薩摩 湯之尾城



お城のデータ
所在地 鹿児島県伊佐市菱刈町川北字湯之元
遺 構 曲輪
形 式 山城 築城者: 菱刈氏 築城年代: 鎌倉時代


見 ど こ ろ
(湯之尾麓の地頭御仮屋跡)

 湯之尾城は、川内川を見下ろす小高い丘陵先端部を利用して築かれている。 全山ブッシュに覆われ、城内への進入路さえなく、薮漕ぎして直登するしかない。 登ってもブッシュ覆われた削平地のみとの資料にあり、薮漕ぎを途中で諦めた。

 湯之尾麓は、湯之尾神社の隣りにある湯之尾小学校の敷地に御仮屋が置かれていた。 御仮屋の遺構も残っていないが、小学校敷地内に築かれた石垣(後世のものだろう)が、御仮屋の姿を醸し出していた。


歴     史

 湯之尾城は、鎌倉時代に菱刈氏一族によって築かれたと考えられ、菱刈氏5代重信の子重道が山田邑を領して山田氏称し、湯之尾城を居城とした。 永禄10年、島津貴久が馬越城を攻めた折、喜入季久・比志島義基に命じて湯之尾城を攻略させた。 江戸時代には、湯之尾麓が置かれ明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR肥薩線大隅横川駅〜バス/湯之尾神社
 車 : 九州道栗野IC〜国道268号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
島津貴久の馬越城攻めに先んじて落とされたお城。

鹿児島県お城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県