讃岐 由佐城



お城のデータ
所在地 香川県高松市香南町由佐253−1
遺 構 模擬天守、土塁、堀
形 式 平城 築城者: 由佐秀助 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 由佐城は、平城ながら東に香東川が流れ、南は沼地であった要害の地に築かれた城だ。 

 今では、沼地は水田や溜池に変わって要害とは言い難いが、これも時代の移り変わりだから仕方がない。 城跡には、模擬天守(歴史民俗郷土館)が建てられていて、敷地内には土塁が一部残されていた。


歴     史

 由佐城は、南北朝時代に由佐秀助によって築かれ、以後代々由佐氏の居城となった。

 天正11年、由佐氏7代秀武の時、時四国平定を目指して讃岐へ侵攻した長宗我部元親は、由佐城を攻めたが落とすことができず和睦し、由佐氏は長宗我部氏に臣従する。

 天正13年、豊臣秀吉の四国征伐の後、由佐秀武は讃岐国主となった仙石秀久・生駒親正に仕えた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR予讃本線高松駅〜バス/由佐
 車 : 高松道高松中央IC〜国道11号線〜国道193号線
駐車場: 歴史民俗資料館の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
こじんまりとした模擬天守、なかなか見栄えがするね。

香川県お城
一覧表へ
トップページへ 高松市のHPへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県