羽後 横手城



お城のデータ
所在地 秋田県横手市城山町
遺 構 模擬天守、曲輪、土塁、堀
形 式 平山城 築城者: 小野寺輝道 築城年代: 康正〜長禄年間


見 ど こ ろ

 
横手城は、横手市街の北側、現在横手公園となっているが、真昼山地から西に伸びた尾根の西端部を利用して築かれ、横手川や牛沼を堀とした要害であった。

 城の縄張りは、秋田神社の境内となっている本丸とその周囲に腰曲輪が配置され、江戸時代に城代戸沢氏の居館があった二の丸が本丸の北側にある。 本丸と二の丸の間には武者溜まり(現駐車場)と呼ばれる曲輪が置かれている。

 城の遺構は、各曲輪の切岸と本丸・武者溜まりの虎口の遺構が良く残っていた。 また、二の丸には観光用の模擬天守(郷土資料館)が建てられている。 


歴     史

 横手城は、康正〜長禄年間に小野寺輝道によって築かれた。 築城年代や築城者については諸説有り、鎌倉時代初期の正安2年に小野寺道有が築いたとも云われている。

 小野寺氏は、文治5年の奥州合戦の戦功によりお雄勝郡に地頭職を得て、室町時代には稲庭城を居城として各地に庶家を配して勢力を拡大した。

 戦国時代、小野寺輝道時に「雄勝屋形」と称され最盛期を迎えた。 輝道の子義道の代になると、天正18年の秀吉の奥州仕置により3万石に減封され、その後旧所領を得た最上氏との争乱が続いた。 慶長5年の関ヶ原の役では最上氏との確執が原因で西軍に与したため改易となった。

 慶長7年、佐竹義宣が出羽へ入封し、横手には伊達盛重が城代となった。 その後、寛文12年に戸村義連が城代となり、以後明治まで戸村氏が城代を務めた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR奥羽本線横手駅〜バス/横手病院
 車 : 秋田道横手IC〜国道13号線〜県道272号線
駐車場: 横手公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
雄勝屋形と呼ばれた小野寺氏の居城。

秋田県のお城
一覧表へ
トップページへ 横手市のHPへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県