木母寺

(もくぼじ)

天台宗に属する墨東第一の名刹です。 開山は忠円阿闍梨で、平安中期の貞元元年(976)で有ったと伝えれています。謡曲「隅田川」や江戸時代に多くの戯作や小説になった、梅若伝説発祥の地です。その梅若塚が境内に有ります。叉外にも幾つかの碑などが有ります。昭和51年現地に移転しました。

御本尊 慈恵大師「別名 厄除け元三大師」


住所 東京都墨田区堤通2−16−1
電話 3612−5880
交通 東武伊勢崎線 鐘ヶ淵駅 徒歩10分

鐘ヶ淵駅より堤通りに向かい、隅田川沿いを左に曲がると直ぐです。

本堂正面 「梅若塚」 身代わり地蔵尊

目次に戻るホームページに戻る。