スピニング(へら絞り加工)の解説と図解

スピニング機による成形法。平板又は予め成形した容器を回転しながら、ケトル、ランプシェード

円すい形状品を得意とする加工方法です。一般的には、大量生産には向きませんが、

当社では、専用オートスピニング機と特殊金型で、大量生産を可能にしました。


下の図は、予めドローイング(絞り)加工したワークを回転させ、ロールを当てて細くする状態です。


目次に戻るホームページに戻る。