メニューに戻る



ラハナ・チョルバス
(キャベツの芯を使ったスープ)

実家ではキャベツを芯まで食べつくします。
お父さんは芯の部分をスティックに切って果物のように食べます。
私も好きです、甘くって美味しいです。
葉っぱの硬いところは今回のようにスープに使います。


材料
 

牛挽肉 100g
牛レバー 50g
キャベツ   200g(はっぱの硬い部分)
3カップ
コンソメ 1個(ビーフ味の物)
少々
こしょう 少々
ローリエ 1枚
オリーブオイル      大さじ2
パセリ 適量

※ 牛骨でとったビーフストックで作ればもっと自然で美味しいです。
  この場合も3カップでOKです。


 作り方

  1. レバーを洗って水を切ってから、5mm角くらいに小さく切ります。
  2. キャベツをみじん切りにします。
  3. オリーブオイルで挽肉とレバーを炒めます。
    肉から水分が出てこなって、ぽろぽろなるまで炒めます。
  4. キャベツ、水、コンソメ、ローリエ、入れて煮こみます。
  5. 塩、こしょうで味付けして、キャベツが柔らかくなったらみじん切りのパセリを入れて
    出来あがりです。

 KORAYの一言

スープだけど香ばしくて2杯も食べました。
具がたくさん入っていたので、これだけで結構お腹がふくれました。
レバーも大好きなので、とても気に入ってます。


メニューに戻る