大隅 弓張城



お城のデータ
所在地 鹿児島県肝属郡肝付町新富字城山
遺 構 曲輪、空堀、竪堀
形 式 山城 築城者: 楡井頼仲 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 高山町の市街地南側にある丘陵が城山で、弓張城はこの城山山頂部に築かれている。

 城山西山麓には国指定文化財となっている二階堂家住宅があり、江戸時代の郷士住宅の様子をよく残している。

 城山へは、二階堂家住宅の側から山頂まで遊歩道が通じていて、楡井丸・茶臼丸・小城丸などの曲輪が残ってる 


歴     史

 弓張城は、南北朝時代に楡井頼仲によって築かれた。 頼仲は、高山城主肝付兼重に与して活躍し、延文2年に志布志で自刃するまで弓張を領した。 その後も高山城の支城として文禄9年頃まで存続した。 江戸時代は、山麓に外城の高山麓が置かた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR指宿枕崎線南鹿児島駅〜南海便船(垂水港)〜バス/役場前
 車 : 東九州道国分IC〜国道220号線〜県道73号線〜県道542号線
駐車場: 二階堂家住宅前の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
麓には国指定文化財となっている二階堂家住宅があるお城。

鹿児島県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県