多聞寺

(たもんじ)

天正年間(1573〜1591)に鑁海上人がある夜、夢に毘沙門天(多聞天)尊像を感得して、毘沙門天を本尊とし、隅田山吉祥院多聞寺としたと云います。明治維新迄は、隅田川神社の別当でした。木造茅葺切妻造四脚門の山門は、江戸期の区内最古の建造物です。境内には狸塚や六地蔵尊などが有ります。

御本尊 毘沙門天 (びしゃもんてん)


住所 東京都墨田区墨田5−31−13
電話 3616−6002
交通 東武伊勢崎線 鐘ヶ淵駅 徒歩10分

東武鐘ヶ淵駅と堀切駅の中間です。正月(1日〜7日)の七福神巡りには大変賑います。

山門(区内最古木造建造物) 狸塚 座像六地蔵尊
不動明王 堂内 釈迦像
七福神巡り「山門」 七福神巡り「本堂」 七福神巡り「毘沙門天」像

97年12月7日(日)午後2時より「いのちと平和のコンサート」が開催しました。大盛況でした。


目次に戻るホームページに戻る