大和 高山城



お城のデータ
所在地 奈良県生駒市高山町庄田字城茶屋
遺 構 曲輪、土塁、土橋
形 式 山城 築城者: 高山氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 高山城は、道路地図にも「高山城址」と記載されているにも関わらず、現地を訪れてみると、城の場所はおおよそ特定できるが、道標ひとつ立てられていない。

 登城口から約10分ほどで土塁を伴う小郭があり、この曲輪からから北に進むと貯水場のある曲輪、更にその北側に2つの曲輪があり、上の曲輪が主郭だ。 主郭北面には高さ1m程の土塁が残っている。

 主郭から西南に残る土橋を渡った所にも曲輪があり、この曲輪には九頭竜神が祀られている。 ここでやっと「高山城」の案内板を発見して、ここが高山城であることが確認できた。 


歴     史

 高山城は、室町時代に奈良興福寺一乗院方衆徒高山(鷹山)氏によって築かれた。

 この城の歴史はあまり詳しく伝わっていないが、城主高山氏は、応仁の乱から戦国時代には越智・古市氏に属している。

 天文13年、筒井氏の柳生城攻めには、筒井氏に従って参陣しているが、後の筒井城主筒井順慶と信貴山城主松永久秀の抗争では、松永氏に従っている。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄奈良線富雄駅〜バス/西庄田
 車 : 第二阪奈道路中町IC〜県道7号線/西庄田〜市道
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
地図にも記載されているが、登城口への道しるべすらないお城。
  • 高山城の登城口
    城へは、県道7号線を北上して、大北地区にある「高山竹林園」の先の交差点を右折。 300m程直進して西庄田のバス停から川に沿って北(左折)に進み、九頭神地区公民館(道の右手)から二つ目の小さな橋を西に渡って、民家の右手の山道を登る。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県