メニューに戻る



クイマル・クルファスリイェ

今回の料理は一年中食べれる料理です。
パンともちろん食べますが、この料理を作った時にサーデ・ピラウも作ります。
この料理をピラウにかけてて食べるのも美味しいです。。


材料
 

白いんげん豆 2カップ
牛挽肉 150g
玉ねぎ 1個
バター 40g
ホールトマト 1缶(あればトマトペースト大さじ3)
スープストック             3カップ(無ければ水とコンソメ1個)
小さじ1(コンソメにより加減してください)
胡椒 少々
ローリエ 1枚
粉唐辛子 少々
ミント 少々(乾燥のものでOK)

作り方

  1. 豆にたっぷり水入れて一晩置いておきます。
  2. 豆をさっと洗って鍋にたっぷり水と豆を入れて中火で
    豆に芯が少し残るくらいに煮ます。
    (もう一度煮るので豆をくずさないように煮る為のポイントです。)
  3. 玉ねぎをみじん切りし、ホールトマトをミキサーに入れて潰します。
  4. 鍋にバターと玉ねぎを入れて炒めます、挽肉を入れてぽろぽろになるまで炒めます。
  5. 肉の色が変わってところでホールトマトを入れます。
  6. 豆をざるにあげて水を切って入れます。
  7. スープストック、塩、胡椒、ローリエを入れます。
  8. 中火で豆が柔らかくなるまで煮て出来あがりです。
  9. 食べるとき粉唐辛子とミントをお好みでふって食べます。

KORAYの一言

この料理もトルコでは非常にお世話になりました。
ピラウと一緒の食べる事が多かったのを覚えています。
一皿でお腹一杯になりました。


メニューに戻る