伯耆 淀江城



お城のデータ
所在地 鳥取県米子市淀江町淀江
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 山名氏 築城年代: 戦国時代


見 ど こ ろ

 尼子再興軍の伯耆三拠点となったお城の一つだが、現在では住宅地の中に埋没してしまい遺構なども見当たらず、完全に消滅している。 城の推定地は、城館調査報告書ではJR淀江駅前から西にまっすぐ約100m程行った辺りが中心地としている。


歴     史

 淀江城は、戦国時代に山名氏によって築かれたと云われている。 大永4年に尼子氏の伯耆侵攻により山名氏の米子城尾高城等の諸城が落とされた。 この時、淀江城は山名守正の居城であったが、尼子氏に攻められ落城している。

 尼子氏没落後は毛利氏の所領であったが、永禄12年に尼子氏再興を図る山中鹿之助が末吉城などと共に回復したが、元亀2年に吉川元春が尼子方を攻め再興の動きを鎮圧した後、淀江城も廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線淀江駅〜徒歩約5分
 車 : 山陰道淀江IC〜県道279号線〜国道9号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
尼子氏再興を図った伯耆三拠点の一つに数えられたお城。

鳥取県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県