日向 安永城



お城のデータ
所在地 宮崎県都城市庄内町字内城
遺 構 曲輪
形 式 山城 築城者: 北郷持久 築城年代: 応仁2年


見 ど こ ろ

 安永城は、庄内の市街地北側にある丘陵に築かれている。 庄内小学校の西側の道を丘陵へ登って行く。 この道自体が空堀底を走っているようだ。

 安永城は、内城・二の丸・金石城・取添と4つの曲輪が、丘陵の自然を活かして築かれていた。

 現在、内城は公園として整備されていて、公園の片隅には神社が祀られていた。


歴     史

 安永城は、応仁2年に北郷持久によって築かれた。 持久は、都城城主であったが、享徳2年に大覚寺義昭事件に連座して都城を追われ、庄内の地に築城した。

 持久の子敏久は、文明8年に許されて都城に復帰した以後も安永城は、北郷氏の持城であった。

 慶長4年、庄内の乱の時には伊集院五兵衛・白石永仙らがこの城に籠もり島津宗家を苦しめた。 乱の終結後、元和の一国一城令によって廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線都城駅〜バス/庄内(路線詳細 宮崎交通のHPへ
 車 : 宮崎道宮崎IC〜国道10号線〜県道108号線〜県道31号線
駐車場: 安永城趾公園内に駐車スペースあり。


ひとくち MEMO
庄内の乱の時には島津宗家を苦しめたお城。

宮崎県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県