信濃 座光寺北城



お城のデータ
所在地 長野県飯田市座光寺
遺 構 曲輪、空堀、土塁
形 式 平山城 築城者: 座光寺氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 座光寺北城は、座光寺小学校と耕雲寺一帯に築かれていた。 小学校の建設で城の遺構はほとんど消滅している。 小学校の校門前に案内板があり、幼稚園西側には土塁(殆ど草木に覆われている)の石碑が立てられている。

 耕雲寺と座光寺児童センターとの間にある通路は、かっての堀跡で、隣接する竹藪の中には本来の姿の空堀が残っている。 また、山門右手の水田脇にも土塁が残っていた。


歴     史

 座光寺北城は、築城年代は定かではないが伊那の国人座光寺氏によって築かれた。 座光寺氏は、戦国時代には神之峰城主知久氏の勢力拡大により知久氏に従ったが、天文23年武田信玄の伊那進攻により落城した。

 座光寺為清は、武田氏の家臣となっていたが、天正10年に武田氏滅亡後に徳川家康に仕えた。 為清の子為時は、家康の関東移封に従い、慶長5年、関ヶ原の合戦後、信濃山吹1,015石を領する交代寄合の旗本として明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線元善光寺駅〜徒歩約5分
 車 : 中央道飯田IC〜国道153号線
駐車場: 耕雲寺参拝者用の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
座光寺氏の本城もいまでは草に覆われた石碑のみ。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ 飯田市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県