メニューに戻る


カルヌバハル・ムサッカ
(カリフラワーと挽肉の煮込み)

冬がくると煮込み料理が多くなります。心も、体も暖まるお料理です。
トルコではバタールのようなパンが食事で欠かせませんが、
今回の煮込み料理には日本の白いご飯でも合うと思います。


材料
 
 
カリフラワー          1個
牛挽肉 200g
玉ねぎ 1個
バター 大さじ3(オリーブオイルでもOK)
ホールトマト 1缶
ローリエ 1枚
少々
胡椒 少々
2カップ
レモンスライス 2枚  (カリフラワーを茹でる時に使用します)
大さじ2(カリフラワーを茹でる時に使用します)


作り方

  1. 鍋にたっぷり水を入れ、沸騰させて塩とレモンをいれます。
  2. カリフラワーの葉を落し、まるごと洗ってお湯の中に入れます。
  3. 5分間茹でます。
  4. 茹ったらお湯を捨て、カリフラワーをざるにあげて水をきります。
  5. 玉ねぎをみじん切りにします。
  6. ホールトマトをミキサーに入れて潰します。
  7. 鍋にバター入れて玉ねぎを色付くまで炒めます。
  8. 挽肉を入れてぽろぽろになるまで良く炒めます。
  9. 潰したトマトを入れて、塩、胡椒をします。2〜3分煮ます。
  10. ほかの鍋に茹ったカリフラワーを小さく切って入れます。
  11. 煮立ったソースをカリフラワーの上に覆うように入れ、
  12. ローリエと水を入れ弱火で30分間ことこと煮ます。
  13. カリフラワーが崩れるくらいなったら出来あがりです。
  14. お好みで唐辛子を振って食べます。

KORAYの一言

カリフラワーがほろりとくずれてとても優しい味の料理です。
我が家では冬の定番になっています。


メニューに戻る