3個は違うやつだった。まあいいか。ドリンクはおかわりOKとの事なので、もう一杯追加。やや不満を残しつつ合計15個を口にして店を出た。ケーキの種類は、ごく普通のタイプでやや小ぶりでした。味もごく普通。
(99年6月8日)
錦糸町 茂蔵 ケーキ 980円 03-5638-2755
墨田区江東橋3-9-10 丸井錦糸町店7F 11:00〜22:30  (木〜日は17:00で終了)
2006年5月の情報ではバイキングを終了したそうです。2005年1月、880→980円に値上がりました。
2004年4月、780→880円に、セットでは+680円に値上がりました


錦糸町駅前、丸井の7階が3月19日にレストラン街として生まれ変わりました。その中に出店された豆腐料理のお店「三代目 茂蔵 豆富」は、座敷・テーブル両方があり、和のたたずまいと洋の洒落た感覚を併せ持った空間が心地良く、デパートの中にいることを忘れさせてくれる。そこで供されるメニューは豆乳のおぼろ蕎麦、豆腐餃子、豆腐の味噌漬け、湯葉チーズ揚げ、豆腐のカルパッチョ、豆腐アイス、豆腐カクテルなどなどで、メニューの半分が豆腐を基にしたもの。そんな料理を定食で頂いたりお酒の肴にしたりと楽しめる。そのお店で終日実施しているのが珍しい「豆乳ケーキ」の食べ放題。今日は真新しいお店で早速豆乳ケーキなるものを食してきました。

7種類のケーキが食べ放題でたったの780円!食事とセットにした場合は580円で頂くことが出来ます。食後にデザートを一品追加する感覚で食べ放題が出来ちゃうんだからすごい。
ドリンクは別料金ですが、セット価格で一杯100円で頼むことが出来ます。アイスコーヒー、ホットコーヒー、烏龍茶、コーラ、ジュンジャーエール、オレンジジュースの6種類からのチョイスです。またここで出されるお水は、沖縄の海水を利用して作った天然のニガリを使用したもの。最初の一杯だけですがダイエットによろしい話題のお水を飲むことが出来ます。

ケーキは7種類と書きましたが、常時並んでいるのが7種類で、入れ替わりで10種類出てきました。この値段で特に制限時間を設けていないのもすごいなぁ。最初に画像に納めたのは(左から順に)フルーツ入り生クリームケーキ、生チーズケーキ、おからクラシックショコラ、ブルーベリーチーズケーキ、生チョコケーキ、ストロベリーチーズケーキ、くるみ入りチョコレートケーキです。このあとにオレンジチーズケーキ、丸型のフランボワーズムース、イチゴのショートケーキが出てきました。スポンジ系はショートとチョコと生クリームの3種。ムースと生チョコとショコラを除き、残る4種はレアチにプレーンか各種ソースをかけたもの。

さて、豆乳ケーキってどんなもの?ってドキワクしていた私ですが、う〜ん、なんだかよくわかんない。もっと豆腐っぽい個性的なケーキを思い描いていただけに、一見どこでも食べられるようなケーキに拍子抜け。食べてみても「これは!」っていうインパクトがまったくないんです。逆に言えば何の抵抗もなく普通に食べられるから、買い物ついでにお茶するにはもってこいのリーズナブルなケーキバイキングとして重宝するかも。多分多くの人は「豆乳を使ったケーキだよ」と言われなければ気が付かないかもしれない。でも豆乳なのかぁって思って口に入れると、なるほどそんな気がする。(笑) 中には「なるほど」と思える味のもあるんだけど、けっこう微妙かなぁ。美味しいかといわれると普通かなってところ。牛乳を使う部分を豆乳にしているのでしょうが、ヘルシーでも食べ放題してれば意味ない?でもまぁこういうのもあるということで楽しめました。お店側もせっかくだから豆乳ケーキの魅力みたいなものをアピールしてみればいいのにな。

ちなみに豆乳のメリットを調べたところ、コレステロールを減少させ血液をサラサラにする。女性ホルモンのバランスを整える。記憶力アップ。血圧を安定させる。骨粗鬆症を防ぐ。肌あれ&シミ防止。いらいらを減少し集中力をつける。活性酸素を抑えて老化を予防。体脂肪を減らして代謝をアップ。ガンの予防に有効。ということで、豆乳パワー凄しです。
(2003年3月31日)


桜木町 ソマーハウス ケーキ 3150円 045-682-2219
横浜市西区みなとみらい2-3-7 パンパシフィックホテル横浜2F 19:30〜22:30 (木曜)  19:30〜23:00 (金曜)
パンパシフィックホテル横浜のソマーハウスで実施している、木金限定ディナータイムのケーキバイキング “スィートジャーニー” を利用しました。要予約で、料金は3150円(サービス料別途10%)。

8種類のケーキに加え、デザート、フルーツ、サラダ、軽食類が揃い、甘くて上品な夜のひとときを過ごせます。もちろんドリンクもフリーです。

早くから予約を入れていれば、コスモワールドなどを眺める窓際の席に案内されると思います。今回は当日たまたま空いていた席を運良く予約できたので、条件は良くありませんでした。照明を抑えた店内の、さらに照明のあたらない席。おかげで補正に補正をかけまくった画像はとても悪く、美味しく見えませんね。こんな感じの種類があったという程度の参考にしてください。実際はめちゃめちゃ美味しいです。

パティシェが切り分けてくれるケーキは、苺のショート、モンブラン、パリブレスト、キャラメル&クルミ、ピスタチオと無花果のケーキ、レモンのムースとへーゼルナッツのババロア、レアチーズケーキ、オレンジクリームとミルクチョコレートのムース。どれもとにかく美味しいです。特にモンブランは絶品!ケーキバイキングのモンブランとしてはここがMYナンバーワン。

自分で取れるのは、アールグレイのケーキ、南瓜のタルト、ティラミス、クレームキャラメル(プリン)。この中では南瓜のタルトがオススメです!

実演で、アイスクリームサンドを提供しています。バンズにアイスを挟んでプレートでジュッと焼きます。

カットフルーツは、メロン、柿、パイン、グレープフルーツ、オレンジなど。ハチミツゼリー入りフルーツサラダもあります。

軽食はドライカレーにコンソメ風のスープをかけた、ソマーハウス特製お茶漬けスタイルというのが変わってて面白い。3種のハムやカットチーズ盛り合わせ、荒挽きソーセージ、ハッシュポテト、玉子サラダ、生野菜類が揃うので、別途カクテルをオーダーして楽しみました。パンも4種あり。

ソフトドリンクは、パインジュース、アップルジュース、ミントティー、オリジナルブレンドティーなど。

ケーキの種類は多くありませんし、料金は高めですが、ホテルでのディナータイムに、美しい夜景と美味なデザートを、制限時間なしでアダルトに楽しめるのですから、かなりオススメできるお店だと思います。また訪れてみたいですね。
ホームページ
(2006年10月)
久里浜 さすく花 精栄軒 ケーキ 1000円 0468-35-0010
横須賀市久里浜4-8-14 11:30〜17:30 (無休)

2007年現在食べ放題やっていません。
横浜からでもけっこう遠い京浜急行久里浜駅から徒歩一分のところにあるケーキ専門店。このお店で売られているケーキをショーケースからチョイスして好きなだけ食べられるスタイルのケーキバイキングに行ってきました。料金は税込み1000円。制限時間は一時間。ドリンクはコーヒーが二杯付いています。ケーキはどれも売られているだけあって大きくしっかりとした作り。三つも食べればモト取れなので余裕で頂きましょう。
食べ放題実施時間は長く午前から夕方まで。一時間を過ぎても、注文は終了ですが混んでいなければ滞在できます。また、ショーケースのケーキですが当然のことながらなくなったものはその時点で終了になるので、せっかくなら訪れるのは早いほうが良いかもしれません。店内は広いわけではなく、4人掛けのテーブルが三卓と2人掛けのテーブルが三卓。最大で18人というキャパ。でも制限時間が一時間なので、例え満席でも待てば入れますよね。

ここのケーキの特徴はドイツから輸入した有機栽培のリンゴを粉末化して生地に混ぜ込んだ食物繊維たっぷりのスポンジ。心持ちしっとりめな食感と軽やかに口の中に広がる香りがいい感じ。これだけでも味わってみる価値はあると思います。クリームはやや甘めかな。全体的にはオーソドックスなケーキという感じで見た目どおりという安心感はありますね。一個でもカナリのボリュームがあるので、そうたくさんは食べられないかもしれません。

本日入店は4時。テーブルに着き、置かれたトレーを持ってショーケースへ。「一人2〜3個ずつどうぞ」と言われ、4人で画像二枚分のケーキを乗せてもらいました。この時点で並んでいた11種類すべてです。上の画像、苺のショート(前述のスポンジの感じがわかるかな?)、以下時計回りでカップに入ったアラモード(苺・キウイ・メロン・パイン・オレンジなどとブランマンジェかな?)、シブースト(タルト地の上にドシリと鎮座)、抹茶のロール(上に栗が)、ルレオフリュウイ(舌を噛みそうな名前ですが、バナナのロールです)、アップルパイ。下の画像真ん中は渋皮のモンブラン(うま〜い!!)、その上が普通のモンブラン(栗がゴロゴロ入ってる)、時計回りにキティちゃんのカップに入った焼き芋のプリン、一個だけしかなくて名前わからないけどチョコレートケーキ(3段重ねで上にチョコでコーティング。リピートしたかったな)、チーズケーキ(スポンジ部分が多い)。

このあとシュークリームとプロフィットロールが出てきました。プロフィットロールは三段重ねの計8個。カスタードクリーム、チョコレートクリーム、イチゴクリームの三種類がぎっしり詰まっていて、これは一人で食べずにみんなでシェアするのが良いですね。また、ケーキの種類が少なくなったからと、ホールで売られているショコラ(3300円)をカットして出してくれました。さすがにこれはなかなかに美味しかったです。めっちゃボリュームあったけどね。早い時間だとミルフィーユやレモンクリームタルトなどいろいろな種類があったそうで、やはり夕方からの利用はハンデがあるのですが、その分ちょっぴりお得なこともあって、お客様に満足してもらおうと考えている店の姿勢は良いですね。「これ美味しいよ。食べた?」とか選んでいるときも気さくに話しかけてくれるし、ショーケース越しのコミュニケーションはとても楽しいです。
(2002年11月7日)

関内 三月うさぎ ワールドポーターズ店 ケーキ 2000円 045‐222‐2138
横浜市中区新港町1-11ワールドポーターズビブレ1F 18:00〜21:00 (最終入店19:30まで。不定期開催)
一品一品をオーダー式で提供するデザートブッフェとして好評の三月うさぎ。しばらく食べ放題を休止し期間限定で実施したりしていたのですが、この夏限定で復活。しかし9月13日で終了ですので、今後の開催はホームページで確認してください。今回実施していたのは元町本店・ワールドポーターズ店・イオン大和店・ロビンソン小田原店の4店舗です。

本日は元町本店に出かけたのですが、月曜日は定休日だそうでやっていませんでした。余裕を持って30分前に到着したこともあり、気を取り直してみなとみらいのワールドポーターズ店にダッシュ!ホームページでの情報によると、ワールドポーターズ店は座席数が少ないため元町本店をオススメしていました。元町が休みということはなおさら混むかなぁという不安と時間ギリギリで“待ち”になるかもという不安に駆られながら走って開始時間6時ギリギリの到着。席は一ヶ所だけ空いていました。ラッキ♪でも、何のことはない。お茶している人とかがいただけでどんどん空席が出来てゆきます。結果的にデザートバイキングを頼んでいるのは私たちと隣のカップルの二組だけ。ちょっと拍子抜け。だって元町本店は30分前から行列が出来るとホームページに書いてあったんだもん。でもホームページにそう書いてあれば読んだ人は皆敬遠するだろうし、特に月曜が休みならその客が流れてなおさら混雑するからと考えるのが妥当。意外な盲点だったかもしれません。しかも営業時間も一時間短いですしね。

さて、この店はショッピングセンターの中にあるため少し落ちつかないかもしれません。ケーキの販売コーナーも兼ねていて3人で回しているのでデザートバイキングの利用者が多いとかなり待たされる可能性がありますね。座席は確かに少なく二人掛けのテーブルが10卓のみです。もちろんテーブルをくっつけて大人数にも対応できますが、このキャパを考えると2人で利用がオススメ。席に付きバイキングを申し付けます。バイキング用のメニューから一人一品のみ注文。同時にドリンクも頼みましょう。コーヒー・紅茶のホットorアイスとオレンジジュースが飲み放題で、途中から違うのにも変えられます。デザートの作り手は一人のようで、三つ同時に頼むとひとつづつ順に作って出てくるので、三つ出揃うのに10分以上かかりました。途中からはそれを考え追加はタイミングを見てひとつづつ出して行ったので案外サクサク出てきましたね。その追加は「食べ終わりそうになったらご注文してください」と書かれているのでタイミングが難しい。見た目でなくなりかけでないとダメなようで、一度だけ早すぎて注意されちゃいました。(笑) 制限時間は90分で、普通のペースで6品、飛ばせば8品くらいは行けるかな?もっとも混み具合にも寄りますが。また、パスタは10分以上かかるので、タイムロスは必至。ボリュームもかなりあるので注文のタイミングは慎重に。パスタやパフェなどボリュームあるものはシェアしあうのも手でしょうね。

メニューはパスタ3種類(トマトソース・明太子・たっぷりキノコの和風)とデザート12種類です。今日は「自家製ティラミス」が品切れだったのが残念。画像にあるのが「きみだけプリンアラモード」(手前右)アイスとシャーベットとプリンにフルーツを添えて。シャーベットは頼むたびに違うのに変わってました。プリンがメチャ美味です。「ココナッツのブランマンジェ:季節のフルーツ添え」(手前左)ブランマンジェもすごく美味しい!!生クリームの軽さも良い感じです。「ヨーグルトパフェ」(奥)とにかくボリュームたっぷり!パフェはどれもボリュームがすごいです。「天まで届けチョコレートパフェ」はチョコと生クリームが切り立った山のようにそびえ、「特製フルーツパフェ」もアイスたっぷり!「三月うさぎ特製ベルギーワッフルにジェラートを添えて」はしっかりしたワッフルにジェラードが一個乗っています。「ばりばりミルフィーユ」(一枚目の画像)はラム酒の効いたクリームが薄いペーパー状の生地に挟まってます。これは苦手〜。このラム酒の効いたクリームを使ってるのがもうひとつ。「フルーツのグラタン」です。暖か冷たい感じは良いのですがやっぱりキツイ。「クリームチーズのタルト」はすごくふわふわのクリームチーズがとろける感じで美味しいです。「フロマージュブランと季節のフルーツ」は好き嫌い分かれるかな。酸味の強いソースがフロマージュの微かな酸味を消してしまって無味な感じがしちゃいました。ソースには刻んだキウイやオレンジが散らされています。あとひとつ、注文しなかったのは「自家製イタリアンジェラートとフルーツの盛合せ」。とにかくアイス系が多いので食べていてかなり寒くなります。冷房も効いているのでなおさらですね。でも季節によって素材が変わるそうなので秋冬も楽しみかもしれません。三月うさぎのホームページには各デザートが写真付きで紹介されているのでご覧になってください。
(2002年8月26日)


相模大野 サロン・ド・テ・ロザージュ ケーキ 1733円 042-767-1111
相模原市相模大野3-8-1 小田急ホテルセンチュリー相模大野7F 14:00〜17:30  (無休)
神奈川県にある小田急線、相模大野駅直結の小田急ホテル:センチュリー相模大野の7階にある「サロン・ド・テ・ロザージュ」では、終日バイキングを実施。7時から10時までは朝食バイキング、11時から14時までのランチタイムには昼の軽食&デザートバイキング、14時から17時半までのデザートタイムにはデザートバイキング、ディナータイムには夜の軽食&デザートバイキングを実施しています。

今回利用したのは14時から17時半まで実施のデザートバイキング。料金は税サ込みで1733円と手頃な価格。しかも制限時間はありません。

丹沢の山並みが一望できる明るい店内。中央に配されたブッフェ台は女性たちで賑わっています。デザートの内容は毎月変動があり、今月は苺と柚子がメインになっていましいた。さらに、クレープの実演コーナーがあり、頼むとテーブルまで運んできてくれます。

本日並んでいたケーキは、
レモンクリームのタルト、苺のタルト、苺のパウンドケーキ、柚子のパウンドケーキ、木苺とバラのムース:レモン風味、苺と柚子のムース、マンダリンオレンジと抹茶のムース、苺のカタレナと赤ワインのジュレ、柚子のジュレ、プディング、フルーツカクテル、ココット入りムース各種。

普段タルトやムースは、好んで食べない私ですが、ここのはとても美味しくいただけました。プディングにはチョコレートが入り、生クリームやフルーツもトッピング。ちょっと贅沢気分。クレープにはマロンクリームやフルーツが乗り、温かく上品な生地が印象的。

このほか、マカロン、クッキー、クレームブリュレ、フルーツパイ、そしてクリームチーズの乗ったガーリックトーストがあり、売店で80円で売られているシュガーデニッシュ、チョコデニッシュ、クロワッサンも並んでいました。口直しにはサラダ。相模野菜をたっぷり盛り込んだ生野菜、大根と水菜のサラダ、ブラックペッパー入りポテトサラダの3種類があり、ドレッシングも4種類用意されています。うち一種類は柚子醤油ドレッシングでした。

ドリンクは、フレーバーティーとコーヒーの2種類がホットで、このほか自然と健康を意識し、体の内と外から美を追求するリラクゼーションカクテルとして、シナモン、ラズベリー、クランベリー、バラ、ミント、ブルーベリー、パッションフルーツ、カシス、ザクロの7種類が用意されています。

テーブル間が広く、スッキリした店内、接客も普通以上で補充もしっかり行われていました。特に欠点の見当たらないお店の状態で、そう数は多くないながらに、一品一品しっかりした美味しいケーキを楽しめるお店なので、同行者ともども満足のひと時を過ごせました。
ホームページ

(2006年1月)
自由が丘 エスプリ・ド・ビゴ ケーキ 1050円 03-3722-2336
世田谷区玉川田園調布2-13-19 14:00〜17:00  (月曜実施。祝祭日除く)
東急東横線自由が丘駅と田園調布駅の中間、学園通り沿いにある「エスプリ・ド・ビゴ」で実施しているプチガトー・バイキング。祝祭日を除く毎週月曜日限定で開催して評判を呼んでいます。1階はベーカリーになっていていろいろな種類のパンが売られています。どれもとっても美味しそう。

バイキングは2階の喫茶室で行われます。2時から5時の実施で制限時間は90分。開始より15分ほど早く着くと店内はまだランチの利用客で満席。テラス席が空いていたのでそちらに通され、店内が空き次第ご案内しますと伝えられました。

2時になりランチの客が帰り始め、入れ替わりで案内されました。ドリンクを訊かれ、コーヒー・紅茶を選びます。ホットコーヒーのみお替り可。紅茶(ダージリン)はポットなので注し湯はできます。お皿は各自一枚与えられるので、運ばれてくるまでじっと待つことになります。10分ほどかかったでしょうか、飲み物とお皿が運ばれてきてようやく食べ放題開始。

人手が足りないわけではないのでしょうが、とにかくスタートまでが遅すぎます。各テーブルごとに順番に飲み物とお皿を運んでいるのですが数分単位のブランクがあるため、おかげさまで最初のブッフェ台での混雑はさほどではありません。店内もそう大きくなく、テーブルは店内に2人掛け9卓、テラスに7卓ほどだったと思います。バイキング以外の利用者も混じっています。

ブッフェ台には10種類ほどのプチガトーが並べられた大皿が均等に3枚あり、どこからでもアプローチできるようになっています。その奥に店売りのパンをカットしたものなどが飾り台に乗って置かれています。ブッフェ台にはトングが三つしかありませんでした。もう少し用意してあると良いですね。

私のいた時間帯に提供されたプチガトーは14種類。補充は完璧で常に10種類ほどが乗ったプレートが出てきます。画像の手前がプチタルト系。ブルーベリー、モンブラン、ラズベリー、ストロベリー。後はほとんどムース系。マンゴー、オレンジなど。ピスタチオのケーキチョコレートケーキもありました。一度だけカップ入りのケーキが登場。

パン類はナッツのブリオッシュ、オリーブのフォカッチャー、パウンドケーキ、フレンチトースト、プレッツェルなど入れ替わりで14種類ほどが出てきました。塩気の強いアンチョビのピザが丁度良い口直しに。ガトーと違い一回だけしか出て来ないものとかもあるので、もしかしたらもっと種類あるのかもしれません。

制限時間が過ぎる頃には最初の利用客がほとんど退店。最初こそ満席だったものの入れ替わりで入店する客は少なく店がかなり空いています。そのため時間には厳しくないようでした。また、このお店のブッフェ台はとても低く、トングも小さく、ケーキも小さいということで、お子様にも適しているお店ではないかなとも思えます。小さい子供を連れたお母さんが2組いらっしゃって、子供が楽しそうにガトーを取っていたのが微笑ましかったです。ゆっくり楽しむなら最初の90分を過ぎた3時半からの利用も良いかと思います。ホームページ
(2004年5月17日)
新高島平 ガトーマスダ ケーキ 1890円 03-3939-2992
板橋区高島平7-14-21 15:00〜17:00 (不定期開催。時間適宜変更あり)
1500円から1890円に値上がったそうです。
三田線の終着駅の一駅手前である新高島平駅。ここから歩いて直ぐのところにある菓子工房:ガトーマスダ。焼き菓子を得意としランチの料理の味も良いと聞きます。ここで不定期的に開催するケーキバイキングが評判で一度は訪れてみたいと思っていたお店です。今日、機会に恵まれ遠路足を運んでみると・・・。

線路沿いに大きな団地群が立ち並び、駅前はこれといったお店もなく静けさが漂う町。そんな一角にオープンテラスのあるお洒落なお店が。入り口を入るとショップがあり、その奥に喫茶スペース。そう大きくない店内はちょっと窮屈感が。大き目のブッフェ台を設置したためでしょうか、だとしたら仕方ないでしょうね。

会計を先に済ませるとアンケート用紙が渡されます。帰りに記入して提出するとクジを引けます。なんと48人に1人の割合でバイキングが無料になるというもの。席に案内され開始を待ちます。ドリンクはコーヒー・紅茶のアイス&ホットを自由に楽しめます。アイスティーを飲んだら芳醇なアールグレイ。とっても美味しいのでもっぱらこればかりお替り。

ケーキ類は25種類ほど。途中で入れ替わりもあってかなり楽しむことが出来ます。また、日によって出るものと出ないものがあるようで、それは行ってからのお楽しみって事ですね。ということはケーキの好きな人なら短い期間中にリピートしても楽しめるかもということ。

上の画像上の皿。ストロベリータルト(しっかりした土台にカスタードクリームと生クリームがたっぷり、そして上には苺がふんだんに乗せられています。めっちゃ美味しくて500円くらいしそう!とメニューを見ると350円で出されているもの。へぇ〜良心的な価格なんだなぁと感心)、トライフル(450円するもの。角型の紙カップに納められたスポンジと生クリーム、そして上には苺、ラズベリー、キウイが。贅沢な一品です!)、フルーツロール(ロールケーキの中にいろんなフルーツがたっぷり。瑞々しさでいっぱい)、抹茶ロール。下の皿はイチゴショート(途中からチョコレートクリームのイチゴショートに変わりました)、アールグレイショコラ(230円。下がモカのスポンジ、上がアールグレイのスポンジ。チョコレートがとろりとかけられています)、オペラカフェ(350円。話通りのジューシーなオペラにビックリ感動。これはオススメです)、マルジョレーヌ(280円。ピーナッツクリーム・生クリーム・カスタードの3層が織り成す贅沢なケーキ)、フランボワーズパッション(350円。苺ムースかな?と思ったんだけど。フランボワーズとパッションフルーツの2層のムース。酸味がいい感じです)。カップものはヨーグルトレアチーズ(420円。ヨーグルトの酸味とレアチーズの酸味が刺激的。間にベリーソース、底にスポンジ。ボリュームもあって贅沢)、キャラメルプリン(バニラビーンズがふんだんに入っていて濃厚)。

下の画像は焼き菓子が中心。プレート付きのお皿は入店時に1人一皿渡されるもので、この店の看板商品のセット。熟成ショコラケーキは丸ごとでは10000円(?)もする超高級品。これがたとえ一切れでも頂けるのだから凄いです。この一切れで500円くらいと同行者は言ってました。たくさんのフルーツを3年間も熟成させ、ショコラベースの生地とレミーマルタンによって仕上げられた究極のケーキだそうです。もうひとつのアップルパイは“板橋の逸品”に選ばれたというウワサのケーキ。2種類のリンゴのコンポートがサクサクのパイ生地の上に乗って見た目も味も抜群の一品。

ミルフィーユ(素晴らしいです!めっちゃ美味しいです。さくさくさくさく。久しぶりに“これぞミルフィーユ”に出会えました)、レアタルト(チーズケーキのような柔らかい口当たりの上品なタルト。中にフルーツ入り。アップルとパインの2種類ありました)、シガール(見た目サツマイモ?でも食べると不思議な味。これはシガールと名づけられたものだそうでフルーツケーキにリキュールを塗って熟成させアーモンドのマジパンで包みココアパウダーをかけた珍品)、ショコラDEショコラ(プチガトーみたいなもの。ビターなチョコの風味と洋酒漬けのレーズンが楽しめます)、ダックワーズ(アーモンド風味のマカロン)。

キャラメルチーズケーキ(丸カップ入り。しっとりした焼き加減)、ロワイヤルケーキ(洋酒漬けのフルーツが入ってしっとりしたパウンドケーキ)、スティックパウンド(紅茶葉が練りこまれたパウンドケーキ)、プチパイ(アップルとマロンの2種類)、アプリコットパイ(洋酒にじっくり漬けたアプリコット入り)。そしてチーズスフレ(すごいしっとりしてる)、ティラミス(滑らかな口当たり)です。

画像以外では最後の方に出てきたマロンマローネ(350円。カップ入りで栗の風味が口いっぱいに広がる濃厚マロンケーキ)を頂きました。そのあとにタルトタタン(380円。大きな完熟リンゴがどっしりと乗った見た目ヘビー級のデザート)が登場したのですが満腹で手が出ません。残念。クッキーも5種類くらいありましたね。

数日前までは空席もあったそうですが今日は大盛況。予約の客でぎっしり満席。予約なしの入店はテラス席に案内されていましたがひざ掛け付きとはいえ寒そう。次回開催はいつになるかわかりませんが、アンケートを取るなど積極的な姿勢が見えるためきっと開催してくれるはず。2003年は春と秋(9月)に開催していました。都心からは若干離れていますが是非一度行かれることをオススメします!
(2004年1月30日)
立川 エミリー・フローゲ ケーキ 2100円 042-527-4138
立川市曙町2-5-1 17:00〜21:00 (第2・第4木曜)
1800円から2100円に値上がったそうです。
立川にあるケーキ店「エミリー・フローゲ」では月に2回、第2木曜と第4木曜にケーキバイキングを実施しています。ここは完全予約制を取っているので、あらかじめ電話で申し込まなくてはなりません。時間は17:00、18:30、20:00の3回に区切られ、それぞれ制限時間は90分の入れ替え制です。人数制限があり、17:00の回は20名。あとの2回は25名づつ。極端に言えば最初の回、20人のグループがいればそれで終わりですね。なので予約はできるだけ早い方が良いです。

席に案内されドリンクを注文。ドリンクは飲み放題でお替りはテーブルに持ってきてくれます。コーヒー・紅茶のみですが、これがなかなかに充実。コーヒーはブレンド・アメリカン・アイス・カフェラテ・アイスカフェラテの5種類。紅茶はダージリン・ニルギリ・アッサム・カーカスウォード・ライチ・アールグレイ・レギュラーアイスティーの7種。途中変更は出来ませんが種類が多いのは嬉しいですね。

ケーキはブッフェ式ではなくお店で販売しているショーケースから好きなものを選択する方式。1回に3個まで選べます。ショーケースに並んだケーキはずらり30種類!どれも手の込んだしっかりした作りで見ているだけでも楽しいです。また季節によって内容が変わるのでリピートも楽しめそう。さすがに最初の回だと品切れになることもほとんどなく、選び尽くされてなくなってもあとで補充されます。ただ持ち帰りの客も当然いるし、食べホ以外でのケーキセット利用の客もいるのでライバルは多い?(笑) 回の始めは食べホ利用者がショーケース前にズラリと並ぶので店員を捕まえるのもチョット大変かも。なにしろ制限時間があるからね。でもそう幾つも食べられるわけじゃないからあまり焦らなくて良いです。

本日出ていたケーキは秋らしくモンブラン3連発から紹介。モンブラン(中が焼きメレンゲ)、モンブランシャテン(めっちゃ濃厚マロンクリーム)、紫芋のモンブランフレジュ(ショートケーキ)、タルトフリュイ(イチジク・マンゴ・キウイ・巨峰・ベリーなど7種のフルーツ)、フロマージュブラン(レアチ)、シブストペイザンヌ(アップルパイ&バニラクリーム、上はキャラメリゼ)、アコール(パッションフルーツ)、アマン(レアチ&カシス)、フレーズ(イチゴソース入りムース)、エメ(オレンジヨーグルト)、ガトーバスク(バニラ風味のアーモンドケーキ)、サンマルク(チョコと生クリームをサンドしたケーキ)、ミルティーユ(バニラムースにブルーベリージャム)、ミント(ムースショコラトムースミントのチョコミントケーキ)、フルレット(イチゴソース&イチゴクリーム)、オマージュ(洋梨のムース)、ブーシェ(チーズパイ)、ナポレオン(ミルフィーユ)、オペラクレームブリュレ、カボチャのプリン、ベイクドチーズ、クラシックショコラ、マンゴムース、シュークリーム、フランボワーズ、サバラン、スフレフロマージュ。これで29種類。あと1〜2種類あったかな?とにかく選ぶのに迷いまくるくらいたくさんあります。

上記のうち私が食べたのは6個であとは3人の同行者に聞いた内容なので、味や感じを詳しく書けなくてスイマセン。でも皆さんどれもハズレなしに美味しいと言ってたのでかなり満足度は高いのではないでしょうか?とはいうものの、かなり甘目・濃厚なのが多いので、大ぶりではないにしてもそう多くは食べられそうにありません。30個の中から「これが食べたいっ!」って思った5〜6個で至福が良い感じ。
(2003年9月25日)
調布 蛯澤珈琲店 ケーキ 1800円 0428‐88‐1335
調布市布田1-32-5 マートルコート調布1F 14:30〜16:30 (毎月16日に実施)
2004年7月、料金がオリジナルブレンド付き1800円、アイスコーヒー付き1900円、オリジナルブレンドお替り自由付き2300円に変更になっています。
京王線調布駅北口より徒歩2分。旧甲州街道沿いのビルの脇を入ったところに静かに店を構える珈琲専門店。そう。ここはケーキ店ではありません。この店で月に一回だけケーキバイキングを実施しているというので訪れてみました。香りよいコーヒー豆を炒る匂い。落ち着ける雰囲気の店内。オペラやジャズなどのライブも時折実施するというイベント好きな店主が明るく出迎えてくれます。そのイベントの一環で、2002年3月に現在の地に移転してのち、5月から曜日に関わらず毎月16日にケーキの食べ放題を継続実施中。税込1500円で2時間。本格コーヒー一杯付き。(プラス500円で飲み放題にも出来ます)

2時に入店し席に着くも、中央のテーブルにケーキが出揃うまで15分ほど待たされます。が、徐々に種類が増えていく様子には自然と顔もほころんでゆきます。ムースやシュー、プディングなどはなくケーキのタイプ(系統)としては少なめですが数は16種類。似ているものばかりでどうかなと思いつつ、開始の案内とともに取りに行きました。取り敢えず4人で全種類持って来ました。今日のバイキング利用者は3組。要予約ではありませんが、来られた方に充分にケーキが行き渡るように用意する関係上、できる限り予約してくれたほうが助かるとの事。この状態で6人くらいのグループが来たら戦争は避けられない?(笑)というか、充分に頂きたいなら予め連絡しておいたほうが賢明です。お店のほうではたくさん召し上がっていただきたいという姿勢なので是非予約をオススメします。

本日提供されたケーキは、レアチーズ(とてもクリーミーでほど良い酸味。一番気に入りいました)、ベイクドチーズケーキ(濃厚な味わいがマル)、ショコラ(しっとりこってり。上の生クリームが上手くマッチ)、シフォンケーキ(しっとりしながら軽い食感に、上の生クリームが適度な甘み)、パウンドケーキ(この店のイチオシ。これは見事)、アップルケーキ(紅玉使用で鮮やかな色合い)、グレープフルーツのスフレ(ハーフカットのグレープフルーツの皮の中に入ってます。酸味の後味がとっても良い)、タルト系はカボチャのタルト(薄い味がかえってカボチャの香りを引き立てる)、栗のタルト(栗の存在感が楽しめます)、洋ナシのタルト(静かな味わい)、マフィン系カップケーキはオレンジ(生地にオレンジの皮がこっそり入っていてフルーティ)、バナナ(バナナを練りこんで重量感たっぷり)、ブルーベリー(食べてませんがブルーベリーが生地の中にもいっぱい)、シナモンチョコ(これも少量しかない試作品とのことで私は食べてませんが、食べた人は満足)。そしてコーヒーゼリー(焙煎の強いアイスコーヒー用ブレンドを使用しているのだそうで、とってもコクと苦味があって斬新な味わい)、洋ナシのゼリー(固めのゼリーの中に大きな洋ナシのコンポート入り)。以上16種類です。

ケーキはどれも甘さが控えめで素材そのものをじっくり楽しめる感じ。その代わりこれといった飛び抜けたものがなく悪く言えば単調で飽きが来る味かもしれませんが、それは16種類全部食べた後の話。一つ一つが大きめなのでリピートするほど食べるのは大変かも。だから普通なら飽きる前にお腹が一杯になるから充分楽しめると思います。ひとつのケーキを二人でシェアして食べるのも良いですね。また、ベイキングパウダーを最小限に抑えてあるので素材の香りが生きているのと、動物性と植物性のバランスの良い滑らかなクリームが特徴に思えます。どのケーキにも自信たっぷりに生クリームを使っているのがその表れ。また、ケーキを「作品」と捉え丹念に仕上げた一品一品は味わって食べる価値のあるもの。例えばチーズケーキは味わい豊かにするため3日前に作りあげこの日にあわせているなどの配慮も見られ、心のこもった手作りのケーキをゆっくり楽しんで味わえます。お店の方が大変気さくに話しかけてくれるのも個人店ならではの楽しさ。毎月一回の実施だけど10人とか人数が揃えば応相談でケーキバイキングを実施してくれるとの事なので、ちょっとしたパーティなどにも利用できるのも嬉しいですね。手作りの優しいケーキが食べたくなったとき、ふらりとここを訪れてみたいです。ホームページ
(2002年11月16日)
吉祥寺 シャンブル ケーキ 1470円 0422-21-4411
武蔵野市吉祥寺本町2-4-14 吉祥寺第一ホテル2F 14:00〜17:00    (火水木実施)
2004年2月より軽食が加わり1470円に。
「れぽ〜と」コーナー・西東京の7月19日に投稿を頂いてます。併せてご覧ください。2002年7月から9月までの3ヶ月間限定で実施のケーキバイキングが好評により期間延長で11月28日まで行われることになりました。12・1月の実施はわかりませんが、今後の動向はホームページをご参照ください。

ホテルの二階、ちょっと死角にあるような場所に位置するお店はバーとしての落ち着いた装い。控えめの照明にゆったりしたテーブルの配置、そしてソファ。しかし店内に入ると店員がなかなか顔を出さず、待ちかねて奥まで呼びに行きました。これはちょっといただけませんね。特に禁煙席とかは設けていないのか、何も聞かれず席に案内されました。席からブッフェ台への通り道の席でタバコをぷかぷか吸っている人がいてヤな感じ。(^_^;) 客層はケーキにもかかわらず一人で来ているネクタイ姿の男性や年齢層の高いおばさまのグループがほとんどで、若い人はいません。そのほとんどがケーキバイキングであるにもかかわらず、あまりケーキには感心なさそうに話に花を咲かせている図がなんとも異様。若者の町・吉祥寺であるにも拘らずケーキバイキングらしい若い女性が居ないんですよ。あまり知られていないのかなぁ。それともたまたまか?

ま、そんなわけでブッフェ台は独占状態。これは嬉しいのか?ずらりと並んだケーキは9種類。これにゼリーやプリン、クッキーなどが加わり、売り文句の「20種以上のケーキが食べ放題」は総アイテム数のことなのだなと納得。2時から5時までの実施ですが、制限時間は90分と最初に言われます。レジで管理している伝票には時間がチェックされているのかわかりませんが、混雑しているわけでもなく、3時に入って5時まで滞在できました。5時ちょっと前には「間もなくケーキをお下げしますのでよろしかったらお取り下さい」と声がかかりましたし、時間はさほど気にしなくても大丈夫かもしれません。もし言われたら退店しましょう。また、ここは祝日を除く火曜・水曜・木曜のみの実施なので注意。

さて、ケーキをお気に入りから挙げてゆきます。キャラメルケーキ(キャラメル・バニラ・チョコの三層重ねの微妙な味にハマっちゃいました。アーモンドスライスも乗ってます)、チーズケーキ(軽くてレモンの風味がほんのり、これにチェリーが入ってフルーティ。でもあとのほうで出てきたのはなんだかイマイチ。ここのケーキは同じものでも味にバラツキがあるので注意!)、イチゴのショート(スポンジに挟んであるクリームが苺を練りこんだ苺クリームなので酸味があって美味しい)、チョコレートケーキ(なんてことはない普通の味だけど好き)、アップルパイ(サクサクのパイ生地に甘酸っぱいリンゴ)、シュークリーム(カスタードと生クリームのコンビネーション。シュー皮は見た目パリパリでも食べるとやわやわでこりゃダメだと思っていたら、後から出てきたのはしっかりしていました)。リピートしたケーキはこれだけ。他にアルザス地方のアーモンドタルト(こういうネーミングを付けるからにはここのイチオシ?)、クラシックショコラ、バナナチョコロール(これはなんか変な味・・・)。頂いた情報ではミルフィーユやマジョレーヌなどが書かれていたのとチラシには「ケーキは日によって変わる事があります」とのこと。

今日私がもっともハマったのはチョコレートのババロア。カップに入ったソレはとろけるくらい柔らかな、というかほとんど液状なチョコレートとバニラクリーム、そして上には生クリームと砕いたコーヒー豆がトッピング。もうメチャメチャ美味しいです。カップ入りは他に木苺のムース(ちょっと固い)、コーヒーゼリー(強い苦味)、オレンジゼリーと白桃のゼリー(両方ともかなり固い。固すぎ)。お皿やカップをなかなか下げないのでテーブルに山が出来てしまう。

もうヒトツお気に入りはライスプディング。クリーミーでとろけるプリンにしっかりしたご飯粒の食感は抜群!ストロベリーソースと一緒に頂きます。あとは普通のプリン。本当に普通のプリンだけど美味しいです。パンが一種類。アプリコットデニッシュです。このデニッシュ生地がパリパリ!上に乗った杏の酸味とあいまってとにかく美味しい。パンの種類、もう少しあればいいのにな。口直しにピザ。厚めの生地にたっぷりの具が乗って冷めても美味しいです。ピスターチクッキーもありました。そしてアイスが2種(バニラとコーヒー)、杏仁フルーツ。ドリンクも飲み放題でコーヒー・紅茶のホット&アイス。モノによって当たりハズレというか好みの分かれるものがあってリピートするケーキは限られちゃいましたが、雰囲気的に一人でも充分くつろげる感じで居心地は悪くありません。アンケートに継続して続けて欲しいという要望を記して帰って来ました。
(2002年10月3日)
八王子 ル・クレール ケーキ 1000円 0426-56-6730
京王プラザホテル八王子2F 14:00〜16:00  (平日)
ケーキがたった1000円で食べ放題。ちょっとお茶飲もうって喫茶店でケーキセット頼むこと考えたらなんだかむちゃくちゃ嬉しいです。小中学生800円、園児400円も安いですよね〜。JR八王子駅からすぐの京王プラザホテル2階にあるル・クレールはランチバイキングやディナーバイキングも実施していて、その間の2時間を利用してデザートブッフェを実施しています。

ムースケーキ5種(チョコ・フランボワーズ・パッションフルーツ・洋ナシ・キウイ)、シュークリーム(モカクリームで美味い)、アプリコットのタルト、オレンジの乗ったチーズケーキ、大皿から取り分けるプディング(濃くて甘〜い)、カクテルグラス入りのオレンジのゼリー、フルーツ5種(メロン・パイン・キウイ・オレンジ・スイカ)、杏仁フルーツ、ソフトクリーム(バニラ・チョコ・ミックスの3種で、コーンフレークなどのトッピングが5種とチョコレートやジャムなどのソースが3種)、ドリンクがコーヒー、紅茶、エスプレッソです。

フルーツがとにかくめっちゃ酸っぱいので私はかなり辛かったけど、それでも楽しく頂けました。だいたいついさっきランチバイキングしたばかりというのに上の画像の量プラスケーキ3つ。う〜〜ん、甘味は幾らでも入るもんですね。(笑) お店はけっこう広くて座席もゆったり目。ケーキブッフェを利用している人は少数と言う事でゆっくり楽しめました。制限時間は1時間です。
(2002年5月23日)