三河 吉田城



お城のデータ
所在地 愛知県豊橋市今橋町
遺 構 櫓、石垣、土塁、堀、曲輪
形 式 平城 築城者: 牧野古白 築城年代: 永正2年


見 ど こ ろ

 吉田城は、今は豊橋公園となっている。 本丸には復興隅櫓(鉄櫓)が建ち、この城のシンボルとなっている。

 本丸内から間近に見るより、豊川の対岸から川越しに見た方が綺麗だ。 対岸には、小さな公園があるので、そこから見るとちょうどよい。(豊橋公園側からは、橋を渡るが右折出来ないので注意)

 豊川に面した守りが弱いように思っていたが、実際に訪れてみると、高石垣と帯曲輪で十分守られていることがわかった。 本丸・二の丸には土塁・堀(空堀?)がはっきり残っている。


歴     史

 吉田城は、永正2年に牧野成時(古白)によって築かれ今橋城と称した。 その後松平氏と戸田氏の争奪戦が続くが、天文15年に今川義元が攻略して城代を置いた。

 永禄3年、桶狭間で今川義元が織田信長に討たれると、徳川家康は永禄7年には吉田城を攻略して、酒井忠次を城主にしている。

 天正18年、家康の関東移封後、池田輝政が15万石で入城し、播磨姫路に移るまで在城した。 輝政は城の拡張工事に着手するが、完成に至らず転封する。

 その後の城主は譜代の小藩だったため、城の拡張は未完に終わってしまった。 寛延2年、松平(大河内)信復が遠江浜松から7万石で入封して以来、代々松平氏が吉田を領した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線豊橋駅〜豊橋鉄道豊橋東田本線「市役所前」駅
 車 : 東名豊川IC〜国道151号線〜国道1号線
駐車場: 三の丸の無料駐車場(約100台)を利用。


ひとくち MEMO
豊川に面している曲輪群には良く遺構が残されているお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ 豊橋市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県