甲斐 湯村山城



お城のデータ
所在地 山梨県甲府市湯村3丁目
遺 構 曲輪、土塁、石垣、井戸
形 式 山城 築城者: 武田信虎 築城年代: 大永3年


見 ど こ ろ

 湯村山城は、甲府市街にある湯村温泉街の北側背後にある丘陵湯村山山頂部に築かれている。 湯村山は、東の愛宕山と南の一条小山と共に躑躅ヶ崎館の西方面を守備網を構成していた。

 東麓の緑が丘運動公園から山頂まで遊歩道が通じ、迷うことなく城跡まで登ることができるが、ただ城跡は遊歩道と四阿のある二の曲輪の一部を除いて未整備状態となっていた。

 湯村城の縄張りは、山頂部南端に一の曲輪と二の曲輪を並列に置き、空堀を隔てて北側に3の曲輪があり、それそれの曲輪を囲繞するように土塁が残り、三の曲輪南側には土留めの石積みの一部が残っていた。 また、一の曲輪西側から南側に一段下がって帯曲輪が設けられていて、西側の帯曲輪にも低いが土塁と僅かであるが石積み遺構があった。


歴     史

 湯村山城は、大栄3年に武田信虎によって築かれた。 信虎は、居館を川田館から躑躅ヶ崎館へと移し、要害山城を築城した同時期に古府中防衛の一翼を担う城として築いた。

 一説によると、信虎築城前に逸見氏が湯村山に湯之山城を築いたとも、また武田信守・信昌の2代の内に築いたとも云われいる。 これらの説があるのなら、信虎が古府中への移転時に以前からある城を修築したとも考えられる。


お城へのアクセス
鉄 道: JR中央本線甲府駅〜バス/北中入口
 車 : 中央道甲府昭和IC〜県道5号線〜県道7号線
駐車場: 緑が丘スポーツ公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
甲府盆地を一望することができるお城。

山梨県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県