大和 乙若城



お城のデータ
所在地 奈良県奈良市月ヶ瀬嵩
遺 構 曲輪
形 式 山城 築城者: 藤原義政 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

  乙若城は、月ヶ瀬梅林とは名張川を挟んで対岸の丘陵にある嵩地区東側の丘陵山頂部にある。 現在、城山公園として整備され、城跡への入口に門柱のようにして城石碑が建てられている。

 乙若城は、主郭部を山頂部に置き、南側と東側に腰曲輪を設けた小規模な縄張りの城で、丘陵を削平して曲輪を設けているが、土塁や堀切などの防御設備もない古い様式の城と云えるだろう。


歴     史

 乙若城は、南北朝時代に南朝方の北畠親房の命により藤原義政が築いた。

 詳細なことは定かでないが、室町から戦国時代にかけて伊勢北畠氏の支城として機能していたようで、北畠具教の代に織田信長に降ったころ、乙若城は自然に廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線奈良駅・伊賀上野駅〜バス/嵩口
 車 : 名阪国道五月橋IC〜県道4号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
月ヶ瀬梅林の向の山には南北朝時代からのお城があった・・・。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県