岩代 横沢館



お城のデータ
所在地 福島県郡山市湖南町館
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 伊藤祐行 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 
横沢館は、猪苗代湖畔に面した湖南町館地区一帯が城域であった。 現在の月形小学校南側の集落の中に一際目立つ大檜と大杉がある。 ここが横沢館の一角で、城中守護の稲荷神社が祀られていて、横沢館の標柱もあった。 本丸他は畑地と住宅となっていて城の遺構は何も残っていない。 


歴     史

 横沢館は、築城年代は定かではないが、伊藤祐行によって築かれた。 祐行は、工藤祐経の次男安積伊藤祐長の孫。 西安積郡と北会津郡の一部を領して横沢の地に居館を置いた。

 戦国時代、10代持行の時には会津芦名氏に従い、天正17年に伊藤(横地)彦三郎の時には伊達政宗に降り、翌年の政宗が会津を没収されると伊達氏に従いこの地を去り、城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR磐越西線上戸駅〜バス/横沢
 車 : 磐越道猪苗代磐梯高原IC〜国道49号線/上戸〜県道9号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
城の守り神稲荷神社と神木がここにお城があった証明か?

福島県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県