河内 八尾城



お城のデータ
所在地 大阪府八尾市本町7丁目7
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 八尾別当顕幸 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 八尾城は、現在八尾の市街地となって遺構は何も残っていない。 近鉄八尾駅近くにある八尾神社境内辺りにあったと云われ、八尾神社境内に八尾城の石碑が建てられている。

 また、八尾城の所在地ついてもう一説(八尾座所在説)有り、現在の南本町から高美町辺りにあったとも云われている。


歴     史

 八尾城は、南北朝時代に八尾別当顕幸によって築かれた。 顕幸は、八尾一帯に勢力を誇った土豪で、正慶2年に南朝方として赤坂へ移った。

 戦国時代、池田紀正が八尾城に居城した。 紀正は、三好義継の老臣であったが、天正元年に織田信長が三好氏を攻めたとき、野間・多羅尾氏と共に信長に内応した。 その後、紀正は若江城を預かり、石山本願寺攻めが終わると若江城から八尾城へ移り、天正12年に長久手の合戦後美濃へ移った。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄大阪線近鉄八尾駅〜徒歩約5分
 車 : 近畿道八尾IC〜府道173号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
八尾の繁華街の一角にある神社境内に石碑が建てられているが・・・。

大阪府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県