隅田川七福神

(すみだがわしちふくじん)

江戸における七福神詣の中で谷中と並んでもっと古いのが隅田川七福神です。

七福とは、寿命、裕福、人望、清廉、愛敬、威光、大量の事です。これらを神仏聖人に当て嵌め七福神として室町時代後期から崇めたのが始まりです。

隅田川七福神巡りは、毎年正月1日から7日迄で、特に元旦は大賑わいです。

道順は、浅草から言問橋を渡って隅田公園沿いの「三囲神社」を基点に「弘福寺」「長命寺」「向島百花園」「白鬚神社」少し離れて「多聞寺」です。叉逆に廻って浅草に出る方法も有ります。

大国神。 恵比寿神。(三囲神社) 布袋尊。 (弘福寺) 弁財天。 (長命寺)
福禄寿。 (向島百花園)
寿老神。 (白鬚神社) 毘沙門天。 (多聞寺)

目次に戻るホームページに戻る