メニューに戻る



カバックタットゥルス

 

冬の楽しみの一つでポピュラーなデザートです。
これからの季節はこういうデザートやお菓子が美味しいです。
トルコのかぼちゃで作るのが美味しいですが、
日本のかぼちゃも自然の甘みがあってほくほくして大好きです。
実家ではいつも作りますが、正月は必ず作っています。


材料
 

かぼちゃ    小さいもの1個(400g〜500g)
砂糖 1.5カップ
クローブ 5粒     
1/2カップ
生クリーム(硬めにたてます) お好みで入れます。

トルコでは生クリームではなく、カイマックという牛乳を沸かしたときにできる膜をかけて食べます。
カイマックはお店でも売っていて、こってりしていて硬い生クリームのような感じです。
日本ではカイマックが手に入らないし、市販の牛乳からではカイマックができないので
色々なクリームを探しましたが、「クレームドゥーブル」っていうものが一番気に入りました。
トルコではカイマックと甘いお菓子やデザートとを一緒に食べと甘さがまろやかになります。
(カイマックには砂糖はいれません)


 作り方

  1. かぼちゃを四等分に切ります。皮をむいて5〜6cmの厚さに切ります。
  2. かぼちゃを洗って鍋にならべて水、クローブを入れて、砂糖をかぶせるように入れて
    40分〜45分間、極弱火でかぼちゃが柔らかくなるまで煮ます。
  3. 熱がとれたら冷やして、お好みでクルミと生クリームをのせて食べます。

 KORAYの一言

最初はやっぱり、「あ、あまーい」って感じました。
でもカイマックと一緒に食べると、甘さが丸くなる感じです。
今ではクルミをたっぷりかけて食べるのが大好きです。


メニューに戻る