信濃 吉野堀屋敷



お城のデータ
所在地 長野県安曇野市豊科字吉野3403
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 居館 築城者: 丸山氏 築城年代: 天正年間


見 ど こ ろ

 吉野堀屋敷は、東西25間・南北20の方形単郭の居館だ。 かつては屋敷を堀と土塁が囲繞していたと推定される。

 現在は、道路にそった西側と南側に堀が残り、特に西側は、堀に沿って土塁も良く残っている。 西側の屋敷虎口には土橋があり、道路沿いに堀屋敷の標柱が立てられていた。


歴     史

 吉野堀屋敷は、天正年間に丸山氏によって築かれた。 丸山氏は、小笠原氏一族の平瀬氏に仕えた。 丸山丹後守は、平瀬氏と共に武田氏に抗戦している。

 その後、この地を離れるが、天正10年にに武田氏滅亡後、旧領を回復した小笠原長慶に仕えている。 丸山氏は、天正18年の小笠原氏の関東移封には従わず、郷士としてこの地に残った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR大糸線西豊科駅〜徒歩約15分
 車 : 長野道安曇野IC〜県道57号線〜県道316号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
武田氏に抗戦した豪族の居館。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県