岩代 横田陣屋



お城のデータ
所在地 福島県須賀川市横田字北之後111
遺 構 なし。
形 式 陣屋 築城者: 溝口直行 築城年代: 宝暦2年


見 ど こ ろ

 
須賀川市で一番早く咲く桜が「横田陣屋の御殿桜」とか、須賀川市の指定天然記念物になっている。 この桜があるのが交代旗本溝口氏の陣屋にある。

 今は、個人宅となっていて、陣屋の遺構も含めて、遠くから眺めて満足するしかなかった。 


歴     史

 横田陣屋は、宝暦2年に溝口直寛によって築かれた。 寛永5年、三代新発田城主溝口宣直が相続した時、新田分を弟宣秋(切梅)、宣俊(池之端)、宣知(二ツ堂→無嗣子断絶)にそれぞれ5千石を分知した。 溝口宣秋は、旗本交代寄合になり、4代直行が元禄11年に横田を領し、5代直寛の時に陣屋を横田に構え、以後代々相続して明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東北本線須賀川駅〜バス/横田
 車 : 東北道須賀川IC〜国道118号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
陣屋に植えられていた桜は、今でも花を咲かせている・・・。

福島県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県